FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

思いがけずきれいなブナ林に出会う: 伯州山その2 

2018年5月27日(日) 岡山県鏡野町上斎原 伯州山(標高1045) 日帰り単独行 


IMG_0302_20180530114256217.jpg
10:23 山頂へは、小屋の脇を入って行きます。


IMG_0303_20180530114257532.jpg
小屋の脇を入ると、壁に伯州山の案内を書いた大きな看板が掲げてありました。


IMG_0304.jpg
山荘から先は緩やかな道が背の低い森の中に続きます。


IMG_0306.jpg
森から抜け出ると笹薮の開けた道になります。少し勾配がきつくなりますが、山頂まであと少しです。


IMG_0305_20180530114301f20.jpg
笹原の登山道脇に咲いていたオレンジ色の花です。レンゲツツジかな。


IMG_0307_20180530114303d9c.jpg
10:31 山頂に着きました。笹が刈られていて、そこそこ広い山頂です。


IMG_0308.jpg
どうやら今日は一番乗りのようです。


IMG_0311.jpg
西方にはうっすらと大山とその周囲の山々がシルエットで見えています。


IMG_0314.jpg
東方は、おそらく三国山やギラガあたりが見えているようです。


IMG_0315.jpg
南方は、左から花知ヶ仙、妹山、三ヶ上で、妹山の後ろに見えているのが泉山のようです。晴天ではありませんが、そこそこ展望があって楽しめました。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_0316.jpg
10:39 誰もいないし、日差しもきつくなく山頂でのんびりできないわけではありませんが、お昼にするには時間が早いし、ひととおり展望を楽しんだら特にすることもありません。もう少しすれば後から出発した4人パーティーが登ってくるでしょうから、その前に下山することにしました。


山荘の前まで来ると、ちょうど4人パーティーが到着したところでした。少し言葉を交わして、別れました。


IMG_0317.jpg
山荘前から左の新コースに向かいます。登って来たのは右の滝谷コースです。といっても、道標があるわけではないので、新コースの方はそれらしい踏み跡がついているだけです。左の切り株のところをまっすぐ入って行きます。入口の木の枝に赤テープがあったので、よく探せばわかります。


新コースに入って行くと地面に「国土調査」と書かれた赤色の杭が何本か埋まっていたので、一応おおやけに整備されたコースのようですが、最初のうちはけっこうな藪道で、ほんとにこれが新コースなのかと不安になるような状況でした。道に迷うほどトレースが不明瞭というわけではないにしても、ほとんど廃道になった登山道を歩いているかのような雰囲気です。


IMG_0318.jpg
5分ぐらい進んで行くと、ようやく道らしい雰囲気になってきたので、気持ちにも余裕がでてきました。


IMG_0319_20180530114541338.jpg
標高1000mのゆるいピークのあたりからブナ林の雰囲気が強くなってきました。とはいえ、尾根道で比較的日差しが林床まで入りやすいのか、笹がけっこう茂っていて、滝谷コースで見たようなすっきりとしたきれいなブナ林という感じはありません。


IMG_0320.jpg
1000mピークを過ぎると、そこそこ傾斜のきつい尾根を下ります。途中で1組のパーティーとすれ違いましたが、本日出会ったのは、先の4人パーティーとこのグループだけでした。


IMG_0321_20180530114544c51.jpg
途中にあったねじれたブナ。たまに見かけますが、原因はツタ。ツタがからまったまま成長するとこんなふうになり、やがてツタが枯れて落ちると、ねじれた木になります。


IMG_0322.jpg
11:14 遊歩道に合流です。ここにも道標はなく、わかりにくい赤テープがひとつついているだけなので、下から上がってきて新コースを初めて歩こうという人には、かなりわかりにくい状況です。花の時期は新コース沿いにイワウチワが多く咲いているらしいので、登りで使うのもいいと思いますが、それ以外の時期はとくに見るものがあるわけでもなく、傾斜がきつくてつらいだけなので、登りは滝谷コースを使ったほうが楽だし森林浴気分で楽しめると思います。


IMG_0323.jpg
遊歩道との合流点から右へ行けばすぐに滝谷コースに出るはずですが、左へ進むことにしました。


IMG_0325_20180530114549723.jpg
始めのうちはほぼ平坦な道でしたが、すぐに急勾配の階段になりました。尾根から谷筋へ下る斜面につけられた階段の道は、けっこう長く続きました。登りでここを行くのはしんどいだろうなと思いつつ下ります。


IMG_0327.jpg
11:26 谷筋に下りて勾配が緩くなった道を数分歩いたら、滝谷コースとの合流点に着きました。あとは林道を左へと下って行くだけです。


IMG_0330.jpg
11:41 登山口まで下りてきました。登山口から駐車場までは約3分かかりました。


お昼前に下りてきてしまったので、用意していたランチは手つかずのままです。赤和瀬渓谷沿いの駐車スペースに涼しそうな木陰があったので、車を停めてさわやかな風を楽しみつつお昼を食べて、「上斎原温泉クアガーデンこのか」で温泉に入って帰りました。日曜日ですが、時間が早いためか、すごく空いていました。

20180527hakusyusan.jpg



ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング









関連記事
スポンサーサイト

| 2018年5月 伯州山 | 11:51 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

NEXT | PAGE-SELECT | PREV