FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

アルペン気分満点のタフな尾根: 伯耆大山宝珠尾根その1 

2018年3月25日(日) 鳥取県大山町 上宝珠(標高1400m) 日帰り単独行 


腰痛の方もなんとか回復し、2週間ぶりの山行に行ってきました。岡山県下の1000mクラスの山では、もう雪がまともに残っているところは少ないだろうということで、伯耆大山しか選択肢は残っていません。スキー場は先週で営業を終えており駐車場は無料になっているので、大山寺が起点でも無駄な出費を抑えられるのですが、夏山登山道経由で弥山山頂ではあまりにもワンパターンすぎるし、日曜日ということで人の多さにうんざりすることは目に見えています。それではということで、登山者の少なそうな積雪期の宝珠尾根経由で三鈷峰を目指すことにしました。



本日の服装
●アッパー
 ドライレイヤー: ファイントラック スキンメッシュロングスリーブ
 ベースレイヤ: なし
 ミドルレイヤ: マムート ロワーモーズリージャケット
 ソフトシェル: マムート ソフテックグラナイトハイブリッドジャケット
 ハードシェル: マムート オールラウンダージャケット(不使用)
 インサレーション: ノースフェイス レッドポイントライトジャケット(不使用)
 グローブ: モンベル OutDryオーバーグローブフィット(アウター)
        モンベル メリノウールインナーグローブ(インナー)
 キャップ/ハット: マムート バイザービーニー
 ヘルメット グラビティリサーチ アルパインヘルメット

●ボトムス
 ベースレイヤ: イズミヤPB グッドヒート
 アウター: ミズノ ベルグテックハードシェルパンツ
 ソックス: BVD? 5本指化繊ソックス
       ノンブランド 厚手ウールソックス
 ゲイター: アウトドアリサーチ バーグラスゲイター(不使用)
 シューズ: シリオ 712GTX



登山天気によれば、1500m付近で5度ぐらいで、風も6mぐらいあるようなので、少し寒いかもしれないと思い、それなりに防寒対策をしておきました。本当はベースレイヤ―にメリノウールの150番手シャツを着ていたのですが、大山寺の駐車場につくとけっこう暖かかったので、ベースレイヤーは脱ぎました。ミドルウェアのマムート ロワーモーズリージャケットは、同社のアコンカグアライトジャケットの限定モデルとなる中厚手のフリースで、春秋にちょうどいい感じの保温性能です。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_0258.jpg
9:18 博労座駐車場を出発します。まずは登山届を出す必要があるし、トイレにも寄っておきたいので、目の前にある大山情報館に入りたいのですが、1階外部が工事中で駐車場からの出入りができません。大回りして上から入ることにします。


IMG_0260.jpg
大山情報館入口横にある温度計は8度を表示していました。風も穏やかでとっても暖かく感じます。大山情報館の中はがらんとしていて誰もいませんでした。入口を入った正面に設置してある登山届を書いて提出し、1階のトイレに行くとすこぶるきれいでよかったです。今は南光河原駐車場のトイレが工事中で使えないので、車を停めるならむしろ博労座のほうがいいかもしれません。


IMG_0261_201803270036212c7.jpg
人のいない参道をゆっくりと登って行きます。南光河原駐車場前を通った時には、けっこな数の登山者が登山口に向かっていましたが、こちらにはまったく人影がありません。どうやら宝珠尾根方面に向かう登山者はほぼいないようです。


IMG_0262.jpg
大山寺が近づくにつれて参道にも雪が出てきましたが、大山寺の階段下から先は突然の雪道になりました。木が多く日が当たらないので雪が融けにくいのでしょう。


IMG_0263.jpg
雪の積もった参道をのんびりと歩いていきます。


IMG_0264.jpg
大神山神社前の石段はとりあえず階段が見えている状態でした。


IMG_0265_20180327003627f80.jpg
大神山神社の境内は全く地面が見えない状態で、登山道入口からはすっかり雪山です。


IMG_0266_20180327003727cc9.jpg
下宝珠越への分岐点です。下宝珠越へは左へ行くのですが、この先は傾斜も強くなってくるのでここでクランポンを装着しました。ついでに、汗ばんできたのでジャケットを脱いでフリースだけになりました。森の中は風がないのでドライレイヤーとフリースだけでもまったく寒くありません。


IMG_0267.jpg
分岐から先は、積雪20㎝ぐらいの谷筋を登って行きます。


IMG_0269.jpg
10:28 宝珠尾根コース入口です。とりあえずトレースはついていますが、足跡からすると二人しか入っていないみたいです。実質貸切みいたいなものだなと、内心ほくそえみます。


IMG_0270_20180327003732b4b.jpg
元谷へ向かう林道にはたくさんの足跡がついていました。


IMG_0271.jpg
下宝珠越に向かう足跡は二人分しかないので、どちらかの足跡をたどって行けばよく、途中でほかの足跡と混ざってごっちゃになったり歩幅が変わったり左右の足が逆になったりということがなくて助かりました。稜線が見えてくるようになると、前方に先行者が見えました。ソロの男性のようです。


IMG_0272.jpg
10:50 下宝珠越に到着すると、先行者が休憩中でした。


IMG_0273_20180327003736d30.jpg
どこでもそうですが、鞍部というのは風の通り道になっているようで、下宝珠越に出るといきなり風にさらされました。それほど強い風ではないものの、急登で汗をかいてしまったため、一気に冷えてきます。防風性能のまったくないフリースですから、その寒さはなかなか厳しいものがありました。すぐに荷物を降ろしてジャケットを着るとひと安心。ウインドストッパーのような防風素材ではないものの、マムートのソフテックという生地はけっこう優秀な防風性能を持っています。


ジャケットを着たついでに、水分補給と行動食の小休止をとりました。さらに、ここからは尾根歩きということでアックスも準備します。先に休憩していた先行者もジャケットを着て、一足早く出発して行きましたが、ダブルストックにツボ足のままでした。雪は柔らかいのでクランポン必須ということもないのでしょうが、いつどこで足を滑らせるかわからない雪稜ですから用心にこしたことはないのにと思います。まあ、人それぞれですけど。


IMG_0274.jpg
11:02 休憩を終えて出発します。ブナの木が立ち並ぶ尾根を進んで行きます。


IMG_0275.jpg
下宝珠越のすぐ先でちょっとした急登がありますが、そこを越えれば比較的歩きやすい尾根が続きます。


IMG_0277_20180327003914594.jpg
右手のブナ林の奥に、北壁が圧倒的な迫力で迫ってきました。写真では伝わりにくいと思いますが、その迫力は北アルプスに劣らないほどのものです。八方尾根から見る白馬連峰だったり、涸沢から見る穂高連峰と比べてもそん色ないと思えるほどです。


IMG_0278.jpg
さらに三鈷峰も姿を見せてくれました。こちらもまたその標高からは信じられないほどの大迫力です。


IMG_0279.jpg
中宝珠越手前にあるP1242手前の尾根がかなり厄介でてこずりました。狭いリッジに枝の多い低木がわざと通行止めにしているかのように倒れ込んでいて、尾根上をそのまま歩くのはなかなか面倒です。先行者はそれでも無理やり尾根上を通って行ったようですが、僕は左側の斜面をトラバースして行くことにしました。かなりの急斜面ですが、アックスとクランポンがあるからこそ選択できる方法といえるかもしれません。


IMG_0280.jpg
P1242に出ると、その先の小ピークまでは緩やかな尾根道となり、前方に北壁が雄々しく聳えているのが見えました。こんな素晴らしいコースをほぼ独占しながら歩けるなんて、本当にラッキーです。


IMG_0282.jpg
小ピークで先行者が休憩していたので、先に進みました。小ピークを回り込んだところで、真正面に三鈷峰がドーンと姿を見せます。わずか1500mほどの高さしかないし、ここからだと標高差はわずか300mだというのに、この迫力はいったいなんなんでしょうか。


IMG_0283.jpg
少しの間三鈷峰に見とれた後、中宝珠越に向けて急降下が始まります。雪の下に隠れている木の根にクランポンの爪をひっかけて滑落しないように、慎重に下りました。


IMG_0285.jpg
途中で三鈷峰を眺めながらちょっとだけ休憩をとってから、下りました。


IMG_0286_2018032700392595c.jpg
11:49 久しぶりに中宝珠越の道標をみました。ここを通るのは2014年6月以来なので、4年近いぐらいのご無沙汰です。もちろん、積雪期は初めてです。ここでお昼休憩をとりたかったのですが、鞍部は風が強いという例に漏れずここも風があって寒かったので、とりあえず歩きながら休憩できる場所を探すことにして、そのまま通過しました。

つづく。

ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング



関連記事
スポンサーサイト



| 2018年3月 伯耆大山上宝珠越 | 00:48 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

Re: タイトルなし

ユートピア方面の話は、続きで書きますのでここでは触れないでおきます。

夏道もまだ雪は残っていると思いますが、下の方は緩んで歩きにくくなっているので、お気をつけて。

| ヤマふぉと | 2018/03/27 10:54 | URL |

宝珠尾根いいですね。ユートピア・三鈷峰まではいかがでしたか?私は今週末くらいに「年末のガス強風」以来の夏道・弥山にいく予定です。

| 島根の青木です。 | 2018/03/27 09:14 | URL |















非公開コメント

NEXT | PAGE-SELECT | PREV