FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。

2018年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

大事なものを2つ忘れてやる気出ず: 富栄山 

2018年4月1日(日) 岡山県鏡野町 富栄山(標高1205m) 日帰り単独行 


前の週に伯耆大山三鈷峰に登れず上宝珠越から下山してしまったので、この日はもう一度三鈷峰に登り、そのまま天狗ヶ峰まで、状況が良ければ剣ヶ峰まで行って見るつもりで、早起きして出かけました。


ところが、岡山自動車道の北房ジャンクションが近づいてきたころ、かなりやばい忘れ物に気が付いてしまいました。厚手ウールソックスを忘れてしまったのです。インナーソックスは履いているのですが、それだけでは登山靴はぶかぶかでとても山を歩ける状態ではありません。すでに高速道路にのって30分以上が経過しているので、いまさら戻ることはできません。


順調にいけば8時過ぎには大山寺に着けるぐらい早起きしてきたというのになんてこった! このまま行って、モンベル大山店でソックスを買えばいいかと思ったものの、モンベル大山店は年中朝から営業しているわけではなかったはず。スマホで調べてみると、8時から営業しているのは5月から11月まで。となると、このまま高速で大山まで行っても結局10時まで待つはめになります。


ということで、ひとまず北房ICで高速を降りて、対策を考えることにしました。どこかでソックスを買うといっても、登山用品店でなければ登山用の厚手ソックスなど売っていませんから、モンベルが使えないとなると万事休すです。どこか落合か久世のあたりで朝から営業していてソックスを買えそうなところというと、ホームセンターかスーパーぐらいです。ホームセンターなら業務用ということで厚手のものまで置いているかもしれません。なくても、最悪スポーツソックスで少し厚手のものがあればインナーソックスとの2枚履きでなんとかなるでしょう。北房ICから落合方面に行けば2店ほどホームセンターがあったはずなので、とりあえず落合に向けて走りました。


最初に見つけたのはコメリ。しかし、午前7時過ぎということでまだ開いていません。オープンは9時なので、とても待っていられません。そのまま進んで行くと、今度はジュンテンドーがありましたが、こちらも9時からの営業なのでしまっています。となりにスーパーがありましたが、やっぱり営業時間外。


国道313号を久世に向かって北上していると、ファッションセンターしまむらがありましたが、ここは開店時間がわかっているので期待はしていません。さらに進むとホームセンターのナンバがありましたが、やっぱり9時から。ナンバは岡山市あたりでは7時30分からやっていたりするので少し期待していたのですが、残念ながら県北では遅いようです。


久世にあるディスカウントスーパー ディオが早朝営業をやっているのはわかっているのですが、たしか食品と日用品しか扱っていないので、衣類はなかったはず。お店に入ってみると予想通りでした。この時点で大山に行くのはあきらめました。


仕方がないので近くにあるスーパー ゆめタウンが9時に開店するまでセブンイレブンの無料WiFiで動画を見たりして時間をつぶしました。9時にゆめタウンに入ってソックス売場に行って見たものの、厚手のものは置いてなくて、スポーツソックスの中で一番ボリューム感のあるパイル地のソックスを買いました。3足セットで580円。


ゆめタウンを出て向かったのは、久世から北へ30分ほどのところにある富栄山です。登山口近くにのとろ温泉があるし、富栄山から先の縦走路を歩いてみようと思って決めました。


本日の服装
●アッパー
 ドライレイヤー: なし
 ベースレイヤ: パタゴニア メッシュロングスリーブシャツ
 ミドルレイヤ: マムート アコンカグアライトジャケット
 ソフトシェル: マムート ソフテックグラナイトハイブリッドジャケット
 ハードシェル: マムート オールラウンダージャケット(不使用)
 ウォーマー: ノースフェイス レッドポイントライトジャケット(不使用)
 グローブ: イスカ ウィンターシェルグローブ
 キャップ/ハット: マムート バイザービーニー
 ヘルメット なし

●ボトムス
 ベースレイヤ: モンベル ジオラインLWタイツ
 アウター: ミズノ ベルグテックハードシェルパンツ
 ソックス: BVD? 5本指化繊ソックス
       ノンブランド スポーツソックス
 ゲイター: なし
 シューズ: シリオ 712GTX

岡山の1000mクラスの山はもう春装備でOKです。今回はもともと大山に行くつもりだったのでまだ冬装備になっているものもありますが、暑くてたいへんでした。ビーニーもグローブもすぐにはずしてしまったし、ソフトシェルジャケットは山頂で休憩時に着ただけでした。ミドルレイヤも普通の山シャツで十分です。もうフリースをミドルレイヤにする季節ではなくなりました。


ベースレイヤーのパタゴニアの長袖シャツは以前好日山荘のセールで購入したものですが、名称が不明です。シャツに書かれているアイテム番号で調べてみましたがヒットしませんでした。 ファイントラックのスキンメッシュのようなメッシュ状の生地で着心地はいいのですが、吸汗性能がいまいちみたいで、ドライレイヤーを兼用できるほど快適ではありませんでした。Sサイズのくせにルーズフィットでだぼつくのでほとんど着ていないのですが、今回久しぶりに着てみたらやっぱり駄目でした。メルカリで売ってみて、売れなかったらパジャマ決定。


パタゴニアのシャツは過去に2度購入していますが、どちらも期待外れで、このブランドとは相性がよくないみたいです。ずいぶん以前にアメリカでフリースを購入したこともがありますが、そのフリースはなぜかサイズが大きすぎてほとんど着ないでタンスの肥やしになっています。おそらくXL相当のサイズですが、なぜそんな大きいのを購入したのか謎です。シャツの件もあるのでもうパタゴニア製品はこりごりです。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_0352.jpg
10:08 登山口駐車場を出発します。ほかに車は1台だけでした。


IMG_0351.jpg
駐車場を出てすぐに登山口がありますが、いきなりの急階段です。準備運動を兼ねてゆっくりと登り始めました。


IMG_0353.jpg
10:33 丸太橋を通過します。ここまで雪はまったくありません。


IMG_0354.jpg
丸太橋を渡った先で林道に出るのですが、新しい道標がたてられていました。透明アクリル板に印刷したシートを貼ってある簡単な道標ですが、見やすくよく目立ちます。まだピカピカなので、ごく最近設置されたもののようです。分岐点とは、尾根に出たところにある大空山と富栄山の分岐点です。90分となっていますが、過去の実績では急がなくても約70分で行けます。


IMG_0355.jpg
斜面をトラバースして尾根道になると、すぐにトラロープのある急登が現れます。


IMG_0357_2018040218224773c.jpg
急登が終わると冬道との分岐です。夏道は右上に向かってついていますが、冬はここを直進して尾根通しで登ります。


IMG_0358.jpg
冬道分岐の先に2つ目のロープのある急登が待っています。寝不足がたたっているのか、しんどいのでゆっくり登りました。


IMG_0359_201804021822505c7.jpg
急登を登りきったところで小休止。荷物を降ろして軽くストレッチなどして体を目覚めさせます。出発前にすればいいのですが、つい忘れてすぐに歩きだしてしまいます。今日は3時間半ほどしか寝ていないのに加えて、忘れ物で行先を変更せざるを得なくなったので、体も気持ちも盛り上がりません。


IMG_0360_20180402182251ec0.jpg
休憩場所のすぐ先が所要時間の中間点でした。


IMG_0361_20180402182427347.jpg
しばらくは斜面を横切るような水平道が続きます。雪もないしぬかるんでもいない枯葉の道なので、なんだか晩秋の山に来ているみたいです。途中で下山してくるソロの男性とすれ違いました。駐車場にあった車の主でしょうから、もう上には誰もいないことになります。


IMG_0364.jpg
登山道を倒木が塞いでいる場所が何カ所かありますが、どれも処理されていて問題なく歩くことができました。


IMG_0365.jpg
分岐点近くの日陰にわずかに残雪が残っていました。


IMG_0366.jpg
11:44 分岐点に着きました。丸太橋上の90分と書かれていた道標から65分でした。倒木が処理されて歩きやすくなっていたためか、以前よりも5分ほど早く着きました。休憩しようかと思いましたが、山頂まであと30分程度なので、そのまま行くことにしました。


IMG_0367_201804021824331cc.jpg
分岐から山頂までの道は、緩やかな尾根道ですが、雪がなくなるとネマガリタケが密生していて展望がまったくありません。面白くない道を空腹感を我慢しながらもくもくと歩きます。


IMG_0368_20180402182435ad5.jpg
小ピークを越えると山頂が見えました。思っていたよりも遠く感じてちょっとがっかり。


IMG_0369_20180402182437296.jpg
12:04 分岐から20分で山頂到着です。誰もいません。


IMG_0371_20180402182438017.jpg
久しぶりに小型三脚を持ってきたので記念撮影。前回の2016年12月も同じようにここで記念撮影しているので、富栄山には三脚を持っていこうと思わせる何かがあるのでしょうか。


IMG_0372.jpg
富栄山から先に続く稜線の縦走路です。気持ちよさそうなので、左手奥に見えるピークまで行ってみるつもりですが、その前にランチ休憩です。


展望台の上に登って、ランチの準備にとりかかりました。今日はいつものコンビニおにぎりではなく、賞味期限切れになってしまったフリーズドライのマーボナス丼を作る予定です。ところが、バックパックの中に入れたはずのアルファ米とマーボナス丼がありません。どういうことだと考えてみると、出かける前に水筒を入れるために一度外に出してそのまま入れ忘れてしまったようです。なんて日だ! ソックスを忘れて行く先を変更せざるを得なくなるだけでなく、昼食まで忘れてくるなんてありえない!!


IMG_0373_20180402182637e7c.jpg
しばし呆然としていたものの、すべて自分の責任なので、どうしようもありません。幸い行動食があるので、食べ物がないわけではありません。仕方がないので、いつものようにカフェオレを作って、行動食の質素なランチを食べました。しかし、一本満足バーだけでは空腹感を抑えることができず、このあとスニッカーズも食べましたが、言ってみればお菓子だけのランチなのでなにか物足りないものが残りました。


IMG_0376.jpg
大事なものを2つも忘れてきたということに加えて、食事の物足りなさでモチベーションはダダ下がりです。食べ終わってからも立ち上がる気力はなく、すわったままぼんやりと風景を眺めるだけですが、風が意外にひんやりとしていて、フリースだけだと汗冷えしてきました。ジャケットを着てみたものの、一度汗冷えしてしまったのでますます気分は盛り上がりません。そうこうしているうちにソロの男性が登ってきて、先に縦走路のほうへと下って行きました。それを見送っているうちにだんだんこれ以上先に進むのはどうでもよくなってきたので、下山決定です。


IMG_0377_20180402182640145.jpg
展望台を下りたところに山名板がありましたが、なんだかかわいい字体です。ほかの道標も同じ字体なんでしょうが、いままで気が付きませんでした。


IMG_0378_201804021826419f5.jpg
12:52 けっこう山頂に長居をしてしまいました。下山します。


IMG_0379_201804021826437aa.jpg
分岐点を右折して登山口方面に進みます。


IMG_0381.jpg
13:58 1時間ちょっとで丸太橋まで下りてきました。


IMG_0382.jpg
14:19 駐車場に戻ってきました。隣には、朝にはなかった車がありましたが、縦走路のほうへ歩いて行った人のものでしょう。鳥取ナンバーの車でした。


誰もいなかったので、駐車場で着替えを済ませてから、のとろ温泉につかって帰りました。温泉は空いていて快適でした。

20180401fueisan.jpg


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング




スポンサーサイト



| 2018年4月 富栄山 | 18:38 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |