FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

パウダースノーと青空の雪山始め: 泉山その2 

2017年12月17日(日) 岡山県鏡野市 泉山(標高1209m) 日帰り単独行 


昨日の記事でも書きましたが、17日の泉山で試すつもりだったマムートのノードワンドプロパンツを売ることにしました。とりあえず、このブログで購入希望者を募集中です。ノードワンドプロパンツは、マムートのハイエンドシリーズとなるアイガーエクストリームシリーズのパンツで、ゴアテックスプロシェルの3レイヤハードシェルパンツです。試着しただけの未使用品で、サイズはユーロ46(日本Sサイズ)になります。送料込で27,000円でお譲りします。真夏に買ったため、タイツを履いた場合のサイズ感ということをすっかり忘れてしまったのが失敗でした。今シーズンは、これまで通り寒さが厳しいときはモンベル アルパインパンツ、それほどでもない場合はマムート クァンタムストレッチパンツで雪山を楽しむことにします。


さて、泉山の山行記録の続きです。


IMG_9691.jpg
12:35 中央峰から泉山へ歩き出すと、日差しが降り注ぐようになりました。輝く白い世界と青い空の色が強烈なコントラストで迎えてくれます。

IMG_9694.jpg
稜線は風が吹いて寒いかと思っていましたが、意外にも直接風があたることはほとんどなく、左手の林の向こうでときおり風が木々をざわつかせるぐらいです。むしろ日差しがある分、登って来た樹林の中のコースよりも暖かいのが、ちょっと不思議な感じです。雪はパウダーなので抵抗感もなく、積雪深は20~30㎝程度と深くないので、ラッセルの必要もありません。


IMG_9695.jpg
まだ笹が埋もれていないので、完全な白と青の世界ではありませんが、雪の花が咲いた木々と青空の組み合わせは最高です。


IMG_9696_20171223183016ca7.jpg
同じような写真ばかりですが、ついシャッターを押してしまいます。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_9697.jpg
12:48 誰もいない山頂に着きました。先行者の足跡だけがひっそりと残っています。


IMG_9702.jpg
今回は上も下も黒一色のウェアリングで、まっくろくろすけ状態です。


IMG_9703.jpg
山頂から北東側の景色です。右奥のピラミダルな山は角ヶ仙だと思います。


IMG_9705.jpg
北西方向は雪が降っているのか、白いベールのようなものが空から下りてきて山々を隠していました。蒜山や大山方面は多分雪が降っているのでしょう。


IMG_9706.jpg
山頂は少し風があって、じっとしているとやはり寒くなってきます。とはいっても、気温は マイナス2度ぐらいで、それほど冷え込んでいるわけではありません。


IMG_9707.jpg
12:53 ランチにしたいところですが、もう少し風当たりの弱いところでゆっくりしたいので、すぐ下の鞍部まで戻ることにしました。


IMG_9708_201712231832090e6.jpg
鞍部まで下ってくると、風はほぼ当たらず、南向きで日当たりもいい場所があったので雪を慣らして休憩場所を作りました。今回もイオンのPB トップバリューのカップ麺です。寒いときによさげな担担麺をもってきましたが、けっこう行ける味です。


IMG_9710.jpg
ピリ辛の赤いスープが体を温めてくれます。


IMG_9711.jpg
食後はショコラケーキのデザートでまったりとくつろぎました。


IMG_9712.jpg
甘くておいしいデザートと雪山と青空の組み合わせが最高です。誰にも会わず静かだし、いい日曜日になりました。


IMG_9713.jpg
13:44 ランチを終えて中央峰まで戻ってきました。先行者が引き返してきて下山した足跡が残っていました。どうやら今この山の上にいるのは自分だけのようです。


IMG_9716.jpg
下山する前に、ゆっくりと風景を楽しみました。東の方向に見えるのは、広戸仙から滝山、那岐山へと続く稜線でしょうか。


IMG_9717.jpg
13:46 見飽きることのない風景ですが、奥津温泉でゆっくりと温まりたいので、そろそろ下山開始です。


IMG_9718.jpg
まだ支持層のないさらさらのパウダースノーなので、けっこうズルズルと足が滑りますが、勢いに任せて急斜面をガンガン下ります。


IMG_9719.jpg
途中冷えてきたので温度計を見ると、稜線よりも低いマイナス5度でした。日の当たらない尾根道が一番冷えていたようです。


IMG_9720.jpg
14:17 休憩舎跡まで一気に下ってきて、ここで一息つきました。途中からチェーンスパイクに雪団子が付くようになり、けっこう歩きにくい状態になりました。ちょっとすり足のように歩けばとれるのですが、アンチスノープレート付のクランポンではこういうことはほぼないので、雪道ではかならずしもチェーンスパイクが便利というわけでもなさそうです。基本的には凍結した道に向いているといえそうです。


IMG_9723_20171223183340c2e.jpg
それでも、チェーンスパイクは外さずにそのまま登山口まで下山したのですが、林道まで下りてくると雪もべた雪になり、雪団子の付着も半端ない状態になりました。ああ、めんどくせぇ!


IMG_9725.jpg
14:40 駐車場所に戻りました。登って降りて4時間半ほどの山行でしたが、そこそこ天気も良く、雪山シーズン初日を楽しむことができました。この後は奥津温泉美人の湯でのんびりと温まって帰りました。温泉も空いていて快適でした。

20171217izumigasen.jpg


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング



関連記事
スポンサーサイト



| 2017年12月 泉山 | 18:35 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

Re: タイトルなし

みよんさん

毎年のことですが、冬になると4WDにしなかったことが悔やまれます。前の車は排気量の大きい4WDだったので、少々の新雪などものともしなかったのですが、軽自動車のFFでは行動範囲が狭いことを実感します。次に買うときはぜったい4WDにしようと思ってます。

冬に限らず、登山の後の温泉は格別ですね。温泉文化の発達した日本に住んでいてよかったと思う瞬間です。

| ヤマふぉと | 2017/12/30 19:26 | URL |

やまふぉとさん、こんにちは。
冬は雪の具合でどこまで車でどこまで行けるのかなかなか分からなくてドキドキしますね。1、2日以上前に行き先が分かっていたら最寄りの村役場などに問い合わせるのですが、前日夜中とかに行き先が決まることも多いのでなかなか・・(^^;

雪を被った木の枝と青空の写真が最高にきれいですね。
青空と雪の組み合わせは本当に飽きませんね。わたしもつい、いっぱい撮ってしまいます。

雪山の後の温泉なんて芯まで温まって最高ですね。雪の中に何時間もいるとほんとに冷えますもんね・・・フランスには日本のような温泉はないので(湯治場みたいなのは存在するけど、温水プールみたいな)羨ましいです。

| みよん | 2017/12/30 05:20 | URL |















非公開コメント

NEXT | PAGE-SELECT | PREV