ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

2013年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

冬の林道歩きに便利そう:スノーグラバー

midorianzen-com_4081000507.jpg
今年の正月の仙丈ヶ岳登山時に、長い河原歩き対策にスーパースノーアイスパッドという簡易滑り止めを試してみたところ、滑り止め効果はあるもののすぐに外れて紛失してしまいました。


IMG_0398.jpg
というわけで、今度はつま先とかかとに引掛けて靴底全体に装着するタイプの簡易滑り止め「スノーグラバー」を購入して試してみました。


IMG_0400.jpg
使った場所は、積雪があったばかりの伯耆大山元谷です。比較的平坦な場所や、積雪が深くない場所を歩く分には簡単に外れないし、滑り止めとしての効果もしっかりと確認できて、なかなか優秀でした。


ここで一息。ポチッと押して休憩したら続きをどうぞ。



しかし、傾斜が急になったり、積雪が深くなって靴が雪にもぐってしまうようになると、わりと簡単に外れてしまいます。傾斜が急になると、スノーグラバーと靴がよじれたりずれたりするのが原因のようです。また、雪が深くなると、足を抜くときに雪にスノーグラバーが引っかかってしまうらしく、かかと側からすぽっと抜けてしまいました。


IMG_0401.jpg
このときの登山靴はかかとにひっかかりになるようなコバがなかったのでそれが一番の原因かもしれませんが、基本的に深雪や傾斜地にはあまり向いていないといえます。セミワンタッチ式のクランポンが装着できるようなタイプの登山靴だったら外れにくいかもしれません。余計な荷物になってしまうというデメリットはあるものの、クランポンではかえって歩きにくいし、かといって何もないと凍結していて滑るしという林道歩きなどに便利な滑り止めとして使えそうです。片足で約80gと軽量なのもうれしいところです。


<追補>
次の週(12月1日)に、大山夏山登山道で使ってみました。靴はかかとにコバのあるシリオ712GTXです。左足が一度外れましたが6合目まで登ることができました。靴が埋もれるような積雪がなかったこともあり、整備された登山道ならけっこう使えそうです。ただし、6合目手前あたりの圧雪された急傾斜の道では、滑り止めはあまり効果なしでした。やはり傾斜のあるところでは、素直にクランポンを使ったほうがいいと思われます。






ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| ギア | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スタッドレス装着 レビューその1 アスファルト道編

IMG_0378.jpg
12月の半ばぐらいでいいかと思っていたスタッドレスタイヤの装着ですが、11月の連休に雪のあるお山に行くことを考えていたので、念のためにということで早々と装着してしまいました。ということで、ネットで買ったアルミホイール付グッドイヤー アイスナビ ゼアⅡのレビューをしておきたいと思います。


IMG_0379.jpg
アルミのデザインは好みの問題なのでいいも悪いもありませんが、個人的には気に入ってます。ガンメタのホイールなので、足元が少し引き締まった感じになりました。


ここで一息。ポチッと押して休憩したら続きをどうぞ。



グッドイヤーのアイスナビ ゼアⅡというスタッドレスですが、ゴムが柔らかいためか、規定値の空気圧2.2だとなんとなくパンクかいなと思えるようなつぶれ方だったので、空気圧を0.2上げて2.4にしてみました。


夏用タイヤに比べてゴムが柔らかいスタッドレスは、規定値の空気圧だと高速走行時のハンドリングでやや腰砕けのような挙動を示すことがあります。ピレリはそうでもなかったのですが、レガシーにつけていたブリザックはそうでした。タイヤ表面のブロック剛性の問題もあるかもしれませんが、扁平率が60というサイドウォールが高いタイヤだったせいもあると思います。最初のブリザックは扁平率55でしたが、その時は腰砕けを感じたことはありません。60に換えたときにおやっ?と思ったのでした。このタイヤは扁平率65なので、やはり同じような挙動を示す可能性があり、その意味でも空気圧をあげておいたほうが、タイヤの剛性感が高まると思われます。


今回は氷雪路を走る機会が無かったので、アスファルト道でのレビューですが、空気圧を上げたこともあり、腰砕け感もなく夏用タイヤと同じような感覚で走ることができました。ロードノイズも特に大きいとは感じません。高速道路を使って遠出するときも、とくにストレスになるような要素はなさそうです。


あとは氷雪路での性能がどの程度なのか、というのが気になるところです。氷雪路を走る機会ができたらまたレビューしたいと思います。





ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

| N BOX+ | 11:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

冬山シーズン到来: 伯耆大山元谷

2013年11月23日 伯耆大山元谷トレッキング


せっかくの連休なので本当は西穂高か八ヶ岳にでも行こうかと思っていたのですが、1泊2日で行くのは強行軍だし、なによりも首の痛みがあまりよくなっていないということで、軽いリハビリ程度のトレッキングにとどめておくことにしました。


ということで、雪が降って冬山となった伯耆大山に目標変更です。しかし、山頂まで行くとなるとそれなりにハードな山行になりそうなので、今回は元谷をトレッキングするだけにしました。なので、今回は山行記録ではなくて、山ネタです。


IMG_5281.jpg
本気の登山ではないので、朝一番は御机で朝焼けの大山南壁を撮影。有名な撮影地ですが、この日は貸切でした。連休だし天気もいいし大勢のカメラマンがいるかと思いきや、誰もいないので拍子抜けです。しかし、早起きしただけのことはあり、南壁が見事に染まるところを独占することができました。


その後、撮影ポイントを探しながらのんびりと移動して、大山寺の南光河原駐車場に着いたのは9時30分ごろ。ほぼ満車状態でしたが、さいわいすぐに車が出たので入口近くに停めることができました。


IMG_0392.jpg
大神山神社の参道あたりからちらほらと雪が残っていましたが、神社正面の階段まで来るとかなり雪がありました。


IMG_0393.jpg
登山道のほうに入っていくと、雪はそれほどでもありません。


IMG_0394.jpg
しかし、元谷はさすがに雪が多く、聳え立つ北壁も真っ白です。


IMG_5355.jpg

IMG_5357.jpg
山小屋の脇からまっすぐ北壁のほうへ登って見ましたが、まだ雪が中途半端で歩きにくく、なかなかたいへんでした。


IMG_5360.jpg
結局、薮に行く手を阻まれて標高1200mぐらいのところで引き返しましたが、そこそこハードなスノートレッキングになってしまいました。


ここで一息。ポチッと押して休憩したら続きをどうぞ。



避難小屋まで戻ってきたところで昼食兼用の行動食で休憩をとってから、行者コースを尾根まで登って見ることにしました。


IMG_0395.jpg
少し登っただけですっかり雪道となっていて、もう冬山装備なしでは危ない状況ですした。


IMG_5382.jpg
行者コースから見る白い北壁は、紅葉のときのそれとは違う美しさです。



IMG_5394.jpg
14時30分に駐車場に戻り、大山パークウェイを通って鍵掛峠へ。それなりに混雑していましたが駐車待ちができるほどではなく、すぐに駐車できました。


IMG_5424.jpg
その後、再び御机に行ってみると、今度は数人のカメラマンが来ていました。夕日に染まるところを期待していましたが、あいにく地平線近くに雲が出てきてだめでした。


大山元谷jpg



ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

| ヤマネタ・ニュース | 00:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

伯耆大山は冬装備が必要です

本日リハビリを兼ねて、伯耆大山元谷をうろついてきました。元谷あたりは雪が少し積もっているという感じですが、行者コースの途中から上は積雪5~10cm程度でした。行者コースの尾根に出たところまでしか登っていませんが、下から見る限りでは、6合目から上は完全に冬山になっているようです。


モンベルの前あたりには、まだ秋山気分というか、まったくのハイキング装備の人も大勢いて、その人たちが夏道のほうへぞろぞろと歩いて行っていましたが、たぶん二合目か三合目あたりで引き返すことになったのではないかと思います。


ちなみに僕もクランポンは持たず、新しく買ったスノーグラバーという靴底につける滑り止めのようなものを使って、北壁の近くまで登ってみましたが、凍結した傾斜のきついところでは歯がたちませんでした。やはり、滑り止めは平坦地でしか役に立ちません。


24日の日曜日に伯耆大山登山を予定している人は、冬山装備でお出かけください。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

| ヤマネタ・ニュース | 21:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

置くだけの加湿器: ちょこっとオアシスプラス

最近体調不良です。仕事ができないというわけではありませんが、休みの日に出かける元気も無く、朝寝して家でごろごろしてしまう始末。大山縦走が思いのほか堪えたみたいで、首や肩が凝り固まったような感じがなかなかとれませんし、疲労感も解消しないので、ビタミン剤を飲んでみたり整体で体をほぐしてもらったりと、すっかり老け込んでしまったみたいです。


確かに、あの緊張感は半端ないもので、かなりのストレスを感じたようです。ある意味、大キレット以上だったかもしれません。足場はしっかりしていて三点支持ができるけれど距離がある大キレットに対して、距離は短いながらも足場がもろくつかまるところがないので、恐怖感は大キレットよりも上だったと行っても過言ではないでしょう。


とはいえ、今度の連休は久しぶりに遠出しようと計画していて、そのためにも今はおとなしくして体力の回復に集中したほうがいいと思うことにしてます。なので、ブログ更新のネタがないのも致し方なしです。


そういうわけで、つまらない話題でお茶を濁してしまうような内容ですが、先日購入した加湿器のことなどを書いてみます。


ここで一息。ポチッと押して休憩したら続きをどうぞ。




超音波式の加湿器は持っているのですが、正直なところわずか6畳程度の部屋には過剰な能力であり、冬場に運転していると窓が結露してびしゃびしゃになってしまうのがいやであまり使っていませんでした。で、もっと小さい加湿器を買おうかなんてことを思いながらホームセンターの加湿器売り場をのぞいていて、ふと目に留まったのが「ちょこっとオアシスプラス」という加湿器。


IMG_0375.jpg
加湿器といっても電気を使わない自然気化式で、大きさはスマホとほぼ同じぐらいです。ボディをスライドさせて中に水を入れるだけ。入れられる水の量は、おそらく100cc程度と少量です。


IMG_0374.jpg
ボディを閉じたら、今度は折りたたみ式携帯のようにパカッと開けばOK。フィルターが水を吸い上げて、あとは自然に気化して加湿してくれるというわけです。


IMG_0373.jpg
開いた状態でもそれほどスペースはとらないので、机の上でも、棚の空いたところでも、置き場所にはほぼ困らないと思われます。昨晩、水を入れて使い始めたのですが、本日午後には水がなくなっていました。12時間ぐらいで気化してしまうようなので、水を入れるのがちょっと手間ですが、あまり結露の心配もなさそうなので悪くない感じです。パソコンなどでコンセントがたくさん必要な状況を考えると、新たにコンセントを使わないというのも助かります。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村







| 時事ネタ・ニュース | 15:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スタッドレスタイヤ新調

車を買い替えると、スタッドレスやら何やら備品関係も丸ごと買い換えなくてはならなくなるのが困りモノです。同じ車種にすればいいのですが、いまさら初期費用が高く維持費がかさむでかい排気量の車を買う気にはならず、トータルで考えるとやはり軽がもっとも賢い選択。スタッドレスも、安く買えるからしょうがないということで納得。


さて、北から寒気が南下して冬が間近に迫っていることを実感する今日この頃。いつ雪が降ってもいいように、早めにスタッドレスタイヤを購入しました。車が新しくなったので、当然ホイールとセットで購入する必要がありました。近所のオートバックスやイエローハットなどでも、格安のスタッドレスタイヤセットはありますが、それでも4本で4万円ほどするものばかり。


IMG_0336.jpg
ネットで探してみると、楽天市場の中に「カーポートマルゼン」という安いお店を発見。グッドイヤーのスタッドレスとアルミホイールのセットで32,700円(期間限定送料込でした)! ホンダの車は、標準付属のタイヤナットが特殊な形状であるため市販のアルミホイールでは使えないとのことで、クロムメッキのナット2,400円とあわせて35,100円でポチッ。


ここで一息。ポチッと押して休憩したら続きをどうぞ。



IMG_0337.jpg
グッドイヤーのアイスナビ ZEAⅡというスタッドレスですが、もちろん今まで使ったことはありません。グッドイヤーはもともとアメリカのタイヤメーカーですが、今はダンロップブランドの住友ゴムのグループ会社になっているので、まあ問題ないでしょう。


IMG_0338.jpg
触った感じでは、けっこうゴムが柔らかくて、わりと食いつきはよさそうですが、耐久性がちょっと心配。せめて4シーズンはもってほしいものです。



IMG_0333.jpg
とりあえず、取り付けてみて不具合が無いかどうかを確認するために右前輪だけ取り付けてみました。ハンドルをいっぱいに切ってもとくに問題ありません。



IMG_0334.jpg
シルバーのボディにガンメタのホイールなので、ちょっと足元が渋くなりすぎのように思いますが、まあ安かったし良しとしましょう。慣らしをしなければいけないので、12月半ばになったら交換しようと思います。





ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

| N BOX+ | 14:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

進むも地獄、退くも地獄。: 伯耆大山縦走路その2

2013年10月30日 鳥取県大山町 伯耆大山 単独日帰り



IMG_0161.jpg
11:57 特にすることもないので、久しぶりに自撮りで記念撮影して出発しました。


IMG_0163.jpg
剣ヶ峰から先は初めて足を踏み入れます。剣ヶ峰から見た限りでは、しばらくは幅広の尾根が続いているように見えていたので、道もてっきり幅広で安全な道だとばかり思っていましたが、そんなことはありませんでした。相変わらず南側が激しく崩落したナイフリッジのような細い道です。


IMG_0164_20131110201122aeb.jpg
先に進んでいくと、今度は北側が崩落した道になりました。ナイフリッジの鋭さは今までよりも増しています。当然ながら、恐怖度数も跳ね上がります。単純に角度が倍になったら恐怖度数も倍になるというわけではなく、二乗に比例するという感じです。


IMG_0165_20131110201123191.jpg
そして、とうとう両側とも崩落した状態になってしまいました。尾根というよりも「塀」の上に道があるという感じです。ガスで10mぐらいしか下は見えていませんが、実際には数百mも切れ落ちているわけです。これがピーカンで視界良好だったら引き返していたかも知れません。とにかく、ラクダの背を確認するためには、この平均台のような道を進まなければならないのです。

しかし、ラクダの背がどこにあるのか、はっきりとは知らないのです。ネットの写真で見ただけなので、なんとなくそのイメージがあるだけです。細い尾根の真ん中にこんもりと盛り上がったコブのような場所があり、標高1700mの高さでそのコブを跨ぎ越して行かなければならないという場所、それがラクダの背です。目の前のこの場所もそのように見えなくもありませんが、写真で見た場所とは違うようです。とりあえず、この先まで行ってみることにしました。


IMG_0166.jpg
ときおりバランスを崩されかけるような風が吹いてくるので、風のタイミングを見ながら、バランスをとって慎重に尾根を渡り、小さな突起状のピークを越えると、今度はざれた急傾斜の下りになりました。標高差は5mぐらいだったかもしれませんが、とても歩いて下れるような状況ではなかったので、しゃがみこんで両手足を使いながら慎重に下り、今度はぼろぼろと崩れ落ちる痩せた尾根の小ピークを登り返します。


IMG_0167.jpg
そして、自分の目を疑うような場所に来てしまいました。北側はほぼ垂直な崖、南側も70度はあろうかというもろい崖。その狭いリッジの上はおよそ平坦な場所はなく、砂利やら石やらがちりばめられています。これがラクダの背か? しげしげと見つめながら記憶の中の写真のイメージと重ね合わせて見ましたが、どうも違います。

違うとはいえ、これはこれでまともに渡れるのか大いに疑問が湧いてきます。まず、人が乗っても崩れないのだろうかという疑問。ほとんど平坦な場所がない上に砂利がのっていて、足を置いたときまともにグリップするのだろうかという疑問。当然ながら両手で体を確保しなければならないわけですが、この突起している岩は果たして体を支えることができるほどしっかりしているのかという疑問。どれかひとつでもダメなら、滑落に直結する危険性はかなり高い状況です。

引き返そうか、そう思いながら後を振り返ったとき、自分の置かれている状況をいまさらながら認識してしまいました。今歩いてきた道は、目の前の状況となんらかわりないほどの危険に満ちた道だったのです。アドレナリン全開で来てしまった道を、いま少し冷静になって見たとき、その状況が客観的に認識できたということなのでしょうか。進むも地獄、退くも地獄の状況にいることだけは明白です。いずれも地獄なら、進んでみるかということで、一挙手一投足に神経を集中させて、なんとか目前の難関をクリアすることができました。


IMG_0168_201311102012164db.jpg
ところが、その先で自分の判断を後悔してしまったのです。確かこの小さな岩峰の上から向こう側を覗いた瞬間だったと思います。しかしながら、いまひとつ記憶がはっきりしません。本当にここだったのかどうか。写真もありませんから、相当動転していたのでしょう。

この岩峰の向こう側は幅30cmも無いような細い平均台のような尾根が急傾斜で落ち込み、しかもわずかに右にカーブしながら続いており、その細い平均台のような尾根はもちろん砂利がたっぷりとちりばめられていました。この岩峰はしっかりした一枚岩ではなく、細かく割れたいかにも不安定な石のよせ集めのような状態で、その上に立つ気には到底なれません。しかし、足場が悪く、巻いて行くことはできないし、跨ぎ越すにしてもそこそこ高さがあるのでそれほど楽ではありません。そのうえ、向こう側は急傾斜で砂利の浮いた平均台のような尾根です。跨ぎ越すタイミングで、そこに置いた足に体重を乗せた瞬間に足が滑ったらと考えただけで背筋が寒くなります。


”どうする? どうすんだ?” 少しの間考えをめぐらせたものの、いいアイディアなど浮かぶはずもありません。行くか戻るかの二択以外に選択肢はないのです。戻るにしても、さっきの場所を今度は下るわけですから、この先と状況は同じです。どちらにしても、この小さな岩峰まで来てしまったら、往路も復路も同じ難易度なのです。ここがラクダの背の核心部なのか。それともまだ先なのか。雰囲気的には核心部だと思われますが、確証はありません。

しかし、数十m向こうにぼんやりと大きなピークが見えることから考えても、あのピークの向こうは三角点のはずです。とすれば、やはり目の前のこの難所さえ渡ればこれ以上の難所はないと考えていいはず。引き返せば、これまで渡ってきた難所を再び通過しなければならず、そちらのリスクもかなり大きいはず。であれば、最大のリスクとはいえ最後の難所を抜けて弥山に抜けたほうがいいのかもしれません。覚悟を決めて、弥山に抜けることにしました。


岩峰の上に両手をつき、まず左足を回して向こう側におきます。浮いた砂利を蹴り落とし、グリップが効くことを確認して右足をゆっくりと回して岩峰の向こうへと回します。右手をはずし素早く右足を通したら、今度は左手を上げて右足を反対側の傾斜におきます。それでようやく体がまっすぐになり、不安定な状態から脱出することができました。体制を整えて、体を起こし、両足で立つことができないほど狭い尾根に対して横向きになりながら、急傾斜を慎重に下り、鞍部から向こう側のやや広くなった尾根に飛びつくようにして渡りきったとき、いいしれないほどの安堵感を感じたのでした。


IMG_0169.jpg

IMG_0170.jpg
その後も、やや難しい場所が少しありましたが、ラクダの背の後ですから怖さなど微塵もなく、すたすた歩いて通過しました。


IMG_0171_20131110201220bd1.jpg
やがて、尾根も広がり、コケの生えた緩やかな道になりました。


IMG_0173.jpg
三角点に着きました。雪のない時期にここに来たのは初めてです。


ここで一息。ポチッと押して休憩したら続きをどうぞ。



IMG_0174.jpg
12:38 弥山です。天気が良くないためか、登山客もまばらです。ラクダの背を越えるのにかなり緊張していたらしくて、足ががくがくしていたので、弥山山頂にとどまることなくすぐに避難小屋に入りました。ちょうどお昼時ということで1階は登山者でいっぱいでしたが、二階はガラガラだったので2階に上がってやっとひと心地つくことができました。


IMG_0175_201311102014110cb.jpg
13:05 まだ膝が笑う症状は治まりませんが、さっさと下山することにしました。出がけに見た入り口の寒暖計は5度をさしていました。


IMG_0177.jpg
雪のない時期に夏道を歩くのはかなり久しぶりです。なんだか初めて歩くような新鮮な気分です。


IMG_0179.jpg
八合目あたりから視界が回復してきました。


IMG_0184.jpg
草鳴社ケルンと呼ばれているものですが、ただの壊れた道標にしか見えません。


IMG_0188_20131110201536c10.jpg
13:56 六合目避難小屋です。7合目あたりから左膝が痛くなってきたので、少し休憩して行くことにしました。10分ほど休みましたが、当然ながらそれぐらいでは膝痛はおさまりませんでした。


IMG_0189.jpg
行者コースとの分岐まで来て、どうしようかと考えました。上から見た感じでは元谷付近はいい感じで色づいていました。もちろん、夏道沿いも紅葉しているでしょうが、人の少なさを考えると行者コースのほうが落ち着いて紅葉を楽しめそうです。というわけで、行者コースを元谷へ下ることにしました。


IMG_0191_201311102015381c9.jpg
行者コース沿いのブナ林は、とってもきれいに色づいていました。上のほうはややピークを過ぎた感がありました。


IMG_0194.jpg
ブナの葉が赤く見えるのは、黄葉が終わって枯葉になってきているためです。


IMG_0198.jpg
下るにつれて少しづつ黄葉が増えてきました。


IMG_0204_20131110201633331.jpg
赤、黄、緑が入り混じって、見事な秋の森です。


IMG_0207_201311102016351e6.jpg
色づいた森の向こうに北壁が見えます。晴れていればすばらしい光景だったことでしょう。来年は晴天のときに訪れたいものです。


IMG_0208.jpg
元谷が近くなってくると、やや緑色が目立つようになってきましたが、ブナの葉は枯れた赤色から見事な黄色になりました。どうやらこのあたりが見ごろのようです。


IMG_0210.jpg
15:19 元谷まで下りてきました。


IMG_0214_20131110201738f8f.jpg
北壁の下部がきれいに色づいているのが見えました。


IMG_0219.jpg
16:13 痛む左膝をかばいながら、ようやく駐車場まで戻ってきました。


IMG_0217.jpg
振り返ると、宝珠尾根が真っ赤に輝いていました。


***注意***
大山縦走路は一般登山道ではありません。レポにも書いたようにかなり危険なところもありますから、立ち入る場合はご自分の技術や経験を冷静に判断したうえで、自己責任において行動してください。このレポは、縦走路を歩くことを勧めるものではありません。


大山縦走路jpg


おわり。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

| 2013年10月 大山縦走路 | 20:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

進むも地獄、退くも地獄。: 伯耆大山縦走路その1

2013年10月30日 鳥取県大山町 伯耆大山 単独日帰り 


当初は足を踏み入れるつもりは無かった伯耆大山の縦走路。あれほどやばい場所だとは思いもしませんでした。


8月上旬にお花畑を見に行って以来約3ヶ月ぶりとなる伯耆大山に、紅葉を求めて訪れました。9月に入ってからは、週末になると天候がよくなかったり、たまにいい天気になると用事で出かけられないなど、今年はなぜかタイミングがよくありません。久しぶりに平日に仕事が入らず、しかも天気予報が晴天ということで、見事な紅葉を期待しての山行でした。


宝珠尾根のブナ林がちょうどいい具合に紅葉しているのではないかと思い、久しぶりに宝珠尾根からユートピアを経由して剣ヶ峰まで登り、そのままピストンで戻ってくるつもりでした。紅葉がいい具合であれば撮影に時間がかかるので、場合によってはユートピアでお昼を食べて、そのまま戻るということも選択肢の一つとして考えていました。


岡山を出発したときはいい天気で、日の光に輝く紅葉の森を想像するだけでうきうき気分でしたが、湯原あたりから雲が多くなり、蒜山SAを通過するころにはなんだか曇り空です。そして、溝口IC近くから見た大山には、なんと上半分にだけ雲ががっしりと絡み付いています。がっかりしながらも、時間と共に雲がなくなってくれることを期待しつつ、南光河原駐車場に車を停めました。


IMG_0128.jpg
7:08 ガスで三鈷峰などはまったく見えない中、出発です。


IMG_0129.jpg
少し色づき始めた石畳の参道を進みます。平日だからか、朝早いためか、前にも後にも誰一人歩いていません。


IMG_0130.jpg
大神山神社を過ぎて再び森の中に入っていくと、なんだか手前の参道あたりよりも紅葉していません。こちらのほうが標高が高いのになぜなのか。


IMG_0131.jpg
7:51 下宝珠越えへの登山道入口です。このあたりから森が色づき始めてきました。


IMG_0133.jpg
登るにつれてブナの黄色い姿が目立ち始めました。


IMG_0134.jpg
8:12 下宝珠越えに到着です。ここまでの登りで思いのほか汗をかいてしまいました。出発時に肌寒かったので、ソフトシェルを着てきたのですが、そのまま登ってしまったのが失敗でした。宝珠尾根は少し風があって寒かったので、とりあえずソフトシェルは着たまま行くことにしました。この先は尾根道だし、少しペースを落として歩けば、汗も引いて服も乾くだろうという目論見です。


IMG_0136_20131105223427528.jpg
期待にたがわず宝珠尾根のブナ林は美しく紅葉していました。しかし、曇り空のためぱっとしない色です。


IMG_0138_20131105223429c26.jpg
次第に高度が増してくると、うっすらとガスも漂い始めました。それはそれで趣がありますが、やはり日の光で鮮やかに輝く様を見たかっただけに、とっても残念です。なので、一眼レフは取り出さず、先日購入したPowerShot S110で撮影しながら進みました。だいたい絵になりそうな場所のめぼしをつけておいて、下山時に一眼レフで撮影しようというつもりです。


IMG_0142_201311052234302c2.jpg
もやっとしているとはいえ、なかなかいい感じに色づいています。


IMG_0143_2013110522343231f.jpg
9:01 中宝珠越えに着きました。以前このコースを歩いたときより20分ほど速いペースです。


IMG_0144_20131105223528cf0.jpg
ロープのかかる急斜面で前を行く男性に追いつきました。中宝珠越えの手前で休憩していたときに追い越していった方で、三鈷峰まで行くとのことでした。この難所を登りきったあたりで休憩されたので、再び僕が先行しました。


IMG_0146_20131105223529175.jpg
上宝珠越え手前の崩落箇所ですが、最初に通ったときに感じたほど危険だとは感じませんでした。というより、危険というほどのものかいなというのが正直な感想。きっと山慣れしたのでしょう。


IMG_0147.jpg
9:43 上宝珠越えです。ここで、小休止をとりました。帰りは砂すべりを通ってみるというのもありかな、などと思いながら行動食を食べていると、先ほど追い越した男性が登ってきました。少し話をして、僕は先に出発しました。


IMG_0148_201311052235322e7.jpg
上宝珠越えからすぐのところで、登山道が崩落していました。さいわい木があったためか、大きな崩落にはなっていませんでしたが、むき出しになった木の根を越えていくのに少し手間取りました。


ここで一息。ポチッと押して休憩したら続きをどうぞ。



IMG_0149_201311052235345d7.jpg
10:08 ユートピア下の尾根に出ました。このあたりになるとすっかりガスの中で、視界は50mもない感じです。


IMG_0150_20131105223645432.jpg
風がかなり強くなってきたので、とりあえずユートピア小屋に入って様子を見ることにしました。


IMG_0151_201311052236463e8.jpg
入口の寒暖計は6度をさしていました。


中に入って休んでいると、途中で追い越した若い男女3人組が入ってきました。関西弁を話していたので、関西方面から来たようです。その後、途中で一緒だった単独の男性も入ってきました。三鈷峰手前の登山道に「危険」という看板が合ったので、登らずに戻ってきたとのこと。


行動食を食べたり、単独の男性と話をしたりしているうちに風が弱まってきたので、ひとまず剣ヶ峰まで登ってみることにしました。風は弱まったとはいえ、稜線に出るとどうなるかわからないし、雨になる可能性もあるので、上はゴアテックスのハードシェルに、下はレインウェアのパンツをはいて、安全のためにヘルメットも装着して出発しました。


IMG_0154.jpg
象ヶ鼻から天狗ヶ峰に至るルートは、ところどころ崩壊しかけたような場所もありますが、それほど傾斜もきつくないし危険を感じるほどの場所はありません。


IMG_0155_201311052236495e7.jpg
しかし、天狗下の難所まで来るとさすがに少し緊張しました。とはいえ、何度か通過しているし、ここは尾根が痩せているとはいえ両足で立つことができる程度の幅があり、距離も短いので、大きな問題はありません。


IMG_0157.jpg
天狗ヶ峰を過ぎると、登山道もそれなりに厳しい状況になってきます。今年は大雨が何度もありましたが、見た目には昨年からそれほど極端にやせ細ったという感じはありません。それでも、どこで足を踏み外さないとも限らないので、慎重に足を運びます。


IMG_0158_201311052238085cc.jpg
剣ヶ峰の手前には綱渡りっぽい場所もあるので気が抜けませんが、左右の崖の傾斜がこの程度であれば、人が載ったぐらいでは簡単に崩れそうにないという安心感もあります。ガスって視界が悪いため高度感がないのも助かります。


IMG_0159.jpg
11:44 剣ヶ峰登頂です。剣ヶ峰は昨年の9月以来なので、およそ1年と2ヶ月ぶりです。


IMG_0160.jpg
誰もいない、視界も利かない剣ヶ峰山頂で昼食をとり、しばらく休憩しながらどうしようかと考えました。当初の予定ではピストンで宝珠尾根を戻るつもりでしたが、この天気ではあまり紅葉写真もぱっとしないものになりそうで、単にピークハントしただけとほとんど同じ状態で終わりそうです。せっかくだから、縦走路の状況を確認して帰るというのもいいかもという気になってきました。以前から、超難関といわれるラクダの背がどんな場所なのか見てみたいと思っていました。もちろん渡ろうなんてつもりはさらさらなくて、実際に目で見て確認したいというだけです。少し考えた結果、天気も悪いし、このままピストンで戻るだけというのも面白くないので、ラクダの背の様子を見に行くことにしました。


つづく。



ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

| 2013年10月 大山縦走路 | 22:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |