ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

2013年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

フォトギャラリー: 立山 残雪期3

掲載している写真は、2012年GWに立山で撮影したものです。

横位置の写真は、クリックすると拡大表示されます。



tateyama11_IMG_4507.jpg
目覚める奥大日岳。
撮影:CANON EOS 40D + EF70-200mmF4L USM



tateyama12_IMG_4481.jpg
撮影:CANON EOS 40D + EF70-200mmF4L USM



tateyama13_IMG_4337.jpg
浄土山山腹より薬師岳、黒部五郎岳、笠ヶ岳を望む。
撮影機材:CANON EOS5D + TAMRON SP AF28-75mmF2.8



tateyama14_IMG_4587.jpg
浄土山山頂からの剣岳。
撮影機材:CANON EOS5D + TAMRON SP AF28-75mmF2.8



tateyama15_IMG_4368.jpg
雲海に飲まれそうな針ノ木岳。
撮影機材:CANON EOS5D + TAMRON SP AF28-75mmF2.8



ここで一息。ポチッと押して休憩したら続きをどうぞ。





tateyama16I_MG_4531.jpg
望遠で穂高連峰を拡大。
撮影:CANON EOS 40D + EF70-200mmF4L USM



tateyama17_IMG_4377.jpg
剣岳と笠雲。
撮影機材:CANON EOS5D + TAMRON SP AF28-75mmF2.8



tateyama18_IMG_4399.jpg
雄山から剣岳へと連なる稜線。
撮影機材:CANON EOS5D + TAMRON SP AF28-75mmF2.8



tateyama19_IMG_4279.jpg
雷鳥沢上空の天の川。
撮影機材:CANON EOS5D + SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE



tateyama20_IMG_4282.jpg
立山をまたぐ壮大な星のアーチ。
撮影機材:CANON EOS5D + SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE



ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 立山 | 11:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

テレコンは本当に画質が劣化するのか?: エクステンダー1.4x

ex_ef_1_4xii.jpg
長い焦点距離のレンズがほしい場合、必要な焦点距離の望遠レンズを新規に購入するという方法と、手持ちの望遠レンズにエクステンダー(テレコンバージョンレンズ)を組み合わせて必要な焦点距離にするという方法の2通りがあります。なお、エクステンダーという名称はキヤノンの商品名であり、一般的にはテレコンバージョンレンズ(略してテレコン)といいます。蛇足ですが、焦点距離を短くするものはワイドコンバージョンレンズ(略してワイコン)といいます。


たとえば300mmの望遠レンズがほしい場合、300mmの望遠レンズを買えば一番問題はないわけですが、200mmの望遠レンズに1.4倍の倍率を持つエクステンダーを組み合わせれば280mmの焦点距離になり、概ね300mmのレンズ相当になるというわけです。


ところが、レンズというのはそのレンズ単体でいい描写性能になるように設計されており、あとから別の光学系を付け加えるとどうしても描写性能が落ちるという問題があります。ただ、その劣化度合いがどの程度なのか、それが許容できるかどうかは個別の問題なので、必ずしもテレコンがだめとはいえません。


以前から、北アルプスなどで雷鳥の撮影をするときに、400mmぐらいの焦点距離がほしいと思っていました。今年のGWもまた立山に行く予定なので、今度こそ400mm相当の焦点距離のレンズを持って行きたいという気持ちがあります。いままでは、APS-CセンサーのEOS40Dに70-200mmのレンズを装着することで、焦点距離1.6倍で320mm相当の焦点距離で撮影していました。雷鳥はあまり人間を警戒しないので、ゆっくり近づけば320mm相当でも画面いっぱいぐらいの大きさで写すことも可能ですが、いつもそうそう都合よくはいかないということもあり、やはりもう少し長い焦点距離があったほうが何かと都合がいいのも事実です。レンズの焦点距離が300mmあれば1.6倍で480mm相当になるので、焦点距離としては十分なのです。


現在、キヤノンではゴールドラッシュキャンペーンを行っており、EF70-300mmF4-5.6L IS USMというレンズが1万円のキャッシャバックを受けられます。しかも、アマゾンからキヤノンの当該レンズの購入に限って使える5000円のクーポンが送られてきたので、これは買ったほうがお得なのだろうかと気持ちが揺れ動いてしまいました。


ただ、300mmの焦点距離がほしいという理由が、雷鳥の撮影という年に1~2回しかない機会のためということであり、それ以外では70-200mmでさえめったに使わないという状況なので、わざわざ10万円以上もだして新しいレンズを購入するのがはたして妥当な判断なのか疑問が残るわけです。しかも、実は1.4倍のエクステンダーは持っているのです。では、なぜいままで使わなかったのかというと、購入後何回か使ってみた結果がいまいちだったことが何度かあったり、エクステンダーの脱着が面倒だったり、レンズの長さが長くなって取りまわしが悪くなるということで、なんとなくお蔵入り状態になっていました。


画質がいまいちだったことがあったとはいえ、納得のいくものだったこともあるわけで、かならずしも使い物にならないわけではないということはわかります。おそらく風の強いときに使ったために、微細なブレが発生し画質がよくないという結果になっているのでしょう。脱着の面倒さは、はじめからレンズに装着しておけば回避できます。取りまわしが悪くなるというのはしかたがありません。


ここで一息。ポチッと押して休憩したら続きをどうぞ。




ということで、改めてエクステンダーの性能を検証してみることにしました。雷鳥の撮影という使用目的を考慮して、比較的近づくことのできる公園の鴨を撮影してみました。


写真をクリックすると拡大されます。
IMG_5171.jpg
こちらがエクステンダーなし、焦点距離200mm(320mm相当)での撮影サンプル。


写真をクリックすると拡大されます。
IMG_5081.jpg
こちらは1.4倍エクステンダー使用で、280mm(448mm相当)での撮影サンプル。被写体の大きさが多少違うにせよ、テレコンを使用したほうも特に画質の劣化は感じません。


写真をクリックすると拡大されます。
halfscale5171.jpg
等倍の50%相当の大きさに拡大したものです。こちらはエクステンダーなし。


写真をクリックすると拡大されます。
halfscale5081.jpg
こちらは1.4倍エクステンダーありです。拡大してもこれといってあらが目立つようなことはありません。


写真をクリックすると拡大されます。
DLO5081.jpg
さらに、エクステンダーありの画像のRAW現像時に、DLOを適用してみました。アップロードできるファイルサイズが500KBまでということで、現像時の画像品質を6(DLO適用前のものは8)まで落とさざるを得ませんでしたが、見た目にわかるほどの劣化はないようです。羽毛の立体感が出て、くちばしの輪郭もシャープになり、まるで単焦点レンズで撮影したような切れ味の良さです。DLOには、ちゃんと70-200mmF4Lと1.4倍エクステンダーを組み合わせたときのデータも登録されていて、エクステンダー使用時の弱点である画質劣化を改善してくれるのです。


あらためてエクステンダーを使って検証してみると、けっして画質的に問題になるような劣化はないということがわかりました。実際には多少の劣化は発生するにしても、DLOによって修正できるのでほぼ問題ないといえるでしょう。これならば、わざわざ10万円以上使って新しいレンズを購入しなくてもよさそうです。とりあえず、今年のGWは70-200mmと1.4倍エクステンダーの組み合わせで撮影してみようと思います。


なお、エクステンダーには倍率1.4倍の1.4xと2倍の2xがありますが、倍率が大きくなると画質の劣化も拡大されるらしく、2xの評価はいまいちのようです。ただし、僕自身は使ったことがないので、どの程度劣化するのかはわかりません。


また、エクステンダーを装着すると、AF速度が半分程度に低下するということもあるので、スポーツや野生動物の撮影などAF速度が重要になってくる撮影の場合は、お金がかかっても必要な焦点距離のレンズを購入したほうがいいかもしれません。


もっと困るのが、レンズの開放F値が暗くなることです。1.4xで1段、2xで2段暗くなるので、70-200mmF4Lに1.4xを装着するとF5.6のレンズになりますし、2xだとF8のレンズになってしまうのです。カメラのAFは、いまのところF5.6対応のAFセンサーが使われていることが多いので、1.4xならまだAFが作動しますが、2xを装着するとAFが作動しないということになってしまいます。もっとも、キヤノンではこの4月から5DmarkⅢのファームアップでAFがF8まで対応できるようになります。なので、今後は他の機種でも同様にF8対応になるかもしれません。そうであれば、エクステンダーが使えない70-300mmのレンズを買うよりも、70-200mmにエクステンダー2xを組み合わせたほうが安価に超望遠レンズとして使用できることになります。


キヤノンのエクステンダーの現行機種はⅢ型ですが、僕が持っているのはⅡ型です。光学系はⅢ型では刷新されており描写性能は良くなっているらしいということですが、あまり変わらないというクチコミも見かけますので、コスト重視ならⅡ型の在庫品を安く入手するというのもありかと思います。


気をつけなければならないのは、エクステンダーはどのレンズにも取り付けられるわけではありません。キヤノンの焦点距離135mm以上の単焦点レンズと70-200及び100-400の望遠ズームレンズにしかつけられません。LレンズであってもEF70-300mmF4-5.6L IS USMなどつけられないレンズもあります。購入する際には、カタログやWEBで取り付け可能レンズを確認するのをお忘れなく。エクステンダーが取り付けられないレンズには、社外品のテレコン(ケンコーのテレプラスなど)で対応することになります。


エクステンダー2xと1.4xの画質比較もやってみました。詳しくはこちらをどうぞ。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村









| 撮影用具 | 10:25 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フォトギャラリー: 立山 残雪期2

掲載している写真は、2012年GWに立山で撮影したものです。

横位置の写真は、クリックすると拡大表示されます。


tateyama01_4331.jpg
快晴の立山。
撮影機材:CANON EOS5D + TAMRON SP AF28-75mmF2.8



tateyama02_4320.jpg
雪に閉ざされたみくりが池と浄土山。
撮影機材:CANON EOS5D + TAMRON SP AF28-75mmF2.8



tateyama03_4069.jpg
撮影機材:CANON EOS5D + TAMRON SP AF28-75mmF2.8



tateyama04_4106.jpg
撮影:CANON EOS 40D + EF70-200mmF4L USM



tateyama05_4297.jpg
雷鳥沢キャンプ場を見下ろす。背後は雷鳥坂。
撮影機材:CANON EOS5D + TAMRON SP AF28-75mmF2.8



ここで一息。ポチッと押して休憩したら続きをどうぞ。





tateyama06_4307.jpg
奥大日岳を望む。
撮影機材:CANON EOS5D + TAMRON SP AF28-75mmF2.8



tateyama07_4183.jpg
撮影機材:CANON EOS5D + TAMRON SP AF28-75mmF2.8



tateyama08_4140.jpg
撮影機材:CANON EOS5D + TAMRON SP AF28-75mmF2.8



tateyama09_4230.jpg
室堂乗越上から見た剣岳。
撮影機材:CANON EOS5D + TAMRON SP AF28-75mmF2.8



tateyama10_4237.jpg
奥大日岳への稜線から立山を望む。
撮影機材:CANON EOS5D + SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE



ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

| 立山 | 18:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春だというのに冬装備購入:BD ソロイスト他

好日山荘の春山セールで厳冬期用のグローブなどの冬装備を買ってきました。なんで冬が終わった今頃なのかというと、今年11月が期限のお買い物券が2000円分あったのと、例年冬山セールが年末なので、それ以前に防寒グローブが必要な山に行くことになった場合困るからです。すぐに必要ないとはいえ、あればいつでも使える状態のほうがいいわけです。


今冬の問題はグローブでした。以前にも書きましたが、シェトランドウールグローブは使っているうちにウールのロフトがへたってきて、使い始めの頃に比べると格段に保温性能が落ちてきたという事実が判明。厳冬期ごとに新しいものを買いなおすという方法もありますが、一体型の防寒グローブならどうなのかという疑問がふつふつと湧きあがり、一度試してみるかということでブラックダイヤモンドのソロイストを購入したわけです。


P1030739_20130414000450.jpg
ソロイストは、インナーグローブの取り外しが可能な防寒グローブで、-26度まで対応とされています。本当にそんな低温まで問題なく使えるのかどうかはわかりませんが、とりあえず期待大です。



ここで一息。ポチッと押して休憩したら続きをどうぞ。




P1030741.jpg
ソロイストと一緒に、スマートウールのライナーグローブ(インナーグローブ)も購入。いつも使っていたモンベルのジオラインL.Wインナーグローブの指先に穴が開いてしまったので、代わりのものを考えていたところでした。同じモンベルのウールインナーグローブがあるのであえて買わなくてもよかったのですが、モンベルのウールインナーグローブより薄手でジオラインL.Wインナーグローブに近い薄さだったので、ついでに購入しました。


P1030740.jpg
レジ前の特売ワゴンでウールの五本指ソックスを発見。モンベルのメリノウール五本指ソックスがもろくも破れてしまったので次は化繊ものを買おうと思っていたのですが、ウール高混率で半額の1050円という価格に思わずゲット。安かったので2足も買っちゃいました。破れたモンベルのソックスよりもやや厚手なので、保温性能もよさそうです。


ってことで、冬が終わったところですが、早く雪が降らないかなあ・・・



ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

| ウェア類 | 00:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

醍醐桜満開です。

いい時期に醍醐桜の近くの現場検査があったので、深夜からでかけてお仕事前に見てきました。


すでに5日には満開宣言が出ていますが、今年は花のつきが良くないようです。最初、まだ満開ではないのではと思ったほどです。何年かに一度花が少ないことがあるので、どうもその年に当たってしまったようです。


ここで一息。ポチッと押して休憩したら続きをどうぞ。



IMG_1982.jpg

昨日は爆弾低気圧が通過後の晴れ予報だったので、何かしらドラマチックな光景があるのではと期待して行ったのですが、夜明けの三日月と雲海のコラボレーションに出会いました。残念ながら朝焼けはでませんでしたが、10年以上通っていてもまだ見たことのない光景に出会えるのですから、自然の演出は奥が深いです。



ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

| 時事ネタ・ニュース | 00:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

伯耆大山、雪です!

okudaisen_20130407.jpg

なにげに奥大山スキー場のライブカメラを見たところ、おどろきの雪景色でした。しかも、現在も積雪中。

大山ホワイトリゾートのカメラも覗いて見たところ、こちらも同様に雪が降りまくってます。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


| ヤマネタ・ニュース | 11:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タブレットを車載ナビとして使う

グーグルから発売されているタブレットNexus7(16GBモデル)を購入したのは、昨年の秋のことです。出先でのメールの確認、目的地の場所を確認するための地図検索、時間調整時の暇つぶしにネット閲覧といった使用目的で購入したわけですが、GPS機能を使ったナビソフトが思いのほか出来が良くて、現場へのルート検索をしておけば、音声で案内してくれるし、表示も3Dビューで見やすいばかりか、ちゃんと画面の回転や移動も自動でしてくれるので、まったく問題なく車載ナビとして利用できる性能がありました。


ナビが設定したルートを外れても、すぐに新しいルートを検索してくれるので、使い勝手も悪くありません。ただし、場合によってはいつまでも最初に設定したルートに導こうとしてしつこいことがあるので、100%お任せできるというわけではありませんが、このあたりは専用の車載ナビでも大差ないようなので、問題ありません。そういう場合は、自分で道がわかっている場合ですし。


で、いままでは座席に置いて信号待ちで確認したり、現地に近づいたら左手に持って運転したりしていたのですが、これだと音声が聞こえにくかったり片手運転になって危ないので、タブレットをホールドできる車載用ホルダーを探してみました。


51XOVRPxE5L__AA1000_.jpg
ダッシュボード上に設置するタイプやカップホルダーを利用するタイプなどいろいろと検討したのですが、ネットのレビューを読むとダッシュボードに設置するタイプはあんがい外れやすいという声が多く、その点がちょっと気になります。N BOX+のダッシュボードは、それなりにフラットなのですが、シボ加工されたプラスチックなので、吸盤で取り付けるタイプはやはり空気がはいりやすそうです。また、7インチのタブレットを立てると視界が邪魔されることは明らかです。また、取り付け箇所はダッシュボード上ながら、アームで手前にぶら下げるようなタイプも検討しましたが、これだとオーディオや空調の吹き出し口をふさいでしまうことになり、使い勝手はいまいちです。


51BjyCMYB+L__AA1000_.jpg
カップボードに立てるタイプは、NBOX+の場合はエアコンの吹き出し口の前になってしまうので、こちらもいまいち。



ここで一息。ポチッと押して休憩したら続きをどうぞ。




ARKON-SM517.jpg
で、最終的に購入したのが、ウィンドウに取り付けるタイプのホルダーです。Arkon-SM517というモデルですが、アメリカ製のようです。メーカーのサンプル画像では、フロントウィンドウに取り付けていますが、それだとさすがに邪魔なので、右側面のウィンドウに取り付けることにしました。


P1030722_20130403184450.jpg
N BOX+には、フロントガラスの左右にはめ殺しの小さい窓があります。その窓はほとんどフラットだし、はめ殺しなので開閉する必要もないので、こういうものを取り付けるのにぴったりです。タブレットを装着した場合でも、右のAピラーの手前に来るため、視界への影響も最小限です。右前方向が若干見にくくなりますが、少し頭を動かせば確認できるので大きな問題はありません。


P1030726_20130403184450.jpg
タブレットを挟み込む爪の部分は、強めのバネの力で挟み込むようになっており、爪の内側には滑り止め素材もついているので、左右から挟みこむような状況でつかっても、滑り落ちるようなことはありませんでした。本体のアームはプラスチック製ですが、安っぽさはなく、強度的にもしっかりしており、走行中に震えたりすることもなく、しっかりタブレットを保持してくれています。


吸盤部分は、柔らかい透明なプラスチック製で、ダッシュボードに取り付けるタイプによくあるジェル状のものではありませんが、ベースがガラスということもあり、まったく問題なくしっかりとついてくれました。


運転中に常に視界に入るところにナビがあるので確認もしやすいし、背後のスピーカーから出る音声がフロントガラスで反射するので案内の音声も聞きやすいしいいことづくめです。


取付用のホルダーはまったく問題ないのですが、Nexus7を車載ナビとして使うのには、ただひとつ欠点があります。それはネットに接続していないと詳細図が表示できないこと。ネットへの接続は、Wi-MAXのモバイルルーターを使っていますが、これがちょっと田舎へ行くと圏外になってしまい、接続が切れてしまいます。現場の多くは都市部にあるのでそれほど困ることはないのですが、プライベートで山間部や田舎へ行くような場合は、大縮尺の詳細図は利用できないので、そこだけ注意が必要です。GPS機能はネット接続とは無関係なので、ナビアプリ自体はオフ接続でも使えます。

ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村







| N BOX+ | 18:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第三の登山用品店 アシーズブリッジ岡山店オープン

岡山の登山用品店といえば、一番歴史の古いのは好日山荘。つづいて、モンベル岡山店。登山用品の専門店としては基本的にこの2店舗しかありませんが、3月30日に第三のお店がオープンしました。アシーズブリッジというお店です。


一応WEBサイトもありますが、まだオープンの情報しか載っていないうえに、店舗所在地のマップもない状態なので場所がいまいちよくわかりませんが、仕事のついでに立ち寄ってみました。


P1030727_20130402114930.jpg

場所は、山陽自動車道岡山ICの北側で、国道53号線沿いにある岡山スバル自動車のすぐ裏になります。壁の多い倉庫のような建物で、わかりにくい小さな看板が申し訳なさげについており、ぱっと見なんだかよくわからない建物です。通りすがりに見つけて入ってみようという風にはなりそうにない雰囲気です。


ここで一息。ポチッと押して休憩したら続きをどうぞ。



お店はそこそこの広さがあり、幅広い品揃えがありました。好日山荘では扱っていないアークテリクスやホグロフスなどの商品もありましたが、やたら高いお値段でした。


好日山荘で見かけなかったシートゥサミットのポケットタオルが945円だったので買って帰ったのですが、レジで予想通りポイントカードの作成をすすめられました。発行費用200円が必要とのことだったので、作るのはやめました。ポイントサービスはお店が顧客サービスの一環として行うことであり、客に費用を負担させようという発想が理解できないので、有料のポイントカードは作らないことにしています。


お店の場所がいまいちな感じもありますが、岡山市中心部の好日山荘、南部のモンベルにたいして競合しない北部にお店を構えたのかもしれません。ロケーションの不利を跳ね返して、地域に密着した専門店として長く続いてほしいものです。セールがあれば、またのぞいてみようと思います。




ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

| ヤマネタ・ニュース | 11:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

N BOX+ プチレビュー

車ネタばかりですいません。雪山シーズンも終わったし、月末と年度末ということでどこにも出かけていません。


P1030724_20130401141939.jpg

ということで、納車後1週間が過ぎたタイミングでのプチレビューです。


まず燃費。1トンという重いボディのわりにけっこういいです。ガソリンを満タンにしてから320.8km走行で再び満タンにしたところ、17.44リットル入りました。ということは、1リットルあたり18.4kmということになります。車載の平均燃費計が18.88kmを表示していたので、概ね正しいようです。


この期間、基本的に遠出はしていません。近所への買い物と、仕事であちこち行っただけでした。とはいえ、バイパスを使って片道20km超の場所へも何度か行っているので、それなりに中距離の走行もしたという感じです。もっぱら普段の使い方として平均的な状況なので、街乗りでこれだけ走れば満足です。


二度目の満タン後は、買い物などしないですぐバイパス走行をしたのですが、現在の平均燃費計は20.4kmが出ています。近所の買い物などに使わなければ、かなりいい値がでるようです。遠出でどれぐらい伸びるかが気になるところです。ただ、バイパスを80kmぐらいで流しているときは、それほど伸びなかったので、高速ばかり使うよりも空いている一般道を60kmぐらいでたんたんと走るほうが燃費は良いようです。



ここで一息。ポチッと押して休憩したら続きをどうぞ。




P1030723_20130401141937.jpg
つぎに乗り心地です。正直、ドライビングポジションがしっくりこなくてちょっと苦労してます。普通乗用車からの乗換えなので、立ち気味の着座姿勢にまだ慣れていないということもあるかもしれませんが、腕にあわせると足元が窮屈な気がするし、脚にあわせると腕が伸びきってしまうという感じです。アクセルを上から踏むような感覚なので、高架のバイパスのように一定の速度で走り続ける場合、右足がいがいと疲れます。この点ではクルーズコントロールの付いたターボモデルがうらやましいところです。


また、シートバックが柔らかいため、30分ぐらい運転していると背中や腰、首まわりがこってきます。カー用品店で首と腰・背中のパッドを買って取り付けたら少し楽になりました。


ベンチシート形状なので、サイドのサポートがあまりしっかりしていなくて、カーブで体がけっこう振られます。まだ前の車のときの感覚でコーナーリングしがちなせいもあると思います。せいたかのっぽの車なので、しっかり減速してゆっくり曲がるようにしないとだめですね。


シートに関しては、街乗りと遠乗りでポジションを変えて、遠乗りでは少し背もたれを倒したほうが楽みたいです。その分ハンドルが遠くなるのは、腰・背中のパッドを入れることで体がやや前に出るので、それで対応できそうです。


車そのものの乗り心地は、車重があるため軽自動車にしてはどっしりとしており、段差やでこぼこもわりとしなやかに乗り越えてくれます。母親が乗っているスズキ アルトエコと比較すると、穏やかで落ち着いた感じです。レガシーと比べてもそれほど浮ついた感じはありません。直進安定性もいいですし、これなら長距離ドライブでもリラックスして運転できそうです。


高速走行時の騒音も、想像していたよりもずっと静かでした。さすがに90kmぐらいまで速度を出すと少しうるさくなりますが、オーディオのボリュームを1~2メモリ上げるだけで十分なレベルです。


遠出と車中泊をしたら、またレポートしたいと思います。



ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

| N BOX+ | 14:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |