FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。

2017年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

素晴らしいブナ林で紅葉満喫: 別山(白山)その2 

2017年10月8日(日)~9日(月) 石川県白山市 別山(標高2399m) 避難小屋泊単独行 



IMG_8927.jpg
7:09 最終水場での小休止を終えて出発すると、すぐにきれいな石畳の道になりました。ずっとこんな調子なら歩きやすくて最高ですが、それほど甘くはありません。すぐに石畳は終わり、通常の登山道に戻りました。


IMG_8930.jpg
登って行くにつれて、次第に色鮮やかな紅葉が目につくようになってきました。


IMG_8931.jpg
登山道の両側にちらほら色づいた木々が増えてきました。


IMG_8932.jpg
7:46 ずっと展望のない森の中を登ってきましたが、ここにきてようやく木々の隙間から白山の姿を見ることができました。標高1440m付近になります。


IMG_8934.jpg
標高1450mあたりから、ブナ林も華やいできました。コンデジ写真なので彩の再現がいまいちですが、高木であるブナよりも林床の低木類の紅葉や黄葉が進んでいました。


IMG_8935.jpg
晴れてはいるものの、まだ日差しが差し込んで来ていないので、紅葉の鮮やかさがいまひとつですが、それでも十分な美しさです。これでブナの黄葉がピークだったら最高でした。


IMG_8936.jpg
色づいた森を楽しみながらのんびりと進んで行きます。


IMG_8938.jpg
8:02 別山と市ノ瀬のほぼ中間点まで登ってきました。標高1510m地点です。


IMG_8940.jpg
この場所からは白山が正面にドーンと見えて、多少開けているので休憩に最適の場所です。最終水場から約1時間歩きづめだったこともあり、シートを敷いてどっかりと座って休憩をとりました。


7分ほど休憩を取った後、出発しました。ここから上は比較的細くまっすぐな尾根上の道を東へと登って行きます。特に展望もなく、道幅が狭く止まって休憩できるような場所がないうえに、後ろから登山者が迫ってきていたので少しペースを上げて登り続けたのですが、これが大失敗。後ろから来る登山者を止まってやり過ごせるぐらいの場所はすぐにあるだろうと思っていたのですが、行けども行けども全然そういうスペースがありません。


息は上がるわ、汗は滝のように流れ落ちるわで、とうとう少し傾斜が緩く登山道の両脇も切れ落ちていない場所になったところで半分藪に体を突っ込んで立ち止まり、後ろの人を先に行かせて小休止する羽目になりました。一気に体力を使い果たしたような疲労感で、すっかりバテバテです。下手に強がらずに、後から来る人をさっさと先に行かせてしまうべきでした。そもそも小屋泊装備で日帰り装備の登山者と張り合おうというのが、大きな間違いでした。いつものテント泊装備よりも軽いからと調子に乗ってしまいました。体力も落ちているし、身の程をわきまえないといけません。


ちなみに、調子に乗って後続の登山者と張り合ったこの区間が、実は一番紅葉のきれいな場所でした。翌日、下山時に気が付くわけですが、この時は周囲を見る余裕などなく、まったくきれいな紅葉に気が付いていませんでした。もしもピストンでなく周回コースだったら、一番いいところで写真を撮らずに下山してしまっていたところでした。実際、チブリ尾根避難小屋でまだ体力に余裕があれば、別山を越えて三ノ峰避難小屋まで行ってしまうことも考えていたのですが、バテたおかげでその計画は実行不可能になり、登りで見逃した黄葉のブナ林を見ることができたというわけです。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_8944.jpg
心臓麻痺で死ぬかと思うほどバクバクだった鼓動がだいぶん静まったころに、再び歩き始めました。標高が1700mを越えたあたりから疎林になってきて、次第に空が広く見えるようになってきました。このあたりからダケカンバの木々が目につき始めます。


IMG_8946.jpg
日差しを遮る高木がなくなったおかげで、登山道脇のモミジに日が当たり、艶やかな紅葉を見ることができるようになってきました。


IMG_8947.jpg
ブナなどの高木が減ったおかげで、赤や黄色の混ざる低木の森がよく見えます。


IMG_8949.jpg
黄葉もまぶしく輝きます。


IMG_8952.jpg
標高1700mを越えたところで、道は尾根を外れて大きく南へと向きを変えます。等高線に沿った道になるため、傾斜もゆるくなり、西側の展望が開けました。


IMG_8953.jpg
進むにつれてどんどん展望が開けてきます。


IMG_8955.jpg
おそらくダケカンバだと思いますが、真っ白に輝く木々と足元の紅葉が見事なコントラストを魅せてくれます。


IMG_8959.jpg
尾根をぐるりと回り込んで、別の尾根に乗ったところにちょっとしたスペースがあったので、荷物を降ろして休憩しました。標高1820m地点です。南に向いて展望が開けていて、日当たりもよくいい場所でした。どうやら下界は曇り空のようですが、山の上は晴天です。はるばる来たかいがありました。


IMG_8961.jpg
休憩場所から標高差で70mほど登ると、比較的平坦な尾根に出ます。その尾根の先にチブリ尾根避難小屋があり、そこまではわずかなアップダウンがあるだけです。左手に白山のどっしりとした姿を見ながら、チブリ尾根避難小屋を目指して進みました。


IMG_8963.jpg
逆光に輝く紅葉がきれいです。


IMG_8964.jpg
9:57 市ノ瀬から約5時間かけてチブリ尾根避難小屋に到着です。山と高原地図のコースタイムはおおむね4時間ですが、1時間も余計にかかってしまいました。


IMG_8966.jpg
小屋の周囲には休憩する登山者がちらほらいましたが、中には誰もいませんでした。日差しがある外の方が暖かいので、皆外で休憩しているようです。とりあえず、荷物を小屋の中に下してこの後の行動予定を考えました。


先にも書いたように、状況によっては別山から三ノ峰を越えて三ノ峰避難小屋で宿泊することも考えていました。というのも、実は別山平で星景写真の撮影をしたかったからです。しかし、小屋泊装備でこれから別山と三ノ峰を越えて三ノ峰避難小屋までいくだけの気力も体力も、すでになくなっていました。仮に三ノ峰避難小屋まで行った場合、下山は六本檜から杉峠を経て三ツ谷川へ下り市ノ瀬に戻るという周回コースを想定していたので、白山でも有数のブナ林といわれるチブリ尾根のブナ林の写真を全く撮らずに下山することになってしまいます。これでは、何しに登ってきたのかわかりません。


ということで、宿泊はチブリ尾根避難小屋に決定。別山には小型バックパックで登ることにして、別山平は次の機会の楽しみにとっておくことにしました。同じルートのピストンなら、明日ゆっくりと撮影しながら下山することができるので、紅葉のブナ林を撮影したいという当初の目的も果たすことができます。


そうと決まれば善は急げです。小屋の床を備え付けの箒できれいにして自分の寝る場所を確保したら、必要なものを小型バックパックに詰めて外に出ました。小屋の中にいるとやはり冷えてくるので、とりあえず暖かい外で腹ごしらえです。


IMG_8968.jpg
白山を眺めながらおにぎりをほおばります。


IMG_8970.jpg
これから向かう別山はまだ遥か彼方です。避難小屋の標高が1900mですから、別山まではまだ標高差499mあります。コースタイムは1時間40分ですが、はたしてどれぐらいで登ることができるのでしょうか。

20171008map1.jpg

つづく。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング

登山用品・アウトドア用品専門店 好日山荘《公式通販》





スポンサーサイト



| 2017年10月 別山(白山) | 21:22 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |