FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

山小屋通信簿: 冷池山荘

山小屋通信簿は、清潔さや快適さなどの一般的な項目の他に、ヤマふぉと派の観点から撮影山行基地としての評価も加えた山小屋の評価です。各評価項目を5段階で審査し、合計点数の平均が総合評価です。

評価項目
●清潔度:小屋内の部屋や食堂、トイレ、布団など、清潔に保たれているかどうかももちろんですが、小屋周辺の状況やごみの処理なども含みます。
●快適度:小屋内で過ごす時間を快適に過ごせるかどうかです。乾燥室の場所や利用時間、自炊場所の有無と位置、談話室の有無と居心地、本や暖房などの設備をチェックします。
●ホスピタリティ:宿泊や幕営の申込み、売店の対応など従業員の応対をチェックします。
●食事のうまさ:朝食夕食だけでなく、昼食メニューなどボリュームや味をチェックします。ただし、食べたものにもよるのでかなりいい加減です。基本的にあまりグルメではないので、味については甘い評価かもしれません。
●施設充実度:宿泊客以外の登山者が利用できる設備についての項目です。小屋前のテーブル&ベンチ、無料の水場、屋外トイレ、雨をしのげるひさし付きベンチがそろっていると評価5です。1種類を1ポイントとして評価します。
●ロケーション:写真を撮るためのベースとして、立地条件などを評価します。ただし、立地条件は変更しようがないので、3以上の評価とします。

評価基準
5:非常に優れている
4:良い
3:問題ない
2:いま一歩
1:改善が必要

冷池山荘
清潔度:5
快適度:5
ホスピタリティ:5
食事のうまさ:-
施設充実度:3
ロケーション:4
総合評価:4.4


IMG_8323.jpg
冷池山荘は、後立山連峰の鹿島槍ヶ岳と爺ヶ岳の中間の尾根上にある山荘です。


IMG_8309_20170910003931619.jpg
爺ヶ岳を越えて北上していくと、冷乗越の先で最低鞍部を通過して、5分ほどの登り返しをこなすとベンチのある広場に出て山荘はそのすぐ先に見えます。鹿島槍方面から南下してくると、テント場を過ぎて急傾斜の道を5分ほど下ったら山荘に着きます。


それほど広くない尾根に建つ小屋なので、建物は尾根に沿って南北に細長い建物です。玄関は東側にあり、玄関前には屋根がついているので、雨の時は濡れずにカッパを脱げるので助かります。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_8319.jpg
玄関ホールは大変広く、石畳の広い土間に面して、正面にテレビのある休憩場所が設けられています。休憩場所の右側にあるドアを入ったところが乾燥室になります。乾燥室も8畳間ぐらいの広さがあり、満室に近い状態でも干すスペースはそれなりに確保できそうです。


IMG_8321.jpg
受付と売店は玄関を入った左側にあります。一応宿泊やテントの受付と売店の窓口は分けられているようですが、人手の多少によってはいっしょくたになってしまうようです。


IMG_8320.jpg
自炊室は玄関を入って右手にあり、土足のままま入れるようになっていますが、基本的に素泊まりの宿泊客しか利用しないはずなので、床をはって素足で利用できるようにしてくれた方がありがたいと思います。広さは6畳間ほどなので、キャパは多くなく、混みあうときは早めに利用するなど工夫が必要です。


IMG_8312.jpg
僕が冷池山荘を利用したのは激混みになるであろうお盆休み初日の祝日だった8月11日です。もともとテント泊の予定がテントを張るスペースがなく、やむなく素泊まりで宿泊を申し込んだのですが、奇跡的に部屋に余裕があり、一人一枚の布団で寝ることができました。しかも6人部屋に5人の宿泊で、余裕まである状態でした。水場もトイレもない離れた場所にあるテント場でテント泊するより格段に好条件で寝ることができてラッキーでした。


受付の対応は極めて丁寧で、受付後には乾燥室やトイレ、洗面所の位置などを説明しながら部屋まで案内してくれる親切さで、どこぞのリゾートホテルにでも迷い込んだかのようでした。


IMG_8314.jpg
小屋の内部は大変きれで、廊下も広びろしており、すれ違いで体の向きを変えたりよけたりする必要がない程度の幅が確保されています。


IMG_8315.jpg
洗面所もあり、歯磨きなども混みあうことなくすることができました。ただし、洗面所の水は天水利用らしく、飲用は不可で、歯磨きにも不適だと書かれていました。手洗いなどの利用にとどめておいた方がいいようです。


IMG_8313.jpg
トイレは、これまでこれほどきれいで広いトイレのある山小屋は見たことがないというハイレベルのトイレです。完全男女別のトイレなのに、男性用だけでこの広さです。個室の方は洋便器のブースもあります。トイレ内に手洗いも設置されていて、しかもペーパータオルまで用意されています。


IMG_8317.jpg
二階に談話室があり、漫画や雑誌類もたくさん置いてありました。もともとはバーかカフェとして利用していたみたいで、カウンターがありましたが、今は使われていないみたいです。



IMG_8316.jpg
また、二階に診療室という札がかかった部屋がありましたが、山荘のサイトには医者がいるという説明はないし、チェックインのときにも説明はありませんでした。しかし、「診療室に御用の方は受付まで申し出ください」と書かれた札がかかっていたので、実際にお医者さんがいるのかもしれません。



飲用の水は、小屋の外にある水専用の売店で購入します。宿泊者には1リットルが無料になりますが、それ以上は1リットル150円です。沢水をポンプアップしているとのことなので、沸かさなくても直接飲用できます。


ロケーション的には、北に鹿島槍ヶ岳、南に爺ヶ岳があり、どちらへも1時間半から2時間程度で行くことができます。晴れていれば小屋前の一段高いところにある東向きのテラスからどちらの山も見られそうですが、僕が宿泊した時はガスで確認できませんでした。もしも、鹿島槍や爺ヶ岳がきれいにみえるのであれば、撮影地としてはそれなりに便利です。


IMG_8324.jpg
もっとも、テント場まで上がれば爺ヶ岳はきれいに見えているし、鹿島槍もテント場からすこし北へ行けば十分見ることができます。ガスで確認はできていませんが、立山や剱岳もおそらく見ることができると思います。テント場から見えなくても、鹿島槍の手前にある布引山の近くまで行けば森林限界を超えた稜線になるので、確実に見ることができるはずです。その点では、撮影するならむしろテント場にいたほうが便利かもしれません。ただ、テント場は水場もトイレもなく、どちらも小屋まで急傾斜の尾根道を5分ほど歩かなければいけないのが不便です。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング

登山用品・アウトドア用品専門店 好日山荘《公式通販》





関連記事
スポンサーサイト



| 山小屋通信簿 | 01:03 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

NEXT | PAGE-SELECT | PREV