FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。

2020年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

パウダースノーと青い空: 石鎚山その3 

天気予報では西日本の平野部でも積雪の可能性があるといっていましたが、いまのところ雨がぱらついた程度で雪が降りそうな雰囲気はありません。県北や鳥取県側はさぞかしどか雪かと思いきや、道路情報のライブカメラで見た限りでは数センチの積雪と天気予報がいうほどの降雪はないようです。とはいえ、今晩がピークのようなので、本番はこれからかもしれません。



2020年2月9日(日) 愛媛県県西条市 石鎚山(標高1982m) 日帰り単独行 


IMG_5164.jpg
食後、いいタイミングで天狗岳がまた姿を見せてくれたので、ひとまず自撮りしておきました。


IMG_5165_202002171416271fd.jpg
13:11 山頂に人が増えて来たこともあり、下山することにします。


IMG_5166_2020021714162828b.jpg
下りていくと、頭上は青空ですが眼下にはガスがまだけっこう残っていました。


二の鎖避難小屋でクランポンをチェーンスパイクに取換えました。登りでけっこう歩きにくかったので、下りはチェーンスパイクのほうが歩きやすいだろうということで、早めに換えておくことにしました。


IMG_5167_20200217141630c2a.jpg
一の鎖の近くまで来ると、ガスはすっかり消えて、青空が広がってきました。


IMG_5168_202002171416318da.jpg
振り返れば、白い石鎚山の岩壁が聳え立っていました。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_5170_2020021714163264f.jpg
夜明峠まで下りてきて、もう一度石鎚山を振り返ると、めったに見られない彩雲が出ているではありませんか。急いでコンデジで撮影したものの、画像を確認するとあまり色が出ていません。とりあえず後で編集できるようにRAWで撮影して、現像時にいろいろと調整してなんとか彩雲らしい雰囲気を出すことができましたが、実際に見たときの虹のような色づき具合を再現するにはいたりませんでした。一眼レフでPLフィルターを使って撮影していたら、もう少し違っていたかもしれません。やはり一眼レフをバックパックに入れてしまうととっさのことに対応できないというデメリットがあります。



IMG_5172_20200217141634541.jpg
夜明峠の霧氷は、午後になってもまだ残っていました。まるで、桜が満開になったような雰囲気でした。


IMG_5173_202002171416357a7.jpg
青空が広がったおかげで、霧氷の白がよく映えます。


IMG_5174_20200217141637066.jpg
14:04 前社が森小屋でも、小屋の上に霧氷の花が満開でした。


IMG_5176.jpg
朝は見えなかった瓶ヶ森もくっきりと見えていました。


IMG_5177.jpg
14:34 八丁まで下りてきました。ここから成就まで登り返しが始まります。かなり足腰にきていましたが、最後の登りをがんばります。


IMG_5178_202002171418087af.jpg
八丁からすぐにけっこう急な階段が続きますが、それを過ぎれば比較的緩やかなだらだら坂なので、少しは楽に登れました。


IMG_5181.jpg
14:59 ようやく神門までたどり着きました。さすがに疲れたので、成就で少し休憩していくことにしました。


IMG_5182.jpg
そういえば、まだ遥拝殿から石鎚山を見たことがなかったので、無事に下山できたお礼もかねてお参りしてきました。残念ながら、このときには石鎚山頂にガスがかかっていて、完全な姿を見ることはできませんでした。


IMG_5183_202002171418137bb.jpg
成就社でチェーンスパイクも外して身軽になったので、ロープウェイ駅までサクサク下りました。しかし、この日陰の道が妙に寒くて、山頂にいたときよりも明らかに気温が低いと感じました。


IMG_5184_202002171418148d8.jpg
温度計を見るとマイナス5度でした。朝より2度高いだけです。山頂では春のような暖かさだったのに、変な感じです。


IMG_5185.jpg
15:25 ロープウェイ駅に着きました。駅舎の前から、瓶ヶ森が綺麗に見えていました。


IMG_5186.jpg
瓶ヶ森の背後、はるか遠くに見えるのは伊予富士あたりかもしれませんが、よくわかりません。


IMG_5187_20200217141819245.jpg
15:50 小学生の団体と一緒になってちょっと窮屈だったロープウェイを下りて、駐車場に戻ってきました。


というわけで、久しぶりの雪の石鎚山でしたが、今回は天気予報がばっちり当たって、登頂とほぼ同時に晴れるという奇跡の山行となりました。いつもこうならいいのですが、けっこうだまされることもあるので、天気予報を当てにしすぎるのは危険です。


下山後は、駐車場脇にある石鎚山温泉に入りたかったのですが、時間が遅くなるのでさっさと帰ることにしました。しかし、高速道路にのってから少し走ると猛烈な睡魔に襲われ、たまらずPAで仮眠をとったら、なんと2時間も爆睡してしまいました。睡眠時間4時間ほどで早朝出発し、6時間半の長い山行だったのでさすがに疲れたようです。もっと早寝早起きを習慣づけないとだめですね。

map20200209isidutisan.jpg

ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング











スポンサーサイト



| 2020年2月 石鎚山 | 14:21 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |