FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

銅山遺跡とツツジの山: 西赤石山その1 

2018年5月20日(日) 愛媛県新居浜市 西赤石山(標高1626m) 日帰り単独行 


GW以来約三週間ぶりとなる山行は、四国は新居浜市にある西赤石山を訪れました。別子銅山の鉱山遺跡がある山として有名ですが、GWの終わり頃には山頂付近がアケボノツツジでピンクに彩られる花の山としても有名です。毎年行こうと思いつつ、GW明けは疲れて動けないというパターンの繰り返しで、アケボノツツジのシーズンに訪れることができませんでした。今回も、時期的にはすっかり終わっていますが、アケボノツツジがだめでも、他のツツジが咲いているのではないかという淡い期待をしつつ行ってきました。


新居浜市街から県道47号線を南下し、清滝トンネルを抜けたところで左折、細く曲がりくねった山道を登って行くと東平(とうなる)という場所に着きました。一般の観光客は東平記念館前の駐車場を利用しますが、登山者はさらに奥に進んだところにある登山者専用駐車場に車を停めます。東平記念館前には、別子銅山の遺跡が残っていて、東洋のマチュピチュとして有名らしいですが、誇大広告だろうというのが正直な感想です。


東平は、新居浜ICからは車で50分ほどです。朝早いと下りてくる対向車はほぼいませんが、遅くなるほど対向車が増えてすれ違いに時間がかかるようになるので要注意です。このときは朝8時頃に通過しましたが、対向車はありませんでした。


装備リスト
●アッパー
 ドライレイヤー: ノースフェイス パラマウントタンク
 ベースレイヤ: マムート アタカゾジッププルAF
 ミドルレイヤ: マムート デイトリッパーフリースジャケット(不使用)
 ソフトシェル: なし
 ハードシェル: マムート エアロスピードジャケット(不使用)
 インサレーション: なし
 グローブ: コーナン プロアクト 作業用グローブ
 キャップ/ハット: マムート アドベンチャーベンチレーションハット
 ヘルメット なし

●ボトムス
 ベースレイヤ: なし
 ミドルレイヤ: マムート グレイシャーパンツ
 ハードシェル: モンベル バーサライトパンツ(不使用)
 ソックス: バーグハウス メリノウール トレッキング ガイド クルー
 シューズ: マムート テトンGTX

●ギア
 バックパック: ハクバ GWアドバンス ピーク25
 ストック: なし

 
この日は意外と気温が低く、吐く息が白く見えるほどでした。朝はおおむね10度ぐらいでしたが、樹林帯の登りでは風がなかったのでフリースやジャケットを着るほど寒くなかったし、稜線に出るころには日差しがきつくなったので、多少風があっても大丈夫でした。


IMG_0183_20180521182946d83.jpg
8:45 登山者専用駐車場を出発します。駐車場からは西赤石山は見えません。


IMG_0184_20180521182947b8e.jpg
アスファルト道を登って行くと、すぐに道は行き止まりになり、その手前を右へ入って行きます。


IMG_0185.jpg
細い道に入ると、いきなり急峻な崖を水平に渡って行く道になりますが、幅はわりと広いし手すりもあって危険な感じは全くありません。この先まで観光客でも入れるようになっているので、道の整備は完璧です。


IMG_0186_20180521182950729.jpg
崖沿いの道が終わると、なんだか気持ちの良さそうな広い場所に出ました。


IMG_0187.jpg
右手にトンネルのようなものがあり、覗いてみると反対側の出口が見えました。東平から坑道へ行くための通路になっていた大マンプという遺跡だそうです。


IMG_0188_20180521182953356.jpg
左手の一段高いところに煉瓦造りの建物があり、これが変電所跡です。


IMG_0189_2018052118295426a.jpg
変電所跡へ登る階段が見えていますが、下山はここに出てくる予定です。往路は右手の銅山峰を目指します。


IMG_0190_20180521182956b1d.jpg
第三通洞という坑道へ入るためのトンネル遺跡の手前に大きな案内板がありました。


IMG_0191_20180521183140e94.jpg
往路は、ここから紫色で示された柳谷コースを経由して銅山越から西赤石山を目指します。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_0192_20180521183142dd5.jpg
8:57 第三通洞の手前から登山道を左へ進みます。


IMG_0193_2018052118314323e.jpg
登山道が設けられている斜面はかなりの急斜面ですが、よく整備されていて、またジグザグに道がつけらているので歩きやすく比較的楽でした。


IMG_0194_20180521183145b81.jpg
小さな橋を渡って進みます。徐々に道は狭くなり、整備状況もだんだん粗くなってきましたが、それでも大きな段差や倒木などもなく、一般的な登山道としてはかなり歩きやすいレベルです。


IMG_0195_2018052118314676f.jpg
さらに30分ほど歩くと、再び橋を渡ります。


IMG_0196_20180521183148d00.jpg
9:57 2つ目の橋から7分で上部鉄道跡の道に出ました。


IMG_0198_20180521183149f79.jpg
上部鉄道は、標高850mから1100mの高さに敷かれた鉄道で、急峻な崖を縫うように敷設されています。こんな山の上を小型とはいえ蒸気機関車が走っていたというのは、ちょっと驚きです。鉄道跡なのでほぼ水平に近いコースになっているので、歩くのには楽ですが、残念ながらこの合流点から左の石ヶ山丈方面は関係者以外立入禁止になっていました。


IMG_0199_201805211831518ef.jpg
上部鉄道跡の合流点から鉄道跡の水平な道を右へたどって行くと、橋を渡った先に水場がありました。山と渓谷の地図には水場の印はついていなかったので、途中に水場はないと思って飲み水はかなりセーブしていたので、せっかくの水場ですが補給の必要がないレベルでした。なので、飲んでいませんがこの先にある銅山峰ヒュッテの設けた水場なので、飲用可のようです。


IMG_0200_20180521183152bf1.jpg
水場のすぐ先に銅山峰ヒュッテが見えました。色遣いがなんだかかわいらしい山小屋です。


IMG_0201_20180521183154cc0.jpg
10:01 小屋前にベンチとテーブルがあったので小休止をとりました。


IMG_0202_201805211834316b5.jpg
新居浜市街地が良く見え、なかなかの展望でした。

つづく。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング






関連記事
スポンサーサイト

| 2018年5月 西赤石山 | 18:45 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

早速のコメントとギアの記載をありがとうございました。「ハクバ」と言うことはカメラ機材用のザックですかね。続きを期待しています。では。

| 島根の青木です。 | 2018/05/23 15:04 | URL |

Re: タイトルなし

バックパックなどは人によって荷物の量が異なるので、書いても参考になるかどうかわかりませんが、一応載せるようにしておきます。

| ヤマふぉと | 2018/05/23 10:35 | URL |

四国の山々もいいですね。私は学生時代に剣山に行っただけです。もし良かったらでスミマセンが装備品リストにザックやテント等も付け加えて頂ければ喜びます。

| 島根の青木です。 | 2018/05/23 08:47 | URL |















非公開コメント

NEXT | PAGE-SELECT | PREV