ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

2011年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

紅葉の森でゆったりのんびり: 烏ヶ山(からすがせん) vol 1

2011年10月28日 鳥取県江府町 烏ヶ山(標高1448m)日帰り山行


8月末の伯耆大山登山以来、ひきこもり状態だった2ヶ月間。何をしていたかといえば、仕事をしていたわけですが、本当にどこにも出かけられないほど忙しかったのかといえばそうでもありません。なんというか、気が乗らなかったということでしょうか。ただ、ここ1ヶ月ほどはそれなりに忙しかったのは事実です。で、忙しいのが終わったわけでもないのですが、さすがに山に呼ばれたのか無性に出かけたくなって、平日だというのに仕事もほっぽらかして行ってきました。

ちょうど半年前、まだ雪に覆われた烏ヶ山で敗退して以来、早く再訪したいと思っていた烏ヶ山が第一の目的地。標高1500mに満たない山なので、朝から登ればお昼前に下りてこられるはずです。それならついでに伯耆大山のブナ林も歩いてこようなんて欲張って、まだ歩いていないキリン峠から槍尾根を経由して三の沢へ下るルートが第二の目的地。ということで、朝から烏ヶ山に登るためには前日の夜から行って車中泊したほうがいいと判断。それならついでに星景写真の撮影もなどとどんどん欲が膨らんで、あれもこれもの欲張り山行になってしまいましたが、はたしてどうなることやら。

自宅を出たのは27日の午後9時30分ごろ。いつもの一般道ルートで鍵掛峠に着いたのが午後11時30分ごろ。誰もいないと思っていたら、車が2台止まっていました。車から出て空を見上げるとけっこうな星空ですが、大山南壁方面はうす雲がかかっていたこともあって、ほとんど星が見られません。

鍵掛峠の星空
とりあえず、星の多い方向で写真を撮ってみましたが、あまり面白くないので奥大山スキー場に移動しました。

奥大山の星空
まずは明日のための水を汲んで、スキー場内の木立をポイントにした写真を撮ってみましたが、こちらもいまいち。

ということでさっさと烏ヶ山のベースにある鏡ヶ成(かがみがなる)に向かいました。すでに午前1時を回っていたこともあってさっさと寝たのですが、どうも寝つきがよくなくて、なんとなくうつらうつらして4時30分頃目が覚めてしまいました。ドアを開けて外を見ると降るような星空が広がっていました。久しぶりに見る満天の星空でした。

鏡ヶ成の星空
先日の記事にすでに2枚を掲載してあるので、今回は15分間のバルブ撮影で星を流した写真を選びました。

6時ごろまで撮影をし、空が白み始めたので撮影を終えて車に戻りました。魔法瓶のお湯でカップスープを作り、パンで軽い朝食をとってから、準備をして出発です。

朝の烏ヶ山
6:36 駐車場を出たところで、散歩をしていたらしい年配の男性と会いました。兵庫から来たというその男性は昨日烏ヶ山に登ったとかで、鏡ヶ成の休暇村に宿泊していたようです。すこし話をしたのですが、今年の紅葉はだめだそうです。というのも、9月後半に一時冷え込んだときに霜でやられたらしいということでした。これから紅葉を求めて撮影しながら登ろうというときにだめだと言われるとトーンダウン気味になってしまいます。でもまあ、空は真っ青だし、なんとかきれいな紅葉も見つかるでしょう。

登山道入口までの道のり
駐車場からキャンプ場入口方面に少しアスファルト道を歩きます。

烏ヶ山登山道入口
キャンプ場入口の向かいに烏ヶ山正面登山道の入口があります。

入口の看板
「平成12年の地震で登山道が崩落し登山禁止です」と書かれた看板は無造作に地面に転がされており、ロープもありません。すでに事実上通行禁止は解かれたようなものなのかもしれません。お役所としては事なかれ主義なので、公には解禁のアナウンスをしたくないのではと勘ぐりたくなります。

木の階段
入口からは痛みかけた木階段が続いています。

落葉の道
すぐに落ち葉の積もった平坦な道になりました。

小さな沢
少し先でちょっとした沢を越えます。沢といっても水はありませんでした。

朝日を浴びるブナ
沢を越えて再び森の中を歩き始めると、太陽の光が森に差し込み始めました。さっきまで黒茶色の枯葉のように見えていた頭上に」広がる木々の葉っぱが、突然光を浴びて綺麗な黄葉に変身しました。やっぱり太陽の光は偉大だと感じます。

傾斜の増す道
7:09 ほぼ平坦だった道は、次第に傾斜がついてきました。

黄金色のブナ
徐々に高度が上がってくると、ブナの黄葉が多く見られるようになりました。朝日を浴びて黄金色に輝くブナの美しさは格別です。

頭上の黄葉
出発直後に今年の紅葉はだめだと聞いたのであまり期待していなかったのですが、なかなかどうして綺麗な黄葉が頭上に広がっています。

さわやかな青空と黄葉
時折混じる紅葉とまだ緑を残した葉っぱがさわやかな青空によく映えます。

黄葉の並木
登山道に沿ってまるで並木のように樹が並んでいるところもありました。

美しい黄葉
少し進んでは写真を撮るということを繰り返すのでさっぱり前に進みませんが、これを見るために来たのですから、登頂よりも優先度は高いのです。

真っ赤な木の実
頭上に鈴なりの真っ赤な実は、ナナカマドでしょうか。

4月に登った尾根
7:49 やがて登山道は傾斜の急な尾根道になりました。左手にはなんとなく見覚えのある斜面があります。あのまばらにブナが生えた幅広の尾根は、おそらく4月に登ったルートです。

冬枯れのブナ並木
このあたりになると、ブナの黄葉はすっかり終わっており、冬枯れのブナが立ち並ぶ晩秋の森の雰囲気です。

青空と赤い実
綺麗なスカイブルーの空に赤色が鮮やかです。

頂上直下の尾根
8:25 頂上直下の尾根に上がってきたようです。笹藪が多くいつこの尾根に出たのかよくわかりません。4月にここを通ったときは、目の前の藪はすべて雪の下に隠れており、もっとすっきりとした幅の広い尾根だったように記憶しています。こんなに藪が多い道だったとは意外でした。

左下の尾根
左下を見ると、一段低いところにある尾根の木々もすっかり葉を落として枯木になりつつあります。まだこれからがピークだと思っていたのに、いつのまにか山の上は秋が通り過ぎていました。

滝雲
南に目を向けると面白い現象が起こっていました。滝雲です。中国山地を埋め尽くした雲海が山を越えて蒜山の盆地に流れ込もうとしています。北側は日本海まで見渡せるほど晴れているのに、瀬戸内側だけ曇り空が広がっているようです。

山頂下の急斜面
やがて4月にビビリながら登った急斜面下に着きました。雪面だとかなりの急傾斜に感じましたが、藪になるとあまり傾斜があるようには見えません。

お助けロープ
とはいえ、実際にはけっこうな急斜面なので、お助けロープも設置されています。

4月の撤退地点
さすがに無雪期の斜面なので難なくこなして急傾斜の上に出ました。あいかわらず藪道ですが、南峰の岩峰が目の前に見えるようになりました。この先が4月に撤退した場所です。

左手の絶壁
左手は高度感のある急峻な崖です。なかなか怖いものがありますが、尾根はそれなりに幅があるのでまだましです。

南峰下の岩場
いよいよ山頂直下の核心部です。この適当に積み重なっただけのような岩場を登っていくわけですが、見ていると人が乗ったりすると一気に崩れるのではないかというぐらい不安定な感じもします。これまでも多くの人がここを登っているわけですから、安定はしているのでしょうけど、なんだか嫌な感じのする場所でした。左手はもちろんはるか下まで一直線の崖です。

新小屋峠ルート分岐
浮石に気をつけながら慎重に、なおかつできるだけ急いでクリアし、岩場の上まで来ると、新小屋峠ルートの分岐点でした。

左手の崖下
左手のがけ下をこわごわ覗いて見ると、ヒーッっと胃が下に引っ張られるような感覚です。

岩場を振り返る
振り返って嫌な感じのした岩場を見ると、やっぱり不安定な岩場のような感じがします。大きな地震があると一気に崩れるかもしれません。

分岐上の急傾斜
新小屋峠ルート分岐点から上は、まだ多少の急傾斜が残っていますが、それほど厄介な感じではありません。

烏ヶ山主峰を望む
登る途中で烏ヶ山の主峰が見えました。ちょこんと右に突き出た岩が特徴的です。麓からはあんな岩があるとはわからないので、見た瞬間「カラスのくちばしだ!」とひとり感動してしまいました。

烏谷の眺望
右下には烏谷が広がっており、はるか正面には矢筈ヶ山がピラミダルな山容を見せています。

矢筈ヶ山
矢筈ヶ山を拡大してみると、右手のとんがりは小矢筈でしょうか。

南峰から主峰越しの大山
8:51 ようやく南峰までたどり着きました。烏ヶ山の主峰越しに伯耆大山の美しい姿を期待していたのですが、大山は雲の中。しかも空には薄い雲がたなびいて陽射しもさえぎられる始末。朝の晴天はどこに行った!?

木谷のブナ林
左下に目を転じると、木谷のブナ林の紅葉状況がよくわかります。文殊越えあたりから上はもう終わりかけ。今は大山パークウェイ(環状道路)の上あたりが見ごろのようです。

なんとなくブルーな気分のまま、急傾斜の道を下って主峰を目指します。

主峰の取り付き
南峰から見た主峰は猛烈な急傾斜の尖塔のようで、とんでもない急傾斜の登山道なのではと思っていましたが、実際に目の前にするとなんとかなりそうな感じです。傾斜はたしかに急ですが、足がかりも手がかりもありますし、お助けロープもあるので、特別難易度が高いというほどではないようです。そうはいっても、うっかり滑って落ちたりすれば、たとえ数mでも死ぬ可能性もあるので、慎重に登ります。

最後の岩場
山頂直下の最後の岩場です。このとんがり岩の向こうが山頂広場です。

登頂
8:58 烏ヶ山登頂! わずか標高1448mの山ですが、とりあえず記念写真。岳のポーズなんかまだやってるよといわれそうですが、誰もいないので何でもありなのだ。しかし、この後悲劇がカメラを襲ったのでした!!!


つづく。







ランキングアップにポチッとご協力お願いします。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 2011年10月 烏ヶ山 | 11:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

満天の星空

烏ヶ山登山のついでに鏡ヶ成で久しぶりの星景写真を撮影してきました。

最初は大山南壁を眺める鍵掛峠から南壁と星空のコンビネーションを狙ったのですが、薄雲がかかっていたので星がほとんど見えず、あきらめて鏡ヶ成へ行ってみるとびっくりするぐらいの星空が広がっていました。


オリオンと樹のシルエット
南の空にかかるオリオンを主役にしたのですが、ただ星空だけ撮ってもつまらないので立木をからめてみました。

烏ヶ山と星空
西の烏ヶ山上空の星空です。黒つぶれしてしまいがちの地面に鏡ヶ成キャンプ場の照明と針葉樹のシルエットがいい感じのアクセントになりました。

おかげで2時間ばかりうつらうつらしただけで、烏ヶ山に登ることになりました。


山行記録は後日!




ランキングアップにポチッとご協力お願いします。


にほんブログ村 写真ブログ 山・森林写真へ
にほんブログ村

| 写真ネタ・ニュース | 21:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2ヶ月ぶりの山行

土曜日に仕事が入ったかわりに明日は空きになりました。天気予報は、明日は快晴、土曜日は曇り。これはもう、行くしかないでしょう。仕事? しらん。どうせ土曜日にやらざるを得ない。

さて、どこに行くか。しょせん日帰りで行ける所は限られています。

奥大山から見た大山南壁
秋真っ盛りの山を満喫するなら、やっぱあそこしかない。そう、伯耆大山。


鏡ヶ成と烏ヶ山
せっかくなので、欲張って烏ヶ山にも行っちゃおう。

ということで、もうすぐ出発です。鍵掛峠あたりで星空写真を撮ったら鏡ヶ成で車中泊。烏ヶ山で朝日を眺めたら、いったん下山して奥大山へと移動し、健康の森からキリンを経て三の沢経由で下山、てな感じかな。




ランキングアップにポチッとご協力お願いします。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

| ヤマネタ・ニュース | 20:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

手作りベッドで車中泊を快適に

気がつけば2ヶ月間どこにも出かけていないという状態に、やや鬱傾向になりつつある今日この頃です。

体は鈍るし、体重は増えるし、仕事拒否症状は出てくるしで、いっそ余命半年宣告などされたほうが残りの日々を充実して生きられるのではないかとさえ思えてくる始末。もっともそうなったらなったで死にたくないと泣き言を言うだけか、どうせ死ぬんだからと投げやりになるかのどちらかなんでしょうけど。けっきょく、遅かれ早かれ寿命を迎えるわけで、日々を充実して生きることは余命の長短とは無関係。やっぱり気持ちの問題か、というところに行き着くわけです。

くだらない愚痴をこぼしてしまいましたが、さいわい今週末は悪天候らしいので、ここで一気に仕事を片付けてしまおうと心ひそかに燃えているのですが、だったらブログの更新なんかしてんじゃねえという心の声も聞こえてくるわけで・・・



さて、ネタがない中で思いついたのが、車中泊ネタ。おそらく多くの人が真夜中に登山口の駐車場に着いて、朝まで車の中で仮眠をとったという経験があると思います。もちろん僕も例外ではなく、車中泊歴十数年とベテランの域に達しつつあります。

レガシーランカスター
今乗っているのはスバルレガシーランカスターという車です。すでに2世代前のモデルですが、いまでも気に入っています。ブラックとシャンパンゴールドのツートンカラーはデビュー当時の短期間しか設定されていなかったモノなので、同じカラーリングの車を見ることはほとんどないという点も気に入ってます。反対に特定されやすいというデメリットにもなりますけど。走行距離はすでに18万キロを越え、20万キロ越えも視野に入っている状態です。

この車は後席を倒して荷室を広げると、大人が2名寝ることができるぐらいの広さがあるのですが、残念ながら身長171cmの僕にはわずかに長さが足りなくて、すこし斜めにならないとのびのびと寝ることができません。以前はそれでも問題なかったのですが、長期山行時の大荷物があると体を斜めにすることも厳しくなって寝苦しい状態になることが多くなり、快眠を求めてベッドを自作することにしたわけです。作ったのは昨年末のことです。

車中泊用ベッド
ベッドといってもいたって簡単なものです。材料は、45mm角で長さ2mの角材3本と、1mほどの杉板を15枚、長さ28mmのビス1箱、脚の取りつけ用のL型金物12個で、全部で2000円程度です。

まず、車の荷室の長さにあわせてベッドの長さを決めます。レガシーは後席座面を前方に跳ね上げて、背もたれ部分を前に倒す方式で折りたたむので、後席の座面部分が垂直に立ち上がってしまい、これが邪魔でのびのび寝られない原因になっていました。そのため、ベッドの高さをこの座面の上端にあわせることにしました。この結果、後席座面の厚さ分荷室が広く使えるようになったので、体を斜めにしなくても脚を伸ばして寝られるようになりました。

車中泊用ベッド分解収納状態
また、使わないときは2つに分解してトランクにしまえるようにしました。単純に2分割にしてしまうとベッドの継ぎ目で段差ができたりしたときに寝苦しいので、上半身の長さと残りの長さに分けます。

次に、角材を平行に並べて、杉板をすのこ状にビス止めしていきます。

上半身側は体重のほとんどがかかってくるので、きっちりと脚を4本取り付けます。下半身側は足が載るだけなので接続部分の脚は省略して上半身側のベッドに設けた受け材に載せるだけにしました。もちろん、簡単には外れないようにしています。

この手作りベッドのおかげで、車中泊がすこぶる快適になりました。ベッドの下に空間ができたので、荷物も収納できて荷室がごたごたしなくなったのも助かります。




ランキングアップにポチッとご協力お願いします。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

| ギア | 21:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おいしいけれどボリュームが・・・ :カップヌードルごはん

カップヌードルごはん
発売されてからすでに日数がたっており、たいして新鮮味もありませんが、やっとカップヌードルごはんを試すことができました。とくべつ食べたかったわけではありませんが、山食として使えるかどうか気になっていました。

山食として試すのなら実際にガスバーナーとフライパンでつくってみてもよかったのですが、とりあえず指示通りの方法でつくって本来の味など確認してみようということで、電子レンジでチン! 

カップヌードルごはん完成
箱を開けて中を見ると、なんだか水気のなくなった雑炊みたいです。後入れの仕上げ香味油を入れてかき混ぜると、チャーハンっぽい雰囲気になりました。この状態ならおいしそうに見えます。

味はちょっとカップヌードルっぽさがありますが、けっこういけてます。これなら山でも十分おいしく食べられると思います。

ただし、ボリュームが少なすぎ。茶碗にかるく一杯程度の量しかないので、山食としてはボリュームが不足だと思われます。カロリーは379Kcalだそうなので、ノンフライ麺のカップめんと同じぐらいでしょうか。

山で作る場合は手間がかかるというのも減点です。煮込んで蒸らして、また炒めるという手間を考えると、少々高くてもお湯を注いで15分待つだけのアルファ米とか、煮込めば食べれるパックご飯のほうがラクチンです。フライパン用の蓋も調達しないといけないので、余計な荷物が増えてしまいます。

ということで、個人的にはカップヌードルごはんは山食にはむかないと思います。












ランキングアップにポチッとご協力お願いします。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

| 山食を考える | 13:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秋桜の季節

昔の写真で秋を満喫シリーズのパート3。

いちおうこれでおしまいのつもり・・・


「秋桜」と書いてコスモス。誰が思いついたのかしりませんが、桜のイメージとはぜんぜん違うのにというのが正直な感想。なんで秋の桜なんでしょうか。

コスモスは山の花ではなく里の花です。でも、秋を彩るかわいらしく美しい花であることにかわりはなく、風に吹かれてゆらゆら揺れている姿が好きです。匂いのキンモクセイ、色と姿のコスモス。秋を代表する花ですね。


秋桜1


秋桜2


秋桜3


秋桜4


秋桜5


秋桜6


秋桜7






ランキングアップにポチッとご協力お願いします。


にほんブログ村 写真ブログ 山・森林写真へ
にほんブログ村

| 時事ネタ・ニュース | 14:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

光るススキの穂

好天の3連休だというのに、仕事が佳境で引きこもり状態です。

ネタもないので、昔の写真で秋を満喫シリーズのパート2!

秋といえばススキ。花のような可憐さはないかわりに、光を浴びてきらきら光る姿の美しさは格別です。



ススキ1

この時期、伯耆大山の東に位置する鏡ヶ成周辺ではきれいなススキの群落が見られます。この写真は鬼女台(きめんだい)で早朝に撮影したものですが、朝日を浴びて赤く染まったススキの穂は一見の価値ありです。




ススキ2

そしてこちらが鏡ヶ成スキー場を埋め尽くすススキの群落。風に揺れて波打つ様は、まさに光るさざ波です。



_MG_2069.jpg

秋のスカッと澄んだ青空とススキの組み合わせもいいですね。





ランキングアップにポチッとご協力お願いします。


にほんブログ村 写真ブログ 山・森林写真へ
にほんブログ村

| 時事ネタ・ニュース | 09:18 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

曼珠沙華の園

ここのところ仕事の都合もあったりで、山にも行っていないし、写真も撮っていません。なんだかどよ~んとしてしまいそうです。昨年の今頃撮影した曼珠沙華が満開の写真でも眺めて、気持ちをリフレッシュしようかと。

曼珠沙華1

曼珠沙華2

曼珠沙華3

曼珠沙華4

曼珠沙華5

曼珠沙華6




ランキングアップにポチッとご協力お願いします。


にほんブログ村 写真ブログ 山・森林写真へ
にほんブログ村



| 時事ネタ・ニュース | 00:03 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |