FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。

2019年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

山小屋通信簿: 白馬鑓温泉小屋 

山小屋通信簿は、清潔さや快適さなどの一般的な項目の他に、ヤマふぉと派の観点から撮影山行基地としての評価も加えた山小屋の評価です。各評価項目を5段階で審査し、合計点数の平均(端数は四捨五入)が総合評価です。

評価項目
●清潔度:小屋内の部屋や食堂、トイレ、布団など、清潔に保たれているかどうかももちろんですが、小屋周辺の状況やごみの処理なども含みます。
●快適度:小屋内で過ごす時間を快適に過ごせるかどうかです。乾燥室の場所や利用時間、自炊場所の有無と位置、談話室の有無と居心地、本や暖房などの設備をチェックします。
●ホスピタリティ:宿泊や幕営の申込み、売店の対応など従業員の応対をチェックします。
●食事のうまさ:朝食夕食だけでなく、昼食メニューなどボリュームや味をチェックします。ただし、食べたものにもよるのでかなりいい加減です。基本的にあまりグルメではないので、味については甘い評価かもしれません。
●施設充実度:宿泊客以外の登山者が利用できる設備についての項目です。小屋前のテーブル&ベンチ、無料の水場、屋外トイレ、雨をしのげるひさし付きベンチがそろっていると評価5です。1種類ないと4、2種類ないと3、3種類ないと2、まったく無いのは1です。
●ロケーション:写真を撮るためのベースとして、立地条件などを評価します。ただし、立地条件は変更しようがないので、3以上の評価とします。

評価基準
5:非常に優れている
4:良い
3:問題ない
2:いま一歩
1:改善が必要

●白馬鑓温泉小屋
清潔度:5
快適度:1
ホスピタリティ:1
食事のうまさ:-
施設充実度:4
ロケーション:3
総合評価:2.8


IMG_1008b.jpg
白馬鑓温泉小屋は、白馬登山の入口となる猿倉から白馬鑓ヶ岳へと向かう登山道の途中にある山小屋です。利用したのは、2018年8月で、白馬岳から下山するときに立ち寄りました。


登山道が山小屋の棟と棟の間を通っていて、棟間を人が移動する動線とちょうど交差するようになっているので、下山してきて建物が見えたと思ったら、いつの間にか山小屋の中に入っていたというちょっと変わった立地になっています。さらに、登山道はそのまま階段を下りて温泉横を通り、テント場の中を突っ切って下っていくようになっているので、登山道なのか小屋の施設を移動するための道なのかよくわからない不思議なつくりです。


IMG_0978_20180901123123ee3.jpg
小屋は2棟で構成されていて、小さいほうが宿泊専用棟、大きいほうが受付と売店と食堂、および宿泊棟になっています。登山道と交差するところに売店のカウンターがあり、そばに無料の水場が設置されています。売店カウンターの左奥に食堂入口があり、宿泊受付などはこちらで行います。


食堂が売店と談話室をかねているようでしたが、人が大勢いたのであまり詳しくは見ていません。なので、本などが置かれていたのかどうかは未確認です。


食事については、素泊まりだったので不明です。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_0982_20190310160838488.jpg
食堂の奥が宿泊棟になっているようで、いったん食堂から出てさらに建物にそって奥に行くと宿泊者用の出入り口があります。宿泊棟と食堂棟の間や、建物に沿った通路部分にはひさしがかけられていて、雨にぬれずに移動することができ、しかも壁際にベンチも設置されているので、休憩などには便利です。


ただし、このひさしの下が乾燥室代わりになっているようで、雨具がずらりと干されていて、移動するのがけっこう大変でした。奥の宿泊棟には入っていませんが、雨具を外に干しているところを見ると、中に乾燥室はないのでしょう。


この小屋で一番気になったのが、喫煙に関してあまりにも無頓着というか、無神経なところです。上の写真でわかるとおり、受付のすぐそば、登山道と小屋の動線が交差する一番人通りの多い場所にどうどうと灰皿が設置されていることです。宿泊棟への出入り、トイレや温泉への行き帰り、受付や売店の利用時、自炊時とすべてのタイミングで喫煙者の副流煙に悩まされることになります。おかげで毎回ここを通過するときは息を止めて足早に移動せざるを得ませんでした。


ところが、自炊の場合はそういうわけには行かないので、一番奥のひさしがなくなる辺りまで行って自炊をする必要があります。雨が降っていれば少し降りこんで来たりして多少ぬれる羽目にもなりますが、タバコの不愉快な臭いをかぎながら食事をするよりははるかにましです。風向きによっては人が出入りするときに宿泊棟の中に臭いが入ってくることもあり、不愉快極まりないというのが本音です。おそらくスタッフが喫煙しやすい場所に灰皿を置いているというのが真相なのでしょうが、喫煙率は20%程度ですから、多くの登山者は喫煙しないわけで、その少数派のために多数の人が不愉快な思いを我慢しなければいけないという状況をなんともおもわない山小屋スタッフおよび経営者の無神経さは最悪です。


居酒屋ですら全面禁煙に踏み切る店が出てきているこのご時勢に、半ば公共施設的性格を有する山小屋でこの無神経ぶりはなんなんでしょうか。僕の知る限り、種池山荘と双璧をなすレベルの低さです。種池山荘は、山小屋入口前とベンチやテーブルのおいてある人の集まる場所に複数の灰皿をわざわざ設置するという喫煙者厚遇ぶりが異常でしたが、こちらもわざわざ人の多い場所に灰皿を設置するという点で同じです。灰皿があるのをいいことに人の大勢いるところで平気で喫煙する非常識な連中にもあきれてしまいますが、根本はこんなところに灰皿を設置している小屋側の無神経さに問題があります。


快適度とホスピタリティのポイントが1になっているのは、乾燥室なし、自炊部屋なし、談話室なし、といった理由に加えて、この灰皿の設置場所があまりにもひどいということで、1ポイントにしました。タバコの臭いを強制的にかがされる山小屋に快適性もホスピタリティもありません。ただし、受付の応対などは何も問題ありませんでした。


IMG_0981_2019031016083626c.jpg
小さい方の宿泊棟は、中に入ると中央に通路があり、左右に二段の蚕棚がならぶというタイプです。手前の右手二階には扉のついた個室スペースもあるようです。


布団はすべて幅60センチぐらいの狭いタイプで、はじめから混雑時を想定した仕様になっているようです。チェックインしたときはぜんぜん余裕でしたが、夕方までにはほぼ満員になりました。お盆休み時なので仕方がありませんが、ひとつの布団に赤の他人と一緒に寝るよりはまだましかなという感じです。


IMG_0983_201809011231263d8.jpg
この小屋のいいところは、温泉があるところに尽きます。宿泊者は無料で何度でも入浴することができますが、露天風呂はテント場からも登山道からも丸見えなので、明るいうちに入るには若干勇気が必要です。


トイレは、少し離れたところに別棟で設置されていて、男女兼用です。中に入ると左手に男性小便器、右手に個室が並んでいます。個室のほうはきれいに保たれていました。


IMG_0987.jpg
ロケーション的には、白馬鑓ヶ岳まで3時間の急登が続くうえに、特にどこの山が見えるということもないので、撮影基地としての利用には不適です。東方面が開けているので、運がよければ朝方にきれいな朝焼けが見えるかもしれないというぐらいのメリットはあります。


あくまでも個人的な意見になりますが、タバコに関する無神経さを考えると、非常時以外に利用したいとは思いません。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング










スポンサーサイト



| 山小屋通信簿 | 16:20 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |