FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

山小屋通信簿: 三嶺ヒュッテ

山小屋通信簿は、清潔さや快適さなどの一般的な項目の他に、ヤマふぉと派の観点から撮影山行基地としての評価も加えた山小屋の評価です。各評価項目を5段階で審査し、合計点数の平均が総合評価です。

評価項目
●清潔度:小屋内の部屋や食堂、トイレ、布団など、清潔に保たれているかどうかももちろんですが、小屋周辺の状況やごみの処理なども含みます。
●快適度:小屋内で過ごす時間を快適に過ごせるかどうかです。乾燥室の場所や利用時間、自炊場所の有無と位置、談話室の有無と居心地、本や暖房などの設備をチェックします。
●ホスピタリティ:宿泊や幕営の申込み、売店の対応など従業員の応対をチェックします。
●食事のうまさ:朝食夕食だけでなく、昼食メニューなどボリュームや味をチェックします。ただし、食べたものにもよるのでかなりいい加減です。基本的にあまりグルメではないので、味については甘い評価かもしれません。
●施設充実度:宿泊客以外の登山者が利用できる設備についての項目です。小屋前のテーブル&ベンチ、無料の水場、屋外トイレ、雨をしのげるひさし付きベンチがそろっていると評価5です。1種類を1ポイントとして評価します。
●ロケーション:写真を撮るためのベースとして、立地条件などを評価します。ただし、立地条件は変更しようがないので、3以上の評価とします。

評価基準
5:非常に優れている
4:良い
3:問題ない
2:いま一歩
1:改善が必要

三嶺ヒュッテ
清潔度:4
快適度:3
ホスピタリティ:-
食事のうまさ:-
施設充実度:2
ロケーション:5
総合評価:3.5

IMG_2829.jpg
三嶺ヒュッテは、四国は徳島県の三嶺山頂にある避難小屋です。名前だけ聞くと営業小屋のようですが、通年無料開放されている無人の避難小屋になります。


徳島県側の三嶺登山口は、いやしの温泉郷がある菅生と、菅生からさらに東へ行ったところにある名頃の2か所ですが、どちらから登っても3時間強の時間がかかります。宿泊装備ならさらに30分ぐらい余分にかかるとみておいた方がいいでしょう。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_2830.jpg
三嶺ヒュッテの入り口を入ると、最初に半分物置になっている土間があり、そこからさらに引き戸を開けると小屋の内部に入れます。中央の廊下を挟んで左右と正面に床があります。1階床の上に同じ広さの二階床があり、梯子が二カ所設置されています。定員がどれぐらいなのか知りませんが、結構な人数が宿泊できる広さです。1階だけでも30人ぐらい寝られそうな感じです。


いままで利用した限りでは、室内は常に清潔に保たれています。床の上も虫の死骸やゴミなどが落ちているのを見た記憶はありません。定期的に清掃されているのか、利用者のマナーがいいのかわかりませんが、気持ちよく利用することができます。


IMG_2832_201802071454036ac.jpg
トイレは小屋外にあります。小屋から歩いて1分ぐらいのところに建っている小さな小屋がトイレです。



IMG_2834_201802071454057f3.jpg
中は個室が2つあるだけで、古いわりにそれほど汚い感じはありません。ペーパーの備え付けはないので、持参が原則。使用済みの紙の処理をどうしろという注意書きもないし、紙を入れるゴミ箱も設置されていませんが、昨今の山小屋のトイレ事情を考えれば持ち帰るのがマナーかなと思います。なので、三嶺ヒュッテを使う場合は、トイレ用のゴミ袋を持参しましょう。スーパーのレジ袋を2枚重ねにすれば強度も臭いも心配ないと思います。


水場は近くにはありません。一番近くの水は小屋の近くにある池で、見た目にはけっこうきれいですが、煮沸したとしてもそのまま飲むのはちょっと勇気がいります。浄水器を使ったほうが無難だと思います。名頃コースを10分ほど下ったところに水場があり、2015年8月に通った時は水は流れていましたが、常に枯れずに出ているのかどうかは不明です。菅生から登る場合は、途中に水場はないので、登山口から担ぐか、浄水器で池の水をろ過するかのどちらかになります。


IMG_2831.jpg
ロケーション的には、山頂まで10分程度と至近の距離にあり、山頂からの展望も360度広がっていて、撮影拠点にするにはいい場所です。


IMG_9748_20180207145423911.jpg
笹原に覆われた台地に池と小屋がある風景はどこか牧歌的で、いい雰囲気です。


IMG_0173_201802071454241e6.jpg
剣山との縦走路を白髭山方面に下って行けば、巨岩のある力強い風景にも出会えます。


IMG_5992_2018020714542096e.jpg
足を延ばして天狗塚まで行けば、どこか黒部源流の雲ノ平に似た雰囲気も味わえます。


IMG_9730_201802071454214c1.jpg
剣山と次郎笈がよく見えるので、背景にからめる構図を考えながら撮影するのも面白いエリアです。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング




関連記事
スポンサーサイト



| 山小屋通信簿 | 15:06 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

NEXT | PAGE-SELECT | PREV