FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。当ブログ内に掲載してある写真の無償提供はしておりません。また、無断で使用することは固くお断りいたします。

2019年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

軽い縦走のつもりががっつり6時間: 後山その2 

2019年11月23日(土) 岡山県美作市後山 後山(1344m) 日帰り単独行 


IMG_4377_20191203170645881.jpg
狭く傾斜のきつい尾根を登っていくと、ふたたびトラロープが設置されていました。ロープが立木とからむためロープを使うとかえって歩きにくい状況だったので、ここではロープのお世話になりませんでした。ロープの設置状況を考えると、急傾斜でスリップしないための補助ロープというよりも、左側(西側)がけっこう急傾斜なので、あやまってトレラン参加者が転落しないためのようです。


IMG_4378.jpg
11:07 標高950mあたりまで登ってくると、ようやく急登がすこし緩んできました。尾根の幅も広がり歩きやすくなりました。このあたりからGPSのマップデータ範囲に入って、GPSで現在位置の確認ができるようになり、ほっと一安心です。


IMG_4380_20191203170648aee.jpg
標高1000m地点で、尾根の上に巨岩が立ちふさがるようにあり、左右どちらかから巻いていくしかありません。


IMG_4381_2019120317064944a.jpg
巨岩の前まで来ると、左側(西側)にロープが設置されていたので、左から巻いていくことにしました。ただ、このロープはなぜか巨岩に張り付くように設置されていて、ロープに沿っていくと巨岩の足元にある岩をよじ登るようなルート設定になっています。もう少し下の植林帯の中にも薄いトレース跡があるので、それなりの急斜面をトラバースするとはいえ植林帯の中を行ったほうが楽そうに思えます。とはいえ、わざわざロープを岩に沿って設置してあるということは、植林帯をトラバースするよりこちらのほうが何か都合がいいということかもしれないので、ロープに沿って巨岩を巻きました。しかし、巨岩を越えたところで確認してみると、植林帯を通ってもとくに問題になるようなことはなさそうだったので、登山で通過するだけなら植林帯を通っても差し支えなさそうです。


IMG_4382_20191203170650f39.jpg
1094mピークを越えると、尾根筋に低木が増えてきましたが、歩くのに支障はありませんでした。


IMG_4383_201912031706516ed.jpg
その後はやや背の高い笹が増えたものの、藪漕ぎになるようなこともなく、一定のペースで歩き続けることができました。


IMG_4384_2019120317065386d.jpg
11:51 1253mピークに出ました。ブナの森になっていて、広々とした雰囲気のいいピークでした。


IMG_4385_201912031706547af.jpg
正面にようやく後山のピークが見えました。


IMG_4387_20191203170657271.jpg
1253mピークを越えた先で、笹薮の中に壊れてバラバラになった道標がありました。兵庫県側の板馬見渓谷へ下る登山道の分岐のようです。


IMG_4388_201912031712375f1.jpg
反対側にも道標があり、山頂まで330mと書かれていました。僕が山で歩く場合、あまり急ではない登山道ではおおむね時速2kmぐらいで歩いているので、分速33mぐらいになります。ということは、330mを歩くのに必要な時間は約10分です。ちなみに、結構な急登だと時速1kmぐらいになります。自分がどういうルートでどれぐらいの速さで歩くのか知っておくと、道標の距離から大まかな所要時間を計算することができるので便利です。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_4389_20191203171304db8.jpg
12:13 後山山頂に着きました。お昼時なので登山者がそれなりにいるだろうと思っていたのですが、誰もいません。林道が通行止めになっているためなのかもしれません。とはいえ、ほんの数分前に7人ぐらいの団体とすれ違っていたので、ついさっきまでその団体が山頂にいたということになります。奇跡的なタイミングで団体と入れ違いになり、誰もいない静かな山頂に来ることができたわけです。


IMG_4393_20191203171306233.jpg
誰もいない間にさっさと自撮りを済ませます。ちなみに、この白い標柱は兵庫県の設置したもので、上のほうは宍粟50名山と書かれているので、そこはカットです。


IMG_4395.jpg
ちなみに、岡山県側の標柱がこちら。岡山県人としてはこちらで自撮りするべきなのでしょうが、逆光になるので兵庫県側の標柱で撮ったというわけです。ちなみに、兵庫県側では1345mとなっているのに、岡山県側では1344mとなっています。地形図では1344.4mとなっているので、四捨五入すれば1344mが正しいし、切り上げれば1345mが正しいということになりますが、普通は切り上げないので、岡山県側が正しいということになりそうです。


IMG_4396_20191203171309056.jpg
南側の山麓に広がる後山集落はよく見えていましたが、遠くのほうはかすんでしまい、展望はいまいちです。


IMG_4398.jpg
西のほうには、駒の尾山の山頂の先に、うっすらと大山のシルエットが見えました。


IMG_4399_20191203171312bfa.jpg
ひととおり展望を楽しんだ後は、ランチタイムです。本日も定番のカップ麺とカルパスの組み合わせです。


IMG_4400.jpg
この日は暖かく、風もほとんどないので熱いラーメンがうれしいということはなかったものの、山で食べるラーメンはやっぱり美味です。


IMG_4401.jpg
食後にもう一度展望を楽しみます。西の船木山の左奥に見えるのは、たぶん那岐山でしょう。


IMG_4402.jpg
こちらは東の兵庫県側に連なる山々ですが、詳しくないのでよくわかりません。左のピークが三室山でしょうか。


IMG_4403.jpg
13:06 結局山頂で50分ほどのんびりしていましたが、その間誰も登ってきませんでした。汗ばんでいたシャツもほぼ乾いたので、下山します。下山は、一般ルートで船木山から後山キャンプ場のほうへ下ります。


IMG_4404_20191203171458349.jpg
途中で登って来た上乢からの尾根を振り返ります。手前のピークが1253mピークです。


IMG_4405.jpg
船木山に向かって下ります。鞍部まで標高差80mほどですが、数字以上に大きく感じるのは、それなりに疲れているということなのでしょう。


IMG_4406.jpg
13:25 船木山を通過します。途中で、2人の登山者とすれ違いましたが、下山中に出会った登山者はその2人だけでした。


IMG_4407_20191203171502b4e.jpg
船木山を過ぎてすぐ先の分岐を左へ下ります。


IMG_4408_20191203171504b2b.jpg
記憶では緩い道だったはずですが、けっこうきつい傾斜の道で、こんなだったっけ?と思いながら下りました。ところが、この数分後、GPSからピーという警告音が発せられ、電池切れになってしまいました。バックパックから予備電池を取り出して交換してみましたが、電源を入れてもGPSがまったく反応しません。怪訝に思って、予備としてもっていたほかのセットに交換してみましたが、やっぱり起動しません。充電は数日前に行ったばかりなので、充電忘れということはありません。しかし、充電したときに妙に早く充電が完了したなと思った記憶があります。予備電池はかれこれ5年前に購入したアマゾンPBのニッケル水素電池です。充電完了直後に一眼レフのペンタックスK-50が起動しなかったので、だいぶん弱っているのはわかっていました。しかし、まさかGPSも起動しないほど弱っているとは思わず、事前に確認しないでもって来たというわけです。


map20191123usiroyama.jpg
いくら試したところで起動しないものはどうしようもないので、GPSはあきらめてさっさと下ることにしました。下山ルートは歩いたことのある一般ルートなので、GPSの世話になる必要はありません。ログが取れなくなるだけです。ということで、ログが取れなかったところは、後から手書きで青色のラインを追加しています。


IMG_4411.jpg
14:09 尾根から渓流沿いの道まで降りてきました。ここからは渓流に沿って下ります。


IMG_4414_20191203171507a09.jpg
渓流沿いには、まだきれいな紅葉が残っていました。


IMG_4415.jpg
14:35 落ち葉に埋もれてわかりにくく歩きにくい道に苦労しつつ、ようやく登山口に着きました。問題はここから駐車場所である愛の水給水所までの道です。地形図を見たときの記憶では、キャンプ場の先にジグザグに下る道があったはずです。とりあえず、その道を探します。


IMG_4416_201912031715103af.jpg
キャンプ場の駐車場にあった案内板を見ると、キャンプ場を突っ切って東に行くと、下山する道があるようですが、記憶にある地形図のルートとはちょっと違う気がします。とりあえず、下る道があることはわかったので、キャンプ場を突っ切って東に向かうことにしました。


IMG_4417_201912031715118f8.jpg
キャンプ場を越えたところで2本の道があり、1本は左上に向かい「行者堂」という道標が出ていたので違うことはわかりました。もう1本は「後山ふるさと村」という道標がありましたが、それがどこだかわかりません。しかし、残る道はこれしかないし、微妙に下っていて、右下の斜面をジグザグに下っていくようなので、おそらくこれだろうということで下ってみることにしました。


IMG_4418_2019120317171020a.jpg
結構な急斜面をジグザグに下ります。


IMG_4419.jpg
14:51 舗装された道に出てきました。とりあえず、下る方向である右に進みます。


IMG_4420.jpg
朝通った上乢に向かう道のような違うような、確信が持てずに下っていくと、見覚えのない石像があったので違う道だとわかりました。それでも、とりあえず下れば後山の集落に出るはずなので、心配する必要はありません。


IMG_4421_20191203171715cad.jpg
14:56 広い駐車場に出ました。キャンプ場の駐車場にあった案内板に描かれていた下の駐車場だと思われます。


IMG_4422_2019120317171660d.jpg
案内板の地図を確認してみると、左のほうに愛の水給水所がありました。右端が現在地ですから、ようやくどこにいるのかわかりました。朝、林道を進みゲートをくぐった先の分岐を左上方向に進んだところが現在地というわけです。ということで、水色の線が舗装路なのでそれを歩いていけばいいわけですが、駐車場を出てすぐのWCの脇を左に入り、緑色の遊歩道をたどれば近道だし、上乢に向かう林道を越えてまっすぐ行けば、おそらく最初に見たゲートのところに出られるはずです。


IMG_4423.jpg
予想通り、朝通った林道と合流し、最初のゲートの上に出てきました。


IMG_4424_201912031717197e4.jpg
これを下ればゲートです。


IMG_4425.jpg
ゲートを通過します。


IMG_4426_20191203171722abd.jpg
あとは林道をまっすぐ下るだけです。


IMG_4427_2019120317172444c.jpg
15:06 駐車場所まで戻ってきました。軽い縦走のつもりだったのに、気がつけば6時間近い行動時間となってしまいました。

map20191123usiroyama.jpg


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング











スポンサーサイト



| 2019年11月 後山 | 17:31 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |