ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スカルパ モンブランGTXデビュー戦: 毛無山~白馬山縦走その2

2013年12月15日 岡山県新庄村 毛無山~白馬山縦走 単独日帰り


IMG_0510_201312181248180f2.jpg
毛無山から白馬山への縦走路には、スノーシューの跡が続いていました。どうやら単独行で歩いているようです。こちらはあいかわらずつぼ足のままです。雪が適度に柔らかく、積雪量もそれほど深いわけではないということもあり、つぼ足のままいけそうです。


IMG_0512.jpg
しかし、毛無山への登山道と違って北風を直接受けるこの稜線は、積雪量が少し多いようです。霧氷のつき方も毛無山9合目あたりよりもボリュームがあります。


IMG_0513.jpg
積雪で垂れ下がった木の枝が行く手をふさいでいたりして、楽々とは歩かせてくれません。しかし、待望の静かな山行がやっとかなったので、気分は上々です。


IMG_0515.jpg
雪山の面白いところは、こういう奇妙な造形物が見られるところ。


IMG_0520.jpg
登山道沿いのブナの大木は、北風を受けてすっかり真っ白になっていました。この厳しい環境の中、おそらく百年を越えるような時間を生き延びてきたのでしょう。その生命力には驚嘆するばかりです。


IMG_0522.jpg
右手方向に登山口のある田浪集落が見えました。わずかに粉雪が舞うような天候ですが、視界はそれなりにあります。


IMG_0523.jpg
12:47 カタクリ広場に着きました。まだ雪に埋もれていないカタクリ広場は、実は初めてです。今年はカタクリの時期に来てみたかったのですが、うまくタイミングが合いませんでした。ここでランチ休憩をしようと思っていたのですが、わりと風があってじっとしていると冷えそうだし、それほど空腹感や疲労感もなかったので、もう少し進んで、風があたらない場所があったら休憩することにしました。


IMG_0525.jpg
道標にしたがって白馬山方面へと進みます。トレースが鳥取県側に降りていたらめんどうだなあと思っていたのですが、白馬山方面へと続いていたのでちょっと安心しました。


IMG_0526.jpg
カタクリ広場のあたりから、霧氷のつき方がさらに増えて、ほとんど厳冬期のそれと変わらない状態です。どんどん白さを増してくるブナ林が、ますます美しくなってきました。


IMG_0527.jpg
新緑のブナ林や紅葉のブナ林も美しいのですが、個人的にはこの純白になったブナ林がもっとも美しいと感じます。しかも、このような姿が見られるのは、年間でもそれほど多くは無いのです。冬でもいつも見られるとは限りません。だからこそ、希少価値があるといえるのかもしれません。


IMG_0528.jpg
白い尾根の道は、次第に雪が深くなってきました。先行者のトレースはスノーシューなので、それほど沈み込んでいませんが、こちらはつぼ足。トレースをはずすと膝ぐらいまでうまってしまいます。場合によっては膝上ということもあり、事実上のラッセル状態です。スノーシューのトレースを忠実にたどれば沈み込みは多少ましですが、このトレースの歩幅が驚くほど広く、身長3mぐらいあるではないかと思えるほどの大またです。なので、簡単には歩幅をあわせることができず、ラッセルを余儀なくされてしまいました。


ここで一息。ポチッと押して休憩したら続きをどうぞ。



IMG_0529.jpg
13時を回ったころ、さすがに疲れてきたので休憩をとりました。ちょうど尾根が下りになるところで、木の下にスペースがあったので、簡単に足で整地をして座って休憩です。本日、初めて腰を下ろすことができました。行動食としてウエストベルトのポケットに入れていたスニッカーズミニを2つと、サーモスのポットから熱いお湯を少し飲んだだけの簡単な休憩ですが、それで十分でした。


IMG_0530.jpg
やがて、前方にピークが見えてきました。あれがおそらく白馬山でしょう。


IMG_0531.jpg
13:50 いったん、鞍部まで下り、ゆるい登り返しを行くと、白馬山山頂です。雪をかぶったベンチがありましたが、風が冷たいし、降雪量が増えてきたこともあって、さっさと下山することにしました。ということで、白馬山は通過しただけとなりました。



IMG_0532.jpg
白馬山から登山口へと下るルートは、少しの間高低差のない尾根を歩きますが、この区間がくせものでした。最初、雪が硬くて歩きやすいなと思っていたら、いきなりズボッと踏み抜いて股下までもぐりこんだりします。その上、雪の下に根曲がり竹が密生していたりするので、足が絡まってなかなか抜けず、雪の上でのた打ち回るようなことになったりと、さながらトラップの仕掛けられた雪原を歩いているような状況でした。


IMG_0533.jpg
ようやくトラップだらけの尾根がおわり、この枯木のブナの先からは下りのルートが始まります。


IMG_0534.jpg
何も考えずにひたすらずんずん下ります。登山口がだいぶん近く見えるようになって来ました。


IMG_0535.jpg
14:34 やっと夏道に合流するところに出ました。結局、ずっとつぼ足で歩き続けてしまいました。クランポンをつけて歩くことができなかったので、クランポンの装着具合を確認することができませんでしたが、次の機会に試してみたいと思います。



IMG_0539.jpg
14:50 登山口の駐車場に戻ってくると、到着時にあった2台の車はもうなくなっていました。


今日はじめて履いたスカルパ モンブランGTXですが、おろしたてで4時間半も歩き続けのような状態だったにもかかわらず、あたって痛くなるようなところは無く、踵が浮くということもなく、適度なフィット感を伴ってすこぶる快適に歩くことができました。詳しくは別途レビュー記事にしたいと思います。


また、スタッドレスタイヤも今回はじめての雪道走行を経験して、ブレーキ性能やグリップ性能などいくつか試してみたので、こちらも別途レビュー記事にする予定です。


毛無山白馬山jpg




ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 2013年12月 毛無山~白馬山縦走 | 13:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スカルパ モンブランGTXデビュー戦: 毛無山~白馬山縦走その1

2013年12月15日 岡山県新庄村 毛無山~白馬山縦走 単独日帰り


先週買ったばかりの冬期登山靴 スカルパ モンブランGTXを早く履いてみたくてウズウズしながら迎えた日曜日。烏ヶ山にでも登ってみようかと思っていたのですが、大山付近はどうやら天気が良くなさそうです。それではということで、那岐山を検討してみるもあまり雪がなさそうです。いくら慣らしとはいえ冬期専用の登山靴を雪の少ない場所で履いて泥まみれにはしたくない。雪があって天候があまり悪くないところということでいろいろと検討した結果、新庄村の毛無山に行ってみることにしました。ちなみに、なぜ毛無山にしたかというと、岡山県冬期道路気象情報システムで新庄村の国道181号ライブカメラをみると雪があったので、当然山にもあるだろうと推測したことと、金曜日頃にニュースで新見市に10cmを越える積雪があったと言っていたので当然隣の新庄村でも同じぐらい降ったはずというのが根拠です。


朝のんびりしていたので、登山口に着いたのは10時過ぎ。積雪はそこそこありました。駐車場で10cmぐらいです。昨年は4WDのレガシーだったので、少々の積雪やワダチなどものともせず、難なく停めたいところに停められたのですが、今年のN BOX+はFFでしかもタイヤ径が小さいためか、けっこう深い雪の中で切り替えしたりするのが大変でした。うかつに突っ込んでスタックしては大変なので、とりあえずワダチのある所に車を停めておいて、駐車場所を除雪してから車を入れました。


IMG_0492.jpg
10:21 準備を終えて出発します。駐車場には自分以外の車が2台。先行者がいるようなので、ラッセルの心配はなさそうです。今日はスカルパ モンブランGTXの慣らしが目的なので、とにかくたくさん歩くつもりです。


IMG_0493.jpg
しかし、正面入口へ行くとトレースがありません。マジですか? と思いながら真っ白な雪に足を踏み入れます。


IMG_0494.jpg
50mほど先で左側からトレースが入ってきていました。これでラッセルの心配はなくなりました。


IMG_0496.jpg
沢沿いから山のほうへ登山道が入る場所です。このあたりでも積雪は20cmもないぐらいで、まだまだ厳冬期に比べると楽チンです。


IMG_0497.jpg
雪が多くないため、トレースは夏道をたどっています。最近は雪の多い時期にしか毛無山に登っていないので、この道標を雪の中で見るのは初めてです。


IMG_0498.jpg
11:10 五合目です。山の南側で森の中ということもあって、風が無く気温も2度ぐらいだったので、次第に汗をかくようになってきました。天気予報ではけっこう気温が低いようだったので、ほぼ厳冬期に準じるウェアで来たのが失敗でした。


IMG_0500.jpg
夏道が冬道として利用される尾根に合流するところです。もっと雪が多くなると、この尾根の右手から登ってきます。


ここで一息。ポチッと押して休憩したら続きをどうぞ。



IMG_0501.jpg
トレースは忠実に夏道をたどっていて、八合目の大岩の下もきっちり通過しました。この岩の下を通るのは久しぶりです。七合目あたりから雪が深くなり、つぼ足で登るのはけっこう大変になってきましたが、雪が柔らかいのでクランポンをつける必要は感じません。ただし、滴り落ちるほどの大汗をかいてしまいました。


IMG_0502.jpg
11:53 やっと頂上へ続く尾根上にでました。笹原の上に雪が積もっているためか、ときどき大きく踏み抜いたりします。


IMG_0504.jpg
12:04 九合目避難小屋まで来ました。厳冬期であれば軒下まで雪が積もっていますが、さすがにこの時期はまだそんなことにはなっていません。お昼時なので小屋で昼食にしようかと思いましたが、先客がいるようです。後からけっこう騒がしいパーティーも迫っているので、彼らが小屋へ入ってくれることを祈りつつそのまま山頂へ行くことにしました。


IMG_0505.jpg
しかし、小屋を過ぎてしばらくすると、後のパーティーもそのまま登ってくるのが見えました。静かな山行はお預けです。ひたすら白い森の中を進みます。気温は-1.7度と、ぐっと低くなりましたが、風がそれほど強くないので、ハードシェルを着なくても寒さは感じません。


IMG_0509.jpg
12:15 山頂に着きました。途中ジャケットを脱ぐために少しの間荷物を下ろした以外、休憩なしで山頂まで登ってきてしまいました。天気はいまいちで、眺めもあまりよくありませんが、ひとまず休憩でもしようかと思ったものの、後続のパーティーがかしましく登ってきたので、休憩はやめて白馬山方面にそのまま進むことにしました。朝、わりとカロリー高めの菓子パンを2個食べたためか、あまりお腹も減っていないし、2時間ノンストップで登ってきたわりに疲労感もありません。おろしたてのスカルパはすこぶる好調で、あたるところもないし冷たさも感じません。この靴ならまだまだ歩ける、そんな気分にさせてくれるいい靴です。

つづく。



ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

| 2013年12月 毛無山~白馬山縦走 | 23:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |