ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

2015年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ずいぶんご無沙汰の剣ヶ峰: 伯耆大山三ノ沢槍尾根ルートその2

2015年7月25日(土) 鳥取県大山町 伯耆大山剣ヶ峰(標高1729m) 単独日帰り


IMG_2726.jpg
7:45 槍尾根の縦走路は歩くのが久しぶりということもあって、けっこう荒れて細くなっているかと思いきや、特別難しくなっているという感じはありませんでした。多少のアップダウンがあるので、スリップやつまずきに気をつけていれば、尾根の崩落などはあまり心配する必要はなさそうです。


IMG_2731_201507301428378c7.jpg
右手に見える矢筈ヶ山と甲ヶ山も、この雪が降る前には登っておきたいものです。


IMG_2732.jpg
天狗ヶ峰に向けて傾斜がきつくなってきた尾根を進みます。


IMG_2733.jpg
7:54 あっさりと天狗ヶ峰に着きました。こんなに短い尾根だったかなという感じでした。大堰堤のあたりから見上げた時はガスっていましたが、いまはすっかりと晴れています。上空にはやや雲がありますが、このまま晴れてきそうな感じでした。


IMG_2734.jpg
振り返ると、南壁下にいたペアがピークの上に立っているのが見えました。


IMG_2735.jpg
天狗ヶ峰から剣ヶ峰へと向かいます。天狗ヶ峰からすぐの部分は崩落が進んでいるようで、以前よりも尾根が痩せたように感じます。


IMG_2737.jpg
その先も、南壁側が削れてルートが細くなったようにも感じました。


IMG_2738.jpg
進むにつれて南壁の切り立つ角度がきつくなってきます。そのぎりぎりのところ歩くわけで、時々踏み跡の下がすこしえぐれたりしている場所があり、通過には慎重にならざるを得ません。


IMG_2740.jpg
剣ヶ峰が近づいてきました。


IMG_2742.jpg
道端にはクガイソウなどが咲いています。今はちょうど花の時期。ユートピアまで下っていけば、お花畑がみられそうですが、土曜日ということもあって人出が多そうです。


IMG_2744.jpg
8:08 剣ヶ峰に着きました。朝早いこともあって誰もいません。本日1番のりのようです。


IMG_2746.jpg
ひさしぶりに三脚を使って自撮りしました。


IMG_2747.jpg
ユートピア方面を見てみると、以外にもあまり人はいないようです。とはいえ、まだ午前8時過ぎなので少ないだけで、もう1時間もすれば混雑してくるかもしれません。


IMG_2748.jpg
上空の雲はすっかりなくなって、濃いブルーの空が大きく広がっています。なんだか久しぶりに山の青空を見た気がします。


IMG_2751.jpg
眼下には、一ノ沢、二ノ沢、三ノ沢がきれいに並んでいるのが見えます。


IMG_2759.jpg
山頂に咲いているシシウドの花にテントウムシが色を添えていました。アゲハチョウも飛んでいたりして、わざわざこんな高いところまで飛んでくる理由は何なんでしょうか。


IMG_2760.jpg
山頂でのんびりしている間に、南壁下にいた二人組みが登ってきました。カップルでしたが、関西弁の大きな声で二人でわいわい話をして静かな山の雰囲気を破壊し、他の登山者にお構い無しにすぐ隣でタバコをふかして臭いタバコのにおいで山の空気を汚し、しばらくしたら弥山方面の縦走路へと出発して行きました。彼らがいなくなったあとには吸殻がひとつ地面に落ちていました。吸殻は乾いていたので、おそらくタバコを吸っていた男性が捨てていったものだと思われます。雰囲気も空気も環境も台無しにして去ってゆくとは、恐れ入りました。



ここでひと息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_2752.jpg
山頂で1時間近くのんびりしたあと、2013年10月に縦走したあの恐ろしい稜線を、もう一度見に行くことにしました。弥山まで行くつもりはなく、前回ガスガスで様子がよくわからなかった核心部分を、晴天の下でじっくりと見てみたいということです。


IMG_2762.jpg
剣ヶ峰からわりとすぐのところで、すでに足元をえぐり取られたようなルートになっていたりして、けっこう緊張します。


IMG_2764.jpg
基本的に細くてやばそうな感じの場所が多く、やはり縦走禁止になるだけのことはあります。


IMG_2765.jpg
いよいよ核心部分に近づきます。南壁側は草つきですが傾斜はかなりきついので、落ちればまず止まらないでしょう。北壁側はもはや断崖絶壁といってもいいぐらいの状態ですが、このあたりはまだ比較的容易に進むことができます。


IMG_2766.jpg
ここから左下から先に伸びている平均台のような土のリッジを渡っていきますが、さすがに緊張します。


IMG_2767.jpg
平均台を渡り終えると、ひとまずホッとできます。


IMG_2768.jpg
その先は、再び切れ落ちた平均台のようなリッジを渡ります。


IMG_2769b.jpg
このリッジを渡り終えると、今度はぼろぼろの石くずが埋めこまれたような小さなピークを2つ乗り越えていくのですが、ここがかなり恐ろしい場所です。おそらくこの2つの小ピークがラクダのコブというわれる場所だと思うのですが、なにしろ看板も道標も何もないので、なんともいえません。下手に確認するためにここを渡ってしまうと、戻ってくるのがまたまた大変なので、縦走路の確認はここまで。


IMG_2770.jpg
剣ヶ峰目指して戻ります。


IMG_2771.jpg
9時30分頃に剣ヶ峰に戻り、写真を撮っていた黄色いモンベルTシャツの男性と少し話をして、10時前に下山開始です。


IMG_2773.jpg
青空をバックに、クガイソウ、シシウド、シモツケソウのコラボです。

IMG_2774.jpg
ユートピアに立ち寄るかどうか迷いましたが、ユートピア方面からそこそこ登山者が登ってきていたので、人が多そうだということで槍尾根を下ることにしました。


IMG_2777.jpg
槍尾根の途中で自撮り。剣ヶ峰を眺めるわたくし。


IMG_2778.jpg
稜線に咲くヤマハハコ。


IMG_2779.jpg
槍ヶ峰の先に烏ヶ山のピーク。


IMG_2788.jpg
イヨフウロも咲いていました。


IMG_2789.jpg
三ノ沢への下り口。ここの傾斜はかなりきついので、草つきの中をゆっくり下ります。


IMG_2790.jpg
ガレに出て、砂すべりよろしく踵からガシガシ下ります。アプローチシューズのキャンプ4ですが、踵部分にがっしりとした補強がついているため、こういう使い方はわりと大丈夫でした。しかし、靴底が薄いため、やはりトレッキングシューズとして使うには力不足感が否めません。やはり、普段使いと登山口までのアプローチシューズ(要するに運転靴)として使うことになりそうです。


IMG_2791.jpg
見上げれば真っ青な空と険しい南壁の姿がいいマッチングです。


IMG_2795.jpg
大堰堤を越えたら、あとはだらだらと下っていくだけです。


IMG_2796.jpg
12:07 槍ヶ峰でだいぶんのんびりと道草を食ったので、駐車場に着いたのはお昼をまわっていました。朝1台しかいなかったのに、けっこうな数の車が止まっています。でも、それほどたくさんの登山者とすれ違った記憶はないので、文殊越えのほうに行った人も多いのかもしれません。


IMG_2797_20150730143520bd1.jpg
帰路、鍵掛峠から南壁がきれいに見えていました。秋と違ってこの時期は鍵掛峠も混雑していません。奥大山スキー場で奥大山の水を汲んで、下道でのんびり帰りました。

おわり。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 2015年7月 大山剣ヶ峰 | 14:49 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ずいぶんご無沙汰の剣ヶ峰: 伯耆大山三ノ沢槍尾根ルートその1

2015年7月25日(土) 鳥取県大山町 伯耆大山剣ヶ峰(標高1729m) 単独日帰り


7月の3連休は夏山シーズン突入ということで、木曽駒ヶ岳に岐阜側から登るつもりでパッキングもすませてやる気満々でした。しかし、台風の影響が長引いて、天気予報は悪くなっていくばかり。18日の夜まで様子を見ていましたが、20日の朝しか晴れ間が望めそうにないということで、山行中止としました。


翌週の26日は仕事が入ってしまったので25日の日帰りしか無理ということで、せっかくの天気なのに遠征はあきらめました。それならばということで、久しぶりに伯耆大山に行ってみることにしました。最近は無雪期の大山と縁遠くなっていたので、三ノ沢から槍ヶ峰を経由して剣ヶ峰に登るのは2012年9月以来およそ3年ぶりです。2013年10月にユートピア経由で剣ヶ峰から弥山まで縦走したので、剣ヶ峰だけで考えれば1年9ヶ月ぶりとなります。


25日の午前2時前に奥大山スキー場の駐車場に着き、車中泊。最初は車の熱が残っていたので寝苦しく、ウィンドウネットを装着して窓全開で寝たら涼しくて快適でした。しかし、明け方寒くなって目が覚めたので、窓を閉めて二度寝。やはり山は涼しくて良いですね。5時前に起床して、三ノ沢の駐車場へ移動してみると、なんと一番乗りでした。


IMG_2670.jpg
5:34 さくっと準備をして出発。


IMG_2671.jpg
今日はアプローチシューズのファイブテン キャンプ4で登ってみることにしました。


IMG_2672.jpg
三ノ沢の入口はちゃんとしたゲートができていて、工事は終わったような感じです。


IMG_2674.jpg
中に入ってみると、工事車両も見当たらないし、堰堤もきれいに出来上がっており、3年来なかった間にすっかり工事は終わっていました。


IMG_2676.jpg
右岸をずっと登っていましたが、ケルンのあるところから川床に降ります。


IMG_2677.jpg
しばらくフラットな川床を進みます。


IMG_2682.jpg
以前にも左岸に渡っていた二重堰堤の前から、やっぱり左岸に上がる道がありました。


IMG_2683.jpg
左岸に上がってからは、薮こぎのような状態が続きます。朝早いためか、とくに虫にたかられて困るというほどのことはありませんでしたが、時々アブのような虫がまとわりついてきたり、目の前に何匹かたかってきたりしたので、ネットをかぶって進みました。


IMG_2685.jpg
崩落しかけた土手沿いの場所もあり注意が必要ですが、土手の高さがそれほどないので、もしも落ちたとしても擦り傷程度ですみそうです。


IMG_2686.jpg
6:15 大堰堤の手前に着きました。右岸に渡って大堰堤下まで進みます。


IMG_2687.jpg
大堰堤の巻き道入口です。


IMG_2688.jpg
大堰堤を越えて広い三ノ沢のガレ場に出ました。出発時には晴れていたのに、いつの間にか山頂部にガスがかかっています。久しぶりに快晴の尾根歩きができそうだと楽しみにしていたのに、ガスガスは勘弁してもらいたいものです。


IMG_2689.jpg
振り返ると、南側は青空が広がっています。日が高くなればガスも消えるかもと期待しつつ、上を目指します。ガレ場は以前来たときよりもだいぶん落ち着いていて、かなりフラットになっていて、踏み跡も比較的はっきりとわかる状態でした。


IMG_2693.jpg
南壁下に近づいてくると、前方の南壁下部に赤っぽいような白っぽいようなものが見えました。自然のものではなさそうだけど、あんな脆くて危険な壁をクライミングしようなんていう人間がいるとも思えないし、滑落した遭難者が引っかかっているのかと思いながら登って行きました。


IMG_2692.jpg
登山道が右方向にトラバースするために方向転換するあたりから、カメラの最大望遠で撮影してみると、どうやら登山者のようです。しかも動いているので、遭難者ではありませんでした。遭難者でなかったのはいいとしても、なんであんなところにいるのか理解できません。登山道が右に曲がるところに気づかずに直進し、そのまま南壁下まで登り詰めた辺りにいたので、最初はルートミスかと思いましたが、さすがにあそこまで行かなくても気づくだろうし、ヘルメットをかぶっているところを観ると、南壁を登るつもりで行ったとしか思えません。滑落遭難するかもしれないので、いちおう気にしつつ登ることにしました。


ここでひと息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。



IMG_2694.jpg
このあたりから、登山道脇にたくさんの花が咲いているのが見られるようになって来ました。オオバギボウシもちらほら咲いています。


IMG_2696.jpg
コオニユリ


IMG_2700.jpg
ガレ場を横に突っ切ったところに踏み跡があったので、ルートだと思って登っていきました。


IMG_2701.jpg
ところが、前方に見慣れない崖が・・・ ルートミスでした。そういえば以前にも同じミスをした覚えがあります。


IMG_2702.jpg
ガレ場まで戻って、不安定な足元に苦戦しつつなんとか上に登っていくと、ケルンがありました。以前はありませんでしたが、これならルートを見つけやすくて助かります。どうもここのガレ場は、早く抜けたいという思いが勝って、さきほど間違えた場所から入ってしまいがちなのでしょう。踏み跡になっていたのも、同じように間違えた人がたくさんいたからだと思われます。真横に横切るのではなく、45度ぐらいの角度で斜め上方に進まないと正しいルートに入れません。


IMG_2705.jpg
これはダイセンオトギリかな。


IMG_2707.jpg
ここは以前にもそこそこ急な場所でしたが、まえはもっと草や低木が生えていて、こんな崖のような状態ではなかったと記憶しています。ここまで荒れてしまっているとはびっくりです。ロープがなかったら、ちょっと厳しいかもしれません。


IMG_2710.jpg
崖沿いの場所もほぼ崩落していましたが、ここは右側に巻き道ができていたので、難なく通過できました。そういえば南壁下にいた登山者2名は南壁登攀はあきらめたようで、真横にトラバースして登山道に出てきていました。


IMG_2711.jpg
尾根下の草地のような場所にはクガイソウの群落がありました。


IMG_2712.jpg
尾根が近づいてきました。


IMG_2714.jpg
シモツケソウも咲いていました。


IMG_2715.jpg
尾根下の急斜面をトラバースして槍へ向かいます。このあたりから本格的な山岳路になってくるので、いつ来てもワクワクします。


IMG_2720.jpg
槍ヶ峰頂上から東壁を見下ろします。キリン峠から登ってくる槍尾根ルートの難所は、今どうなっているのでしょうか。伯耆大山屈指の難所は、さらに崩壊してより難しくなっているのか、それとも、案外えぐれて登りやすくなっているのか。そのうち機会があればもう一度通ることもあるかもしれません。


IMG_2722.jpg
南壁と三ノ沢を見下ろします。積雪期にこの景色を見たいと思いつつまだ実現できていないので、来シーズンは挑戦してみたいものです。


IMG_2725.jpg
槍ヶ峰山頂からの眺望を楽しんでから、3年ぶりの稜線歩きのスタートです。少し風があって寒くなりそうなので、ウィンドシェル素材のベストを着て、ヘルメットもかぶって出発です。

つづく。



ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

| 2015年7月 大山剣ヶ峰 | 15:48 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ふぉとログ #18 涸沢岳アーベントロート

photolog0018.jpg

2001年9月撮影。初めての北アルプスは槍穂高の縦走でした。新穂高温泉から入山し、初日は槍平のキャンプ場にテントを張りました。夕方、雲の上に頭を出した涸沢岳を夕日が赤く染め上げました。人を寄せ付けぬような険しい断崖と硬く鋭利な刃物のような岩の稜線で形成された姿が赤く染まることで、なおさらまがまがしい様相になってきた涸沢岳を見ていると、あんなところを越えていけるのだろうかと不安な気持ちが湧き上がってきたのを覚えています。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


| ふぉとログ | 17:15 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ふぉとログ #17 寂寞

photolog0017.jpg

2000年10月8日撮影。八ケ岳の白駒池周辺は林床をコケが覆う静かで美しい森が広がっています。池を一周する遊歩道が設置されており、ひっそりとした森の中を散策すれば、リフレッシュできること間違いなし。写真を撮るにはどこをどのように切り取るかが難しい場所ですが、じっくりと森の様子を観察しながら撮影してまわるのも楽しいところです。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


| ふぉとログ | 10:35 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

登山用帽子: バーグハウス サイド・スナップ・ブリム・ハット

久しぶりに街中に出かけるついでに好日山荘に寄ってきました。


ちょうど今夏山セール中なので、なにか良いものがあれば買おうかなという程度のスタンスでしたが、前から購入を迷っていた帽子が10%オフになっていたので、買ってきました。


ここでひと息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。



4580352142581_1.jpg
バーグハウスのサイド スナップ ブリム ハットです。頭の一番上の部分がぐるりとメッシュ生地になっているので、熱気がこもらず涼しそうな仕様になっています。また、ツバの側面部分はスナップボタンで跳ね上げることもできます。どういうときにこれが役に立つのかわかりませんが、鎖場など手を上げることが多い場合、ツバが腕に当たりにくくなるということはあるのかもしれません。


いままでも同じようなコンセプトの帽子を使っていました。モンベルのメッシュ クラッシャーハットという帽子ですが、こちらは価格がほぼ半額であるかわりに、頭部分の生地は薄くてこしがなかったり、デザイン的にいまいち気に入っていませんでした。機能的にはとくに問題はなく、痛んでいるわけでもないのであえて買い換える理由はなかったのですが、まあ気持ちの問題ということでしょうか。


ちなみに、頭の部分がメッシュだからといって、汗をかかないほど涼しいわけではありません。登りの時は帽子がなくても汗はかきますからね。でも、ゴアテックスのレインハットに比べると、やはり涼しいのは事実です。

ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村






| ギア | 19:36 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ふぉとログ #16 翡翠の流れ

photolog0016.jpg


2000年8月撮影。ある夏の朝、いつものように東京は奥多摩の日原を訪れました。この日は、いままで行ったことのない小川谷方面に行ってみることにして、日原鍾乳洞から小川谷に沿って林道を上がっていきました。林道から登山道に入り、しばらく進んだところで、日差しに輝く木々の葉から降り注ぐ翡翠色の光に染まった、美しい流れに出会いました。時間、配置、角度、天候など様々な条件が重なって見事な翡翠色の流れを出現させてくれたわけですが、いまだにこれ以上の美しい流れに出会ったことはありません。いつか、もう一度この場所を訪れてみたいものです。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


| ふぉとログ | 11:09 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カタログ値を越える25.7km/lの燃費を記録: N Box+

僕が乗っているN Box+は初期型なので、JC08モードのカタログ燃費は22.2km/lとなっています。マイナーチェンジ後の現行型では、24.4km/lと少し改善されています。


一般的にカタログに記載されている燃費を実用燃費で上回ることは難しいのですが、先日このカタログ値を上回る燃費を記録しました。岡山から県北の新見市まで出かけた帰り道でのことですが、行きは吉備中央町を経由する山間の道を通り、帰りは国道180号線をのんびり帰ってきました。



ここでひと息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_9407.jpg
写真を見てわかるように燃料は満タンにして出発しているので、車重はもっとも重い状態でした。往路の山間の道もけっこう上り下りのある道なので、特別燃費に有利な状態ではなかったのですが、エコランを心がけて走ればこれぐらいの燃費は出るようです。


GWに立山に行ったときも、帰り道で同じぐらいの燃費を記録しています。それに、カタログ値を越える23km/lぐらいの燃費はわりと頻繁に出ています。なので、初期型といえども現行型と大差ないレベルの燃費は出るようです。つまるところ、カタログ値の燃費のわずかな違いは、実燃費においては誤差のようなものということです。この車を買うときにはすでにN Boxシリーズはマイナーチェンジ後でしたが、メカニック出身だというホンダの営業担当さんも2km/lぐらいのカタログ燃費の違いは、ほとんど誤差みたいなものですといっていました。それでも、カタログに載っている数値のわずかな違いが気になるという人が多いので、各メーカーとも燃費性能の向上にいろいろと苦労しているようです。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

| N BOX+ | 13:11 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2ヶ月ぶりの山行は勘が鈍ってルートミス: 飯野山(讃岐富士)

2015年6月28日 香川県丸亀市 飯野山(讃岐富士)422m 単独日帰り


前週21日の日曜日にも高松市に出張し、1週間後再び同じ現場を訪れることになりました。アパートが2棟新築されることにともなって基礎の配筋検査をするためですが、21日は16時という時間指定があり、また天気もあまり良くなかったので、検査終わりに五色台周辺をドライブして帰っただけでした。しかし、28日は時間指定が無く、都合のいいときに行ってもらえばいいということだったので、午前中早めに検査をすませて、お昼から讃岐富士に登ることにしました。


いつもなら20分程度で終了する配筋検査ですが、こういうときに限って配筋ミスがあるもので、現場監督さんに連絡をして状況を説明したり対策を打ち合わせたりして倍以上の時間がかかってしまいました。予定では午前中のうちに下山して、お昼に讃岐うどんを食べて帰るつもりでしたが、登山口に着いたのがお昼前になってしまいました。


iinoyama.jpg
山全体の写真を撮り忘れたので、丸亀市の動画からキャプチャーして使用させていただきました。


20150628飯野山上り
飯野山の登山口は3つあり、一番メジャーなのが山の西側にある飯野山登山口らしいので、今回はここから登ることにしました。丸亀市野外活動センター下の道路脇に無料駐車場がありますが、手前にある空き地の前に「有料駐車場」の看板がでていて、最初は有料駐車場しかないのかと勘違いしました。


IMG_2629.jpg
12:15 登山口のすぐ近くに車を停めて、軽く準備運動をして出発です。お昼を食べる前に登り始めることになってしまったのですが、もともとお昼には下山する予定だったので行動食も何も用意していなくて、水500mlしか持って行かなかったのが失敗でした。


IMG_2669.jpg
少し登ったところにある野外活動センターのトイレに立ち寄り、登山口に向かいます。


IMG_2630.jpg
正式な登山口はここのようで、コンクリート舗装の道を登っていくようなのですが、この左手に石段が設置されています。


IMG_2631.jpg
他の登山者はこの石段を登っていったので、おそらくこちらが近道なんだろうということで、石段から登り始めました。


IMG_2632.jpg
けっこう長い石段が続きます。


IMG_2633.jpg
12:27 広い林道のような道に出ました。おそらく右手に下っていけば野外活動センター前の登山口に出るのでしょう。山頂へは左に進みます。


IMG_2634.jpg
この先は緩い傾斜のフラットな道が続きます。


IMG_2635.jpg
12:31 道がUターンする場所が三合目でした。左奥方向にも道がつながっていて、北側にある坂出登山口へとつながっているようです。


IMG_2636.jpg
三合目から3分ほど登ったところで、見晴らしのいい場所がありました。西側の風景が眼下に広がっています。


IMG_2637.jpg
案内板も設置されています。


IMG_2638.jpg
12:43 五合目の道標がありました。


IMG_2639.jpg
ここも展望がいい場所ですが、方角的には先ほどの場所とほぼ同じです。


IMG_2641.jpg
12:51 六合目にはベンチが設置されていたので、ドリンク休憩していくことにしました。


IMG_2642.jpg
ここもなかなかいい眺めが広がっています。ここからは南側の景色が良く見えます。


IMG_2643.jpg
六合目を過ぎて5分ぐらい歩いたあたりから、やや傾斜がきつくなってきました。



ここでひと息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。



IMG_2645_2015070218282684a.jpg
13:01 飯山町登山口からのルートとの合流点です。飯山町登山口は讃岐富士の東南にある登山口で、東斜面を直登に近いルートで登るため、けっこうハードなルートのようです。


IMG_2646.jpg
飯山町ルートの合流点からすぐのところに分岐があり、左へ行くと直登コース、右は今までの飯野町コースです。このあたりになると、いわゆるシャリバテに近い状態になってしまったらしく、けっこうしんどい感じがしてきたので、距離は長いけれど、讃岐富士をぐるっと巻くように登っていく緩斜面の飯野町コースで行くことにしました。


IMG_2647.jpg
13:06 九合目からは北側の展望が広がっていました。


IMG_2649.jpg
瀬戸内海と瀬戸大橋が良く見えましたが、もう少し海が近かったらもっと爽快感があったのに、それがちょっと残念です。


IMG_2651.jpg
13:13 山頂に着きました。もう少し広々として、展望も開けているのかと思っていましたが、林の中の広場という感じでした。


IMG_2652.jpg
山頂にあった建物は、お寺でした。といっても、わりと質素なお堂という雰囲気です。


IMG_2653.jpg
隅っこのほうに簡易トイレが設置されていて、万一山頂でもよおしても大丈夫です。


IMG_2655_201507021830418c8.jpg
お堂の奥に「おじょも桜」という山桜の大木がありました。花の時期に見てみたいものです。


20150628飯野山下り
ベンチで少しの間休憩したのですが、何しろ水しか持っていないので、おなかが減ってさっさと下山したくなりました。風が涼しくていい気持ちでしたが、空腹には勝てません。10分ほど休憩しただけで下山することにしました。


IMG_2656.jpg
13:24 おじょも桜の横から登ってきた方向とは逆方向に下る道があり、方向からしておそらく飯山町コースの合流点近くの分岐につながっているのだろうと見当をつけて、下ってみることにしました。しかし、この後道を間違えて、無駄な時間と体力を使ってしまいました。


IMG_2658.jpg
少し下ったところに、巨岩が集まっている場所があり、注連縄がかけられていました。おそらく磐座(いわくら)という、古代の自然崇拝の信仰対象になっていた巨岩なのでしょう。


IMG_2660.jpg
巨岩のあった場所からもう少し下ると踏み跡が分岐していました。右は等高線に沿って比較的フラットに続いていますが、左は今までと同様に斜面をジグザグに下っているようです。見た目には右の道のほうがしっかりと踏まれていて、人の往来がありそうな雰囲気でした。なので、等高線に沿って続いているというところに少し引っかかりながらも、とりあえず右方向に進んでみることにしました。


IMG_2661.jpg
道はずっと等高線に沿ってつけられていて、全然下っていく雰囲気がありませんが、ちゃんと石組みで補強されていたり、石階段がたまにあったりして、どうみても人の手で整備されている正規の登山道に見えます。


IMG_2662.jpg
赤テープもあったりして、やっぱりちゃんとした道っぽいのですが、いつまでたっても下りにならないのがやっぱり気になります。


IMG_2665.jpg
途中、左手に下っていく踏み跡らしいものも2ヶ所ぐらいありましたが、どうみても正規のルートではなさそうなので、まっすぐ進んでいきました。やがて道は右上に登っていくように向きを変え、結局登ってきた飯野町ルートの山頂よりも少し下ったあたりに出てきました。いったいなんの道だったのかさっぱりわかりません。途中、大きな岩をコンクリートで補強した箇所があったので、もしかしたらその工事をするための道だったのかもしれません。今も踏み跡としてはっきりしているのは、定期的に巡回して点検などを行っているからなのでしょう。とんだ無駄足でした。


IMG_2668.jpg
その後は来た道を黙々と下り、14時17分に野外活動センター前の登山口に戻ってきました。


時間が遅くなったので、うどん屋さんに寄るのはやめて、国道11号に出たところにあった天下一品でラーメンを食べて帰りました。久しぶりのこってりスープのラーメンは、しびれるほどおいしかったです。天下一品のラーメンは、一種の麻薬ですね。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

| 2015年6月 飯野山(讃岐富士) | 18:42 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |