FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

偽物と指摘され削除したのにしれっと再出品!?

先の記事でマムートの偽物の実例としてとりあげたメルカリに出品されていた3XDRYパンツですが、偽物だというコメントがあって出品者も自分で調べた結果偽物だと認識したという返信を上げていました。その後、このパンツは削除されていたのですが、先ほどマムートで検索してみると、しれっと再出品されていました。出品者も偽物だと認識したにもかかわらず、堂々とマムートのパンツだとうたって出品しています。


3xdry1.jpg

3xdry2.jpg

偽物を偽物と認識したうえでマムート製品として販売するとなると、これは立派な詐欺罪です。犯罪被害の未然防止のために公開しておきます。偽物のページはこちらです。メルカリを利用している人は騙されないようにお気を付けください。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




それにしても、なんでまた新しく出品したのでしょうか。騙されて偽物を買った旦那の責任なんだから、購入先にクレームをつけるなり、自分が悪かったとあきらめるなりすればいいのに、損を別の人間から取り戻そうという魂胆なんでしょう。出品者である奥さんの意志なのか、旦那に言われて仕方なく出品したのかしりませんが、どこまで強欲で浅はかなんだか。


さっき、昔の出品物を見ていたら、ちょくちょく偽物が購入されていて驚きです。数千円のものから2万円ぐらいのものまで様々ですが、こうなると自己責任としかいいようがありません。買い物も登山と同じで、事前の準備=情報収集が重要です。偽物を購入した人は、いってみれば地図ももたず、天気予報も調べないで登山にでかけて遭難したようなものかもしれません。これを教訓として次に活かせればいいのでしょうが、多くは気が付いていないのでしょうから、それはそれで幸せなのかもしれません。将来、うまい話に騙されて全財産を失ったり、最悪の事態に陥らないことを願うばかりです。


ところで、マムートに3XDRYパンツというモデルが本当にあるのか、ちょっと調べてみました。


3xdrylogo.jpg
まずは、3XDRYってなんだろうと調べてみると、スイスのショーラー社の技術だそうで、 吸湿蒸散と撥水のテクロジーを融合したもので、この技術を使って加工した生地は、撥水・防汚機能、吸湿・速乾機能とそれに伴う冷却効果があるということのようです。ただし、この技術はあくまでもショーラー社の生地を作る上での加工技術なので、マムートなどの用品メーカーがこの技術をアピールする理由はありません。マムートでも、ショーラーの生地を使っている製品にはショーラーのロゴしか入れていません。3XDRYというロゴがパンツに付いているのは、偽物ということになります。メーカーによってはGORE-TEXなどと同じような厚紙のタグがついているものはあるようです。


IMG_8551.jpg
ショーラー社の生地を使ったパンツといえば、昨年購入したグレイシャーパンツがまさにそれです。


IMG_8552.jpg
そういえば、後側のデザインは良く似ています。ただ、前側は正規品にあるひざ部分の生地の切り替えしがないので、偽物を見分けるポイントです。



buyee3xdry1.jpg
次に、「マムート 3XDRYパンツ」で検索してみたら、同じものがBuyee(ヤフオクにも)のオークションに出品されていました。すでにオークションは終了していて、4500円が最終価格だったようです。



3XDRY_buyeeoriginal2.jpg
こちらの3XDRYパンツは写真がクリアで豊富なので、じっくりと見てみたら、驚くことにマンモスマークはなかなかよくできています。詳しくない人が見たらあまり違和感を感じないかもしれません。ただし、刺繍の筋がすべて斜めになっているのが本物と違うところです。


IMG_0257.jpg
本物は赤い部分は平行に刺繍しているので、筋は上下に入っているように見えます。一方でマンモスの黒い部分は縦方向に刺繍していて、筋が平行に入っているように見えます。


3XDRY_buyeeoriginal3.jpg
シリアルナンバーの写真があり、7230094と書かれているので、その番号で検索してみると、またメルカリの出品物がヒットしました。


fakejyacket1.jpg
今度はジャケットです。



fakejyacket2.jpg
このジャケットもやっぱり偽物です。



fakejyacket3.jpg

10年前のものとはいえ、目立つ傷や汚れのない美品なのにずいぶん安い値がついています。普通なら買値の半額くらいだと思いますが、何か安くする理由があったのでしょうか。説明文の最後に、ご丁寧にシリアルナンバーを書いてあり、それがBuyeeに出ていた3XDRYパンツと同じ7230094です。パンツにもジャケットにも同じ番号が使いまわされているということですね。本物なら異なる製品で同じシリアル番号が使われているわけがありません。



Courmayeur1.jpg
ところで、「マムート 3XDRYパンツ」の検索にヒットした中に、マムートのクールマイヨールアドバンスパンツというのがありました。アマゾンのページを開くと、商品説明の中にメイン布地として「schoeller(R)-dryskin extreme 3XDRY(R)」と書いてあります。


Courmayeur2.jpg
デザイン的にもよく似ています。



3XDRY3.jpg
お尻の右上にMAMMUTロゴが入っている点は3XDRYパンツと同じです。ただ、お尻の切り替えしの形はグレイシャーパンツと似ているので、クールマイヨールパンツとグレイシャーパンツの両方からデザインをぱくったパンツのようです。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング





関連記事
スポンサーサイト



| ヤマネタ・ニュース | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

NEXT | PAGE-SELECT | PREV