FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。

2019年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

不幸はまとめてやってくる

何年か前に、プリンタが2台同じ日に壊れて、新しいプリンタを買いに行った帰りに購入後数ヶ月の新車で事故にあったという記事を書きました。それ以来、複数のトラブルが同時に発生するということはなかったのですが、本日久しぶりに発生しました。


今回は機械トラブルです。最初はメインで使っているデスクトップPCが起動しなくなりました。以前からあまり調子がいいとは言えない状態で、今年の1月15日に一度同じ状態になってしまいましたが、OSを再インストールしたらなんとか復活してくれました。しばらくは何のトラブルもなく使えていましたが、1ヶ月ぐらい前から突然画面が乱れてフリーズするということが発生するようになりました。それほど頻度が多いわけではないので、電源ボタンで強制終了して再起動させて使っていたのですが、この数日頻度が多くなり、本日とうとう再起動しなくなったというわけです。パソコンはトラブルが多くなるとそろそろ寿命だと考えたほうがいいので、起動ドライブであるCドライブが逝ってしまったのだろうと判断し、起動ドライブを交換することにしました。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_1504_20190714165359f10.jpg
パソコンのケースをはずして中を確認してみると、ケースの底に綿ぼこリがたまり、基盤のパーツにもホコリがついていました。しかも、CPUのクーリングファンの奥のヒートシンクにもホコリが布団のように張り付いています。これではCPUの冷却効率がかなり落ちているだろうから、何かとトラブルの原因になりそうです。ドライブを交換してもこのままではまともに使えないかもしれないので、ひとまず掃除機でホコリを吸い取り、いくつかのコネクタ部分もはずして付け直したりしておきました。


IMG_1505_20190714165402856.jpg
その後、問題のCドライブを取り外しました。こちらが、Cドライブのインテル320/MLC SSD 80GBです。ハードディスクと違ってSSDは機械的な稼動部分がないはずなのでトラブルは起こりにくいと思っていましたが、それほど甘くはないようです。いったんドライブを取り外してみたのですが、念のためもう一度起動しないことを確認しておこうと接続しなおしてみると、なんと再起動したではありませんか。どういうことだと思いましたが、ホコリが何らかのトラブルを引き起こしていたのか、はたまた接続しなおしたケーブルのコネクタ部分にトラブルの原因があったのかわかりませんが、起動するのであればもう少し様子を見てみることにしました。


IMG_1507_20190714165401510.jpg
ところで、マザーボードにCR2023のボタン電池が組み込まれているのを見つけました。いったい何の電池だろうと思ったのですが、購入後かれこれ7年半が経っているので、とりあえず交換しておいたほうがいいだろうということで、手持ちのCR2023に交換しておきました。ちなみに、この電池は電源オフのときでも時計の設定などを保つための電源として使われているようで、交換後に起動したら時計が購入時の年月に戻っていました。


パソコンを組みなおして起動してみると問題なく起動しましたが、どういうわけかDドライブを認識しません。もしかしてDドライブが死んでそれが原因だったのかとも思いましたが、Dドライブは起動とは無関係。再起動しなくなる直前にも使っていましたが、Dドライブのファイルを読み込むのにトラブルが発生したことはありません。ケーブルコネクタを接続しなおしたときにもDドライブは触っていません。なので、認識しない理由がさっぱりわかりませんが、とりあえずもう一度ケースをはずして、Dドライブのケーブルを接続しなおしてみると、無事に認識してくれるようになりました。まったく、手のかかるパソコンです。


IMG_4636.jpg
今回、ケースをばらしていたら、このパソコンがどこのものかようやく判明しました。購入したのはPCデポで、オリジナルブランドのO'ZZIOというパソコンなんですが、マウスコンピューターと書かれたシールが貼ってありました。オリジナルでパーツを組んだものではなく、マウスコンピューターのOEM品だったというわけです。まあ、そのほうが安心ですけどね。


IMG_4640.jpg
さて、二つ目のトラブルは、コンデジのキヤノン パワーショットS110です。こちらは、上で使った写真を撮影していたら、突然レンズを収納することができなくなりました。電源を入れなおせとメッセージが出てきますが、何度電源を入れなおしてもレンズは収納されずすぐに電源がシャットダウンされてしまうので、カメラとして使用することができません。こうなるともうお手上げです。


コンデジは、修理に出すと最低でも人件費として1万円強の費用がかかります。これにレンズユニットの交換となると、さらに数千円以上かかるわけですが、残念ながらS110はすでに修理期間がおわっていて修理そのものができません。ということで、このカメラは寿命を向かえたということになってしまいました。撮影するための機能には問題ないのでなんだかもったいないのですが、こればっかりはいかんともしがたいのであきらめざるを得ません。


そういえば、仕事で使っているパワーショットA2300というカメラは新品で5980円という激安カメラですが、レンズの収納時にときどき異音が発生してトラブルが起こるものの、とりあえず電源を入れなおせば復帰してくれます。購入時期はA2300のほうが1年早いし、仕事で使っているので落としたり雨に濡らしたりということも圧倒的に多いのに、なぜ高級コンデジのS110のほうが早く壊れるのでしょうか。耐久性と価格はあまり関係ないということのようです。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング












スポンサーサイト



| 時事ネタ・ニュース | 17:22 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |