FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。

2018年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

錦秋の彩と凍える寒さ: 白山 その3 

2018年10月14日(日)~15日(月) 石川県白山市 白山御前峰(2702m) 単独小屋泊 


紅葉シーズンということで、21日、28日とでかけて来たのですが、白山レポが終わらず、タイムリーに記事にできないでレポがたまりつつある今日この頃。早く白山レポを書き上げなければと思いつつも、何かとすることがあったりで遅れ気味です。


ちなみに、21日は奥大山に近い木谷から鳥越峠あたりをぶらりとしてきました。28日は反対側になる宝珠尾根と宝珠山を歩いて、伯耆大山のブナ林の美しさを再認識してきました。


ということで、白山レポ第3弾です。


IMG_1336.jpg
静かな大汝峰から下りて、お池巡りコースをたどります。血の池から翠ヶ池を経由して御前峰に登って室堂に帰るつもりですが、軽いとはいえいっぱいに詰めた32リットルのバックパックに体力が少しづつ削られていくようで、なんだか少し疲労感がでてきました。


IMG_1337_20181030120233acd.jpg
13:13 血の池です。名前からすると赤っぽい水があるように思いますが、翠ヶ池と同じような深い緑色です。雲が多くなって日があまりささなくなったので、どんよりとしてちょっと暗い感じでした。


IMG_1339_2018103012023401d.jpg
13:23 血の池から小さな丘を越えると、翠ヶ池を足元にたたえた剣ヶ峰が眼前にそびえます。深いエメラルドグリーンの翠ヶ池は神秘的ですが、日がさすと明るい青緑色の湖面が美しく、池の向こうに広がる山岳風景とあいまって白山で一番の絶景といえます。火口湖なので、かつてはここから溶岩などが噴き出していたかと思うとぞっとしますが、いまはいたって静かなたたずまいです。とはいえ、白山は活火山らしいので、再噴火の可能性はないわけではなく、御嶽のことを思うと落ち着かない気持ちになってきます。


IMG_1342_20181030120237dd4.jpg
あいにくガスで遠景が見えていませんが、晴れていれば遠くに北アルプスの山並みが見えます。


IMG_1343_20181030120239cb2.jpg
翠ヶ池から少し御前峰方面にいったところで、ちょうど崖下で風があまり当たらない場所があったので、休憩していくことにしました。荷物をおろし、岩に座って行動食をかじります。御前峰への登り返しに備えて、カロリーを摂っておきます。このころになると太陽もほぼ隠れてしまい、空はすっかり曇り空になってしまいました。風は冷たくわりときつめに吹いているため、寒さも増してきました。


IMG_1344_20181030120240416.jpg
13:38 休憩後、小さな丘の上に出てくると、眼前の御前峰がガスに巻かれかけているではありませんか。うそだろうと思いながら立ち止まって様子を見ていましたが、ガスはあっというまに御前峰を隠してしまいました。寒くガスガスの御前峰にわざわざ登ろうという気にはなりません。そうじゃなくても必要のないすべての荷物を背負っていて疲れているというのに、展望のない山に登るほどの体力も気力もなくなりつつあるので、この時点で撤退決定です。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_1345_20181030120241f8c.jpg
お池巡りコースを引き返して血の池が見えるところまで戻ってくると、その先もガスで隠れかけていました。こうなると何の楽しみもないので、さっさと戻って食事をして寝るだけです。


IMG_1347_2018103012024347c.jpg
大汝峰を見上げると、稜線を二人の登山者が下ってくるのが見えました。大汝峰山頂から誰もいない状態がつづいていましたが、たまに歩いている人もいるようです。


IMG_1348_20181030120244bc1.jpg
血の池を通過します。


IMG_1352_2018103012044468c.jpg
13:58 雪渓に埋まる千蛇ヶ池の上まで戻ってきました。ここから右手に下って室堂に戻るコースがあり、行ってみたい気もしますが、遠回りで時間がかかる上にガスが出てきているので展望のないハイマツの道を長く歩くだけになりそうです。なので、来た道を戻ることにしました。


IMG_1353_201810301204453d2.jpg
室堂に向けて戻って行くと、幸いにもガスが消えてきました。山頂付近にだけガスがかかっていたようです。


IMG_1354_20181030120447237.jpg
14:22 昼間たくさんの人がいたビジターセンター前は、すっかり閑散としています。さっさと受付を済ませて、宿に入ることにします。


今回宿泊したのは、自炊のできる白山荘です。室堂では、素泊まりの場合自炊の有無によって宿泊場所が異なるらしく、自炊をしないのであれば食事つきの宿泊者と同じ小屋に泊まるらしいのですが、自炊をする場合は専用の施設である白山荘への宿泊になります。白山荘は冬期避難小屋として解放されている小屋なので、2015年に来たときも利用させてもらったところです。


IMG_1355.jpg
案内されて小屋に入ると、入って右手2つ目のブースに寝床が用意されていました。5人分ぐらいのブースを一人で使えるほど空いていました。ほかの宿泊者は、反対側のブースに3名と2名の2組がいるだけでした。夕方になってソロの男性が加わりましたが、結局それで全部でした。


IMG_1356_20181030120450d8c.jpg
小屋の構造は、中央部分に自炊用のテーブルとイスがあり、左右に2階建ての床が設置されています。


IMG_1357_20181030120451a8b.jpg
大型の石油ストーブが1台置かれていて、ちゃんと火が入っていました。どおりで小屋の中がほんのり暖かいわけです。しかし、周囲には立入禁止のテープが張られていて、たっぷり2ブース分をつかっているので、ストーブのそばに行って暖を取るというわけにはいきませんでした。3名と2名の2組はこのストーブの左右のブースになっているので、もしかしたら案外暖かいのかもしれません。おそらく予約が早い順でストーブのそばから埋まって行くのでしょう。僕が予約したのは前日なので、反対側のブースになってしまったというわけのようです。


IMG_1358_20181030120453621.jpg
寝床の用意をおえて、荷物もひととおりばらしてしまうと、ちょっと早いのですが夕食にすることにしました。夜に天気が良ければ星景写真の撮影に出かけるつもりなので、さっさと食事を終えて仮眠をとるためです。荷物が少ないのでもう少し贅沢な食事を持ってきても良かったのですが、その分重くなるのでいつもの山食です。


IMG_1359_201810301204544a0.jpg
しかし、食後になにか物足りなさを感じてしまい、予備食のカニ雑炊も食べてしまいました。そういえば、ちゃんとした昼食をたべていなかったので、さすがに体がカロリーを欲していたようです。


食事を終えて、お茶を飲みながら地図で明日の予定を検討したりしながらまったりとしたあと、17時頃には布団にもぐりました。どういうわけか足先の冷たさが解消されませんでしたが、疲れていたみたいでいつの間にか眠っていました。


しかし、18時過ぎに目が覚めてしまいました。なんだか妙に寒いのです。マットレスの上に二つ折りの毛布をシーツにして、その上に毛布二枚で寝ていたわけですが、ダウンジャケットも着ていたというのに寒さで目が覚めました。足先の冷たさも解消されていません。体もなんだか凝り固まったようで不快感があります。そういえばストレッチも何もしないで寝てしまいましたが、それが良くなかったようです。


とりあえずポットに入れておいた白湯を飲んで体を温めて、ストレッチで体をほぐします。以前はストレッチなんてほとんどしませんでしたが、ある時ものすごく首や肩が固まったような感じがして不快だったので、テントの中でストレッチをしてみたら気持ちよく寝ることができ、それ以後は寝る前に簡単なストレッチをするようにしています。ストレッチをすると、血行が良くなるので暖かく寝られるようになりますし、翌日の筋肉痛も柔らぐので、やっていない人にはお勧めします。


ついでに、寒さ対策に葛根湯を一包飲んでおきました。葛根湯といえば風邪の初期症状を抑える薬として知られていますが、漢方薬なので風邪の症状がなくても服用できます。詳しいことは知りませんが、どうやら血行をよくして体温を上げてくれる効果があるようで、寒いときに飲むと30分ほどでポカポカしてきます。肩こりや筋肉痛にも効くというので、血行を良くすることで痛みを和らげてくれるのでしょう。登山の時にはうってつけです。


ストレッチと葛根湯のおかげで、その後は足先の冷えも解消し、寒さも感じず眠ることができました。念のため、毛布をもう一枚借りて3枚にしたというのも効果大だったのでしょうけど。


夜中に一度トイレに出たのですが、頭上に星は見えていたものの周囲は雲が出ているらしくあまり星は見えませんでした。なので、星景写真の撮影はあきらめて再び眠りにつきました。

20181014hakusan2.jpg


つづく。

ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング









スポンサーサイト



| 2018年10月 白山 | 12:08 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |