FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。当ブログ内に掲載してある写真の無償提供はしておりません。また、無断で使用することは固くお断りいたします。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

大山開山1300年祭~秋の松明行列

烏ヶ山登山の前日9月24日に星景写真撮影に訪れた大山寺で、たまたま秋の松明行列に遭遇しました。


豪円湯院で夕食を食べ、温泉につかってさっぱりして駐車場に戻るときに、やけに参道に人がいるなと思っていると、放送で「松明行列はXXXを通過しました」というアナウンスが流れ、松明行列がいままさに行われていることを知りました。


IMG_3744.jpg
急いで車に戻ってカメラをもって参道に戻り、待ち構えて撮影してみたわけですが、何の準備もしていなかったので、ただ撮ったというレベルの写真しか残せませんでした。とりあえず、松明の明かりが流れるようにスローシンクロで撮ってみたものの、動いている人間が消えてしまうので、高感度で人がわかるレベルまでシャッター速度を上げて撮影したカットと多重合成してみました。写真クリックで拡大します。


ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。



本当なら、もっと行列を俯瞰で見られるような場所から、ストロボを使って後幕シンクロすればいいのでしょうが、ストロボなんて用意していないので、現像ソフトで多重合成せざるを得ませんでした。あとで考えれば、ペンタックスのK-50を使えば、内臓ストロボもあるし後幕シンクロもできるので思い通りに撮れたはずですが、そこまで気が回りませんでした。


松明行列は、もともと6月の開山祭りの前日に行われているものなので、9月に行われるのは開山1300年祭のある今年のみの開催らしく、ラッキーな遭遇でした。


IMG_3758b.jpg
松明行列の後は豪円山ののろし台に北壁と星空を撮りに言ったのですが、天の川は頭上遥か上にあって、まったく画角に入らず、特徴的な星座もないので、バルブ撮影で星を流して撮ってみました。北壁の見え方や手前のスキー場にある宿の明かりが入るなど、のろし台はあまり星景写真の撮影には向いていないようです。写真クリックで拡大します。



ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング

登山用品・アウトドア用品専門店 好日山荘《公式通販》




関連記事
スポンサーサイト



| 時事ネタ・ニュース | 18:40 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














NEXT | PAGE-SELECT | PREV