ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

再び雪の石鎚へ ~ 今度はテント泊: 石鎚山その2

2013年2月23日~24日 愛媛県西条市 石鎚山(標高1982m) 単独テント泊山行



日の出の時間は概ね午前7時ごろ。朝6時30分に山頂に着くということで逆算すると、午前5時には出発する必要がああります。朝食、お湯の沸かしなおしなどで2時間かかるとして、時計のアラームは午前3時にセットしました。ちなみに、夕食後に外の様子を見てみたところ、ガスで星空は見えなかったので、星景写真の撮影は中止です。


前述のとおり、なかなか寒さで寝付けなかったのですが、南アルプスのときと同じくシルクのインナーシーツを寝袋の中に入れると寒さがおさまり、眠りにつくことができました。


目が覚めたのは午前2時を回った頃でした。前日は2時間しか行動していなかったので疲れもなく、わりとすっきりと目が覚めました。3時までまだ時間があるしもう一眠りしようと思っていましたが、なんだかわけもなく時間がかかってしまった正月の仙丈ケ岳山行を思い出して、2時30分には寝袋を出ました。


食事を済ませ、荷物を片付けて準備万端整ったところで時計を見ると、なんと5時前。30分早起きしたのが幸いしました。やっぱり冬は知らない間に時間が経ってしまいます。


P1030510.jpg
4:58 一晩お世話になった、前社が森の小屋に別れを告げて出発です。写真はなぜかピンボケでした。


P1030512.jpg
5:19 夜明峠です。


P1030511.jpg
真っ暗で、風があり、ときおりゴーゴーとものすごい音で周囲の木々がざわめきます。冷静に考えれば、真っ暗な山の中にたった一人でいるのですからかなり恐ろしい状況ですが、不思議となんとも感じません。強風で消えかけたトレースを探しながら先へ進みます。


P1030513.jpg
夜明峠から先は足跡が風で運ばれた雪で埋め尽くされており、わずかな痕跡だけの状態でした。


P1030514.jpg
5:55 気がつけば目の前に二の鎖下の鳥居がありました。標高が上がったためか、ガスが出始め、風も少し強まってきました。鳥居の上のほうにライトの明かりが2つほど見えています。こんな時間に下りてくる人がいるなんてどういうことだろうといぶかしく思いながら登って行くと、明かりのともるテントが一張りあり、中に人がいるのがわかりました。後でわかったことですが、なんと斜面に雪洞を掘って泊まっているパーティーがいて、テントは食事用に張ってあったものでした。


P1030517_20130304171656.jpg
二の鎖下から先は、いよいよ核心部です。急斜面のトラバースと、雪に半分埋もれた鉄階段をたどります。出だしの急斜面のトラバース部分は、すでに雪に埋まっており、ラッセルが必要な状態でした。そのうえ、硬い雪の上にさらさらの新雪が30cmほど積もった状態で、表面の3cmほどだけ半分クラストしたような状態です。足を乗せるとずぶりと沈み込むのですが、その時斜面下側の雪の表面が30cm角ぐらいの板状に割れて、下の柔らかい雪と一緒にズリ~と流れていくのです。踏み出した足に体重をかけると、そのまま雪と一緒にずるずると斜面下へわずかに滑るので、かなり慎重に歩かざるを得ません。これが大きな斜面だったら雪崩そうな雰囲気です。今は気温が低いので大丈夫そうですが、気温が上がるとちょっと怖い斜面です。帰りは早めに降りたほうがよさそうだなと思いながら通過しました。


P1030518_20130304171657.jpg
鉄階段は、昨年同様半分は雪に埋もれています。場所によってはすべて埋もれているところもありました。


P1030519.jpg
階段のところはあまり問題はないのですが、とにかく急斜面のトラバースに時間がかかります。三の鎖下につく頃には、回りは明るくなっていました。


P1030520_20130304171657.jpg
山頂直下の階段は、完全に雪に埋まっており、そのうえ凍結してカチカチになっています。かろうじて踏み跡が残っていたので、慎重に踏み跡をたどって凍結した斜面をトラバースしました。


P1030521.jpg
6:53 予定より少し遅れてしまいましたが、なんとか7時前に山頂にたどり着きました。しかし、山頂は完全にガスの中です。天狗岳のシルエットすらみえません。もちろん、夜明けの色も、太陽の姿も何も見えません。気がつけば、右足の指先だけがギンギンに冷えて痛みがあります。左足のほうはちょっと紐が緩く感じていたのですが、そのことがかえって血流を妨げずによかったようです。


ドアが開け放しになっていた避難小屋に入って靴紐を緩めて、撮影の準備をして外に出ました。


天狗岳を望む神社の前には、体格のいい男性が一人カメラを三脚に乗せてシャッターチャンスをまっていました。昨晩から避難小屋に泊まりこんでいたようです。「ガスが晴れると良いですね」と少し言葉を交わして、僕も彼の少し上でカメラを三脚にセットしました。温度計は-9度をさしています。風はかなりの強さで拭いています。おそらく風速10m毎秒ぐらいあるでしょう。ソフトシェルの上にダウンジャケットを着て、その上からハードシェルを着ていますが、じっとしているとやはり冷えます。小刻みに体を動かしながらガスが晴れるのを待ちましたが、なかなか晴れてくれません。


約1時間が経過した頃、ようやくガスが途切れ始めました。瞬間的ですが、ときどき太陽がその姿をぼんやりと見せるようになって来ました。


ここで一息。ポチッと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_0778.jpg
そして、待ちに待った天狗岳のシルエットも見え隠れするようになって来ました。


IMG_0787.jpg
ガスの中から太陽と共に姿を見せ始めた天狗岳は、やっぱり神秘的です。


IMG_0848.jpg
突然ガスが薄くなって、天狗岳がその姿を現しました。目の高さを猛烈なスピードでガスが流れ飛んでいくのを見ていると、まるで空を飛んでいるかのような錯覚を覚えます。


IMG_0869.jpg
岩壁を身をよじるように這い上がり、頂を飲み込むように流れてゆくガスは、まるで生き物のようです。


P1030526_20130304171935.jpg
9:10 ガスが飛び去り、朝のドラマチックな時間がおわりました。風は相変わらず強いのですが、天狗岳は落ち着いた表情に変わりました。


P1030522.jpg
日差しが降り注ぐようになり、風の当たらない避難小屋前にいると気温の低さを忘れるほどです。


P1030530_20130304171935.jpg
西ノ冠岳と二の森もはっきり見えるようになりました。


P1030531.jpg
9:45 避難小屋の中で軽く朝食をすませると、下山することにしました。


P1030533.jpg
三の鎖下から黒いドームのような天狗岳が見えました。


P1030534.jpg
1920.5mの無名の三角点峰に日差しがさしています。


P1030536.jpg
二の鎖下まで戻ってきました。アックスからストックに装備を変更して休憩無しで下山します。


P1030539_20130304172045.jpg
夜明峠を過ぎたところから振り返ると、石鎚山の上にのしかかっていた雲の塊が徐々に千切れ飛んでいっているのが見えました。この調子ならすっきり晴れるかもしれません。


P1030540_20130304172044.jpg
10:55 前社が森に着きましたが、小屋の中や前に休憩中の登山者が数名いて場所がなかったので、休憩はなしで通過します。


P1030541.jpg
昨年美しい霧氷の花を咲かせていたブナの巨木も、今日はすっかり地味な冬枯れの姿です。


P1030542_20130304172207.jpg
11:31 八丁まで下りてきました。さすがに疲れが出たので休憩することにしました。クランポンをはずし、足元もすっきりして、ここからの登り返しに備えます。


P1030545_20130304172208.jpg
疲れた体にこたえる登り返しは、延々と続くようでげんなりしてきます。


P1030546_20130304172208.jpg
12:17 長い長い坂道が終わり、やっと成就社まで戻ってきました。


P1030547_20130304172209.jpg
今回、山中で1泊させていただき、また暗く寒い中無事登頂と撮影ができたので、成就社にお礼のお参りをしていくことにしました。


P1030548.jpg
12:43 だらだらとした下りの坂道ですっかり足が痛くなってしまいましたが。ようやくロープウェイ駅に着きました。今度は雪がなくなった時期に、星景写真狙いで訪れたいと思います。


石鎚山1jpg

石鎚山2jpg

 ■山行データ
<1日目往路所要時間> 1時間52分(休憩時間を含む)
山頂成就駅15:32→成就社16:01→八丁16:21→前社が森17:24

<2日目往路所要時間> 1時間55分(休憩時間を含む)
前社が森4:58→夜明峠5:19→二の鎖下5:55→弥山山頂6:53

<復路所要時間> 2時間58分(休憩時間を含む)
弥山山頂9:45→二の鎖下10:18→前社が森10:55→八丁11:31→成就社12:17→山頂成就駅12:43

<登山道情報>
八丁から上の登りは雪が少ない急斜面なので滑りやすく、八丁でクランポンを装着しておいたほうが無難。前社が森の小屋裏トイレは使用可能。二の鎖下から山頂までは、急斜面や凍結した斜面のトラバースがあるため、ストックでの通過は危険。アックスに持ち替えてから入ること。また、ステップを切りながら登る必要があるところもあるので、前爪のない4本や6本のクランポンの場合は引き返したほうがいい。山頂のトイレは使用可能。



ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 2013年2月 石鎚山 | 17:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

再び雪の石鎚へ ~ 今度はテント泊: 石鎚山その1

2013年2月23日~24日 愛媛県西条市 石鎚山(標高1982m) 単独テント泊山行


昨年の2月に訪れて、見事な霧氷に感動しまくった西日本の最高峰であり四国の名峰であり古くからの霊山である石鎚山に行く機会を、今シーズンに入ってからずっとうかがっていました。1月のほうが雪が多くコンディションはよかったらしいのですが、どうも昨年の成功体験に影響されて2月まで引っ張ってしまいました。しかし、2月になっても四国に大雪が降るような天候にならず、どうも今年は外れ年になってしまったのかもしれません。気がつけば2月も最後の週末です。厳冬期は終わってしまうのです。では、いつ行くのか? いまでしょう!


というわけで、23日は午前中に仕事が入っているというのに、1泊2日で出かけることにしました。日帰り可能なのになぜ1泊するのかというと、夜と朝の写真が撮りたかったからです。そのためには、どうしても前日に入山しておかなければなりません。石鎚山ロープウェイの始発は午前8時。その時間に入山していたのでは、山頂につくのはどうがんばってもお昼前。ありきたりの写真しか撮れません。


しかし、問題もあります。石鎚山山頂小屋は冬季は休業しており、営業している山小屋はありません。成就社の前に営業している旅館はありますが、そこに泊まってしまうと日の出前に山頂に着くためには午前2時ぐらいには出る必要があります。それでは宿代がもったいなさ過ぎます。山頂にある避難小屋に泊まるのがもっとも合理的かつ理想的なのですが、日のあるうちに山頂に着くためには遅くとも午後1時にはロープウェイの山頂成就駅を出発しなければなりません。ということは、少なくとも岡山を午前10時には出なければいけないということになります。はたして仕事が入っているのにそんなに都合よくいくのでしょうか。山頂避難小屋に都合よく泊まれればよし、もしもだめなら途中でビバークせざるを得なくなるので、テント泊の準備もしておくことにしました。


23日、仕事が片付いたのは10時30分でした。その後、装備の再点検やらなんやらでいつの間にか時間は11時をまわってしまいました。取引先に届けなければいけない書類があったのでちょっと寄り道し、昼食時間を割愛するためにおにぎりなどを買って瀬戸中央道早島ICから高速に乗ったときには、すでに12時をまわっていました。


いつもなら時速90kmぐらいでのんびり走行するところを、120kmぐらいでがんがん走り、石鎚山ロープウェイ下の駐車場には2時30分ぐらいに着きました。3時発のロープウェイに乗ろうと重い荷物を担いで坂を上っている途中で、発車のベルが無常に鳴り響くのが聞こえました。


P1030484_20130227123054.jpg
結局ロープウェイに乗ったのは3時20分でした。


P1030485_20130227123054.jpg
乗客は僕だけ。こんな時間に上に行くやつなんて、スキーヤーやボーダーでさえいません。


P1030486.jpg

P1030487.jpg

P1030488.jpg
おかげで、昨年はまったく眺めることができなかった景色を、のんびり楽しめました。


P1030489.jpg
15:32 予定から遅れること2時間30分で、山頂成就駅を出発しました。雪がないかと思っていましたが、道が隠れる程度には積もっていました。


P1030490.jpg
瓶ヶ森に見送られながら歩きます。


P1030491.jpg
16:01 成就社です。白石旅館の前でバーナーを使っていた登山者から、「今からですか?」と怪訝そうに尋ねられ、「はい、泊まりなので」と答えながら登山口のほうへ進みます。神門の手前にあるポストに登山届けを入れようとしたら、なんと投函口はガムテープでふさがれており、使用禁止状態。冬季の登山者のことはあずかり知らないということなのでしょうか。取り出し口になっている扉も開かないので、隙間から無理やりねじ込んでおきました。まあ、あの状態だと春になるまで誰も回収しないでしょうから入れても意味がないのですが、とりあえず気休めです。


P1030493.jpg
16:15 遥拝所を通過します。この時点で太陽がすでにかなり低い位置にあります。石鎚山が立ちふさがっているので、日没時間よりも早く日が翳ってしまうはずです。明るいうちにどこまでいけるだろうかと少し心配になってきました。


P1030494.jpg
16:21 八丁です。出発して50分になるので休憩したいところですが、時間がないので通過します。


P1030496.jpg
八丁を過ぎると本格的な急登が始まります。階段には雪が積もり、坂道も踏まれた雪の斜面なので歩きにくいのですが、ひとまず行ける所までつぼ足で行くことにしました。最初の急登はなんとか乗り切りましたが、試しの鎖の手前の登りは無理だろうなと考え、道が尾根上の平坦になったところでクランポンを装着しました。


P1030498.jpg
左手の林の向こうに瓶ヶ森が見えます。夕日にほんのりと赤く染まってきました。下半分は石鎚山の長い影がすでに覆い隠しています。


ここで一息。ポチッと押して休憩したら続きをどうぞ。



P1030500.jpg
17:20 試しの鎖まで来ました。雪に埋まっていますが、踏み跡がついていたので、誰か通った人がいるようです。


P1030501.jpg
当然ながら、僕は巻き道を進みます。


P1030502_20130227123528.jpg
17:24 前社が森に着きました。あたりはだいぶん暗くなってきました。


P1030505.jpg
夕日に染まる瓶ヶ森の上空に、丸い月が浮かんでいました。満月が近いようです。


さて、時間も時間なのでどこで泊まるかを決めなければなりません。
プランAは、日が暮れてもそのまま山頂まで行ってしまう。
プランBは、夜明峠もしくは二の鎖下でテントを張る。
プランCは、ここでテントを張る。

プランAは、真っ暗になってから一番リスクの高い山頂直下の急斜面を登らなければならず、たどり着いたとしても狭い山頂避難小屋がいっぱいだったら万事休すになるので却下。

プランBについては、今から進んだとしても夜明峠(よあかしとうげ)まで行ったら暗くなってしまうはず。テントを張るなら比較的平坦な夜明峠のほうがよさそうですが、かなり風も強いようで、ときおり山を揺さぶっているかのような猛烈な音が聞こえてきます。暗い中で、しかも強風下でテントを張るのは、容易なことではありません。こちらもそこそこリスキーです。

プランCの場合、前社が森の小屋の中はテーブルなどが片付けられていますが、石ころが転がっていてテントを張るのは厳しそうです。しかし、正面入口のところだけ石ころがない場所があり、ちょうどソロテントひとつ分ぐらいのスペースがあります。ここには水場はありませんが、トイレがあります。テント泊するには、夜明峠よりもよさそうなので、プランCで行くことにしました。


P1030509.jpg
オープンスペースとはいえ、小屋の中にテントを張るので、フライシートは使わずにシングルウォール仕様で行くことにしました。フライシート無しで使うのは、初めて北岳でこのテントを使ったとき以来2回目です。小屋内なのでもちろんペグダウンはなし。なので設営はいたって簡単でしたが、それ以上にフライを張る必要がないというのも相当楽チンだと感じました。今度テントを買うときは、シングルウォールテントも検討する価値があるなと思いました。


この日の19時頃のテント内気温は-3度ぐらいでしたが、やたら寒くてなかなか寝つけませんでした。テントシューズを持ってこなかったので、足の冷たさがなかなか解消しなかったというのもあるのですが、寝袋に冷気がしみこんでくるような寒さが続きました。-10度だった正月の南アルプスでもここまで寒くなかったのになぜ?

原因をいろいろと考えてみましたが、寝袋を出してからまだ1時間程度しか経っていないため、本来の断熱効果を発揮できるところまでロフトが回復していないのではないかと思われます。テント泊では、いつも初日が寒いというのは経験上わかっていましたが、いままでは単に寒さなれしていないのと、重い荷物を担いで疲れているせいだと思っていました。しかし、どうやらそれだけではないようです。少なくとも、寝袋を袋から出して4時間ぐらい経たないとロフトが回復しない可能性があります。この日も、だいぶ経ってから寒さが和らいできて、やっと眠りにつくことができました。


つづく。



ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

| 2013年2月 石鎚山 | 12:29 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |