ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

大雪で疲れも倍返しだ!: 石鎚山その3

2014年2月22日~23日 愛媛県西条市 石鎚山(標高1982m) 単独避難小屋泊山行

す~と眠りの淵に落ちそうになると、「グゴォッ!」といういびきの爆音に引き戻され、そういう夢うつつのような状態が午前0時ごろまで続いた後、ようやく騒音に打ち勝つだけの睡魔に襲われて、僕は眠りに落ちたようです。しかし、午前2時前に尿意を催して目が覚めました。弥山山頂のトイレは、山小屋入口の反対側、つまり50mほど登山道を下ったところにあります。”めんどくさ~”と思いながらしばらく寝袋の中で逡巡していましたが、晴れて星空が出ているかもしれないなあと思い、寝袋から這い出して避難小屋の扉を開きました。


IMG_5669.jpg
ひんやりと澄んだ夜の空気の中で、下弦の月が冴え冴えと白い光を満遍なくふりまいていました。頭上にはたくさんの星がまたたいています。まだなんとなく寝ぼけていた意識は水面が静まるようにすっきりと覚醒し、トイレから戻ると準備を整えて外に出ました。



IMG_5643.jpg
天狗岳の上空に浮かんだ月は、暖かくもなく冷たくもない白光で地上を照らし、はるか太平洋上空に広がるうっすらとしたガスをほんのりと輝かせています。


IMG_5689.jpg
天狗岳が霧氷で真っ白だったらもっと美しかっただろうにと残念な気持ちが湧いてきますが、これはこれでなかなか神々しい光景です。



IMG_5659.jpg
西の方向には、遠く松山の明りがまばゆいばかりに輝き、西ノ冠岳から二ノ森へと続く白い稜線が月光に浮かび上がっています。


IMG_5673.jpg
北西方向には新居浜市の明りが燦然ときらめき、その右手方向に瓶ヶ森の白い頂がぼんやりと見えました。


1時間ばかり月夜の天上界を楽しんだ後、避難小屋に戻りました。なんだかお腹が減ったので、お湯を沸かしてスープと行動食で軽く食事をして、再び寝袋にもぐりこみました。相変わらずのノイズに悩まされながらも、さすがに疲れが勝ったのかいつの間にか僕は眠ってしまったようです。


気がつくと時計は5時20分になっていました。この時期の夜明は6時40分ぐらいなので、まだ空が白み始めるまで時間があります。同宿の男性は小屋にはいませんでした。一足先に撮影に出ているようです。久しぶりに静かな小屋の中で、熱いお茶を入れてゆっくりと体を温めるように時間をかけて飲みました。


IMG_5714.jpg
6時前にトイレに行き、カメラを持って天狗岳の見える岩の上に向かいました。地平線が明るくなり、次第に赤く染まり始めます。わずかに風が吹いているものの、気温はおそらく-5度ぐらいしかないのでしょう。ダウンジャケットの上にハードシェルジャケットを着ていればまったく寒さは感じません。厳冬期の山上にしては穏やかで静かな朝でした。


IMG_5749.jpg
やがて太陽が姿をあらわし、世界はまぶしい光が充満する見慣れた風景に変わり始めました。


IMG_5784.jpg
二ノ森が朝日を浴びて赤く染まります。


IMG_5824.jpg
午前7時20分になると、ドラマチックな朝の雰囲気はすっかりなくなって、普通の雪山の風景が広がっていました。ただ、西ノ冠岳の広大な斜面に刻まれた石鎚山の巨大な影が、そのなごりをわずかにとどめていました。


IMG_0902.jpg
撮影を終えて小屋に戻り、荷物をパッキングしてから遅い朝食をとりました。その間に大勢の登山者が登ってきました。どうやら、夜明峠あたりでテントを張っていたグループのようです。総勢20名ぐらいの大集団で、静かだった山頂はたちまち休日の観光地と化しました。どこかの山岳会のようです。


ここで一息。ポチッと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_0898.jpg
9:10 小屋を片付けてパッキングを終えて、下山開始です。


IMG_0900.jpg
最後に天狗岳をもう一度見に行きましたが、夜や夜明け前の神々しい雰囲気はすっかりなくなっていました。


IMG_0906.jpg
山頂直下の雪壁をどうやって下ろうかと考えながら歩いていくと、なんとフィックスロープが設置してありました。朝登ってきたグループが張っておいたのでしょう。だからといってハーネスも下降用のデバイスももっていないので、素手でロープをつかんだぐらいではかえって危険なので、登ってきたときと同じようにアックスを雪壁に打ち込みながら後ろ向きで下りました。左手は遊んでいるよりましということで、フィックスロープを握らせてもらいました。


IMG_0907.jpg
フィックスロープは、半ば埋まりかけた階段のところにも張ってあり、このあたりは便利に使わせていただきました。


IMG_0911.jpg
10:30 夜明峠まで下りてくると、昨日は日陰になって青黒かった石鎚山が、朝日を浴びてまばゆいばかりに輝いています。


IMG_0912.jpg
夜明峠の星空をそのうち狙ってみたいと思います。


IMG_0914.jpg
前社ヶ森からは、今日も瓶ヶ森がよく見えました。


IMG_0915.jpg
遥拝所の鳥居の下から振り返ると、木々の隙間に石鎚山がちらりと見えていました。


IMG_0916_2014030101042096d.jpg
神門が近くなってきたところで、雪だるまのお出迎え。そういば昨年もいたような。今年の雪だるまは、なんとなく悲しそうな表情です。


IMG_0918.jpg
12:30 3時間半かかって成就に戻ってきました。なんだかものすごく疲れました。昨年よりも足の痛みがきついと感じます。それだけタフな状況が多かったということなのでしょう。実際、上りも下りも踏ん張ることが多かったように感じます。大雪が2週続いたおかげで、難易度が上がってしまったようです。大雪の石鎚山に、疲れを倍返しされた感じです。


下山後、駐車場にある温泉でゆっくりと疲れをとり、西条市内のスーパーで昼食とスイーツを買って、高速道路を運転しながら食べていましたが、30分もすると猛烈に眠くなってきました。豊浜SAでちょっと仮眠のつもりが、気がつけば2時間以上も眠ってしまい、そのままSAで夕食を食べて家に帰り、ふたたび爆睡したのでした。足の筋肉痛は、火曜日の夕方になってやっとおさまったのでした。

おわり。

isidutisann201402.jpg



ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 2014年2月 石鎚山 | 01:16 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大雪で疲れも倍返しだ!: 石鎚山その2

2014年2月22日~23日 愛媛県西条市 石鎚山(標高1982m) 単独避難小屋泊山行


15:40 前社が森で20分ほど休憩した後、再び歩き始めました。前社が森からはやや傾斜のある斜面を少し登れば、あとは斜面のトラバースで夜明峠に続く尾根に出られるはずです。


track_yoakasitouge.jpg
ところが、トラバース道になる手前から、トレースはさらに急斜面を直登しているではありませんか。地図の緑色の○印部分ですが、赤線が実際に歩いたルート、青線が夏道のルートです。斜面をトラバースして尾根に出る夏道のルートだと斜度は緩やかで楽チンなのですが、けっこうな傾斜の斜面ということで雪崩や滑落の危険はあります。このトレースをつけた人はそれを嫌って直登したのか、それとも夏道を知らずに直登したのかはわかりません。とにかくこのトレースをたどってみた上でひとつ言えるのは、かなり傾斜のきつい直登であり、そのうえ木の枝などに邪魔をされて歩きにくいし、パウダースノーで足元が滑りやすく、かなり体力を消耗したということです。


IMG_0877.jpg
16:00 ふらふらになってようやく尾根の上に這い出ると、白銀に輝く夜明峠と青黒く聳え立つ石鎚山の威容が目に飛び込んできました。昨年のように夜明峠の木々は真っ白な霧氷に飾られているというわけではありませんが、それでもこのスケール感のある風景は、これだけを見に来る価値があると思えるほどすばらしいものです。


IMG_0878.jpg
夜明峠にはテントが3張設営されていました。ここでテント泊すれば、夜明峠越しの石鎚山と星空の撮影ができるので、テント泊もいいかなと一瞬妥協しかけましたが、まだ時間はあるし、今回はとにかく山頂避難小屋に泊まって、天狗岳の星空撮影をしたかったので、気持ちを改めて先へと進みました。しかし、峠を過ぎて道が再び登り道になってきたところでばててきて、たまらず休憩をとることにしました。そこはすでに石鎚山の影の中へ入ってしまっていて、冷たい風も吹いてきてちょっと寒さを感じます。こんなことなら、日の当たる夜明峠で休憩してくればよかったと悔やんでみても後の祭りです。行動食をとり、暖かい飲み物を口にしてしばらく休むとなんとか歩く元気が出てきました。


IMG_0880.jpg
一の鎖を巻いて夜明峠から一段上の尾根まで上がってくると、そこにもテントが設営されていました。このあたりにこれだけテントがあるということは、山頂避難小屋はいっぱいかもしれないなあという気がしてきました。山頂まで行って避難小屋に入れないとなると、テントを張るしかありません。まあ、山頂は平坦なので整地しなくてすみそうだし、それならそれでいいかということで、とにもかくにも山頂を目指すことにして二の鎖へと向かいました。


IMG_0881.jpg
二の鎖下の鳥居は半ば埋もれかけています。昨年よりも明らかに多く埋まっています。1mぐらい雪が深い感じです。


ここで一息。ポチッと押して休憩したら続きをどうぞ。



IMG_0882.jpg
二の鎖小屋跡から先は、いよいよ核心部です。まずは急斜面のトラバース。ここは前回もそうですが、さらさらと雪が上から流れ落ちてきていて、いつ雪崩れるかとひやひやしながら足早に通過します。しかし、うっかり谷側に体重をかけると足元から雪が崩れるので、急ぎつつも慎重な足裁きが要求されます。


IMG_0883.jpg
最初の階段はかろうじて一人が通れるぐらいの幅だけ見えていました。手摺も掘り出されていて助かります。昨年は半分は見えていたので、今年は先が思いやられます。


IMG_0886.jpg
案の定、すぐ先の階段は雪崩に飲み込まれていて、つかまるものもない急斜面を渡っていかなければなりませんでした。アックスを雪に突き刺して、それにつかまりながら進みます。


IMG_0887.jpg
階段がなくなると、今度は急傾斜の直登がまっていました。つくづくこのトレースをつけた人は直登が好きなようです。しかも、やはり木の枝が荷物を引っ張って先へ進むのを邪魔するようなルートです。

IMG_0888.jpg
17:47 うんざりしながらへとへとになって三の鎖下の便所小屋までたどり着きました。予定ではとっくに山頂に着いているはずの時間ですが、まだもうひと登りしなければなりません。ひとまず息を整えようと座り込んだら、目の前に赤く染まった瓶ヶ森が見えました。あわててカメラを構えて撮影しました。


IMG_0891.jpg
少し休憩してから、最後の登りに取り付きました。ここらあたりは斜面の傾斜がさらにきつくなるので、上から落ちてきた雪で階段はほぼ埋まっています。あまり人が歩いていなさそうな細いトレースを頼りに、急傾斜の雪の壁を渡っていきます。


IMG_0892.jpg
そして、いよいよ最後の階段に差し掛かりました。あるはずの階段は完全に雪に埋まっていて、まったく見えていません。本来は写真右手奥方向に階段があり、その先でUターンするようにして左上にわずかに見えているコルに出るわけですが、そのルートにはトレースは存在していませんでした。代わりに、左上のコルへと突き上げる雪の急斜面を直登するようにトレースが残っていました。60度ぐらいありそうな凍結した雪壁です。しかも、ほとんど手がかりになりそうなものは見当たりません。アックスが2本あればなんとかなりそうですが、まさかこんなルートを登ることになろうとは夢にも思わなかったので、当然ながらアックスは1本だけです。


とりあえず、斜面の雪質を確かめるために少し登ってみたところ、硬く締まっていてアックスを打ち込むと簡単には抜けないぐらいしっかりと刺さります。クランポンの前爪も少し蹴りこみながらつま先が入るだけの凹みを作ってやれば、安定感のある足場になりました。とはいえ、左手は何もつかむものがなくて常に遊んでいるのに等しい状態です。アックスを抜いて打ち込みなおすときに足が滑ったら・・・ と考えるとかなりやばいと思われますが、この壁を10mばかり登れば山頂なのです。ここで撤退はない。覚悟を決めて、雪壁に取り付きました。


IMG_0894.jpg
18:06 ずいぶん長い間、雪壁と格闘していたような気もしますが、実際にはわずか10分程度しかかかっていませんでした。やっと、雪壁を登りきって石鎚山頂へと続く尾根のコルに立つと、西ノ冠岳と二の森の間の空を夕日が赤く染めていました。


IMG_0895.jpg
18:15 5時間もかかって、ようやく夕闇に沈み始めた山頂にたどり着きました。避難小屋には年配の男性が一人いるだけでした。テントの設営をしなくてすむので助かります。寝床を確保して、夕食をとり、ぽつぽつと同宿の男性と話をしましたが、松山に住んでいる方だそうで、山頂避難小屋にはちょくちょく泊まっているとのこと。ラムダのカメラザック5型らしき大型のバックパックに、ニコンのごっついフラッグシップカメラを持っていましたが、バックパックだけで4kg近いのに、さらにくそ重いフラッグシップモデルのカメラまで担いでくるなんて、驚くべき体力です。


食後に星景写真の撮影を考えていましたが、ガスが出てきたため早々に寝てしまうことにしました。どうせ夜中に目が覚めるだろうから、その時晴れていれば撮影すればいいのです。山では臨機応変が一番。ただ、同宿者の盛大ないびきが、心地よい眠りの世界に簡単に落ちることを許してはくれませんでした。

つづく。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

| 2014年2月 石鎚山 | 16:08 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大雪で疲れも倍返しだ!: 石鎚山その1

2014年2月22日~23日 愛媛県西条市 石鎚山(標高1982m) 単独避難小屋泊山行


久しぶりの週末晴天。 しかも二連休。 週末荒天続きに加えてオリンピック中継のおかげで寝不足気味かつ運動不足で体力の低下が気になるものの、ここで行かないでいつ行く!?


思えばちょうど一年前の2月最終週末にも石鎚山を訪れています。何か縁があるのでしょうか。昨年は寒波の最中で真っ白な霧氷の森の美しさにただただ感動し、寒風吹きすさぶ山頂でガスの中から姿を現した白い天狗岳を見て霊峰といわれる理由が少し理解できたような気がしました。さて、今年はどんな石鎚に出会うことができるのでしょうか。


昨年は出発が遅かったため前社が森でテント泊となりましたが、今年は山頂の避難小屋まで行くことにしました。とはいえ、宿泊予約ができるわけでもなく、万が一のことを考えてテント泊もできる装備で出発です。おかげでわずか1泊2日なのに、けっこうな重さになってしまいました。当然、85リットルのバックパックがいい具合に膨れてしまいました。


IMG_0862.jpg
12:50 アプローチの道路脇にも雪が残っていたぐらいですから、上はけっこうな雪だろうなあと思いながら降り立ったロープウェイの成就駅。駅舎を出たところでは、まだそれほどでもありませんでした。これなら昨年よりちょっと多いぐらいかなと思いながら出発しました。


IMG_0863.jpg
駅舎の上まで出てみると、瓶ヶ森山頂は雲隠れ。


IMG_0864.jpg
成就社へ向かう道は、左右に50cmぐらいの高さの壁ができていました。やはり昨年よりかなり雪が多いようです。


IMG_0865.jpg
気温はそれほど低くないのですが、木の枝にはまだ雪がたくさん残っていました。こんな晴天で比較的暖かい日なのに、午後になっても枝の雪が落ちていないということは、それだけ大量の雪が降ったということなのかもしれません。


IMG_0867.jpg
13:25 成就社は屋根まで真っ白になっていました。参道から除雪した雪が山のようになっています。


IMG_0866.jpg
成就社前の白石旅館で登山届けを提出。入口前にあった温度計は-1.5度でした。暖かく感じても氷点下の寒さです。


IMG_0868.jpg
この深い雪の中で神門までしっかりと除雪されていて、ありがたいことです。


ここで一息。ポチッと押して休憩したら続きをどうぞ。



IMG_0870.jpg
神門から先の登山道は、しっかりとしたトレースはついていましたが、なんだかボブスレーのコースのようです。


IMG_0871.jpg
13:45 遥拝所を通過します。


IMG_0872.jpg
やや霞んでいますが、石鎚山がしっかりと見えていました。


IMG_0873.jpg
13:51 八丁に着きました。ここまでつぼ足できたためか、昨年より5分ほど余計にかかっています。もっとも、昨年はこの時点で16時21分だったわけで、気分的にかなりあせっていました。今年はさすがに途中でテント泊するはめになることはなさそうです。この分なら17時過ぎには山頂に着けるだろうと思っていたのですが、それほど甘くはありませんでした。ここでクランポンを装着して先へと進みます。


IMG_0874.jpg
八丁を過ぎて本格的な登りにさしかかると、北向き斜面になり標高もあがってきたためか雪質が変わってきました。八丁までは少し湿った雪で靴底にくっつくような状態でしたが、八丁から先はさらさらの乾いた雪になりました。そのため、クランポンの爪があまり効かないので、勾配のきついところはけっこう苦労しました。その上、午後ということで下山者が多くなるため急勾配ではシリセードで見事にステップをつぶされてしまい、滑り台のようになったトレースを足場を刻みながら登るはめに。本当にむかつく行為です。シリセードは、トレースをはずしてやってもらいたいものです。


IMG_0875.jpg
15:19 昨年、八丁から1時間で着いた前社が森ですが、今年は1時間20分もかかってしまいました。クランポンを装着しても滑るし、シリセードでステップがつぶされていたうえに、今年のトレースはときどき夏道を外れて木の枝が込み入ったような場所を無理やり直登していたりしたので、バックパックが枝に引っかかって余計な時間がかかったためです。なんだかこの時点ですでに二の鎖下まで登ったぐらいの疲労感です。流れ落ちるほどの汗もかくし、けっこうバテ気味です。


IMG_0876.jpg
しかし、ここから瓶ヶ森がくっきりすっきり見えて、その眺めのよさにしばし癒されました。水分補給と行動食をとりながら小屋の中で少し休憩しました。日差しが差し込む窓辺に座っていると、手袋や腕から白い湯気が立ち昇っているのが見えました。さすがに透湿素材だけあって、ちゃんと湿気を放出しているんだなあと改めて感心してしまいました。今回は気温があまり低くないので、手袋はソロイストではなくインナーグローブとシェトランドウールグローブとシェルグローブの3レイヤーをはめてきました。厳冬期に指先が冷たくなってしまう原因がシェトランドウールグローブのへたりだと考えていましたが、もしかしたらインナーグローブの汗冷えというのもあるのかもしれません。そうだとしたら、インナーグローブの予備を複数持って行って、指が冷たくなったらインナーグローブを交換すれば改善されるかもしれません。もしもそうなら、この3レイヤーのグローブシステムもまだまだ使えるかもしれません。

つづく。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

| 2014年2月 石鎚山 | 22:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |