ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

2017年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

快晴の雪山でストレス発散: 剣山~次郎笈その1 

2017年3月19日(日) 徳島県三好市 剣山(標高1955m) 日帰り単独行 


3月18日から三連休で日本アルプスへ行くつもりでいろいろと計画を練っていたところ、18日と20日が仕事でつぶれてしまいがっくり。当然登山計画をたてるのも中止し、何の準備もしないまま18日の夜をうだうだと過ごして、唯一の休みである19日もだらりと惰眠をむさぼって過ごそうかなどと多少やけ気味でいたのでした。


しかし、天気予報を見ると19日はけっこういい天気に恵まれそうです。雪のあるシーズンも中四国ではもう終わり。ここで行かなければもったいなさすぎると思い直して、日帰りでどこかへ登りに行くことにしました。


で、どこへ行くかです。日本アルプスに登りに行くつもりでいた気分の高揚感がまだ残っているので、県北の1000mクラスの低山では気持ちがおさまりそうにありません。とすると伯耆大山しかないわけですが、三連休の大山なんて登山者が列をなしているに違いありません。登山者の少ない宝珠尾根から三鈷峰を経由して大山主稜を縦走するというのも考えましたが、結局弥山まで行けば人ごみに出会うことに変わりありません。人ごみがあればタバコの匂いがするもので、自ら望んでそういうところに行く理由はありません。


日帰りできて登山者が少なくて標高も高い山といえば、四国は徳島県の剣山か三嶺ぐらいです。この山域はアクセスが厄介で冬場はハードルが高いため、登山客が少ないのです。そのうえ営業しているスキー場がないこともあり、登山客だけでなく訪れる人が圧倒的に少なく、知名度の割に静かな山が楽しめます。


剣山は登山口の見ノ越の標高が高いので、比較的簡単に登れてしまいますが、三嶺はけっこうがっつりと標高差があり、時間的にも体力的にもタフです。なので、今回は剣山にして、消化不良感を残さないために次郎笈へも足を延ばすことにしました。時間と体力に余裕があれば、一ノ森も訪れてみたいと思います。


6:00 自宅を出発しました。見ノ越まではおおよそ3時間の行程です。なので、5時には出たかったのですが、寝たのが1時だったので起きれませんでした。


瀬戸大橋を渡り、坂出ICで高速道路を下りて、あとは国道438号線をひたすら南下します。美馬市に入ったところでコンビニに立ち寄り、朝食と昼食を購入して、見ノ越へ向けて走り続けます。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




一宇の集落を通り過ぎて、いよいよ急こう配の山岳路に差し掛かってくると、一気に標高が上がります。第三ヘアピンを過ぎたあたりから路肩に雪が見え始め、第六ヘアピンを過ぎたあたりから路面にも時折雪が残っている場所が出てきました。とはいえ、剣山スキー場までは山陰の部分にちょこちょこと雪が残っているぐらいで、轍の部分はアスファルトが見えているような状況なのでノーマルタイヤでも行けるだろうという感じでした。


IMG_7078.jpg
ところが、スキー場を通り過ぎて少し進んだところで右カーブを曲がるといきなり凍結した圧雪路が現れました。ノーマルタイヤで登ってきたらしい車が狭い路肩でチェーンの装着作業をしていて、通過するのに気を使いました。こんなところで無理やりつけなくても、交通量が少ないんだから少しバックして乾いたアスファルト道で装着した方が楽だろうにと思うのですが、凍結路面にいきなり直面してパニクり、とにかくチェーンをつけることしか思い浮かばなかったのでしょう。


rout438.jpg
ちなみにスキー場を過ぎたあたりから、比較的等高線に沿った勾配の緩い道になるので、ノーマルタイヤだからといってあわてる必要はありません。とはいえ、朝のうちは凍結路なのでチェーンは必要だと思います。夫婦池を過ぎて尾根を越えると日当たりがいいため雪も凍結箇所もありません。チェーンを付けていると夫婦池から見ノ越までが逆に大変かもしれません。なお、僕の車はFFのスタッドレス装着車ですが、何の問題もなく通行できました。


見ノ越に着いたのは9時20分ぐらいでした。屋外駐車場に4台ぐらい、屋内駐車場は空っぽでした。車を屋内駐車場に入れ、冬期用の仮設トイレに行くと、2つのうちの右側はけっこう大変なことになっていました。左側はそれほどでもなかったので、左側で用を足し、車に戻って準備を整えます。ちなみに、山頂の山小屋横にあるトイレは利用可能ですが、山頂にあるバイオトイレは閉鎖されています。西島駅の公衆トイレも水は出ませんが利用はできます。


IMG_7080.jpg
9:41 出発です。屋外駐車場に出てみると、車が倍ぐらいに増えていました。


IMG_7081.jpg
神社に登る階段には雪はありません。この分なら登山道の雪も少ないかもと思っていました。


IMG_7082.jpg
ところが、神社奥の登山口からいきなり凍結した雪道が始まりました。凍結しているとはいえ、完全にツルツルというほどでもないので、とりあえずクランポンは装着しないでそのまま登り始めました。


IMG_7083.jpg
リフト下のトンネルに至るまでの急こう配の斜面はわりとツルツルしていて厄介でした。朝のうちに登るときは神社境内でクランポンを装着しておくことをお勧めします。チェーンタイプや4本爪でも大丈夫だと思います。


IMG_7084.jpg
10:32 西島駅に到着です。途中は写真を撮るのも忘れて休まず登ってしまいました。写真はありませんが、ここまでの登山道は完全な雪道でした。クランポンなしでも登ってくることはできましたが、滑りやすいので注意が必要です。


ここから上の登山道は雪も氷もあるだろうから、ここで10本爪クランポンを装着しておきました。

つづく。

ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

登山用品・アウトドア用品専門店 好日山荘《公式通販》

スポンサーサイト

| 2017年3月 剣山・次郎笈 | 18:38 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |