ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

1か月ぶりの山行は灼熱地獄: 和気(わけ)アルプス その2 

2017年7月21日(金) 岡山県和気町 和気アルプス(神ノ上山 370m) 日帰り単独行 


IMG_8019.jpg
13:42 30分間貸切だった神ノ上山山頂を出発します。結局、30分経っても汗は引かず、ウェアも濡れたままでした。汗冷えするような気温ではなかったのでなにも問題はありませんが、ウェアが汗で濡れたままというのは、気分的にあまり爽快ではありません。


IMG_8020.jpg
迷いピーク下の分岐まで下りてきました。今回はここを直進し、剣峰を目指します。和気アルプスは三度目ですが、このルートは初めて歩きます。


IMG_8021.jpg
分岐からすぐのところに迷いピークと名付けられたおよそピークとは言えないなだらかでだだっ広い平地のような雑木林が広がっていますが、明確な踏み跡がなければたちどころに迷いそうな場所でした。


IMG_8022_20170724223137455.jpg
迷いピークから先は、右手がヒノキの植林で左手が自然林というゆるい尾根道を進みます。ヒノキ林は、もう長いこと手入れがされていないだろうことがもろにわかるような荒れ方です。


IMG_8023.jpg
しばらく行くと、尾根道から左の支尾根に下ります。90度左へ曲がる場所ですが、道標などは何もありませんでした。もっとも、直進してしまうような踏み跡があるわけでもないので、道迷いの心配はなさそうです。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_8024.jpg
13:56 剣峰の手前左手側にザイテングラードの分岐があるはずと思いながら進んでいきましたが、どうやら見落としてしまったようです、気が付けば剣峰に到着してしまいました。


IMG_8025.jpg
剣峰山頂は、だだっ広い一枚岩の山頂でした。


IMG_8026.jpg
歩いてきた方を見ればすぐ近くに神ノ上山が見えます。


IMG_8028.jpg
南側には、往路で登ってきた鵜飼谷北陵ルートの尾根が目の前に伸びていました。


IMG_8029_20170724223250b1a.jpg
神ノ上山を背にして右手には才ノ峠への下山ルートがありますが、和気アルプスのHPによると、このルートはふもとにあるため池の改修工事のため2019年2月頃まで通行を遠慮してほしいとのことです。ただし、剣峰山頂の下山口にはそのようなことを書いたものは何もなく、物理的に通行止めになっているわけではないようです。


IMG_8030.jpg
神ノ上山を背にして左手には前剣への下山口があります。才ノ峠への下山ルートよりもこちらのほうが藪っぽい雰囲気で、あまり歩かれていないだろうことがなんとなくわかります。


IMG_8031.jpg
とにかく、足元に気を付けながら慎重に下りました。


IMG_8032.jpg
少し下ったところで、左へ分岐する踏み跡らしきものがありましたが、道標も何もありません。和気アルプスのHPによれば、ザイテングラートから分岐して、衝立岩の東側をよじ登るマサミチルートというのがあり、衝立岩の上でこの前剣へのルートに合流するはずですが、もしかしたらこれがそうなのかもしれません。しかし、一応一般ルートとして紹介されているコースなので、それならば道標があってもいいはずです。なので、とりあえずもう少し進んでみることにしました。


IMG_8034.jpg
14:04 道標のある分岐がありました。


IMG_8035.jpg
左が「ツイタテの頭」、右が「前剣」と書かれています。ツイタテの頭ということは、衝立岩の上ということでしょうから、どうやらこちらが本当のマサミチルートのようです。マサミチルートの衝立岩脇を登る部分はけっこうな難コースらしいので、下りで使うのはちょっとリスキーっぽいようですし、とりあえず前剣まで行ってみたいので、ここは右へと進みます。下山路は、前剣手前から衝立岩下をトラバースしてマサミチルートに合流するトラバース道があるはずなので、そちらを利用するつもりです。


IMG_8037.jpg
分岐の先は、けっこうな急こう配の下り坂になっていました。前方に見えている小ピークが前剣のようです。この写真では勾配こそきついものの普通の尾根道のように見えていますが、少し下ったところから、そこそこ難易度の高い半分崖のような部分もあるので、初心者には厳しいかもしれません。


IMG_8038_20170724223429084.jpg
分岐から下り始めてすぐのところに「展望所」の札がかかっていました。


IMG_8039.jpg
すぐ先が崖上になっていて、なかなかの断崖絶壁でした。


IMG_8040.jpg
14:10 急こう配の半崖地のような場所を下りきると、再び分岐がありました。


IMG_8041.jpg
道標には、「トラバースして衝立岩下へ」「マサミチルートを○○○へ」と書かれていました。○の部分は判読不能でした。前剣への案内はありませんでしたが、とりあえず直進すればいいようです。


IMG_8042.jpg
分岐からひと登りで前剣ピークにでました。上から見た時に予想はしていましたが、ほとんど展望はありません。わざわざ立ち寄るほどの場所でもなかったなというのが正直な感想です。


IMG_8043.jpg
前剣から尾根をまっすぐに下るルートもあるようですが、一般ルートではないため未整備のヤブコギルートだそうです。


IMG_8044.jpg
前剣は展望もないので、休憩することもなくすぐに引き返しました。下り始めのところから衝立岩が正面にみえました。右奥に白く見えているのが岩尾根のザイテングラートです。


IMG_8047.jpg
分岐まで戻ってきたところで、念のためヘルメットを装着しました。ここからザイテングラートまでのトラバース区間は、地形図で見るとけっこう等高線が詰まった急こう配の崖地のトラバースになるので、念のためヘルメットをもってきました。


IMG_8048.jpg
先へ進んでいくと、前方にほぼ垂直に切り立つ岩壁が現れました。これが衝立岩なのでしょう。ルートは、衝立岩の下をまっすぐに突っ切っていました。幸い、トラバースルートの通っているところは狭いながらも岩棚のようになっていたので、絶壁をへつるような怖さはありません。


IMG_8049_201707242236348a8.jpg
衝立岩下を少し登り返すようにして先へ進みます。


IMG_8050_20170724223636572.jpg
衝立岩を過ぎたと思われるあたりで、今度はUターンするように露岩を下ります。下りきったところにこの看板がありました。たぶん、登りで使う人向けだと思いますが、登りより下りのほうが滑りそうなので、上につけてもいいのではないかと思いました。ただ、この日は数日来雨が降っていない真夏日だったので、岩の表面はカラカラに乾いていて、まったく滑りませんでした。


IMG_8051_20170724223753ed9.jpg
その先は、傾斜こそ多少緩くなったものの、相変わらず岩壁の下をトラバースしながら下って行くルートが続きます。


IMG_8052_201707242237542c1.jpg
太陽に焼かれて熱くなった岩の上を進んでいきます。この日はグローブを忘れてきてしまったので、素手で岩に手を突いたりしていましたが、かなり熱くてまいりました。


IMG_8053_2017072422375652e.jpg
滑るとやばそうな岩壁のトラバースですが、幸い足場はしっかりしていて、それほど不安感はありませんでした。ロープも張ってありましたが、荷重がかかると簡単に切れそうな状態だったので、ただのコースマーカーだと思っておいた方がよさそうです。


IMG_8054.jpg
岩壁のトラバースが終わると、小さな谷を渡ります。谷を渡ったら、右奥に見えている岩壁の上部を水平にトラバースして行きます。ここから先は、やばそうな場所はありません。


IMG_8055.jpg
14:28 ザイテングラートの分岐点に出ました。これで一安心です。


IMG_8056_20170724223843f0a.jpg
分岐点にはこのような道標がかけられていました。この次はザイテングラートを登って、カニのタテバイ、カニのヨコバイを歩いてみたいと思います。


IMG_8057.jpg
さて、ここからは尾根道をまっすぐに下って行くだけです。


IMG_8059.jpg
そうはいっても、なかなかの急こう配の岩尾根で、浮石も多く、気を抜いて歩くことができません。


IMG_8060.jpg
だいぶん下りて来たなというところで沢にぶつかりました。


IMG_8061.jpg
どっちかなと思って周囲を見回すと、小枝に小さな札がぶら下がっていました。


IMG_8062.jpg
沢の対岸、やや下流側にトレースがついているのが見えました。強烈な日差しの木漏れ日がつくる縞模様でやや分かりずらいトレースでした。


IMG_8063.jpg
14:44 分岐に出ました。左へ行けば往路で通った縦走路に突き上げます。新町の登山口は右へ進みます。


IMG_8065.jpg
山道が終わり、墓地の横へ出てきました。ここから先は未舗装ですが車が通れる広い道になりました。


IMG_8066.jpg
14:54 アスファルト道にでました。


IMG_8067.jpg
角にある木の下に登山口の看板もでています。でも、わかりにくいかも。


IMG_8068.jpg
あとはアスファルト道を歩いて鵜飼谷温泉へ戻るだけです。しかし、この区間がけっこうきつかった。灼熱のアスファルトの照り返しの中を15分ほど歩くわけですが、途中に自販機もなく、流れ落ちる汗をぬぐいながらまだかまだかと思いながら歩き続けました。


IMG_8069.jpg
15:12 焼けたフライパンの上を歩くような灼熱地獄がようやく終わりました。とはいえ、温泉の駐車場も状況は同じです。バックパックを車に置いて、温泉セットと着替えを持って一目散に温泉に向かったのは言うまでもありません。平日の、そこそこ早い時間ということもあり、温泉はガラガラに空いていました。


梅雨明け後でカラカラに乾いていたためか、うっとおしい虫もなく、暑いこと以外は快適な山行でした。和気アルプスは、標高が低い割に面白い山で、登山道の整備もしっかりとされていますが、出かける前には和気アルプスのホームページを事前に一読されることをお勧めします。

20170721wakealpus.jpg


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

登山用品・アウトドア用品専門店 好日山荘《公式通販》
関連記事
スポンサーサイト

| 2017年7月 和気アルプス | 22:49 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

NEXT | PAGE-SELECT | PREV