FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

初夏のブナ林でまったり: 若杉天然林その2 

2018年6月17日(日) 岡山県西粟倉村 若杉峠(1050m) 日帰り単独行 


IMG_0439_20180620145136a3a.jpg
11:00 東屋からは緩やかな下りの道です。道端にある大ブナは直径が軽く1mを越えていると思われる大木です。案内板によれば、この付近は幹回りが3.5~4.5m、樹齢200~300年のブナの大木がみられるということで、いわゆる極相林になっているようです。


IMG_0441_20180620145139f6d.jpg
おそらく若杉天然林の中で一番の見どころなのでしょうが、林床はご覧のとおり笹薮状態で、大山あたりのブナ林と比べるとかなり残念な状態です。これはカメラを持って腕を伸ばして撮ったものなので、肉眼で見るとほとんど目の前の笹しか見えません。


IMG_0444_201806201451411a7.jpg
11:22 第3分岐点に着きました。ここから左へ尾根道を進んで行けばまっすぐ若杉峠に着きます。ちょうど鳥取と岡山の県境になる尾根道ですが、鳥取側は植林帯になっていて、あまり楽しくなさそうな雰囲気です。ということで、自然研究路を第2分岐まで行くことにして、右へ下りました。


IMG_4704_201806231805413cc.jpg
5分ほど下ると東屋があり、その横にも大ブナが立っていました。このブナは根元のあたりが裾広がりのようになっていて、ドレスをまとった貴婦人のような雰囲気でした。


東屋はベンチが壊れていたので、ここでも休憩なしで先に進みます。


IMG_0445_20180623180639666.jpg
自然研究路に入ったばかりの頃に1組の登山者とすれ違いましたが、それ以降は誰にも会っていません。静かな森の中をのんびりと歩きます。


IMG_0447_20180623180641e37.jpg
水平だった道が下りになり、下りきったところで小さな流れを渡りました。このあたりは広くて平坦な谷になっていて、木々の密度もやや高い感じです。新緑の頃に比べると、緑の色も濃くなり、淡いグラデーションのような色違いの感じもほぼなくなり、夏の森のなったなと感じます。


IMG_0448_20180623180642c5f.jpg
11:56 第2分岐点に着きました。ここで中国自然歩道に再び合流し、若杉峠は左へ進みます。


IMG_0449_20180623180644c09.jpg
案内板のマップです。


IMG_0450_20180623180645dfe.jpg
第2分岐点から若杉歩峠方面に進むと、すぐに広くて平坦な谷になり、なんとなく湿原のような雰囲気です。


IMG_0451_20180623180647f00.jpg
12:06 のんびりと歩いても第2分岐点からわずか10分ほどで、若杉峠に到着しました。ちょうどお昼時だし誰もいなかったので、ベンチで休憩することにしました。


IMG_0452_20180623180648fdf.jpg
目の前の祠と抱き合ったような2本の杉の大木を眺めがら、おにぎりを食べました。祠の横を上がって行くと展望台があります。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_0453_20180623180650495.jpg
休憩中に1組の登山者が展望台の方に登って行ったので、休憩を終えてから自分も展望台に向かいました。


IMG_0454_20180623180651d57.jpg
けっこう急な階段が続きます。


IMG_0455_2018062318081219c.jpg
階段を登りつめ、右に少し行くと展望台がありました。標高は1080mぐらいで、1050mの若杉峠よりも高いので、この山行の最高地点はこの展望台ですが、名前のあるピークではないので、若杉峠を最高到達点ということにしておきます。


IMG_0456_2018062318081323d.jpg
しかし展望台とは名ばかりで、植林された杉が成長してほとんど展望はありません。わざわざ登って来ましたが、無駄足でした。ただし、ここには東屋があるので、休憩やランチをするなら若杉峠よりもここまで上がってきた方がよさそうです。


IMG_0457_20180623180815e99.jpg
12:31 展望のない展望台からすぐに引き返して若杉峠まで下りてきました。これから下山ですが、往路を戻るのではなく直進して別のコースから下ることにします。ただ、植林帯のような雰囲気が漂っているので、あまり面白くない道かもしれません。


IMG_0458_2018062318081610d.jpg
若杉峠から南に尾根を登って行くと、やはり植林帯でした。引き返そうかと思いましたが、地形図を見るとこの先にかなり広い湿原のような地形があるので、なにか面白い風景がみられるかもしれないとそのまま進むことにしました。


IMG_0459_20180623180818da0.jpg
植林帯の中は杉の落ち葉が厚く堆積していて、トレースがかなり不明瞭でしたが、赤テープと埋もれかけの階段を探しながらなんとか道をはずれずに進むことができました。


IMG_0460_20180623180819a0a.jpg
12:43 林道に出ました。ここから林道を横切ってさらに先に進み、尾根筋を少し歩いて1124ピークの先から別の林道で下るというコースもありますが、林道の反対側にトレースの入り口が見当たらなかったし、どうせ植林帯が続くだけのような雰囲気なので、ここから右へ折れて林道を下ることにしました。


IMG_0461_201806231808216d3.jpg
ちなみに、道標に書いてある峰越峠まで行っても戻って来れますが、かなり距離があるし、アスファルト道歩きが長くなるので、今回はパス。


IMG_0463_20180623180822088.jpg
林道を下り始めると、すぐにこの道が長らく使用されていないことがわかりました。車のわだちがなくなっていて、雑草が生い茂っています。


IMG_0464_20180623180933008.jpg
湿原のような場所は小高く盛られた土手状の道になっていて、途中には橋もありましたが、穴が開いていて車が通過できる状態ではありません。いつ足元が陥没するかわからないので、足元を確認しながら慎重に渡りました。結局、この湿原のような場所はほとんど草地のような状態で、なにも面白いものはありませんでした。


IMG_0465_20180623180934a27.jpg
12:51 別の林道との合流点です。ここを右折して下ると駐車場近くに出ることができるはずです。


IMG_0466.jpg
最初のうちは普通の林道でしたが、途中からものすごい岩ゴロの道になり、とても車両が走れるような道ではなくなりました。おそらくブルドーザーのような無限軌道車でないと通過できないでしょう。


IMG_0467_201806231809373d6.jpg
13:14 アスファルト道に出ました。これを右に上がって行けばすぐに駐車場です。


IMG_0469_2018062318093824e.jpg
13:19 最後のアスファルト道歩きで少し足裏が痛くなりましたが、先週感じた右足の痛みもなく無事に戻ってきました。


インソールですが、靴の中で足が滑るようになったソフソールをやめて、冬靴に入れていたスパーフィートグリーンに変更してみたのですが、ソフソールの時に感じていた靴のタイト感や靴底が少し柔らかいという感じが解消され、窮屈感がなくなり靴底もしっかりとした感じになりました。やはりインソールによって靴の性格が変わってくるというのを実感しました。ミレー オールロードGTXはこのままスーパーフィートグリーンでいくことにします。


ところで、せっかく担いできた一眼レフと三脚ですが、渓流とブナの大木の写真以外は撮ることもなく、ほぼ歩荷訓練の重しのような状態でした。ま、そんなこともあります。たいして汗もかかなかったので、温泉にはよらずに一般道で家まで直行しました。

20180617wakasugitouge.jpg



ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング










関連記事
スポンサーサイト

| 2018年6月 若杉天然林 | 18:12 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

NEXT | PAGE-SELECT | PREV