ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

ルートを見失い1時間のロス:中蒜山(なかひるぜん) vol 3

2011年1月23日 岡山県真庭市 中蒜山(標高1123.3m)日帰り山行
vol 1vol 2はこちら。


すねまでの雪
 大きな尾根に合流すると、雪の深さが増して来ました。もちろん、スノーシューをつけているので、ずっぽり足が入り込むということはありませんが、標高が高いので雪質のさらさら感が増して、そのぶんよく沈むようになったということなのでしょう。くるぶしの上、すねのまんなかあたりまで沈みこむようになりました。
日留神社
 枝尾根からの合流点から10分ぐらい登ると雪に埋もれた祠がありました。国土地理院の地図には何も書かれていませんが、帰宅後調べてみると5合目に日留(ひる)神社というのがあるそうなので、おそらくその神社でしょう。完全に雪に埋まっていないのは、誰かが掘り起こしたのか、たまたま上からの吹き降ろしにたいして屋根が風をさえぎり、吹き溜まりにならなかったということなのかもしれません。

日留神社わきの目印
 この神社の横にある木にもテープが取り付けてあり、この尾根は目印が豊富で迷いにくい感じです。しかし、尾根筋なので、目印はなくてもそれほど困らないように思います。それよりも、道迷いしてしまった下の谷間に目印がほしいという気がします。

兎の足跡
 神社を超えて先に進むと、尾根に沿って兎の足跡がずっと上に続いていました。まるで道案内してくれているように、登山ルートにそってまっすぐ上を目指しています。

変な足跡
 よく見ると、なんとなく変な足跡でした。前足2本と後足4本というおかしな足跡なのです。どうやら、二匹の兎が連なって移動していたらしく、たまたま後足が4本あるように見えたようです。

急登
 神社を過ぎてからは傾斜がきつくなり、まっすぐ登るのがつらくなってきたので、ジグザグに斜面を登るようにしました。時間がかかりますが力づくで直登するよりも楽に登ることができます。

13時56分
 13時56分、時計の高度表示で965mの地点にきました。多少の誤差はあると思いますが、地図で見てもおおよそ1000mの手前あたりであっているようです。

県境尾根
 木々の間から山頂に続く県境尾根もかなり近くに見えるようになっています。しかし、県境尾根に上がるには、まだ急斜面を登らなければなりません。おそらく30分ぐらいかかりそうな雰囲気です。県境尾根に出てから山頂まで15分ぐらいかかりそうなので、このまま進むと山頂に着くのは15時前というところでしょう。まだ、昼食もとっていないので、食事休憩の時間も必要です。食事休憩に30分かけるとしたら、下山開始は早くて15時15分ということになります。那岐山でも似たような行程だったので、おそらくそれでも真っ暗になる前に登山口に戻れるだろうと思います。しかし、何があるかわからないのが山の怖さです。やはり、安全策をとってここで引き返すことにしました。

 まだ昼食もとっていないので、ひとまず休憩をかねて食事をとることにしました。といっても、お湯を沸かしてラーメンを作る気にはなれず、カロリーメイトとチョコレートなどで軽く済ますことにしました。

休憩
 スノーシューで雪をならして、マットを敷いて座りました。考えてみれば、座って休憩するのは、今日初めてです。スノーシューをつけたままなので、脚を投げ出して座らざるを得ないのですが、雪がやわらかいので、かかと側を雪に突き刺して座れば楽チンです。

 休憩を終えて、14時25分に下山開始です。下りのスノーシューは快適です。登りのときのようにジグザグに歩く必要はないので、ふわふわの雪の上をまっすぐに下っていくことができます。

下山時の1合目
 あっというまに高度を下げ、1合目まで下ってきました。時間は15時33分でした。4時間30分かけて登ったルートを、ほぼ1時間で下ってきたわけです。

下山時に中蒜山を振り返る
 牧草地まで戻ってくると、まだ中蒜山は見えていました。引き返した場所が見えています。県境尾根までもうひと登りだったのにと思うと、ちょっと悔しい気持ちになりましたが、まあ仕方ありません。道迷いによる1時間のロスが大きく響いてしまいました。

小雪舞う風景
 気がつくと、いつの間にか粉雪が舞い始め、太陽が力を失ってぼんやりとした光になっていました。さくさく下って、登山口に着いたのは16時20分でした。

■山行データ
途中撤退につき、データなし。

<登山道情報>
雪が深いのでスノーシューが必要です。登山口周辺のトイレは冬期使用禁止になっているため、冬期は登山口にトイレはありません。登山口の塩釜冷泉は水が流れているので給水可能です。


記事内容が気に入ったら、クリックしてやってくださいませ。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

| 2011年1月 中蒜山 | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamaphoto55.blog133.fc2.com/tb.php/115-76521ee0

TRACKBACK

NEXT | PAGE-SELECT | PREV