FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。

2020年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

消炎鎮痛剤を塗った後に風呂に入ったらダメ!

先週後半に寒気が来て久しぶりの積雪があったそうなので、1ヶ月ぶりに山に登ってきました。久しぶりということで比較的楽そうな山に行ったのですが、縦走路を往復したため休憩込みで6時間の山行になってしまい、かなり疲れました。その上、右足の股関節や膝に軽い痛みも出たりしたので、ちゃんと対策をしておかないと2日ほど歩行困難な状況になりかねません。


IMG_5107.jpg
家に帰ってから液体の消炎鎮痛剤(いわゆる液体サロンパスのようなもの)を左右の足にたっぷり塗りつけたらスースーして気持ちがいいし、足の疲れも少し軽くなったようでひと安心でした。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。





ところが、21時過ぎに風呂に入ってシャワーを浴びていたら、なんだか足がひりひりしてきました。はじめのうちは、消炎鎮痛剤の成分で少し神経が過敏になっているんだろうと思っていたのですが、すぐにやけどのようなヒリヒリする痛みに変わってきて、熱いシャワーを浴び続けることはできなくなってしまいました。見ると、足が真っ赤になっています。


仕方がないので、風呂の椅子に座って背中だけシャワーを浴びて、足は冷たいシャワーをかけて冷やしておきました。山行の後はクールダウンのためにいつも足に冷たいシャワーを浴びているので結果的にいつもどおりだったのでいいのですが、まさか熱いシャワーを浴びることができないほどヒリヒリするとは思いませんでした。サリチル酸グリコールが原因なのか、メントールが原因なのかわかりませんが、消炎鎮痛剤を使うときはくれぐれも風呂から上がってからにしましょう。早く下山したからといって車の中で消炎鎮痛剤を塗って、その後温泉に行ったら後悔すること間違いなしです。

ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング











スポンサーサイト



| ヤマネタ・ニュース | 22:26 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |