FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

山小屋通信簿: 双六冬期避難小屋

山小屋通信簿は、清潔さや快適さなどの一般的な項目の他に、ヤマふぉと派の観点から撮影山行基地としての評価も加えた山小屋の評価です。各評価項目を5段階で審査し、合計点数の平均が総合評価です。

評価項目
●清潔度:小屋内の部屋や食堂、トイレ、布団など、清潔に保たれているかどうかももちろんですが、小屋周辺の状況やごみの処理なども含みます。
●快適度:小屋内で過ごす時間を快適に過ごせるかどうかです。乾燥室の場所や利用時間、自炊場所の有無と位置、談話室の有無と居心地、本や暖房などの設備をチェックします。
●ホスピタリティ:宿泊や幕営の申込み、売店の対応など従業員の応対をチェックします。
●食事のうまさ:朝食夕食だけでなく、昼食メニューなどボリュームや味をチェックします。ただし、食べたものにもよるのでかなりいい加減です。基本的にあまりグルメではないので、味については甘い評価かもしれません。
●施設充実度:宿泊客以外の登山者が利用できる設備についての項目です。小屋前のテーブル&ベンチ、無料の水場、屋外トイレ、雨をしのげるひさし付きベンチがそろっていると評価5です。1種類を1ポイントとして評価します。
●ロケーション:写真を撮るためのベースとして、立地条件などを評価します。ただし、立地条件は変更しようがないので、3以上の評価とします。

評価基準
5:非常に優れている
4:良い
3:問題ない
2:いま一歩
1:改善が必要

双六冬期避難小屋
清潔度:4
快適度:4
ホスピタリティ:-
食事のうまさ:-
施設充実度:4
ロケーション:4
総合評価:4

IMG_0102b
双六冬期避難小屋は、双六岳と樅沢岳の鞍部にあります。双六小屋からは少し離れていて、夏期には倉庫として使われている小屋のようです。


西向きの入口は梯子を登ったところにあり、荷物を満載した大型のバックパックを出し入れするのはかなり大変です。できるだけ、ばらして出し入れした方がかえって楽に通過できると思います。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_0103_20180509214649fb1.jpg
床は滑り止めの付いた鉄板が敷いてあり、通常の山小屋のような床がありません。ベッドになる棚は左手と奥にそれぞれ2名分あり、右手の棚はすのこ状になっているため、人が寝るのにはあまり適していないと思われます。さらに、小屋裏まで上がると就寝スペースがあるようで、2~3名は寝られるようです。なので、床を除けば6~7名が定員という感じですが、床を利用すればさらに4~5名は大丈夫です。2018年5月に利用した時は、室内は清潔に保たれていました。


IMG_0104.jpg
トイレは小屋内にあります。中は個室になっていて、洋式便器が設置されていました。汚れた感じもなく、清潔でした。ペーパーホルダーは設置してありますが、ペーパーの備え付けはないので、持参が原則。使用済みの紙は段ボール箱に捨てる方式です。また、トイレ内に灯りとりの窓はないので、ヘッドライトが必要です。


無雪期の水場は利用できないので、積雪期には水場はありません。小屋周辺の雪を利用して水づくりをする必要がありますが、冬期避難小屋利用ならあたりまえのことなので、とくに困ることはないと思います。


ロケーション的には、南北に開けた鞍部なので、南と北の展望はあります。


IMG_0113_2018051316210839a.jpg
南は笠ヶ岳、


IMG_0109_2018050921491100c.jpg
北は三俣蓮華岳から鷲羽岳が良く見えます。


IMG_0137_20180513162509493.jpg
東の樅沢岳山頂まで約30分かかりますが、山頂から見る西鎌尾根と槍ヶ岳、穂高連峰は絶景です。


双六岳山頂までは1時間ほどかかりますが、広い双六台地の先にそびえる槍ヶ岳の風景も素晴らしく、あまり苦労しないでも素晴らしい風景を見ることができるという恵まれたロケーションです。


IMG_0105_20180509214652a74.jpg
双六冬期避難小屋は有料の避難小屋なので、宿泊した場合は後日事務所あてに料金を送ることになります。宿泊時は、備え付けの紙に宿泊日時と氏名、連絡先などを記入してボックスに投函しておきます。支払に関して督促が来るのかどうかしりませんが、下山後は自主的に料金を送るのが登山者としてのマナーだと思います。ちなみに、現金書留で送ると、封筒代21円+512円が必要なので、通信費が宿泊費の50%にもなってしまいます。郵便振替にしてくれればもっと安くなるんですけどねえ。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング










関連記事
スポンサーサイト

| 山小屋通信簿 | 22:21 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

色々なお願いばかりでスミマセンです。胃腸の体調管理にお気を付け下さいませ。

| 島根の青木です。 | 2018/06/19 09:54 | URL |

Re: タイトルなし

中国地方は営業小屋がほとんどないので避難小屋ばかりになってしまいそうですが、大山の避難小屋あたりからぼちぼち記事にしていきたいと思います。

| ヤマふぉと | 2018/06/18 17:16 | URL |

山小屋通信簿いいですね。出来れば中国地方の山々もいつかお願いしたいですね。

| 島根の青木です。 | 2018/06/18 09:31 | URL |















非公開コメント

NEXT | PAGE-SELECT | PREV