FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。

2010年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ルートを見失い1時間のロス:中蒜山(なかひるぜん) vol 2

2011年1月23日 岡山県真庭市 中蒜山(標高1123.3m)日帰り山行
vol 1はこちら。

半ば雪に埋もれかけのトレースをたどって急斜面を這い上がり、雪原になった牧草地まで上がってきて唖然としました。トレースは牧草地を横断して南西の方向に向かっています。このトレースは登山道とはまったく無関係に歩いていることが判明。無駄な時間と体力を使ってしまいました。とりあえず、牧草地に沿って南に下れば登山道が分岐していたところに戻れるはずなので、スタート地点まで戻ることにしました。

 登山道の分岐地点まで戻ってから、もう一度地図を見直しました。登山道はいったん沢に下りてから尾根に取り付くようになっていますが、ルートそのものはほぼ直線状に北に向かっています。90度右に折れて沢に下るというこの地点がそもそも迷う原因です。斜面を下る手前のところまで行って、もういちどじっくりと周囲を見回してみました。

テープ発見
 そうしたら、手がかり発見です。10mぐらい南の林の中に、ビニールテープを発見です。テープのある場所から斜面を斜めに下っていくようなわずかな痕跡がありました。それをたどって沢に下りていくと、結局さっき下ったルートに合流しただけでした。ということは、やはり、沢に下って上流に向かっていくのが正しいルートだと考えてよさそうです。

 さっき、誰かのトレースとぶつかったところまで進み、今度はそのまま直進してみました。そうすると、右下の一段低いところに向けて、わずかなトレース跡らしきものが確認できました。右に斜面を下って小さな沢のそばまできました。

map1
 地図を取り出して地形と照合し、自分がどこにいるのかを調べてみました。

A地点
 おおむねA地点にいるのだろうということがわかりました。目の前の小さな沢に沿って上流へ向かうと登山道がありそうです。沢の奥のほうで小さな尾根を越えてもう一度沢を渡ったところに突き出した尾根が登山道の取り付きのようです。しかし、実際の景色は真っ白な雪に覆われていまいち判然としません。特に、狭い急斜面にはさまれた沢をたどって奥に進むのは、さすがに抵抗感があります。

B地点
 ひとまず、沢を渡って対岸に上がり、すこし上流に歩いてみましたが、すぐに沢の底に降りて行かざるを得ない状況になっていました。B地点にいるようです。雪崩れたような後はなかったのでおそらく大丈夫なのでしょうが、沢の奥のほうの状況は見えません。なにしろ沢の上に積もった雪を歩くわけですから踏み抜いてしまうと洒落になりませんし、右手の斜面上に登って尾根伝いに奥に進んだほうが安全そうです。直登するには急な斜面なので、右斜め上に登って尾根の上に出ました。

C地点
 尾根上は平坦で歩きやすく、先に進んでいくと細い吊尾根のようなところに来ました。おそらくC地点にいるはずです。谷の地形を地図と照らし合わせて検討した結果、ほぼ正面にある谷がD、左手にある谷がEだろうと見当をつけました。そうするとD谷の入口右側にわずかに突き出ている尾根が登山道の取り付きのはずです。よーく見てみると、沢から尾根を巻くようにトレース跡らしきものがありました。このときは葉っぱにかくれてみえなかったのですが、実はこの取り付き部分にある杉にビニールテープが巻かれていました。目印を見落としていたのですが、なんとかルートを見つけて登山道に復帰することができました。

map2
 家に戻ってからいろいろと調べたり再検討したりした結果、この沢を越えるところでは上の地図のような状況であったようです。細い青色の矢印が最初に迷ったルート。水色の矢印が、誰かのトレースをたどって斜面を這い登ったルート。そして、ピンクの線がようやく登山道に復帰できたルートです。まさか、1合目のすぐ上でこんなに道迷いしてしまうとは思いもしませんでした。無駄にした時間はまるまる1時間です。先が思いやられます。それにしても、実際の登山道に比べて地図のルート表示は省略しすぎですね。地図はあくまでも地図。地図のルートは参考程度にしておかないと、地図は正しいと思い込んでしまうと現状との違いで混乱してしまいます。まあ、いい経験になったと思うことにします。どんな山でもなめてかかってはいけないですね。

尾根取り付き地点近くのテープ
 沢から尾根に取り付いて、少し登ったところでビニールテープを発見しました。このときの安堵感といったら、ちょっと言い表せないほどです。正しい道に戻れたという安心感と、読図が間違っていなかったことのうれしさで、万歳三唱したいぐらいでした。

尾根のルート
 ここから先はひたすら狭い尾根を登っていくだけです。すでにルートの痕跡など微塵もありませんが、尾根に沿って登るだけなのでもはや不安はありません。尾根の途中でお昼になったので少し休憩をとりましたが、やや小雪が舞い始めたのでちゃんとした昼食にはしないで、水分補給と行動食だけで先を急ぎます。

尾根の合流点にあったテープ
 12時55分、枝尾根から一つ大きい尾根に合流する地点まで来ました。標高は約780mです。ビニールテープの目印もしっかりつけられていました。

尾根からの展望
 このあたりは木が生えていないため、やたら展望がききました。蒜山の麓の風景が大きく広がっていました。晴れていたらさぞや気持ちのいい風景でしょう。今度来るときは冬晴れの日に来たいものです。

vol 3に続く。



記事内容が気に入ったら、クリックしてやってくださいませ。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



| 2011年1月 中蒜山 | 23:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ルートを見失い1時間のロス:中蒜山(なかひるぜん) vol 1

2011年1月23日 岡山県真庭市 中蒜山(標高1123.3m)日帰り山行
Keyword: 冬山、登山、中蒜山、単独


 1月22日と23日は冬型の気圧配置が一時緩んだらしくて、降雪の予報は出ていませんでした。22日のほうが天気はよかったのですが、あいにく仕事が入ってしまい、23日に中蒜山に行ってみることにしました。蒜山三座は岡山では人気の山ですが、実は一度も登ったことがありません。知らないルートの山だというのに積雪期に単独で入ることに多少の不安はありますが、人気の山だからルートの道標もしっかりしているだろうし、土日を通じて誰も入っていないこともないだろうと楽観的に考えていました。

 蒜山の最高気温は4度との予報。それになりに冷え込みそうなので、体を温めるために朝カレーを食べて出かけました。これ、けっこう効果があったようです。冬山登山の朝食に辛口朝カレーはおすすめです。

 米子自動車道湯原IC手前のトンネル出口でチェーン規制されていましたが、湯原ICで下りる予定だったのでノーマルタイヤのまま行けました。国道313号線は凍結も積雪もなく、交通量も少なく快適でした。

道路正面の下蒜山
 やがて正面に下蒜山が見えてきました。下蒜山の登山ルートは犬挟峠(いぬばさりとうげ)からのルートが一般的だそうですが、途中けっこう急登があるとか。クランポンの練習によさそうなので、そのうち登ってみたいと思います。

塩釜へのわき道
 国道313号線から塩釜冷泉へと入っていく道も、きちんと除雪されていました。道路の両脇に似は高さ2mはありそうな雪の壁ができていました。こんなに雪の多い蒜山は初めてです。正面には中蒜山が見えています。

 塩釜ロッジ前の駐車場につくと、車は1台も停まっていませんでした。日曜日だというのに誰もいないなんて・・・と思いながら車を停めて車外に出ようと右足を外にだしたら、つるつるです。雪解け水が凍結して車の周囲がまるでアイスリンクです。転倒しないように気をつけながら車外に出て、登山道の様子を確認しに行きました。

中蒜山登山口
 中蒜山の登山道は塩釜冷泉から引いてきた給水場所の前から始まります。以前にはなかった立派な屋根のついた給水場所ができており、その背後の登山口に小さな看板がありました。近寄ってみると「積雪により登山道に倒木あり」とのこと。まあ、そういうこともあるでしょう。それはたいして問題ではありません。問題は、「踏み跡がない」ということです。トレースの跡らしきものはなんとなくわかる程度にありますが、まさか誰も入山していないとは!

 一気に不安感がこみ上げてきましたが、こういうこともあろうかと12,500分の1の地図を印刷してきたので、なんとかなるでしょう。だめならあきらめて帰るだけです。

 気温は-2度。けっこう冷えてますが、今回はブレスサーモ薄手のTシャツを1枚余分に着ているためか、朝カレーを食べたおかげか、とくに寒いという感じはありません。とはいえ、前回の泉山の経験を活かして、はじめからハードシェル着用で登ることにしました。

記念撮影
 コロンビアのフォレイカーシェルの出番がやっときました。せっかくなので、塩釜ロッジ前で記念撮影しておきます。

登山道案内図
 登山道入口に、なかば雪に埋もれかけた登山道案内図がありました。メジャーな山だし、要所要所に道標ぐらい整備されているだろうと思いつつ、登山道に足を踏み入れました。登山開始時間は9時30分。

 小さな尾根に上がり、緩やかな尾根を登っていきます。トレース跡はわずかな凹みとなって林間に続いているので、この時点ではルートは明確です。ルートをたどっている限りは、つぼ足でくるぶし程度までしか沈まないので、歩きやすく快適です。

塩釜冷泉
 左手に塩釜冷泉が見えました。蒜山の地下をくぐって湧き出す名水です。こんな時期でも凍結することなく透明な水をたたえています。

牧草地越しの中蒜山
 9時55分、林を抜けて開けたところに出ました。地図を見ると、どうやら牧草地のようです。天気はややどんよりとした曇り空ですが、中蒜山は頂上までクリアに見えていました。はたしてあの上まで行けるのでしょうか。地図ではここからルートは右方向に90度曲がることになっていますが、トレース跡も右の林の中に向かっています。

1合目からの展望
 林を抜けると再び牧草地です。今度は斜面下方向に木々がないので、けっこういい眺めが広がっていました。

1合目の道標
 牧草地に沿って少し進むと、道標がありました。あとで知ったのですが、ここが1合目だそうです。1合目の道標もたっているらしいのですが、完全に雪の下に埋まっていたようです。時間は10時5分。地図で見ると別ルートの登山道と合流する地点ですが、牧草地の中を通ってくるルートは完全に雪に埋もれて痕跡すらない状態でした。

スノーシュー装着
 ここらあたりでくるぶしの上まで雪が来るようになっていたので、スノーシューをつけることにしました。サイズ調整もしっかり済ませてあります。エキスパート・オブ・ジャパンというメーカーのスノーシューですが、実は購入したのは10年近く前です。しかし、使ったのは購入当時に奥大山から鍵掛峠へのスノートレッキングに使っただけで、その後は埃をかぶっていました。プラ板タイプにしなかったのは、価格も安かったのですが、なにより一番軽かったからです。クランポン、アックス、ストックに加えてスノーシューまで持ってくる冬山では、少しでも軽いギアが助かります。

 スノーシューをつけたついでに、ハードシェルを脱ぎました。風もないし気温も2度まで上がっていたので、暑いと感じるようになっていました。そうはいっても、これから高度を上げていくので、すぐに着られるようにザックに入れないでスノーシューを取り付けていたベルトに引っ掛けるだけにしておきました。

雪の造形
 出発しようと思ったところで、近くにある雪のふくらみがふと気になりました。この下にはいったいなにがあるのだろうかと思わせる、優美な曲線のフォルムが美しい雪の造形です。

 10時20分に出発しました。少しの間スノーシューの扱いにやや戸惑いましたが、すぐに慣れて足元を気にしないで自然に歩けるようになりました。

埋もれかけの道標
 10時28分、雪に埋没しかかった道標がありました。地図には鳥居のマークが描いてあるあたりです。小さな祠でもあるのだろうと思っていましたが、それらしきものは見当たりません。

トレース跡の分岐
 埋もれかかった道標から少し行くと、トレース跡が分岐していました。(写真は、自分が歩いた後に撮ったので明確なトレースが見えています)まっすぐに行くルートと右に折れて沢に下っていくルートです。雪の凹みぐあいから見ると右に折れるほうが正しいルートっぽい雰囲気ですが、地図の登山道はほぼまっすぐになっています。等高線から見るとたしかに沢に下っているのですが、いきなり90度も曲がるようにはなっていません。とりあえず、まっすぐのルートを進んでみることにしました。このまま直進しながら斜面を斜めに下っていくのかもしれません。しかし、次第にトレース跡が薄くなり、すぐに痕跡がなくなりました。少し歩き回ってみましたが、トレースを見つけることができず分岐まで戻りました。

 今度は右に折れて沢のほうに下ってみます。斜面を斜めに下り一段低いところにある平坦地まで下ると、なんとなくトレース跡のような痕跡がありました。上流方向にむかって進んでいくと、再びトレース跡がなくなりました。



P1020538.jpg
 そのまままっすぐ進んでみると、数日前に誰かが歩いたと思われるトレース跡にぶつかりました。そのトレースは左手の斜面上手から来て、右の沢のほうへ続いています。自分が下ってきたトレースとは直行するようになっています。この直行するトレース跡が、上から来たのか下から来たのかはわかりません。左上の斜面を登ったところは、最初に分岐を直進したあたりです。もしも上から来たのであれば、やはり上に正しいルートはないということなのでしょう。しかし、右手の沢から上がってきたのであれば、沢方面が間違っていたから斜面を登っていったとも考えられます。地図を見る限り右手の沢の方に行くというのは、ありえないと思えます。であれば、やはり沢筋で迷って上が正しいルートだと判断して登っていったということなのでしょう。

 こういうとき、他人のトレース跡がものすごく判断を迷わせます。このトレースが正しいとは限らないからです。完全に無視して自分だけで判断できればいいのですが、やはりどこか自分に自信がないということがあり、100%自分の判断を信じられないのです。ことに、今回は初めてのルートだし、雪山の経験もまだ少ないという負い目のようなものもあります。地図を見るとまっすぐいくのが正しいように思えるのですが、トレース跡らしきものはないし、その先は幅の狭い谷筋になっており、かなりの積雪がある急斜面の下を歩くのははばかられます。そういう不安感が、ますます直行するトレースを信じたいという気持ちを強くさせます。いつまでも悩んでいられないので、とりあえずトレースをたどって斜面を登ってみることにしました。

vol 2に続く。



記事内容が気に入ったら、クリックしてやってくださいませ。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


| 2011年1月 中蒜山 | 00:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |