FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

GW対策トレーニング山行第1弾: 那岐山その2 

2018年4月16日(月) 岡山県奈義町 那岐山(標高1255m) 日帰り単独行 


IMG_0477.jpg
稜線に出たところにある道標脇で5分ほど立ったまま休憩してから、山頂に向けて歩き出しました。この先は軽いアップダウンがあるものの、きつい登り下りはないので10分も歩けば山頂に着くはずです。


IMG_0478.jpg
12:01 ほぼ正午ぴったりに山頂にでました。


IMG_0479.jpg
山頂には5~6人の登山者がいてベンチで昼食をとっていたので、山名板の周囲は誰もいません。


IMG_0480.jpg
ということで、ささっと自撮りしました。


IMG_0482.jpg
天気はいいのですが空気がもやがかっていて遠望は効きませんでした。あまりちゃんと探したわけではありませんが、大山は見えなかったようです。


IMG_0483_2018042000185702e.jpg
お昼時ですが、ベンチは空きがないし、北からの風がそこそこ冷たいので、風邪の当たらないところを探しながら三角点まで行ってみることにしました。


IMG_0484_201804200018597e6.jpg
三角点に登り返すところで右手に分岐があり、「水のみ場」と書かれた道標がありましたが、いままでこんな道標があることにまったく気が付きませんでした。那岐山山頂部に水場があるとはちょっとびっくりです。もっとも200mも先らしいので、それなりに下るのかもしれません。避難小屋に泊まる場合は助かりますが、おおむね日帰りの登山者ばかりでしょうから、あまり利用する人はないのかもしれません。とはいえ、道はきれいに草刈されているところをみると、それなりに利用者がいるということなんでしょうか。


IMG_0485_20180420001900202.jpg
12:13 山頂から三角点まで風の当たらない場所は見つからず、結局三角点まで登ってきました。こちらは2人組とソロの3人がいるだけで、山頂と比べると静かです。しばらく風があたらない場所を探してうろついてみました。


IMG_0486_20180420001902695.jpg
昨年強風で倒壊した東屋はトイレ部分だけが応急修理で使えるようになっていました。トイレ前なら建物が風を遮ってくれるものの、さすがにトイレの前に座って休憩というのはないなということで、北風があたらなさそうな南側へ移動しました。


IMG_0487.jpg
結局、Cコースの分岐点で笹原のそばに座ればそれなりに風があたりにくくなるというわけで、分岐点脇に座って休憩することにしました。多少は背中に風があたるものの、ジャケットを着なくてもそれほど寒くはなかったので、背後の笹原が風よけになっていたようです。


この休憩でお昼を食べる予定でしたが、朝車の中で食べたおにぎりがまだ消化しきれていないのか、いまだに空腹感がありません。今回も賞味期限切れのフリーズドライのマーボナス丼とアルファ米を持ってきていますが、まったく食欲がわかないので、チョコレートを2片食べるだけにしておきました。燃費のいい体でなによりです。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_0496_2018042000190521d.jpg
12:29 体が冷えてくる前に下山開始です。下山はCコースでとっとと下ります。


IMG_0499.jpg
12:55 大神岩前でバックパックを降ろさずに少しだけベンチに座って休憩しましたが、水分補給だけですぐに出発しました。


IMG_0500_20180420002102719.jpg
Cコースの途中にある水場は、それなりに水量がありました。この水場は利用したことはありませんが、年中枯れずに湧き出ているようです。


IMG_0501_201804200021047df.jpg
13:27 林道との合流点に出ました。このまま下れば10分ぐらいで駐車場に着いてしまいます。トレーニング山行なので、もう少し負荷をかけようということで、新しくできた遊歩道で名木ノ城跡経由で回り道して帰ることにします。


IMG_0502_2018042000210576c.jpg
名木ノ城跡を経由してBコースに合流して、Bコースから駐車場に戻るというコースになります。


IMG_0504_201804200021075aa.jpg
林道を歩いていくと、途中で階段を登って林道から離れます。


IMG_0505_2018042000210828d.jpg
階段を登った先で渓流を渡ります。


IMG_0506.jpg
その先は急斜面にジグザグにつけられた遊歩道を登りますが、けっこうな急斜面です。


IMG_0507.jpg
急斜面を登りきると真新しい道標と道案内版があり、その先にベンチもありました。


IMG_0508.jpg
細い尾根を下って行くと小さな鞍部があり、その先に小高いピークのような場所が見えました。なんとなくこれが名木ノ城跡かなという感じです。


IMG_0509_201804200023162f3.jpg
ピークに登ると予想通り名木ノ城跡でした。先ほどの鞍部は空堀だったようです。案内板によると、名木ノ城とはいっても、細い尾根を切り欠いて階段状の曲輪(くるわ)と呼ばれる平地を作っただけの砦のようですが、なんでこんな山の中に砦を作ったのかさっぱりわかりません。交通の要所でもないし、重要な鉱山があったわけでもないし、那岐の町からも遠いし、いったい何の目的で作られたのかよくわかりません。


IMG_0510_20180420002317265.jpg
近くに八巻城跡、大別当城跡という城跡があるので、これらの城と関連があるのでしょう。位置的にみれば、他の2つの城がやばくなった場合の最後の砦として作られたのかもしれません。


IMG_0511.jpg
名木ノ城跡から階段状の曲輪あとを下ります。城跡ということで、遊歩道は作られていないので道が不明瞭ですが、細い尾根なのでとりあえずまっすぐ下ります。


IMG_0512_20180420002320163.jpg
曲輪を過ぎると遊歩道が再び作られていて歩きやすくなりました。


IMG_0515_20180420002325ef7.jpg
下って行くと両側に谷が迫ってきた尾根の先端部分で丁字路になりました。


IMG_0514.jpg
右は行き止まりですが、滝を眺めるベンチがあるということなので、行ってみることにしました。


IMG_0517.jpg
眼下の渓流と新緑がいい感じです。


IMG_0518.jpg
一番下まで下りるとベンチがあり、その先に滝が見えました。


IMG_0519.jpg
追込滝という名前のようです。


IMG_0520_201804200027234d2.jpg
ベンチからはよく見えないのでトレースをたどって少し下へ行くと滝が良く見える場所がありました。ここからは二段の滝に見えます。しかし、二段目のさらに下にもう一段ありそうな感じです。


IMG_0521.jpg
少し移動してみると、三段目の滝も見ることができました。一番上が4mぐらい、真ん中が5mぐらいで、一番下が3mぐらいという感じです。


IMG_0525_20180420002726103.jpg
滝を見た後、丁字路まで戻って遊歩道を先に進みました。追込滝の上流で渡渉を3度繰り返して、Bコース下の斜面にとりつきます。


IMG_0527_201804200027270fb.jpg
14:06 Bコースに合流しました。あとは来た道を下るだけです。


IMG_0528_201804200027292f2.jpg
下り始めてすぐに右手の森が妙に彩があるなと思ってよく見ると、山桜が満開になっていました。


IMG_0531_20180420002749857.jpg
14:15 B・Cコース分岐まで戻ってきました。駐車場までもう少しです。


IMG_0532_20180420002751db9.jpg
14:22 本日の山行はこれにて終わりです。約4時間半の行程だったので、わりと足腰がだるい感じがあり、それなりにトレーニングになったようです。

20180416nagisen.jpg

ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング









関連記事
スポンサーサイト



| 2018年4月 那岐山 | 00:35 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

Re: タイトルなし

今回のレポは、だいぶん途中を端折ってますが、過去のレポだともう少し写真点数も多く内容も詳しくなってますので、そちらを見ていただいた方が参考になると思います。

なお、滝山の登山口である滝神社参道への自衛隊演習地内を通るルートは最近通れなくなったらしいので、那岐山や広戸仙から縦走で行くしかないみたいです。

| ヤマふぉと | 2018/04/20 13:34 | URL |

お久しぶりです。鳥取県境に位置する山々は学生時代からかなり登りましたが、何故か那岐山・滝山は今だに未踏峰です。アップして頂いたこの山行記録を参考にして、いつの日か行って見たいと思います。

| 島根の青木です。 | 2018/04/20 08:43 | URL |















非公開コメント

NEXT | PAGE-SELECT | PREV