ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

あと100mでまさかの敗退:那岐山その2

2013年12月22日 岡山県奈義町 那岐山Bコース 単独日帰り 



IMG_0577.jpg
13:18 休憩を終えて再び歩き始めました。トレースはけっこう急な斜面をトラバースしていきます。雪もそこそこ深くなってきて、つぼ足ではやや歩きにくい感じです。それにしても、このトレースは本当に正しいルートなんだろうかと心配になってくるぐらい、なんとなく怪しげな場所を通っています。


IMG_0578.jpg
心もち不安になりながらトレースをたどっていくと、前方の木に赤テープが巻いてあるのが見えました。とりあえず、迷ってデタラメにさまよっているトレースではないということがわかり、ひと安心です。


IMG_0579.jpg
13:37 山頂まであと1.0kmの表示がありました。黒滝分岐のところで、あと1.4kmとなっていたので、まだたったの400mしか進んでいないということにちょっと愕然としてしまいました。黒滝分岐からはすでに1時間が経過しています。休憩時間を差し引いても、感覚的には7~800mは歩いたつもりでした。歩いたつもりの半分しか来ていないのです。それほど雪にてこずったつもりはありませんが、予想外に時間がかかっています。


IMG_0580.jpg
先ほどの道標から3分ほど歩いたところで、八合目の道標が見えました。八合目までくれば、あと30分ぐらいのはずです。この道標の前後で上から年配の女性の二人組みが降りてきました。先の男性とあわせてこれで3人が、確実にトレースを残してくれていると考えると、山頂まではあまり労せずに歩けそうです。であれば、確実に15時までには山頂に着けるだろうと考えていいでしょう。


IMG_0581.jpg
やがて、周囲の木々が背の低い細いものに変わってきました。どうやら稜線が近づいてきたようです。しかし、このあたりから徐々に踏み抜くことが多くなってきました。トレースをできるだけ忠実にたどっているはずなのに、足跡の上に足を置いてもずぶずぶと沈みこんでいきます。その深さは、当たり前のように膝上までくるようになりました。


IMG_0582.jpg
木々もまばらになり、傾斜も緩くなって、いよいよ稜線のAコースとの出会いも近くなってきたようです。しかし、ここからがラッセル地獄の始まりでした。


IMG_0584.jpg
雪面に足を踏み出すと、一気に股下まで埋まってしまいます。足を抜こうとしてもう一方の足を出せば、そちらもまた同じように雪に埋まってしまう。ストックも同様で、まともに歩ける状態ではありません。こういう状態が、数m起きに発生し、歩くペースは一気にスローダウンしました。気がつけば、トレースはスノーシューのものだけになっています。さっきすれ違った女性たちは、たしかつぼ足だったはず。その足跡がないということは、彼女たちは山頂から下ってきたわけではないということです。つまり、僕と同じようにBコースで山頂を目指したものの、この稜線付近の深雪ラッセルであきらめて引き返したということのようです。


IMG_0585.jpg
14:01 ようやくAコースとの出会いに着きました。ここを左折してあとはなだらかな稜線を山頂まで歩いていくだけです。多少雪が深いとはいえ、20分もあれば着けるだろうと思っていましたが、これがまったくもって甘い考えだったのです。まさにここから、ラッセル地獄の本番が始まったのでした。


ここで一息。ポチッと押して休憩したら続きをどうぞ。



IMG_0586.jpg
Aコース出会いからわずか20mもいかないぐらいのところで、それは待っていました。わずか1mにも満たないような段差なのですが、そこが乗り越えられないのです。さらさらの雪がたっぷりと積もっているので、まず段差の下でまともに立つことができないのです。なんとかかんとか踏み固めてすこしまともに立てるようにしたら、段差はすっかり大きくなってしまいました。もはや普通に片足を乗せるということができないので膝で無理やり乗り越えようとすると、もろくも雪が崩れ落ちてしまい、まったくあがることができません。キックステップの要領でステップを作ろうにも、さらさらの雪はステップの形にはなってくれません。削ったり、踏んだりしてなんとか段差を越えようと悪戦苦闘して、ようやく段差を乗り越えたときは、すっかり疲れてしまいました。


IMG_0587.jpg
段差を越えてからも、深い雪に足をとられてもがくように進んでいくと、すぐ先に「山頂まで500m」の道標が! 30分前にあと1kmの表示を見たというのに、まだ半分しか来ていないではありませんか。この調子では、残り500mは確実に30分以上かかることは明白です。行く手に暗雲が立ち込めてきたような気がしてきました。前途は多難のようです。



そして、あと500mの道標を過ぎてからは、もはやまともに歩行はできなくなってしまいました。まるで底なし沼のようにずぶずぶと沈みこむ雪に、僕の動きは簡単に止められてしまいました。腰まで沈み込むようになってしまった状態では、足だけで歩くなんてことは不可能です。膝で雪を押し込み、手で雪を掻き分け、ようやく雪から引き抜いた足を一歩前に踏み出せば、あっというまに雪の中に沈み込んでしまいます。両足とも雪の中に埋まってしまうと、にっちもさっちもいかなくなり、足を抜くためにまたもがくということの繰り返しが際限なく続きます。なぜワカンを置いてきてしまったのかと後悔しても後の祭りです。しかし、スノーシューのトレースでさえ相当深くもぐっているところを見ると、ワカンなど無いよりましという程度だろうと思われ、持ってきていてもあまり役に立たなかったことでしょう。



気持ちはあせり、体力は削られ、次第に苛立ちが募ります。口から意味も無く悪態の言葉がこぼれます。誰に言うでもなく悪態をつきながらもがいていて、ふと気がつくと目の前に単独行の男性が独り。「山頂まであと100mほどですよ」と彼が言いました。しかし、あと500mの道標からまだ100mも進んでいないはずです。「さっきあと500mって出てましたけど?」と聞き返すと、なにやら良く聞き取れなかったのですが、とりあえず100mほどだと言っているので、半信半疑ながらもそういうならそうなんだろうと納得することにしたのでした。


その後も、彼が残したであろうスノーシューのトレースをたどるものの、トレースなど何の役にも立たない状態が続きます。そもそも、しまいには歩くことをあきらめて、よつんばいで進み始めました。このほうが遥かにもぐりこまないで進めます。しかし、手のひらを目いっぱい広げても肩まで雪に潜ってしまうことが多々あり、片手がもぐれば必然的に前のめりに雪に突っ伏したような状態になり、手を抜こうとしてもう一方の手で突っ張ると、今度はその手ももぐりこみ、雪の中に顔を突っ込むような醜態をさらすことになってしまうのです。それを何とかしようとすると、もはや雪の上に横倒しになって、雪まみれになりながらのた打ち回ることしかできないわけで、いったいぜんたい自分は何をやっているのかとうんざりしてしまいます。息は切れるし、汗はかくし、疲れて行動するのが嫌になってきます。少し進んでは、ぜーぜーと荒い息を整えますが、次第に体力も気力も失せてきました。


IMG_0588.jpg
やがてトレースが二又に分かれているところにきたので、とりあえず右のほうへ進んでみると、10mも行かないところでトレースはなくなっていました。間違いトレースだったのです。ここまでの労力を返してほしいという虚しい気持ちのまま、二又のところまで引き返し、左側へと進みます。


IMG_0589.jpg
そこから雪と格闘しながら40分近く進んだところで、再びトレースが二又に分かれていました。今度は左へ行ってみるとまたトレースがなくなっていました。この瞬間の複雑な思いを言葉で表現することはできません。やりきれないような気持ちを抱えて、二又の地点まで這うようにして戻りました。


IMG_0590.jpg
そして、右側のほうへ進んでいくと、なんとこちらのトレースも途中でなくなっています。さっきのもそうですが、雪で消えたというのではなく、明らかに進むのをやめて引き返しているのです。しかし、このトレースが先へ進んでいないということは、誰もBコースから山頂へ登っていないということですし、山頂から降りてきた人もいないということです。とすると、ここまでに出会った人たちは、皆Bコースで登って途中で引き返したということになります。しかし、最後に出会った男性は、あと100mで山頂だと確かに言いました。あれは何だったのか。励ますつもりで距離を短めにいったのかもしれないけれど、正直勘弁してと言う感じです。こちらの聞き間違いだったかもしれませんけど。

14:55 二又に別れたトレースの両方が途中でなくなっていて、この先山頂まではトレースの無い深雪を独りでラッセルしなければならなくなりました。粉雪が降りしきる中で、前方に山頂らしきものは見えていました。距離にして100m強というところでしょう。しかし、わずか20m程度の高低差とはいえ山頂まで斜面を登らなければなりません。このまともに歩くことさえできない深雪の中を、さらに登るとなるといったいどれほどの時間と体力が必要になるでしょうか。当初考えていた15時山頂というのは、もはや実現不可能です。仮に山頂まで行ったとしても、ここでこの雪ならばCコース側でも同じはずです。とすると、Cコースを登った人も三角点であきらめて引き返している可能性もあり、那岐山山頂まではトレースがないかもしれません。もしもそうだったら、このあり地獄のような雪原をここから三角点までまた500mも行かなければならないということであり、それに費やす時間は1時間ではすまないはずです。つまり、先へ進むという選択肢はありません。直線距離であと100m程度というところで、撤退がきまった瞬間でした。


そうときまれば、こんな地獄は一刻も早く抜け出さなければという思いがふつふつと湧き上がってきました。休憩することも無く、きびすを返して自分のトレースをたどり始めました。


IMG_0593.jpg
這いずるようにして来た道ですが、さすがに自分のつけたトレースは十分沈み込んでいて、これ以上潜ることが無いだけましです。下り道であることも幸いしました。四つんばいで歩いたような場所はやはり苦労しましたが、それ以外のところは自分のトレースに助けられ、Aコース出会い(Bコース分岐点)までは25分で戻ることができました。


IMG_0594.jpg
ラッセル地獄でかいた汗で、ベースレイヤーもソフトシェルジャケットもじっとりと濡れているのがなんとなくわかるのですが、一番下にドライレイヤーとして着ているノースフェイスのパラマウントタンクが濡れたベースレイヤーが直接肌に触れるのを防いでくれているので、ほとんど汗冷えを感じません。しかし、立ち止まって休憩すると冷えてきそうなので、休みもとらずに一気にBコースを下りました。


IMG_0597.jpg
黒滝分岐には15:51。


IMG_0598_20131226180529889.jpg
五合目は、15:56。


IMG_0599.jpg
渓流にかかる橋には、16:18。


IMG_0600.jpg
そして、Cコースとの合流点には、16:21に戻ってきました。


IMG_0606.jpg
林道は少し薄暗くなり始めていて、空にはわずかに夕焼けが見えていました。


16:40 駐車場所に戻ってきました。6時間弱のスノートレッキングでしたが、想像以上の疲労感がずっしりと体にのしかかっており、新雪の怖さを改めて思い知った気がしたのでした。降雪直後の山行は、くれぐれもスノーシューを忘れないこと。これが今回の教訓でした。


なお、撤退地点は単独行の男性が言っていたあと100mですという言葉で、そのあたりだろうと思っていたのですが、実際にはまだ200m以上はあったようです。


おわり。

ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


那岐山Bコースjpg






スポンサーサイト

| 2013年12月 那岐山 | 18:11 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あと100mでまさかの敗退:那岐山その1

2013年12月22日 岡山県奈義町 那岐山Bコース 単独日帰り 


三連休のつもりが23日に仕事が入り二連休となり、土曜日はどこも荒天で出かけられず、結局いつもと同じ日曜日の日帰り山行となってしまいました。石鎚山の天気予報が晴れだったので日帰りで石鎚山へ行くつもりでしたが、3時に起きて天気予報を再確認してみると、晴れマークは朝の1時間程度しかなく、あとは曇りマーク。てことは、山頂は当然雲の中という可能性が高そうです。この時点で石鎚山への登山意欲は一気にダウン。であれば、県北の山でいいかということになり、だったら6時起きでいいやと二度寝に突入。気がついたら7時30分でした。がっくし・・・


気を取り直してシャワーを浴びて、たらたらと準備をしていたらもう9時前じゃあ~りませんか。今から行ける一番近い山は那岐山しかないということで、あいかわらず行き当たりばったりな山行となりました。


那岐山麓山の駅でトイレを借りて、第一駐車場に向かって積雪路を登っていくと、ワンボックス車が道の真ん中で立ち往生しています。幸い対向車はなかったので対向車線に出て止まらずに追い越していくことができましたが、これで減速してしまったのがまずかった。こちらの車も徐々にスピードが鈍ってきて、スピードメータの横で雪道スリップサインが点燈。タイヤが空転しているようです。アクセルをじんわりと吹かしながらエンジン回転を落とさないようにがんばってみるも、どんどん失速していきます。


もはやこれまでかと思ったとき、失速が収まり逆にわずかながら加速し始めました。第一駐車場に上がるわき道の分岐はすでに見えていますが、ここでこの状態だとさらに傾斜がきつくなるあのわき道を登れるはずはありません。ちょうど路肩が広くなっている場所に差し掛かっていたので、ここに停めることにしました。すでに4台ほど駐車している車があり、おそらく同じようにここであきらめたのでしょう。やはり雪道を走るのなら四輪駆動車にするべきだったなあと実感。那岐山のこの道が上がらないなんてことになるとは夢にも思いませんでした。


今回もスカルパ モンブランGTXの慣らしです。車の中で靴を履き、準備万端整えたものの、先週の毛無山の記憶がまだ残っていたこともあって、ワカンは置いていくことにしました。しかし、これが間違いの元でした。まさかあんな地獄を味わう羽目になろうとは、この時点では想像すらしていませんでした。


IMG_0546.jpg
10:58 出発です。粉雪がさらさらと舞っている天気ですが、風はほとんどなく寒さもたいしたことはありません。すっかり出遅れた感がありますが、那岐山だから雪で遅れても4時間もあれば登頂できるだろうと考えていました。3時に山頂なら下りは1時間半なので、遅くとも5時前には戻ってこられるという目論見です。


IMG_0547.jpg
第一駐車場へと上がるわき道は、けっこう雪がありました。やはり無理して車で突っ込むと身動きが取れなくなっていた可能性が高そうです。


IMG_0548.jpg
車のわだちがついていたわりには、第一駐車場にはまったく車が停まっていません。みな第三駐車場まで登っていったようです。四輪駆動車なら当然そういう選択が可能なわけで、うらやましい限りです。


登っていく途中に、後から軽トラがやってきました。車の後には「4WD」と誇らしげにステッカーが貼ってあります。やっぱ四駆は無敵だねえと関心していると、しばらく先でスタックしていました。”なんで?”と思いながら進んでいくと、なんとその軽トラは4WDではあるものの、タイヤはノーマルでした。運転していた年配の男性に、「そりゃあ、ノーマルタイヤじゃあ上がらないでしょう」というと、「いつもなら上がるんだけど、今日は雪が多いみたでまいった」と言っていました。この時点で、「雪が多い」というキーワードに警戒していればよかったのですが、たいして気にも留めずに先に進んだのでした。


IMG_0549.jpg
第三駐車場には、やはり4台ほどの車が停まっていました。


IMG_0550_201312231702206e0.jpg
11:21 やっと登山道の分岐まできました。


IMG_0551.jpg
登山道に入ると、確かに雪が多いと感じました。ただ、以前来たときもこれぐらいあったと思うので、まあこんなもんだろうというぐらいにしか感じませんでした。


IMG_0552_20131223170341430.jpg
Bコースの分岐です。那岐山には何回か登っていますが、これまではすべてCコースの往復でした。いつも同じ道だと面白くないし、Bコースにもトレースがあるから道迷いの心配もなさそうということで、今日はBコースから登ってCコースで下山する周回コースをとることにしました。天気が良くないので、写真撮影に時間を費やすこともないだろうからというのも理由のひとつです。


IMG_0553.jpg
沢沿いの斜面をほぼ水平にトラバースしていくと、小さな橋が架かっていました。雪で垂れ下がった木の枝が邪魔ですが、枝を払いのけながら橋を渡ります。


IMG_0554_20131223170344461.jpg
渓流は凍結してしまうことも無く、さらさらと流れています。おそらくこの下流に蛇淵の滝があるのでしょう。


ここで一息。ポチッと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_0555.jpg
橋を渡るとやや急な斜面を登っていきます。


IMG_0556.jpg
すぐに傾斜が緩くなり、渓流の左岸に沿って緩やかなトラバース道が続きます。


IMG_0558.jpg
やがて、やや開けた感じのする鞍部のような場所に来ると、渓流から離れて右手の斜面に取り付きます。とはいえ、ここも緩やかにトラバースするように斜上していき、一度切り替えしたらあとは緩やかな植林の中をトラバースする道です。


IMG_0560.jpg
進んでいくと、トレースが二又に分かれていました。左から登ってきたというよりも、下ってきた人がここでまちがえて直進してしまったという感じです。周囲を見渡してみてもテープなど何も見当たらないので、ここは道迷いしやすい場所のようです。このすぐ先は沢があり、道は沢に沿って右へと登っていくようです。左下へと続く間違いトレースがどこまで続いていてどうなったのか興味のある所ですが、時間もないので先に進みます。


IMG_0562.jpg
間違いトレースがあった場所のすぐ上、50mも行かないぐらいのところに分岐路がありました。右へ登っていけばAコースに合流するようですが、かすかなトレースらしきものがあっただけで、この日このコースを歩いた人はいないようです。この分岐路の下で、沢沿いを離れて左へ進むということを忘れないようにと覚えておくことにして進みました。


IMG_0563.jpg
12:23 先ほどの分岐のすぐ先に渡渉点があり、渡渉したところに五合目の道標がたっていました。出発してから1時間20分がたっていて、思いのほか汗をかいていました。休憩もまだとっていなかったので、ここで小休止することにしました。


IMG_0564.jpg
といっても、荷物は下ろさず、たったままポットから熱いドリンクを飲むだけの簡単な休憩です。今回は白湯ではなくてレモン湯というホットレモネードのようなものをつくってきました。お湯だけだと、水分補給と熱補給だけですが、これだとカロリーも摂取できるので簡単な休憩にはうってつけです。


短い休憩を終え五合目を出発してすぐ、上から単独行の男性が降りてきました。彼がBコースのピストンなのかCコースから周回してきたのかわかりませんが、これで山頂までのトレースは心配ないなと安心したのでした。


IMG_0565.jpg
五合目のあった谷筋から小さな尾根に上ると、広大な伐採跡地にでました。このあたりから雪が少し深くなってきたようです。五合目まではせいぜいくるぶしぐらいまでの積雪でしたが、このあたりでは足首まで埋まってしまう感じです。


IMG_0566.jpg
振り返ると、これまた大規模に伐採されてまだら模様になってしまった山が見えました。おそらくAコースが通っている1009.5mのピークでしょう。


IMG_0567.jpg
12:36 黒滝への分岐です。さすがに黒滝方面へのトレースはありませんでした。ここで90度曲がって斜面を直登するようになります。


IMG_0568.jpg
雪は次第に深くなってきました。トレースを踏み外すと、ときどき膝上までもぐりこむことがあります。が、もぐるといってもその程度なので、先週の毛無山と同じぐらいです。それなら全然問題なしということで、気楽に考えていました。雪質もさらさらのパウダーなので、少々もぐっても簡単に足を抜くことができます。


IMG_0569.jpg
右手に見える鞍部に、Aコースが見えます。斜面を登っていくのがAコース。水平なのは林道のようです。


IMG_0571.jpg
伐採後の斜面のトラバースが終わって、やっと尾根筋に出てきたようです。雪は普通に足首が隠れるほどになってきました。このまま尾根筋を登っていくのかと思ったら、すぐ上で、再び森の中へと入っていきます。今度は自然林の斜面をトラバースするように登っていきます。このコースは直登が少なくて斜面のトラバースでつなぐようなルートばかりのため、歩いた距離に対して時間がかかるばかりだし、標高もなかなか稼げません。もっとも、その意味では楽なのですが、Cコースのほうが効率的のようです。Cコースで登ってBコースで降りるほうがいいのかもしれません。


IMG_0576.jpg
13:10 ルートがほぼ水平になっている場所で、小休止することにしました。今回も立ったままですが、さすがにそろそろ固形物を食べないとシャリバテになりそうなので、スニッカーズミニを2個食べました。休憩ついでに、久しぶりに自分撮りです。この時点で標高はおよそ1050mぐらいです。Cコースの大神岩と同じくらいなので、あと2時間ぐらいで山頂のはずです。おおむね目論見どおりのスケジュールです。仮にもっと時間がかかっても、ヘッドライトもあるので問題はありません。この時点では、Cコースから余裕で下山できるつもりでいたのでした。

つづく。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

| 2013年12月 那岐山 | 17:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |