FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

銅山遺跡とツツジの山: 西赤石山その3 

2018年5月20日(日) 愛媛県新居浜市 西赤石山(標高1626m) 日帰り単独行 


この数日パソコンを使う時間が多くなり、そのためか首と肩の凝りがひどく、しかも眼精疲労なのか目の奥がず~んと痛いような重いような感じで、それらが合わさって昨日は朝から頭痛が治まりませんでした。帰ってきてからやることを済ませると、メグリズムという目の疲れをとるアイマスクをして、ヒーリングミュージックを聞きながらしばらく寝ていたら、とりあえず症状は少し良くなりました。とどめに鎮痛薬を飲んで、ようやく頭痛が治まりましたが、首の痛みがまだとれません。


ということで、アマゾンで首や肩のコリをほぐすいいものがないかと探してみたら、最近はやりの筋膜リリースを行うローラーがセットで安く出ていたので、思わず買ってしまいました。明日には届く予定なので、早くゴリゴリしてみたいです。



ということで、西赤石山の続きです。


IMG_0251.jpg
三角点は人もいるしあまり展望もよくないので、銅板の山名板がある山頂までもどってランチタイムにしました。登山道を見下ろす岩場の途中に、ちょうどベンチのようになった岩があったので、そこに座って広大な石鎚山地の山並みを眺めながらのんびりとおにぎりとカフェオレを楽しみました。写真はピントが背景の方にあってしまいましたが、まあいいでしょう。


IMG_0252_20180526150543f9a.jpg
12:50 山頂から新居浜市の市街地を眺めながら、下山の準備を整え、山頂を後にします。


IMG_0253_201805261505446af.jpg
下山は、西赤石山から北にあるカブト岩まで下り、そこから西に向けて下るコースで下山します。下山のコースとしては、おそらく一番早いコースです。来た道を銅山越までもどり、馬の背コースで下るという手もありますが、西赤石山から銅山越までの稜線はアップダウンがあり、距離の割に標高差が大きくないので、一気に下るカブト岩コースのほうが短時間で下ることができます。そのぶん、足腰にはきついコースですので、膝痛などの心配はあります。


IMG_0254.jpg
下山コースは急傾斜の下りで始まります。


IMG_0257_201805261505471f6.jpg
ときどき目につくきれいなツツジを楽しみながら、ぐいぐいと下ります。


IMG_0258_20180526150549eb6.jpg
普通のアルミ脚立を伸ばして梯子として設置してある場所もあり、なかなかの急こう配です。


IMG_0260_20180526150552f10.jpg
10分ほどでカブト岩下の魔戸の滝方面への分岐を過ぎ、カブト岩へ登る道を右にわけて左の斜面を巻く道を進みます。往路で使った道と比べると、かなり登山道らしい道ですが、それほど荒れているわけでもなく、そこそこ歩きやすい道です。



IMG_0259.jpg
十数分下っただけですが、すでに西赤石山の山頂は遥か上に見えます。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_0261_201805261505537e8.jpg
このコースは上部鉄道跡と合流するまで分岐はないので、道迷いの危険性はほとんどないと言えますが、一カ所だけロープで規制されている場所がありました。山頂から30分ぐらい下った場所ですが、道が左へ90度曲がる箇所にちょうど倒木があって、道をふさぐように倒れています。なんとなく直進方向へ踏み跡があるので、ロープがなければそのまま直進してしまう可能性が高い場所です。おそらく、道迷いする人が多く直進の間違いトレースができてしまったので、ロープで規制するようにしたのでしょう。ロープがあるので、現状で間違える人はいないと思いますが、どこの山でも同じように遭難防止策がほどこされているとは限らないので、下ばかり見て歩く癖を持っている人は、前を見る癖をつけないといつかやらかしかねません。


IMG_0262_201805261517231be.jpg
こちらの道は利用者が多くないのか、倒木に道をふさがれている場所が何カ所かありました。もっとも、通過に難儀するということはなかったので、放置しているだけかもしれません。


IMG_0263_20180526151725cb4.jpg
13:48 上部鉄道跡に合流しました。この合流点の少し上で、同じような石垣の組まれた道の跡のような場所がありましたが、そこには道標がないので、勘違いして右に進んで行かないように要注意です。もっとも、トレースのようなものはついていないし、石垣から下へ降りる道が明瞭なので、たぶん大丈夫だと思います。それにしても、あれは何の跡だったんでしょうか。鉄道が敷設される前に利用されていた鉱石運搬用の道だったのかもしれません。今度行く機会があったら、資料館などに入って詳しく見てみたいものです。


IMG_0264_20180526151726e61.jpg
上部鉄道跡との合流点から、登山口と書かれている方向に進みます。下りてきた向きでいえば右手になります。


IMG_0265_20180526151728043.jpg
鉄道跡の道なので、ほぼ平坦で道幅もあり、それまでの急傾斜の道と比べると打って変わって楽ちんです。少し膝が痛くなりかけていたので助かりました。


IMG_0266_20180526151729cb6.jpg
小さな谷を渡る橋がありましたが、通行止めになっていたので、右手に下りて谷の上流側を迂回します。


IMG_0268.jpg
谷を渡って対岸に登る場所がちょっと厄介でしたが、木の根がうまい具合に足がかりになっていて助かりました。


IMG_0269_20180526151732683.jpg
さらに5分ほどいったところで、再び通行止めになっている谷がありました。


IMG_0270_20180526151734d59.jpg
さっきの谷より幅があり、鉄橋の跡も規模が大きいものです。もっとも、こちらは谷幅があるおかげで迂回する道も楽に歩ける状態でした。


IMG_0272_201805261519546cb.jpg
その後は、不思議なほどまっすぐな道が続きます。


IMG_0273_20180526151955869.jpg
直進だった道が大きく右へカーブして行った先に、だだっ広い広場のような場所がありました。


IMG_0274_20180526151957e61.jpg
一本松停車場という看板が松の木にくくりつけられていて、その下に「東平へ」と書かれた道標が設置されていました。ここから、上部鉄道跡と分かれて、左へ尾根を下ります。


IMG_0275_20180526151958322.jpg
下り始めてすぐに、銅山峰ヒュッテが見えました。


IMG_0276_20180526152000e47.jpg
うっそうとした森の中の道をただただ下ります。上部鉄道跡から分かれた直後はけっこうな急こう配でしたが、すぐに緩くなり、大きな段差もほぼない歩きやすい道が続きます。


IMG_0277_2018052615200142f.jpg
14:42 第三変電所跡に出ました。少し建物の中を覗いてから、すぐに出発です。


IMG_0278_201805261520030d7.jpg
変電所跡から坂道を下れば、朝通過した場所です。


IMG_0279_2018052615200463b.jpg
14:51 ひざが痛み始めていましたが、なんとかひどくなるなる前に駐車場に戻ってくることができました。下山は、ほとんど休憩らしい休憩をとっていないので、ほぼ2時間歩きっぱなしでした。3週間ぶりの山行にはちょっとハードすぎたかもしれません。


それにしても、銅山跡の遺跡が山中に数多く眠っているので、なかなか面白い山でした。いろいろなコースもあるので、また違うコースをたどる山行をしてみたいと思います。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング






関連記事
スポンサーサイト



| 2018年5月 西赤石山 | 15:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

NEXT | PAGE-SELECT | PREV