FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

極寒の八ヶ岳を往く: 赤岳・硫黄岳その4 

2018年1月2日(火)~4日(木) 長野県茅野市 
八ヶ岳・赤岳(標高2899m)、硫黄岳(標高2760m) 小屋泊単独行 


IMG_9896.jpg
爆裂火口の縁まで行って火口を覗いてみましたが、ちょっとビビって手を伸ばして写真を撮っただけで引き上げました。


IMG_9897.jpg
今日行くつもりだった天狗岳もよく見えます。手前の崖に沿ってずっと下って行くわけですが、結構な距離があるし、人影も全く見えません。冬にこのコースを行く人はあまりいないのかもしれません。


IMG_9899.jpg
振り返れば、横岳、赤岳、阿弥陀岳がそろって見えています。横岳へ続くなだらかな稜線を見ていると、横岳まで行ってみようかという思いもわいてきます。行って帰って2時間ぐらいとしたら、13時過ぎには硫黄岳に戻って来れます。しかし、下山にかかる時間を考えると美濃戸口に着くのが17時ごろになりそうなので、やめました。


IMG_9900.jpg
横岳往復をやめて時間に余裕ができたので、しばし硫黄岳山頂からの眺めをゆっくりと楽しむことにしました。南西方面に見えるスキー場は富士見パノラマスキー場でしょうから、その背後に見えているのは中央アルプスの峰々です。木曽駒は右端のピークでしょうか。


IMG_9902_20180117150908701.jpg
阿弥陀岳の背後には、南アルプスの名峰三座が顔をのぞかせています。右から仙丈、甲斐駒、北岳でしょう。北岳は若干かぶり気味ですが、なんとかピークが見えます。


IMG_9903.jpg
横岳の山腹からタケノコのように突き出ているのは大同心でしょうが、ものすごい存在感です。


IMG_9906.jpg
展望を楽しんでいる間に、いつの間にか雲が増えてきました。まだ崩れるという雰囲気ではありませんが、予報では明日から雪となっているので、徐々に雲が増えてくると思われます。


IMG_9908.jpg
天狗岳方向にはわりと分厚い雲もかかり始めています。


IMG_9911.jpg
10:37 硫黄岳山頂でかれこれ30分ほど過ごしたので、そろそろ下山開始です。


IMG_9913.jpg
15分ほどで赤岩の頭まで下りてきました。せっかくなので、赤岩の頭の山頂まで行ってみることにします。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_9914.jpg
赤岩の頭山頂までは緩い上りを5分歩くだけです。


IMG_9915_20180117151031815.jpg
ここも横岳、赤岳、阿弥陀岳の好展望地です。


IMG_9918.jpg
硫黄岳山頂よりも少し西にあるため、阿弥陀岳にかぶり気味だった北岳がちゃんと見えています。


IMG_9919.jpg
北岳にズーム。北岳の右側に少し見えているのは塩見岳っぽい感じです。


IMG_9920.jpg
甲斐駒と仙丈もズーム。


IMG_9921.jpg
赤岩の頭山頂からの眺めをしばし楽しんだら、下山再開です。


IMG_9922.jpg
モンスターになりかけの木々の間を下って行きます。


IMG_9927.jpg
南八ヶ岳の峰々に別れを告げて、先を急ぎます。


IMG_9930.jpg
11:51 赤岳鉱泉まで下りてきました。小屋に入ってみると、受付前に本日の夕食がステーキだと書いてあります。もう一泊してステーキを食べようかと思いましたが、ステーキを食べるためだけに1泊9000円をはらうのもコスパが悪すぎます。さっさと下山して、街でステーキを食べれば2000円ぐらいで済みますから、やっぱり下山することにします。


IMG_9932.jpg
13:01 小屋に置かせてもらっていた荷物を再度パッキングし直して、行動食の軽い昼食をとった後、美濃戸口に向けて出発です。北沢コースはクランポンはしまって、チェーンスパイクで行きます。


IMG_9938.jpg
アイスキャンディーの下を回り込んで下ります。


IMG_9940.jpg
晴天の赤岳に見送られます。


IMG_9941.jpg
この次は横岳にも登りたいものです。


IMG_9942.jpg
なだらかな北沢コースを下ります。


IMG_9945.jpg
北沢は鉄分が多いのか、赤い水が流れています。南沢と違って凍結していないところをみると、温泉成分が混ざっているのでしょうか。


IMG_9946.jpg
13:40 大きな堰堤を乗り越えます。どうやらここが堰堤広場のようです。


IMG_9948.jpg
堰堤下の橋を渡ると、ちょっとした広場になっていました。


IMG_9949.jpg
広場から下は林道が伸びています。南沢コースよりも確かに楽ちんです。


IMG_9950.jpg
林道を下って行くと、コンクリート舗装が露出しているように見えるところがありました。近寄って行くと、コンクリートではなく林道が氷に覆われた状態でした。チェーンスパイクを装着しているので、氷の上でも問題なく歩くことができます。


IMG_9951.jpg
14:25 長い林道歩きを経て、ようやく美濃戸山荘前まで戻ってきました。しかし、まだ1時間の林道歩きが待っています。


IMG_9953.jpg
赤岳山荘から美濃戸口に向かう林道は、車がちょくちょく通過してうっとおしいので、途中の分岐を入ってみることにしました。入山時に下山者が入って行くを見たので、通れるのだろうと思っていました。


IMG_9954.jpg
分岐の道は車が通らないので気兼ねなく道の真ん中を歩くことができます。車道に沿って伸びているのでおかしな方向に行くわけでもないようです。電柱が道沿いに建っているところ見ると、どうやら旧道のようです。道幅を広げるために、この区間だけ新しい道を作ったのでしょう。


IMG_9955.jpg
15:02 車道に合流しました。ちょうどショートカットの道が合流する場所のすぐ上でした。


IMG_9956.jpg
合流地点のすぐ先から、今度はショートカットの道に入ります。これでまた車に煩わされずに歩けます。


IMG_9957.jpg
15:19 美濃戸口に着きました。遅すぎず早すぎずいい時間です。駐車券でサービスされるコーヒーを飲みながら、漫画「孤高の人」を読んでゆっくりして、17時前に出発しました。


少し下ったところにある「もみの湯」に17時過ぎに行ってみると、入浴料が300円になっていてお得でした。ちょっと混んでいたのが玉にきずですが、300円なら仕方がありません。


その後、茅野市内でステーキが食べられる店を探していたら、諏訪南IC近くでステーキガストを発見。ステーキとカキフライのコンビネーションという夢のようなセットを2000円ちょっとで楽しむことができました。


IMG_9958.jpg
その夜はまた諏訪湖畔で車中泊して、翌朝10時のオープンとともに片倉館で温泉を楽しんで帰りました。

20180104a.jpg

20180104b.jpg

ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング




関連記事
スポンサーサイト



| 2018年1月 赤岳・硫黄岳 | 12:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

NEXT | PAGE-SELECT | PREV