FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

雪はなくてももう冬山: 三嶺その2 

2017年12月3日(日) 徳島県三好市 三嶺(標高1894m) 日帰り単独行 


1791ピークを出発したのが12時30分でした。以前このコースを下った時2時間半かかったので、暗くなる前に下山するには、山頂を14時には出発したいところです。山頂まで30分として、山頂の避難小屋に入るのが13時過ぎなら、とりあえずランチ休憩をとるぐらいの時間的余裕はありそうです。

IMG_9593_201712100040019c8.jpg
鞍部まで下ってから、見上げる急傾斜の登り返しがきつそうです。

IMG_9594.jpg
登り返しはそれほど標高差がないので5分程度で登り終え、緩やかな尾根道に出ました。

IMG_9595.jpg
鹿除けフェンスのゲートを通過します。胸の高さぐらいに緑のロープがあり、それは簡単に外れたのですが、ポールの一番上に巻いてあった太い針金をほどくの若干手間取りました。なんとか針金を外して、ポールを斜めにしてできた隙間から体をねじ込んで通過し、元通りゲートを閉じたら出発です。

IMG_9596.jpg
12:47 避難小屋のある頂上台地に出ました。避難小屋には寄らずに、前方に見える山頂へまっすぐ向かいます。

IMG_9598.jpg
笹原の中のトレースをたどって山頂を目指します。それにしても人の姿がありません。山頂にも人のいる様子がありません。晴天の日曜日だというのになぜこれほど閑散としているのか不思議です。まあ、自分としてはありがたいことですが。ここまで誰にも会っていないので、もしかしたらこのまま誰にも会わない可能性もありそうだと思いつつ、山頂へ向かいました。


IMG_9599.jpg
12:56 三嶺山頂に着きました。1791ピークから30分かからずに登ることができました。山頂直下でソロの男性とすれ違っただけで、山頂には誰もいません。


IMG_9600.jpg
天狗塚へと続く稜線にも人の姿はありません。紅葉シーズンが終わるとこれほど静かな山域になるとは知りませんでした。隣の剣山はいまごろそれなりの数の登山者でにぎわっていると思われますが、三嶺はすでにシーズンが終了したかのような静けさです。


IMG_9603.jpg
今回は真っ黒ウェアの組み合わせとなりました。もう虫にまとわりつかれることもないし、スズメバチもこう寒くなると心配しなくてもいいだろうということで、黒ばかりでも大丈夫との判断です。山頂は風がそれなりに吹いていて寒かったので、写真を撮っただけですぐに退散しました。


IMG_9604.jpg
山頂の池まで下りてくると。水面はきれいに氷結していました。この時間でも融けていないということは、このまま春まで凍ったままなのでしょう。雪が降ればすぐに雪原状態になりそうです。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_9605.jpg
13:10 山頂ヒュッテに着きましたが、周囲に人影はありません。中に入ってみると、山頂直下ですれ違ったソロの男性が休憩していただけでした。思ったよりも早めに小屋に入ることができたので、ゆっくりランチを食べることができそうです。


IMG_9607.jpg
最近は、行動食やチョコレートだけといった簡易的な昼食しか食べない山行が続いていたので、今回はしっかりとカップラーメンを作りました。イオンのPB トップバリューのカレーラーメンで、どこのOEMか知りませんが十分おいしいラーメンでした。安くてうまいトップバリュー商品はなかなかいいコスパです。時間の余裕があるので、食後はカフェラテを飲んでゆっくりしました。


食事中に、山頂から下りるときにすれ違った別のソロ男性が入ってきたのですが、結局この日出会ったのは、先のソロ男性とこの男性の二人だけでした。ただ、この男性は単独ではなく二人連れだったようで、途中で一度小屋を出て行き、菅生コースからやってきた別の男性と話をして戻ってきましたが、相手の方は山頂へ向かったようで、結局会うことはありませんでした。


IMG_9608.jpg
13:37 ゆっくりとランチとカフェオレを味わってから、下山にとりかかります。14時下山の予定でしたが、20分ほど早く出発することができました。これで、余裕をもって下れます。


IMG_9609.jpg
凍結した池と三嶺のピークに別れを告げます。今年は、積雪期に戻ってきたいと思っています。


IMG_9612.jpg
1791ピークとの間にある鞍部に向けて急斜面を下ります。積雪がないのでスリップを警戒しなくてもいいのが助かります。


IMG_9613_2017121000414679b.jpg
風がなく日当たりのいい1791ピークです。休憩したいところですが、あまり時間を無駄にできないので通過します。


IMG_9615.jpg
14:16 木の生えた巨岩を通過します。この先、急斜面要注意です。


IMG_9616.jpg
1578ピークから北西に伸びる尾根から東側の斜面へ下りるポイントです。まっすぐの間違いトレースはないし、トレースは右へ曲がっているのがわかるので、前をちゃんと見ていれば見落として直進することはないと思います。しかし、足元ばかり見ていたりおしゃべりに夢中になっていると、直進して遭難の可能性もあるので、注意が必要です。わかりにくい小さな赤テープはあるものの、道標やロープで直進しないようにするものは何もありません。


IMG_9619_2017121000424839f.jpg
尾根から下ってきて植林帯の中に入ると、もう夕方のような暗さです。この写真は、その場でモニターを確認して、実際と同じぐらいの暗さに写るようにして撮ったものですが、-1.33の補正になりました。もしも、日が陰って木々の向こうに光がない状態になると、もっと暗くなるはずです。15時前でこの状態ですから、16時ごろになるとヘッドライトが必要な暗さになりそうです。日帰りでも、万一のためにヘッドライトは必携です。とくに、植林帯の中は杉の枯葉がトレースの上にもたっぷり落ちていて、明るい状態でもなんとなくわかる程度のトレースです。暗くなって、ヘッドライトの明かりだけでは判別が困難になる可能性もあります。日の短い冬場は、遅くとも14時には下山にかかるほうが安心です。


IMG_9620_20171210004249f0a.jpg
植林帯の中を下っているとき、左手の奥に巨樹があるのに気が付いて、根元まで行ってみました。すでに枯れていて何の木かわかりませんが、樹皮の雰囲気からするとトチノキのようです。幹回りは6m以上はありそうでした。


IMG_9621.jpg
巨樹のすぐ下にも、かなり大きな切り株のようなものがありました。植林帯になる前は、巨樹巨木がたくさんある豊かな森だったのかもしれません。


IMG_9622.jpg
15:08 造林小屋跡まで戻ってきました。ここまでくればあと1時間ほどです。


IMG_9624.jpg
植林帯が終わり、自然林の中へと入ってきました。同じ時間帯とは思えないほどの明るさです。しかし、落ち葉でトレースがわかりにくいことは同じで、晩秋の森は夏ほど歩くのが容易ではありません。


IMG_9626.jpg
最後のモノレールくぐりです。これを抜ければあと少し。


IMG_9627.jpg
16:05 登山口まで戻ってきました。暗くなる前に下山できてひと安心です。


IMG_9629.jpg
16:12 駐車場まで無事に下りてきました。3台の車はいやしの温泉郷の車なので、朝から動いていません。左手奥に1台四駆が止まっていたので、おそらく山頂にいた二人組の男性登山者のものでしょう。


僕が駐車場を離れたのは16時35分ぐらいですが、二人組はまだ姿を現しませんでした。どのあたりを下っているのかわかりませんが、暗くならないうちに下りてこられればいいけれどと気にしつつ、帰路につきました。

20171203miune.jpg


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング



関連記事
スポンサーサイト



| 2017年12月 三嶺 | 00:45 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

NEXT | PAGE-SELECT | PREV