FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。当ブログ内に掲載してある写真の無償提供はしておりません。また、無断で使用することは固くお断りいたします。

2020年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

とうとう緊急事態宣言

政府から緊急事態宣言が出てしまいました。といっても、日本全国が対象ではなく、東京、埼玉、千葉、神奈川、大阪、兵庫、福岡の7都府県限定です。当初、多くの感染者が出ていた北海道は、その後は感染拡大を抑制できたようで、今回の緊急事態宣言の対象地域にはなっていません。とはいえ、対象になっていない地域で感染が無いわけではないので、基本的に全国区で考えておいたほうがいいのかもしれません。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




ところで、山へ行くのを自粛するべきかどうか悩んでいる人もいると思います。感染を防ぐために、密閉、密接、密集を避けるということが言われているわけですが、登山の場合、基本的にはこれらの3条件に該当しない場合が多いのでしょうが、高尾山のような人出の多い山に行くと、明らかに3条件に該当してしまいます。伯耆大山の夏山登山道でも、週末や祝日は人が多く、避難小屋の周辺や弥山山頂ではそれなりに密集、密接した状態になります。そのうえ、避難小屋に入ってしまえば密閉にも該当してしまうので、明らかに避けたほうがいいといえます。


つまるところ、人が少なく、3条件に該当しない山へ行くのなら自粛する必要はないでしょう。ただし、自家用車ではなく、公共交通機関を利用するという人は感染リスクが高くなるので、自粛したほうが賢明です。また、基本的に単独登山ではなく、友人知人などとグループで登山をするという人も、どこへ行くかにかかわらず集まった時点で密集、密接の2条件に該当するわけですから、やめておいたほうがよさそうです。症状が無くても感染している無症状感染者がいるわけですから、複数人で車に同乗して登山に行けば、車の中で感染する可能性もあるわけです。自分は大丈夫だとか、知り合いだから大丈夫などと思っていても、それはただの思い込みに過ぎません。


緊急事態宣言の対象地域においては、感染を拡大する危険性があるので、他地域への移動も自粛して欲しいと要請されています。ニュースに寄れば、首都圏から軽井沢の別荘地に避難する人も多いらしく、軽井沢のスーパーでは東京のナンバープレートをつけた車がたくさん見られるそうです。地元ではウィルスを東京から運んできているかもしれないと戦々恐々としているそうで、正直な話迷惑な連中だと思われているとか。鳥取砂丘にも関西圏から訪れる人が多いそうで、こちらも地元の人たちからは軽井沢と同様の反応があるようです。緊急事態宣言が出ても移動自粛要請に関して罰則があるわけではないのではたしてどれほど要請が受け入れられるのかなんともいえません。いずれにしても、早く治まって欲しいものです。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング













スポンサーサイト



| 時事ネタ・ニュース | 18:39 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |