ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

2017年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

テント場通信簿: 北岳山荘キャンプ場

テント場通信簿は、清潔さや快適さなどの一般的な項目の他に、撮影山行基地としての評価も加えたテント場の評価です。各評価項目を5段階で審査し、合計点数の平均(端数は四捨五入)が総合評価です。

評価項目
●清潔度:テント場にごみが放置されていないか、清潔に保たれているかどうかを評価します。
●快適度:整地の状況、地面の状況、サイトのゆとり度、トイレや水場への距離などテント場での生活が楽で快適かどうかを評価します。
●施設充実度:トイレ、水場、ベンチとテーブル、炊事棟、売店の有無を評価します。1種類ないごとに-1です。
●ロケーション:写真を撮るためのベースとして、立地条件などを評価します。ただし、立地条件は変更しようがないので、3以上の評価とします。

評価基準
5:非常に優れている
4:良い
3:問題ない
2:いま一歩
1:改善が必要

北岳山荘キャンプ場

清潔度:5
快適度:5
施設充実度:4
ロケーション:4
総合評価:4.5

北岳山荘キャンプ場は、北岳の南側にある北岳山荘の周囲に広がるキャンプ場です。キャパは公式には50張となっていて、テントサイトは主として北岳山荘の北側と南側、および東側の一段下がったところの3か所に分かれています。


IMG_5414.jpg
一番フラットで便利なのは北側のサイトだと思います。僕もこのサイトにテントを張りました。テント20張ぐらいの広さがあります。


IMG_5413.jpg
一段下がったところにある、東側のテントサイトです。上から見ただけなのでどの程度フラットなのかはわかりません。


IMG_5410.jpg
山小屋の南側にあるキャンプサイトです。二重山稜の間にあるので、風よけ効果は高そうですが、石が多くフラットな場所は少なそうです。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_5402.jpg
北側のテントサイトのすぐ隣、山小屋との間にバイオ式の公衆トイレがあります。男女共用です。


IMG_5408.jpg
水洗トイレではありませんが、中はオールステンレス製で清潔感があります。センサーで利用人数をカウントし、一定数に達すると使用禁止になり、一定時間が経過し汚物が分解されると再使用できるようになるみたいです。そのためか、個室はけっこう数がありますが、男性小便器はありません。


IMG_5403.jpg
水場は、山小屋の入り口脇に流し台が設置されていて、蛇口が3つぐらいあって水道感覚で水を汲むことができます。3000mの稜線でこんな便利な水場が無料で使えるというのは、日本中でもここぐらいのものではないかと思います。公衆トイレのレベルの高さも含めて、さすがに山梨県が設置した山小屋だけのことはあります。


北側テントサイトの隅っこにベンチがひとつぽつんと置いてあったりもしますが、テントサイトには基本的にベンチやテーブルは設置されていません。ただし、小屋前にベンチとテーブルがあり、テントサイトや水場から近いので食事時に使用することは可能です。売店は小屋内にあります。なので、水場、ベンチとテーブル、トイレ、売店がそろっていて、これで炊事棟があれば完ぺきでした。


IMG_5463_20160824214735b80.jpg
北岳と間ノ岳の間にある北岳山荘キャンプ場は、北岳と間ノ岳へそれぞれ日帰りすることができ、危険度の少ない3000mの稜線歩きが楽しめます。富士山もきれいに見え、撮影スポットも豊富なので、2泊ぐらいしてのんびりと南アルプスを楽しむのにいい場所です。

ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

登山用品・アウトドア用品専門店 好日山荘《公式通販》

スポンサーサイト

| テント場通信簿 | 17:08 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |