FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。

2018年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

気力体力を試される極寒のロングコース: 塩見岳 その2 

2018年12月31日(月)~2019年1月2日(水) 
長野県大鹿村 塩見岳(標高3047.3m) テント・避難小屋泊単独行 


2、装備リスト

今回はいくつか新しいものがあるので、レビューも兼ねて少し詳しく書いておきたいと思います。


●アッパー
 ドライレイヤー: ミレー ドライナミックメッシュ3/4シャツ
 ベースレイヤ: ノースフェイス ロングスリーブエアークルー
           モンベル スーパーメリノウールEXP.ハイネックシャツ
 ミドルレイヤ: マムート ゴブリンアドバンストジャケット
 ソフトシェル: マムート グラナイトフーデッドジャケット
 ハードシェル: マムート スリルトリップジャケット
 インサレーション: バーグハウス ラムチェダウンジャケット
 グローブ: ノースフェイス マウンテンフリースグローブ
        ノースフェイス マウンテンロングシェルグローブ
        マムート メロングローブ
 キャップ/ハット: マムート ストーニービーニー
 バラクラバ: アウトドアリサーチ ヘルメットクラバ

アッパーについては、ソフトシェルにけっこう保温性能が高かったマムート アルティメイトフーディーを選ぶかどうか迷ったのですが、昨年の八ヶ岳でマイナス15度でも問題なかった厚手フリースと薄手ソフトシェルジャケットの組み合わせにすることにしました。実績があるというのはやはり心強いし、テント泊の場合就寝時の保温性能が重要になってくるので、単体で保温性能に優れる厚手フリースのほうが適しているという判断です。ウィンドストッパーはテントの中では意味がありませんから。ということで、八ヶ岳で使ったノースフェイスのマウンテンバーサロフトジャケットと同等のゴブリンアドバンストジャケットを選びました。


IMG_0095.jpg
保温用のダウンジャケットには、これがデビュー戦となるバーグハウス ラムチェダウンジャケットを選びました。実際に使ってみると、驚くほどの暖かさで、さすがにバーグハウスの最高級ダウンジャケットだけのことはあります。着て1分ほどで背中がポカポカと暖かく感じて、まるでカイロを張り付けているようでした。もっとも、ダウンがたっぷり入っているおかげであまりコンパクトに収納することができず、コンプレッションバッグは必須です。塩見岳アタックのときに念のため持っていこうとしたのですが、小型バックパックに入れることができず、持参するのは断念しました。


tnf_mtshellgrove.jpg
グローブも事実上のデビュー戦のものばかりでした。ノースフェイスのインナーとアウターの組み合わせですが、購入したのは2年ぐらい前です。愛用しているイスカのウェザーテック ライトオーバーグローブがだいぶ痛んできたので、セール品を購入したのですが、その後も結局イスカのグローブを使っていたため、いままで保管状態になっていました。アウターのロングシェルグローブはLサイズのわりにちょっと大きくて、インナーグローブの上から装着してもだいぶ余裕がある状態でした。なので、細かい作業はほぼできません。


tnf_mtfleeceglove.jpg
インナーのマウンテンフリースグローブは指の太さにあわせたら少し指先が余ってしまったので、やはり細かい作業は難しく、クランポンの脱着は結局素手で行ってしまいました。しかし、保温性能についてはけっこう優秀で、内側にボアがついていてモフモフで暖かく、手の甲側に防風用なのか目の細かい生地がつけられていたので、樹林帯を歩くようなときはアウターグローブがなくてもインナー単体で十分使うことができました。


IMG_8609_20180126175916d01.jpg
メロングローブは3本指の冬期用グローブで、予備として持っていきましたが、結局使いませんでした。


or_helmetclava2.jpg
バラクラバは、昨年の八ヶ岳でデビューしたウィンドストッパー素材のOR ヘルメットクラバですが、ウィンドストッパーが使われているのは口と頬の部分だけなので、横風を受けると側頭部や後頭部がけっこう寒いと感じます。風が強いときは、薄手のビーニーと組み合わせないと厳しいかもしれません。ちなみに、ヘルメットクラバは口のところに呼吸用の穴があけられているのでメガネが曇りにくいのですが、うかつに鼻で息を吐いたりするとやっぱりすぐにサングラスが曇ってしまいました。せっかく購入した曇り止めもあまり効果がありませんでした。


ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




●ボトムス
 ドライレイヤ: なし
 ベースレイヤ: ミレー スーパーパワーパンツ
 ミドルレイヤ: なし
 ハードシェル: マムート ゴアテックスグレイシャープロパンツ
 インシュレーション: ノースフェイス プロダウン アコンカグアパンツ
 ソックス: モンベル メリノウールエクスペディションソックス
 シューズ: スカルパ モンブランGTX

ボトムスはハードシェルが比較的新しいものですが、すでに使っているし性能的に特別何かが違っているわけでもないので、その意味では新しいものはありません。マイナス10度を下回るような極寒の状況でも、動いている限りにおいてはこの組み合わせでとくに寒さを感じることもなく、問題ありませんでした。ミレー スーパーパワーパンツの保温力と快適性は特筆ものです。



●ギア
 バックパック: ミレー マーカムスウィッチ75+15
 ストック: ブラックダイヤモンド トレイルコンパクト
 ヘルメット オーストリアルピン ユニバーサルヘルメット
 寝袋: プロモンテ エクストリームライトシュラフEL1000A
      プロモンテ あったかウォッシャブルライナー
 マットレス: RONDE EVAマット+4ミリ厚シルバーシート
 テント: アライテント エアライズ2+冬用外張り
 クランポン: ペツル サルケンLLU
 アックス: カンプ カシン Xライトアッズ
       カンプ カシン Xライトハンマー


millet_MARKHAM SWITCH 75_15
ギア類では、まずバックパックがデビュー戦でした。今まで使っていたオスプレー イーサー85がどうにも背面長が合わず、昨年セール品を見つけてミレー マーカムスウィッチ75+15を購入しました。背面長を調整してみると、Sサイズでちょうどいい感じだったので、やはりイーサー85のMサイズでは少し長かったようです。容量的に標準で75リットルでは厳しいかなと思ったりもしました、15リットル分の調整幅があったので、収納に関しては問題ありませんでした。機能的にもいろいろと便利なところがあり、後日レビュー記事を書くつもりです。


RONDE_setumei.jpg
マットレスは、アマゾンで見つけたRONDEという無名のもので、2880円と格安でした。しかし、サーマレストと同じように片面にアルミ蒸着されていたり、素材のEVAがけっこうしっかりとしていて凹凸の高さもあり、この上にダウン寝袋で寝たら凹みの部分にダウンが入り込んでつぶれずに保温力を発揮してくれるのではないかと思って選んでみたわけです。もちろん、これだけで暖かく眠れるとは思えなかったので、ホームセンターに売っている厚さ4ミリほどのシルバーシートを同じ大きさに切ったものと、寝袋の中に敷く用に小さ目にカットしたものの2枚を追加で持っていったのですが、これで寒さは感じずに寝ることができました。RONDEのマットは幅も少し広めの57センチになっていて、かなりお勧めですが、アマゾンでは現在在庫切れになっています。


テント本体も実は新規です。いままではXライズというゴアテックス素材のシングルテントを使っていましたが、冬季外張りをおととしから使うようになったので、テント本体がゴアテックス素材である必要がなく、通常のエアライズにした方が軽量化できるということで、新品本体のみを2万円で購入しました。ポールやグランドシートはXライズの物が使えるので、5万円近くだして本体一式を買う必要がないというわけです。Xライズは無雪期に使えばいいので、そのまま残しています。


IMG_1447_20190107145535e8d.jpg
アックスも新規です。以前、奥穂高岳で急こう配の雪壁ではダブルアックスでないと安心できないと感じたので、その後ほぼ半額で売られていたカンプ カシンのXライトを購入しました。1本だけ買っていままで使っていたBD ベノムアッズと一緒に使えばいいわけですが、左右で重さや形状が違うものを使うより、2本とも同じモデルのほうがいいだろうし、どうせ半額だから1本分の価格で2本買えるのなら2本買っておくかということで、アッズとハンマーを購入したわけです。ハンマーはテントを張るときにペグ打ちに便利でした。


というわけで、いくつか新装備を試しながらの山行になった塩見岳登山でしたが、持っていったものの結局使わなかったものもあり、すべてを試すことはできませんでした。まあ、そのうちまた使う機会があるでしょうから、いずれレビュー記事をアップしていきたいと思います。

つづく。

ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング









スポンサーサイト



| 2018年12月 塩見岳 | 15:22 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |