FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。当ブログ内に掲載してある写真の無償提供はしておりません。また、無断で使用することは固くお断りいたします。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

軽いリハビリのつもりが3時間: 笠井山その2 

2017年2月13日(火) 岡山県岡山市 笠井山(標高134m) 日帰り単独行


IMG_0057_201802181606571b1.jpg
笠井山山頂には北向きの展望をイラストで説明した鉄板が設置されていましたが、北方面は樹木がけっこうあって展望はあまりありませんでした。真冬でこの状況ということは、事実上展望はないといってもいい状態です。なので、この説明版はいまのところ役立たずです。


IMG_0059_201802181606587bd.jpg
鉄板の近くにあったベンチでチョコレートと白湯で軽く休憩をとりました。登ってくる途中の竹藪で道がわからなくなったとき地図ロイドを起動して現在地を確認しようとしたら、竹藪で電波の入りが悪かったのか全然違う場所を示して役に立たなかったのですが、さすがに笠井山の山頂では正しい場所を示していました。


IMG_0060_2018021816070021f.jpg
14:06 山頂で15分ほど休憩してから、下山開始です。


IMG_0061.jpg
山頂下の十字路は右から登ってきましたが、下山は直進します。


IMG_0062_201802181607039f4.jpg
直進する道は「避難路」となっていましたが、何から避難するのでしょうか。悪天候での緊急避難なら、右へ下りればすぐに野鳥の森公園があるので、そっちのほうが避難路としては適切だと思うのですが、よくわかりません。


IMG_0064.jpg
避難路を進んで行くと、左手の展望が開けました。東区の西大寺あたりがきれいに見えています。


IMG_0065_2018021816081289c.jpg
14:12 分岐がありました。ここを右へ下れば円山から笠井山へ下りてきたときの十字路に出るはずです。


IMG_0066_2018021816081419f.jpg
「ゴロゴロ太師」と書かれている方向に下ります。


IMG_0067_20180218160815e87.jpg
そこそこ傾斜のきつい道を5分ほど下ると、往路で通った十字路にでてきました。往路では奥から下ってきて右へ下りました。


IMG_0068_201802181608172ad.jpg
十字路を直進し、円山方向へ約4分登ったところで、トラバース道の分岐を左折します。


IMG_0069_20180218160818bba.jpg
円山南面をトラバースする道はフラットで楽な道でした。帰路にこちらを歩くことにして正解でした。


IMG_0070_20180218160820d32.jpg
途中で笠井山が見える場所がありました。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。





IMG_0071_20180218160821ba5.jpg
14:27 不動明王まで戻ってきました。


IMG_0072_20180218160937427.jpg
当初は来た道を戻るつもりでしたが、同じ道をそのまま帰るのも面白くないので、不動明王の前を下ってBルート分かれへ戻ることにしました。


IMG_0073_201802181609382ed.jpg
不動明王の下にはため池があり、その脇を下って行きます。


IMG_0074_201802181609405d0.jpg
途中に分岐が一つありますが、この道を行くと金蔵山古墳下の大きな看板のあったところにでるようなので、直進します。


IMG_0075_201802181609411d5.jpg
Bルート分かれから円山市街地へ下る道に出ました。ここを右へ登って行けばBルート分かれに戻ることができるはずです。


IMG_0076_201802181609438a5.jpg
ゆるやかな上りの階段をのんびりと進んで行きます。


IMG_0077_20180218160944992.jpg
14:38 Bルート分かれまで戻ってきました。往路は左からきて右へ進みましたが、今度は直進です。


IMG_0079.jpg
Bルート分かれからわずか2分ほどで、分岐がありました。これを右へ行けば里山センターに戻ることができます。ただ、来る途中のふれあいの辻から八畳岩古墳へ続く尾根道から里山センターへの避難路という道ができていて、地図にも載っていない道だったので、気になっていました。せっかくだからその避難路を通ってみようと思い、左の八畳岩古墳方面に行くことにしました。


IMG_0081_20180218160947ce3.jpg
ところが、分岐からすぐ先のところで、長い階段が出現。これを見た瞬間にげんなりしてしまい、先ほどの分岐に戻ることにしました。


IMG_0082_201802181612037c7.jpg
分岐まで戻って、里山センターへ下ります。


IMG_0083.jpg
少し下ったところで再び分岐がありますが、これは左へ向かいます。


IMG_0084_20180218161206b0e.jpg
竹藪の中を進んで行くとまた分岐がありますが、これも左です。ここには道標がないので、地図がない場合は要注意。里山センターは左手方向にあるので、右に行くことはありません。


IMG_0085.jpg
やがて、すこし傾斜の急な階段になります。


IMG_0086_20180218161209e35.jpg
階段を下りてコンクリート舗装の道なると、左前方に里山センターが見えました。少し前から膝痛がでてきたので、コンクリート舗装の硬い急傾斜の道がこたえます。40日間の怠惰な生活ですっかり膝が弱ってしまったようです。


IMG_0088.jpg
下に沢田池が見えてきました。里山センターももうすぐです。


IMG_0089_20180218161212a42.jpg
14:53 ようやく里山センターまで戻ってきました。腕時計をしていなかったので、あまり時間の感覚がなかったのですが、気が付けば出発してから3時間近くが経っていました。当初は1時間半程度の軽い里山歩きのつもりでしたが、思っていた以上に長く歩いてしまいました。


そのためかどうか、家に帰ってから少し寒気がぶり返してしまい、この週末もおとなしくしている羽目になってしまいました。ああ、全快するのはいつなんでしょうか。

笠井山地図



ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング



関連記事
スポンサーサイト



| 2018年2月 笠井山 | 16:22 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














NEXT | PAGE-SELECT | PREV