ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

今年の立山は寒かった: 立山その4

2013年5月1日~5日 富山県立山町 立山 単独テント泊 


5月5日(日)
午前1時。剱岳の星景写真を撮るのなら、今出発すれば間に合うはずです。しかし、すっかり体が冷えてしまい、その上睡眠不足に疲労もあって、すぐに行動する気力が湧きません。ひとまず2時まで仮眠を取って体を休めることにしました。しかし、それですっきりと起きることができるはずはなく、目が覚めたのは午前3時を回った頃でした。この時間に起きていては、朝焼けの剱岳すら撮影することはできません。


なんとなく結果はわかっていたようなところがあったものの、やっぱり撮影機会を逃したという現実は少なからずショックです。まだ寝ぼけている頭でどうしようかと考えていると、昨年のことが思い起こされました。室堂乗越から夕焼けの剱岳を撮影したではありませんか。朝焼けだと方角的に真横に近いのであまり良いアングルではないものの、それでも撮れないよりはましです。それに室堂乗越までなら1時間ぐらいで行けるはずです。


そうと決まれば即行動! 寝袋から抜け出し、装備を整え、カロリーメイトと紅茶でささっと朝食を済ませたら、クランポンを装着して出発です。時計を見ると午前4時。急げ!


出発してすぐに、新室堂乗越下の斜面にいくつか明かりが動いているのが見えました。どうやらすでに奥大日岳方面に向かっているパーティーがいるようです。


雪が締まっているのを幸いに、ずんずん進みます。不思議なことに、ほとんど息が切れません。雷鳥沢を越えて、新室堂乗越に向かって斜面をトラバースして行くときも、まったくしんどいという感じがないので、普通に平地を歩くような感じです。入山してから5日目だし、昨日、一昨日と2日連続で雷鳥坂を登っているので、完全に高地順応していたのかもしれません。


新室堂乗越下の急傾斜のところで、ついに先行パーティーに追いつき、そのまま追い越してしまいました。いったいどうなってんだろうかと思いつつも稜線まで一気に上がり、そのまま室堂乗越に向けて進みました。


室堂乗越手前の撮影ポイントについたのは4時35分ごろ。テント場から新室堂乗越まで30分かからないぐらいで駆け上がった計算になります。我ながらちょっとびっくりです。


IMG_2845.jpg
まずは足場を作って三脚をセットし、剱岳が焼けるのを待ちます。なかなか焼けてこないので、立山と三日月の写真を撮ったりしてタイミングを待ちます。


IMG_2866.jpg
空が赤く染まり始め、剱岳の山頂付近もかすかに染まり始めました。


IMG_2877.jpg
望遠レンズで寄ってみると、赤く染まっているのがわかりますが、やっぱりこの角度ではだめでした。来年は剱御前小屋に泊まって、チャンスを待ったほうがよさそうです。


P1030799.jpg
奥大日岳も朝日を浴びて輝きます。デジカメが自動補正してしまうので、せっかくの赤色が消えてしまうのが残念。


P1030801.jpg
立山方面も浄土山が染まり始めました。


5時50分頃に撮影を切り上げて撤収です。来た道を戻りながら、このままテント場に戻って下山するか、それとももう一度剱御前を目指そうかと考えていました。朝焼けの剱岳を撮り損ねた上に、日中の剱岳の姿も撮影しないで帰ったのでは収穫なしに等しい山行になってしまいます。高度順応したためか体は元気だし、時間もまだ早いので3度目の正直を目指して剱御前に行くことにしました。


P1030802.jpg
新室堂乗越を通り過ぎ、そのまま雷鳥坂に合流して上を目指します。朝早いので、登っている人はちらほらです。


P1030804_20130604215516.jpg
今日はさすがに快晴の天気が続きそうな雰囲気です。


P1030806_20130604215518.jpg
7時35分に2792mのピークに着きました。前方に剱岳が堂々と聳えているのが見えます。先行者は女性が一人。「いい天気でよかったですね」と挨拶を交わして、僕が三脚をセットしている間に女性は下山していきました。


IMG_2901.jpg
誰もいなくなったのを幸いに、セルフで記念撮影。EOS6Dはリモコンが使えるので、最近はもっぱら6Dで記念撮影をするようになりました。いちいちタイマーをセットして走る必要がないので、好きなタイミングで好きなポーズで好きなだけ枚数を撮ることができて便利です。それにしても、銀河鉄道999の車掌みたいな写真になってます。


P1030807_20130604215639.jpg
2792mのピークから見た剱岳。鋸のような八つ峰の稜線を右に広げて、背後に後立山連峰の名だたる名峰を従えた様はまさに王者の風格です。高さこそ3000mにわずか1m満たないものの、山としての格は他の3000m峰に勝るとも劣らないと感じます。それでは、この稜線をたどって剱御前を目指したいと思います。


ここで一息。ポチッと押して休憩したら続きをどうぞ。



P1030809.jpg
比較的広くてなだらかな稜線ですが、西側はけっこう急峻に切れ落ちています。ガスに巻かれたりするとやばいかもしれません。先行者の足跡はありますが、姿は見えません。朝早くに剱岳を目指したクライマーのものなのでしょう。


P1030810.jpg
剱御前と思われるピークが近づいてきました。


P1030811.jpg
雪に埋もれた道標がありましたが、判読不能でした。


P1030812_20130604215645.jpg
三角点がありました。このあたりで三角点があるのは剱御前と剱岳だけなので、剱御前に間違いなさそうです。


P1030813_20130604215736.jpg
剱御前からは剱岳の足元までど~んと見えるのかと思っていましたが、別山尾根が足元を隠していて、別山側からの眺めのほうが良かったかもしれません。


P1030814.jpg
剱沢の消えていく方向には後立山連峰が見えていました。まだ未踏の頂ばかりなので、どれがどれやらさっぱりです。


IMG_2967.jpg
ひととおり撮影をおえたら、最後に記念撮影で終了です。さっさとテント場に下りて下山しようと準備をしていると、3人組のオヤジパーティーが登ってきて、一眼レフでシャッターを押してくれといいます。まさに出発しようとしているタイミングです。「三脚もってないんですか?」と聞いたら持っていないとの事。一眼レフまで持って登ってきて、それで記念撮影もしようというのなら、小型の三脚ぐらい持って来なさい! 


IMG_2968.jpg
別山乗越まで下りてくると、剱御前小屋の前でパラグライダーが飛ぼうと悪戦苦闘していました。剱岳の上に浮かぶ赤いパラグライダーは絵になりそうなので、カメラを構えて飛び立つのを狙っていましたが、風が悪いのかなかなかうまくテイクオフできません。


IMG_2987.jpg
パラグライダーが飛び立つのをずっと狙っていたのですが、パラグライダーはうまく飛びたてずにずるずると下に下がっていって、かなり下のほうでようやくテイクオフしました。そのためすぐに見えなくなってしまい、期待したようなシーンは見られませんでした。


P1030817.jpg
12時ごろテント場に戻り、軽く食事をしてから撤収です。14時過ぎに準備が整っていざ出発です。


P1030818.jpg
帰路は登りになるので、少しでも楽なルートということで、例年通り雪上車がつけたルートをたどって帰りました。重い荷物を背負って雷鳥荘の前の急坂を登る気にはなれません。


P1030820.jpg
歩き始めてすぐガスが出て天気が崩れてきたのですが、ミクリガ池のあたりまで来ると再び晴れてきました。


P1030821.jpg
剱岳も見送ってくれています。


午後4時ごろ室堂ターミナルに着いたのですが、美女平行きのバスは大混雑です。整理券を貰って待つこと1時間近く。ケーブルカーの混雑緩和のために立山駅直通バスに運よく乗れたので、途中でケーブルカーに乗り換えることなく座ったままで立山駅まで戻ることができました。

おわり。



ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 2013年5月 立山 | 22:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今年の立山は寒かった: 立山その3

2013年5月1日~5日 富山県立山町 立山 単独テント泊 


5月4日(土)
もともと天気予報では崩れるとなっていたのではじめから期待はしていませんでしたが、朝起きるとやっぱりどんよりとした曇り空でした。とりあえず朝食をとり、出かけられる準備をしてみたものの気分は盛り上がりません。


ところが、西の空に青空が見え始め、なんとなく天気が好転しそうな雰囲気が出てきました。明日は晴れという予報なので、もしかしたら少し天気の回復が早まったのかもしれません。テント場でうろうろしていてもしょうがないので、好天を信じて昨日あきらめた剱御前にもう一度アタックしてみることにしました。


P1030789.jpg
どんよりとして視界もあまりきかない雷鳥坂を登ります。天気が良くないというのに多くのスキーヤーが登っています。


P1030790_20130531233634.jpg
天気は少しずつ良くなってきました。振り返ると室堂のあたりは日がさし始めました。


P1030792_20130531233636.jpg
ところが、登るほどにガスが濃くなってきて、ついでに風も強くなり、別山乗越に着くと、まさにブリザードといってもいいような状況です。横殴りの強風が雪を巻き上げてたたきつけてくるので顔が痛いし冷たいしで、公衆トイレに逃げ込みました。フェイスマスク付のネックゲイターで顔をガードし、ハードシェルのフードをしっかりかぶって、完全冬山装備でブリザードの中に出てみたものの、視界は50mもない程度で、こんな状況でどこに行っても何も見えないし楽しくないのは明らかです。速攻で撤収を決めて、そのまま下山を始めました。


ここで一息。ポチッと押して休憩したら続きをどうぞ。




P1030796.jpg
強風がたたきつけるような雪の急斜面を慎重に下り、雷鳥坂の上部までもどると、視界がクリアになり風も弱まってきました。雷鳥坂にはあいかわらずたくさんの人が列をなしています。たしかに、雷鳥坂を登っている限りは、ちょっと天気が良くないという程度にしか思わないでしょう。ほんのわずかな高低差でこれほど天候が変わるのですから、冬山は侮れません。


結局、お昼過ぎにはテントに戻り、まったりとすごして4日目が終わったのでした。


IMG_2781.jpg
夜11時ごろ、目が覚めたので外を覗いて見たところ、満天の星空が広がっていました。2日連続で高低差500mの雷鳥坂を登ったこともあって、すぐに飛び起きることができるほどの体力気力はありませんでしたが、明日は下山予定日なのでこれが最後のチャンスです。疲れた体に渇を入れて寝袋から抜け出し、撮影に出かけることにしました。


IMG_2802.jpg
気温は-4度ぐらいでした。風は強くはないものの少しあるので、冷えないようにダウンの上下をハードシェルの下に着たままテントを出ました。はじめは天の川がまだ上ってきていませんでしたが、午前0時ごろになると立山の上空に天の川がかかり始めました。


IMG_2822.jpg
テント場に近づいたり離れたりしながら、かれこれ2時間近く撮影し続けたためすっかり体が冷えてしまいました。そこそこ納得の行く写真が撮れたところで撤収です。



つづく。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

| 2013年5月 立山 | 23:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今年の立山は寒かった: 立山その2

2013年5月1日~5日 富山県立山町 立山 単独テント泊 


5月3日(金) 

IMG_2645.jpg
明け方、テントからちらっと外を覗いたときはガスっていたのですっかり油断していたのですが、明るくなって外を見ると雲ひとつない快晴でした。やられたよ~と思いながらも、急いで朝食をとり、準備をして8:30に出発です。目指すは別山乗越。


IMG_2655.jpg
前夜降った雪のせいで、奥大日岳が純白に輝いています。


P1030759_20130526144414.jpg
キャンプ場を回りこんで雷鳥坂に向かいます。


P1030760.jpg
立山も砂糖菓子のようです。


P1030761_20130526144417.jpg
剱御前小屋のある別山乗越までは、標高差が約500mありおおむね2時間の行程です。ほぼ一本調子の上り坂が続くので、歩けば歩くだけ標高が稼げるルートです。その意味ではアップダウンのあるルートに比べると効率がよく、個人的にはこういうルートが一番好きです。


P1030762_20130526144419.jpg
1時間半ほどで奥大日岳のピークが目線と同じぐらいの高さになってきました。


P1030763_20130526144420.jpg
しかし、雷鳥坂はまだまだ続きます。


IMG_2690.jpg
振り返れば、なだらかにうねる白い室堂平の向こうにドームのような浄土山がくっきりと見えています。


P1030766.jpg
雷鳥坂をほぼ登りきったところに立つと、奥大日岳はすでに眼下に見えるようになっています。


P1030769.jpg
目の前には険しい岩壁が剱御前へと続いています。今日はこの尾根をたどって剱御前まで行ってみることにしました。


P1030771_20130526144518.jpg
別山乗越にある公衆トイレの壁には、エビの尻尾がびっしりと張り付いていました。昨晩、けっこう吹雪いたのかもしれません。この時期にこんなものが見られるなんて、さすがに北アルプスは甘くありません。


P1030773.jpg
剱御前小屋の前まで来ると、剱岳が見えました。一年ぶりの再会です。今年は、朝陽に赤く染まるその姿を撮りたいと思ってきたのですが、雷鳥沢からだと午前2時前に出て雷鳥坂を登ってこなければなりません。気温が0度ぐらいならいいのですが、今年のように-7度にもなるとちょっと考えてしまいます。というのも、-7度の中で2時間行動し、それからさらに1時間ほど撮影をすると相当体が冷えてしまうと予想されます。テントが近ければすぐに逃げ込むこともできますが雷鳥沢ではどうにもなりません。剱御前小屋に宿泊でもしていないと、朝の撮影は厳しそうです。


ここで一息。ポチッと押して休憩したら続きをどうぞ。



P1030775_20130526144520.jpg
けっこう風が強くて寒かったので、剱御前小屋の脇で休憩をしていたら、あっという間に剱岳の山頂にガスがかかり始めました。あわてて記念撮影するも、時すでに遅し。


P1030777_20130526144617.jpg
とにかく、まだ晴天は続いているので、当初の予定通り剱御前に向けて出発です。剱御前小屋のある別山乗越からゆるやかな斜面を北西方向に登っていくと、すぐに2792mのピークです。ピークに立っていた道標らしきものはエビの尻尾に覆われていて何が書いているのか読めません。厳冬期には見慣れた光景ですが、いまは5月。まさかこんなものを見ようとは想定外でした。


P1030778_20130526144619.jpg
2792mピークから先は、風がそこそこきついものの特に険しい稜線ではないので、ひとまず行ってみることにしました。剱岳のピークはあいかわらずガスに隠されています。はたしてガスは消えてくれるのでしょうか。


P1030779_20130526144621.jpg
ところが、進んでいくうちに奥大日岳よりも下にあった雲海がどんどん高さを増してきて、ついに目線よりも上に上がってきました。西からの強い風に流されて、どんどん剣岳のほうへ押し寄せてきます。


IMG_2756.jpg
そして、ついに剱岳は完全にガスに包まれてしまいました。こうなってしまうと万事休すです。標高2800m近い稜線で天候の急変にでもあったらやばいので、剱御前はあきらめて下山することにしました。


P1030781_20130526144622.jpg
2790mピークの背後の立山もすっかりガスで隠れています。


P1030783.jpg
13時には別山乗越を通過して雷鳥坂方面へと向かいましたが、この頃には暴風雪といってもいいような状況で、視界もかなり悪くなっていました。


P1030784_20130526144739.jpg
しかし、天気が悪かったのは上のほうだけで、下るにつれて風は弱まり、視界もクリアになってきました。雷鳥沢のキャンプ場には色とりどりのテントがあふれんばかりに立ち並んでいて、連休後半が本格的に始まったことが実感されました。今年は昨年のように傍若無人でやかましい団体の隣にならないことを願うばかりでしたが、幸い自分のテントの周囲には大型テントが設営できるようなスペースがなかったので、静かなテント生活を送ることができました。


P1030786_20130526144741.jpg
午後からは雲の多い空模様になっていたのですが、夕方になって少しの間雲が切れて立山が赤く染まったのでした。

つづく。



ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

| 2013年5月 立山 | 14:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今年の立山は寒かった: 立山その1

2013年5月1日~5日 富山県立山町 立山 単独テント泊 


9連休にすることができた今年のGW。前半は白馬あたりで山に登らずに山岳写真を撮影し、後半は立山でテント泊ということも考えていたのですが、残務処理が若干残っていたため前半は出かけることができませんでした。天気もあまり良くなかったみたいなので、まあ結果オーライです。


せっかくなので、今年は長期のテント泊をすることにして、5月1日に入山して5日に下山、すなわち4泊5日のテント生活に挑戦です。縦走で4泊というのはありますが、1箇所に4泊というのは初めてです。雷鳥沢は水洗トイレと水場が完備されていて、しかも山小屋のお風呂に入浴することができるので、4泊でもおそらく快適な生活が楽しめるものと思っていました。しかし、今年の立山はまだ冬将軍が居残っていました。凍えるような強風と降雪、夜間の冷え込みでかなり体力を消耗し、帰宅後1週間が経っても疲労感が抜けず大変でした。


高速道路の半額割引を利用するために、4月29日の深夜11時30分頃に岡山ICから山陽自動車道にのったのはよかったものの、走り始めてすぐにソフトシェルジャケットとハードシェルパンツを忘れてきたことに気がついて呆然・・・。次のICで下りて取りに戻ったら確実に29日中に高速道路に乗ることは不可能です。かといって、行動着をもたずに山に入るわけにも行かないので、万事休す。その日は家に戻ってふて寝しました。


4月30日(火)
連休の谷間の平日ということで高速道路の半額割引が使えないので、例年と同じ節約コースで行くことにしました。中国自動車道吉川ICまで一般道を走り、舞鶴自動車道の小浜終点から敦賀まで再び一般道、敦賀から富山まで北陸自動車道を経由するルートですが、休憩も含めておおよそ8時間のドライブです。高速道路の休日割引があれば、このルートとほぼ同じ金額で岡山から富山まで高速道路で一気に走れるので、おそらく6時間ぐらいで着けるはずです。出発日というのも重要です。返す返すも、昨晩の失態が悔やまれます。


20時過ぎに富山に着き、いつものように温泉と食事を済ませて、立山駅へと向かいました。平日ということもあって、立山駅の駐車場は空きスペースがたくさんあり、昨年とほぼ同じ駅に一番近い場所に停めることができました。


5月1日(水)
連休中日の立山ケーブルカーは始発が6:40と少し遅いのですが、念のため6時前に窓口に行ってみると、まだ10人ぐらいしか並んでいませんでした。荷物を下ろして列に並ぼうとしていると、ちょうど窓口が開いてくれて、全然並ばなくて済みました。もちろん始発のチケットをゲットです。モニターには、室堂の気温が-7度と表示されており、あまりの低さにちょっとびっくり。真冬なみです。


混雑していないためか、荷物もケーブルカー車内に持ち込みOKでしたが、やっぱり席には座れませんでした。美女平からのバスに揺られているうちに、晴れていた空には雲がかかり始めました。


P1030742.jpg
室堂に着いたときはすっかり曇り空です。今日は午後から崩れるとの予報なので、早くテントを張ってしまおうと、すぐに雷鳥沢に向けて出発です。


P1030743_20130522185112.jpg
雷鳥荘の前から見えたテント場はガラガラでした。ここからの下りでいつも踏み抜いて足を取られて大変なんですが、今年は気温が低いため雪がしまっており、全然踏み抜かずに歩けました。


P1030744_20130522185115.jpg
管理棟の入口前にちょうどいい感じの幕営跡があったので、労せずにテント設営ができました。雪が硬いので、ペグダウンも土のときと同じように差込むだけでOKです。これまででもっとも楽で早いテント設営となりました。


テントが張れた頃に、空からちらほらと白いものが落ち始めました。小粒の霰のような小さな雪粒です。時間はあるものの、天気が良くないし視界もあまりないので、遠出はやめて雷鳥を探してテント場周辺を歩いてみましたが、今年は雪が多くほとんどハイマツが隠れていて、気温が低いせいもあるのか雷鳥の姿はまったく見られません。テントに戻って、2時過ぎまで時間をつぶし、その後雷鳥沢ヒュッテで入浴し、19時ごろには寝ました。しかし、真夜中あたりから急激に気温が下がり、明け方にはテント内でも-7度まで気温が下がっていました。


今回持ってきた寝袋は、厳冬期用のプロモンテではなく、使い古しのニッピンの3シーズン用寝袋です。単体では-3度ぐらいで限界(カタログスペックでは-15度ですが)というものなので、当然寒くて眠れません。GWの時期にこれほどの低温に遭遇するとは思ってもいませんでした。過去2回の雷鳥沢でのテント泊経験は、全然役に立たなかったわけです。雪山、恐るべし!



ここで一息。ポチッと押して休憩したら続きをどうぞ。




5月2日(木)

P1030749.jpg
快晴の朝でした。早朝5時とはいえ気温はかなり低く、テントは凍り付いてバリバリです。もっと早起きすれば星空も見えていたかもしれませんが、初日ということで寒さ慣れしていないこともあり、とても夜中に起き出す気力が出ませんでした。


IMG_2607.jpg
とりあえず、カメラを持って朝の風景を撮ろうと出かけました。立山の上空には残月が出ています。


IMG_2610_20130522185301.jpg
奥大日岳のピークが赤く染まり始めました。


P1030750.jpg
テントに戻って朝食を済ませ、別山へ行こうとテントを出ると、なんと空にはたくさんの雲が!? まあ、天気予報では崩れるとなっていたので予報どおりではありますが、朝の快晴ですっかりその気にさせられていただけにがっくり。立山山頂にはガスがまとわりついており、かなり強風が吹いているようです。当然別山もガスの中。


こうゆう日は無理に登ってもしょうがないので、雷鳥探索に切り替えて、みくりが池の辺りを散策してみることにしました。しかし、雷鳥の姿はおろか、鳴き声すら聞こえません。


P1030755_20130522185403.jpg
室堂ターミナルの近くまで来ていたので、お昼でも食べて帰ろうかとターミナルに入りましたが、連休後半が始まっていたため大混雑です。


P1030753_20130522185402.jpg
うんざりして外に出ると、出入り口前の無料でシャッター押しますという観光写真業者のところがまたまた混雑しており、山に来たという感じがしません。入下山時以外はターミナルに近づくべきではありませんでした。


P1030757_20130522185405.jpg
そそくさとテント村に戻り始めると、なんと雪が降り始め、風も強くなって、ちょっとした吹雪の状態になってしまいました。


P1030758_20130522185406.jpg
このまま天気は下り坂だろうなと思ったので、まっすぐキャンプ場へ戻りました。上から見たキャンプ場は、それほどテントは増えていません。テントに戻ると持ってきた小説「神々の山嶺」を読んでのんびりし、3時ごろお風呂に入ってさっさと寝たのでした。雪はずっと降り続き、その夜も昨晩同様に気温が下がったのでした。


つづく。



ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

| 2013年5月 立山 | 19:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |