ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

登山用パンツ新調:ノースフェイスのVerb Pant

 前回の那岐山登山で、夏秋用に使っているパンツでは撥水性能にちょっと不安があると感じたので、雪山用のパンツを新調することにしました。

 さっそく好日山荘に行ってみると、年末からの冬物クリアランスセールが引き続き行われていました。ストレッチ素材で防風性能があり、ベンチレーションがついていることが今回の条件です。なんでベンチレーションがほしいかというと、厳冬期はともかく初冬や残雪期ではけっこう汗をかくので、パンツにもベンチレーションがあったほうがいいだろうということです。太ももや腰周りが汗でじっとり張り付くのはとっても不快ですから。その意味では、保温性能はとくに重視しませんでした。寒ければハードシェルパンツでもいいわけですし。

 とりあえずめぼしをつけていたのは、コロンビアのリッチモンドヒルパンツです。ベンチレーションつき、4ウェイストレッチ素材、撥水性と防汚性を発揮する“オムニシールド”といった機能があって定価8300円と格安です。それがセールで20%オフならお買い得! しかし、サイズはSしか残っていませんでした。しかもほしかった黒ではない。念のため試着してみるも、やはりSではウエストがきつすぎます。

 かわりのものを探してみましたが、セールの対象になっているものにはベンチレーション機能がついたものがありません。あきらめて、黒色のカーゴパンツタイプのミズノのパンツにしようかと半ば決めつつも、やっぱりいまひとつふんぎれません。デザイン的にいまいちということもありましたが、雪山で使うウェアに中途半端な妥協はしたくなかったので、ミズノは却下。

 セール対象外製品のコーナーには、さすがにほしいと思わせるものが並んでいます。こんなことなら年末の冬山セールのときに買っておけば、ポイント3倍ついたのに・・・と悔やんでみてもしかたがありません。デザイン、機能、価格とも気に入ったノースフェイスのVerb Pant(バーブパンツ)に決定です。

verb_pant.jpg
 決め手は、非常に柔軟なストレッチ素材であること、20洗80点の撥水加工、ファスナー付きベンチレーション、裾ドローコード仕様、ウエストアジャスタブルなどの機能があって、価格が13,650円とそれほど高額でなかったことなどです。とくにベンチレーションの取り付け位置が、サイドの縫い目部分でなく少し太もも前側にオフセットされているところが気に入りました。テント泊などで寝るときに、サイドにジッパーがあると横向きになったときに当たって気になりそうなので、真横にないほうがいいのです。

 ということで、1円の値引きもない定価販売でVerb Pantを購入しました。ちょっとくやしいですが、まあしかたありません。今期はもう何も買わんぞ!! と心の中で叫んでみるも、実現できるかどうかはいとあやし。

Verb Pantの使用レポートはこちらをご覧ください。


記事内容が気に入ったら、クリックしてやってくださいませ。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

| ウェア類 | 20:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamaphoto55.blog133.fc2.com/tb.php/108-f0e69bad

TRACKBACK

NEXT | PAGE-SELECT | PREV