ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

春だというのにまたラッセル:伯耆大山夏山登山道

2014年3月4日 鳥取県大山町 伯耆大山 単独日帰り 


ちょうど仕事に空きが出た4日、朝から晴れるという天気予報で伯耆大山に撮影山行に行ってきました。


IMG_0921.jpg
当初の予定では午前4時ごろ山頂について、星景写真の撮影後、夜明け前から日の出後までの撮影をするつもりでした。そのためには午前1時に登り始めなければいけませんが、結局登山口を出たのは午前3時40分。完全に失敗しました。やっぱり星景写真を撮ろうとすると、山頂に泊まらないと無理。次回、チャンスがあったら泊まりで行こうと思います。


さすがに3月になればラッセルすることはないだろうと思っていたら、なんと3合目あたりからトレースは消えていて、またまた独りラッセルで体力の限界に挑戦することに。幸い、1月のときよりも雪は浅くて、せいぜい足首が隠れるぐらいの積雪量だったので、前回よりは楽でした。


それでも、この日は少し体調が良くなかったのか、途中でかなりつらくなってもうやめてかえろうかという気持ちがむくむくとわきあがってきました。もっと積雪量が多かった前回はそんな気持ちは一度もおきなかったというのに・・・ 


五合目までまだだいぶあるようならやめようと思ってGPSを確認してみると、なんとちょうど五合目のすぐ下まで来ているのがわかりました。やはり、マップが表示されるGPSは便利です。とにかく、五合目まで行って小休止をして、それでも回復しないようなら撤退することにして、五合目を目指しました。


IMG_0922.jpg
5:02 しんどい思いを押し殺しながら、ようやく五合目に着きました。山ノ神様の前にできた大きな穴ぼこに入ると風が当たらず、寒い思いをしないで休憩することができました。チョコレートを数粒食べ、熱い生姜湯を飲みながらゆっくりしていると、しんどい思いはしだいに消えてきました。これなら大丈夫だなということで、再び山頂を目指して出発しました。


IMG_0923.jpg
5:30 六合目に着きました。1月に来たときよりも入口は大きく見えていました。中に入ってソフトシェルの下にフリースを着込み、クランポンを装着します。雪は良く締まっていたので、アックスは使わずにそのままストックで行くことにしました。


IMG_0927.jpg
六合目を出て少し登ったあたりから、三鈷峰の背後の空が赤く染まり始めました。この瞬間を山頂から剣ヶ峰をからめて撮りたかったのに俺は何やってんだと、自己嫌悪になりながら上を目指します。こんなんじゃあ、山頂まで行っても前回と同じような写真しか撮れないし、行く意味がないかもなあ、と少しずつ撤退する言い訳を探しながら登るようになってしまいました。


しかし、ここまで来て一度もカメラを使わずに戻るのもばかばかしいし、行けば行ったでなにかしらいいシーンに出会えるものだからと自分を慰めつつ、とりあえずできる限り急いで山頂まで行くことにしました。


ここで一息。ポチッと押して休憩したら続きをどうぞ。



IMG_5887.jpg
6:40 弥山の頂上に出ると、ちょうど剣ヶ峰の向こうに朝日が昇ったところでした。もしかしたら日の出に間に合うかもと淡い期待を抱いていましたが、残念ながらそれはかないませんでした。しかし、昇ったばかりの朝日を浴びて、三角点の南斜面が赤く染まり、その向こうにシルエットになった剣が峰がきりりと空に浮かんでいました。風はいつの間にかぴたっと収まっていて、まったくの無風無音の状態です。まるで宇宙空間から地上を眺めているような感覚です。なんとも美しい光景でした。


IMG_5920_2014030521225486f.jpg
しばらくの間、この美しい時間を切り取ってカメラに収めてから、今度は三角点に向かいました。三角点の頂上には大きな雪庇が張り出しており、1月に来たときよりも三角点の高さが高くなっているように感じました。当然ながらトレースはまったく消え去っていて、前回に引き続き今回もまた処女雪をまとった稜線を歩くことができました。


IMG_5937.jpg
風紋が描かれた三角点の頂上の向こうに、朝日と剣ヶ峰が神々しく見えていました。


IMG_0928.jpg
驚いたことに、三角点の山頂には、ウサギとおぼしき足跡と、もうひとつ指のあとがはっきりとした小型の動物の足跡がありました。なぜわざわざ環境の厳しい稜線に上がってくるのでしょうか。ウサギの中にもクライマー志向のタイプがいるのかもしれません。


IMG_5962.jpg
いったん弥山まで戻って、バリエーションの異なるアングルを探してすこし歩き回り、エビの尻尾が張り付いたキャラボクの枝をからめて撮影したりして、光が剣ヶ峰の南壁に当たるようになるまで時間を調整しました。


IMG_0931.jpg
8:10 太陽の高度が上がって、大山南壁に光が当たるようになると、シルエットだった剣ヶ峰も白く輝く冬山らしい姿を見せてくれるようになりました。


IMG_0933_201403052119531e4.jpg
烏ヶ山の向こうには霧が発生しているらしく、白い海の中に山々の稜線が波のように浮かんでいました。


IMG_0934.jpg
この時間になっても、いまだ山頂には誰一人いません。この美しい朝をずっと独り占めです。しかし、避難小屋の向こうにようやく二人目の登山者が姿を見せました。


IMG_0935.jpg
眼下に見える二ノ沢と三ノ沢も、まだまだ真っ白です。雪の量は1月よりも確実に減っていますが、まだまだ簡単には地面が見えることはないでしょう。


IMG_0936.jpg
撮影を終えて、小屋に入って休憩しようと行ってみると、正面入口は開きませんでした。靴を脱いで2階から入るのも面倒なので、休憩はやめて下山することにしました。小屋の温度計はは-7度でした。風がなく、日が差していたため、ウールのインナーとソフトシェルだけで全然寒くなかったので、正直これほど気温が低いとは思いもしませんでした。



IMG_0937.jpg
小屋のそばから振り返ると、いつの間にか空には雲が広がっていました。



IMG_0938.jpg
頂上台地はまだ一面雪の原ですが、ところどころ木道が見えていたり、草やキャラボクが出ていたりしていて、確実に積雪量は減っているのがわかります。冬山らしい風景は、もうそろそろおしまいになりそうです。



IMG_0939.jpg
8:48 この時間になるとぽつぽつと登山者が登って来る様になりました。さすがに平日でも人が絶えない人気の山です。


IMG_0941.jpg
8合目から6合目の間の斜面は、融けた雪が凍結してがちがちの斜面になっています。かなり荒れているので、クランポンではかえって歩きにくいぐらいです。


今回もラッセルがあったためか、再び左膝が痛くなってきました。それでも前回ほどではないので、これ以上ひどくならないようにゆっくりと下って、10時40分ごろに駐車場にたどり着きました。

daisen20140304.jpg


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 2014年3月 伯耆大山弥山 | 21:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |