ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

12日遅れの初日の出登山:伯耆大山その2

2013年1月13日 鳥取県大山町 伯耆大山・弥山(標高1709.4m)日帰り山行



P1030174.jpg
少し前まで頭を上に上げないと見えなかった大山の稜線が、横を向くだけで見えるようになってきました。朝の澄んだ空気の中に透明感を伴って白い斜面が波打っています。


P1030175.jpg
ルートを示す竹ざおは、まるで魚の背びれのようになっていました。


P1030176.jpg
雪面にあるわずかな突起に、エビの尻尾というよりも白い花びらが折り重なるような不思議な造形を見せていました。


P1030181.jpg
太陽はすでに地平線から顔を出しているのですが、稜線にさえぎられてまだその姿を見ることができません。12日遅れとはいえ、2013年の初日の出を見るつもりだったのに、結局日の出の瞬間はぜんぜん見られませんでした。なんだかなぁ・・・


P1030182_20130119223214.jpg
まるで湿り気のないさらさらの粉雪の上を、一筋の踏み跡がのびています。もうすぐ頂上です。


P1030183_20130119223323.jpg
真っ白い雪原と化した頂上台地がゆったりと広がります。


P1030185.jpg
看板の淵にだけエビの尻尾がびっしり。なぜ真ん中にはつかないのか不思議です。


P1030187_20130119223324.jpg
8:16 頂上避難小屋に着きました。砂糖菓子のような状態になっていますが、正面の入口から出入りできる状態でした。


P1030190_20130119223325.jpg
弥山から眺める剣が峰へと続く稜線には、雪庇が張り出していました。雪が少ないとはいえ、さすがに雪庇が発達するぐらいの気象条件にはなっているようです。


P1030192_20130119223326.jpg
南側を見下ろすと、一ノ沢と二ノ沢らしき白い谷が伸びているのが見えました。


P1030194.jpg
上から避難小屋を見ると、けっこう雪に埋もれています。


P1030196.jpg
しばらく撮影していると、3人のパーティーが剣ヶ峰への稜線に進んでいきました。よっぽど跡をたどろうかと思いましたが、彼らの装備に比べると裸も同然なので、身の程知らずの冒険はやめました。


P1030198.jpg
三角点で稜線を進むパーティーを見ていましたが、さすがに体が冷えてきたので避難小屋に引き返します。


P1030199.jpg
小屋の入口はこんな状況でした。中に入ってお茶でも飲もうかと思いましたが、クランポンをはずすのがめんどくさかったので、日のあたる小屋の横で休憩することにしました。ちょうど小屋が風除けにもなって、寒くなかったので助かりました。


P1030205_20130119223420.jpg
弥山の頂上では、新たなパーティーが剣ヶ峰へ向けて縦走の準備を進めています。やっぱり、ロープやスノーバーなどのちゃんとした装備を持っています。この稜線は、やっぱそれなりの準備をしていないと、万一のことを考えるとうかつに足を踏み入れることはできません。


P1030206.jpg
9:10 日が昇って、空には薄い雲が広がってきました。どうやら晴天は朝一番のごく短時間だけだったようです。であれば長居は無用です。元谷を経由して下山することにしました。


P1030208.jpg
頂上台地に光が差し始め、シュカブラを立体的に浮き立たせています。


P1030211.jpg
薄雲が広がり始めたとはいえ、天候はそれほど崩れる気配はありません。視界も良好です。


P1030213.jpg
頂上台地の突端まで来ると、白い尾根をたくさんの人が登ってくるのが見えました。


P1030214.jpg
元谷も良く見えます。避難小屋の脇にはテントが3つほど見えました。


P1030216.jpg
七号尾根らしき尾根を、どこかのパーティーが登っているのが見えました。深いラッセルに苦労しているようです。あの尾根なら、縦走ほどの装備がなくてもいけそうな感じです。


P1030219_20130119223706.jpg
10:05 行者コース分岐まで下りてきました。行者コースは初めてですが、元谷のほうへ降りてみることにします。


P1030220.jpg
コース入口すぐの場所から、三鈷峰が正面に見えました。


P1030222_20130119223707.jpg
けっこう急な坂道を下ります。トレースがいがいと踏まれていて硬いので、新雪のようにかかとからがんがん行くことができず、かなり足に負担がかかります。


P1030223_20130119223707.jpg
北壁を眺めながら下れるいいルートですが、気温が高くなってきて上から雪爆弾が猛烈に落ちてきて困りました。


P1030228_20130119223810.jpg
10:41 元谷です。下りの踏ん張りでけっこう汗をかいてしまったので、休憩をかねてフリースを脱ぐことにしました。



ここで一息。ポチッと押して休憩したら続きをどうぞ。





P1030231.jpg
すっかり空が白くなってしまい、せっかくの北壁も迫力不足でいまいちでした。元谷の奥で、犬を連れたグループが遊びに来ているようでしたが、おばさんが大きな金切り声を上げてやたらと犬を叱り飛ばしているので、うるさいしうっとおしいしでうんざりです。しつけは家でやってきてほしいものです。ついでに飼い主のしつけも誰かしてくれないものでしょうか。


P1030235.jpg
元谷を越えて、林道入口へと向かいます。けっこう雪が深くて、ちょっと踏み跡をはずすと膝下までずっぽりでした。


P1030236.jpg
行者コースにも踏み跡がありましたが、めんどくさいので林道で帰ることにしました。


P1030237_20130119223812.jpg
ハイシーズンになると、カーブミラーは頭だけ残して埋もれているし、林道も平坦な状態ではなくただの斜面と化しているのですが、このときはまだ道としての雰囲気をしっかり残していました。


P1030239_20130119223922.jpg
11:26 下宝珠越え入口です。踏み跡がついていました。


P1030240_20130119223923.jpg
ここから行者コースのほうへと下ります。


P1030242.jpg
11:33 大神山神社に着きました。


P1030243_20130119223924.jpg
参道の階段はすっかり白い斜面になっていました。


P1030244.jpg
普通に参道をくだっても面白くないので、旧参道から金門のほうへまわってみることにしました。ここから左へ入って行きます。


P1030245.jpg
踏み跡はありましたが、さすがにひとり分しかありません。


P1030246.jpg
金門が見えてきました。


P1030247_20130119224042.jpg
両側から巨大な岩が迫っている、まさに門のような場所です。


IMG_0377.jpg
天気がよければ、元谷とその奥の北壁がなかなか見ごたえがある場所なのですが、今日はぼんやりしていまいちです。


P1030249.jpg
参道に戻って、駐車場へと向かいます。


P1030251.jpg
12:16 駐車場に戻ってきました。朝5時前から行動していたので、かれこれ7時間ほど歩いていたことになります。おなかもすいたし、さすがにけっこう疲れました。

 ■山行データ
<往路所要時間> 3時間35分(撮影・休憩時間を含む)
南光河原駐車場4:53→三合目5:51→六合目避難小屋6:49→弥山山頂8:28

<復路所要時間> 3時間30分(撮影・休憩時間を含む)
弥山山頂8:46→行者コース分岐10:05→元谷10:41→大神山神社11:33→駐車場12:16

<登山道情報>
このときは雪はそれほど深くはなかったですが、1月18日あたりにかなり積もったようなので、状況は変わっているはずです。

夏山登山道とはいえそこそこ傾斜があるので、1合目あたりからクランポンを装着しておいたほうが登りやすいと思います。冬季は4本爪などは役に立ちませんので、軽装備で安易に登らないように。




ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

| 2013年1月 大山弥山 | 22:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

12日遅れの初日の出登山:伯耆大山その1

2013年1月13日 鳥取県大山町 伯耆大山・弥山(標高1709.4m)日帰り山行


せっかくのチャンスを寝過ごして、正月に仙丈ヶ岳から初日の出を見ることができなかったわけですが、その後当然のことながらわざわざ初日の出を見るためだけに早起きなどできるはずもなく、すっかり正月気分も消えてしまったのでした。


成人の日がらみの連休が三連休になれば八ヶ岳にでもと思っていたら、中日の13日以外は仕事が入ってしまい、そのもくろみもパー。しょうがないので、大山にでも登ろうかと思っていたら、うまい具合に13日だけ晴れマーク。ただし、晴れのち曇りなので、たぶん朝のうちだけ晴れるのだろうと考え、それならば12日遅れの初日の出登山にしようと思い立ったのでした。


早く寝ようと思いつつ、結局ベッドに入ったのは23時30分。すぐに寝付けたのですが、なぜか1時30分に目が覚めてしまいました。これでは睡眠不足でつらいぞと思いつつも、ここで二度寝したらたぶん朝までコースになってしまうと思い、シャワーを浴びて目を覚まし、2時30分頃に出発したのでした。


下道を走ると3時間ぐらいかかってしまうので、今回は素直に高速道路をひた走り、南光河原駐車場に4時30分ごろ到着。かなり埋まっていましたが、3台ほどの空きスペースがあり、なんとか車を止めることができました。


P1030137.jpg
4:53 まだ真っ暗で誰もいない駐車場を出発します。


P1030139.jpg
路肩に雪の壁ができていましたが、夏道への上り口には踏み跡があり、すぐにわかりました。


P1030141_20130116123843.jpg
踏み跡はしっかりとしまっていましたが、かちかちに凍結しているわけではなく、前日に積雪があったようです。


P1030143_20130116123843.jpg
5:11 一合目です。風はわずかにある程度ですが、明け方ということでけっこう冷えます。天気予報では、山頂付近の気温が-1度程度とこの時期にしては暖かそうだったので、中厚手のウールインナーの上にソフトシェルジャケットという服装で来たのですが、さすがに保温層が薄すぎたようで、かなり体温を奪われる感じです。


P1030144_20130116123844.jpg
5:29 二合目です。このあたりから吹き降ろしの風が出てきました。動いていればそれほど寒さは感じないと思っていたら、けっこう体が冷えてきました。道の傾斜もきつくなり、クランポンなしでは厳しいところも出てきたので、風がしのげるところが見つかり次第、クランポンを装着し、フリースを着ることにしました。


P1030146.jpg
5:51 結局、途中にいい場所がなく、三合目まできてしまいました。三合目の道標前がちょうど風があまり当たらない状況だったので、ここでクランポンを装着します。体がかなり冷えてしまったようで、なんとなく気分が悪いような感じがしました。寝不足が原因かとも思いましたが、ソフトシェルの下にフリースを着て体が温まると回復したので、冷えすぎて体調が悪くなっていただけのようです。


P1030148_20130116123945.jpg
真っ暗な森の中を歩いていくと、周りの木々がぼんやりとヘッドライトに浮かび上がり、ちょっと幻想的です。枝に雪がついているので、それが光を反射して浮かび上がらせるのでしょう。


P1030149_20130116123945.jpg
6:08 四合目です。まだまだあたりは真っ暗です。このあたりから枝に着いた雪の量が増えてきました。エビの尻尾も見かけるようになってきました。前日は、そこそこ吹雪いたのかもしれません。


P1030150_20130116123945.jpg
6:24 五合目です。突然あたりが白くなってきました。ガスが出始めたようで、このまま上までガスの中だと嫌だなあと思いながら先に進みます。


P1030152.jpg
6:49 六合目避難小屋に着きました。あたりはようやく白み始め、周囲の風景も多少見えるようになってきました。ガスは相変わらずです。避難小屋入口は雪に閉ざされることもなく、普通に立ったまま出入りすることができました。今年は、まだそれほど積雪が多くないみたいです。中に入って少し休憩しました。



ここで一息。ポチッと押して休憩したら続きをどうぞ。




P1030153.jpg
7:00 ストックをアックスに持ち替えて、避難小屋を出ました。東の空がだいぶん明るくなっています。


P1030157.jpg
少し登るとガスが消え始め、北壁が良く見えるようになってきました。


P1030163.jpg
7:14 東の空が赤く色づいてきました。三鈷峰が朝焼けの空にエッジを刻んでいます。


P1030165.jpg
登山道の先を見上げると、すでに下山してくる登山者がいます。日の出前に下山してくるなんて、どういう理由なのかと不思議に感じます。


P1030166.jpg
三鈷峰の背後にある雲が紫色に染まってきました。


P1030167_20130116124150.jpg
このまま朝焼けになればと思いましたが、上空には雲がなく、期待したほどには焼けませんでした。


P1030168_20130116124151.jpg
下に目を向けると、大きな波のような雲が大山に向かって押し寄せてきます。


P1030169.jpg
三鈷峰の足元に到達した雲は、そのまま駆け上がってくることなく、元谷手前で立ち往生です。少しの間撮影で足を止めると、すぐに手足の指がしびれてきます。それほど気温は低くないとはいえ、氷点下で風に吹かれていると長い時間立ち止まっていることはできません。


P1030170.jpg
7:40 草鳴社ケルンは、まるで大きな翼のような姿になっていました。ニケの翼を思い出しました。


P1030171.jpg
元谷手前で立ち往生していた波のような雲は、いつの間にか消えていました。雲海になることをひそかに期待していたのですが、それも期待はずれのようです。


P1030173.jpg
頂上大地の突端まできました。空はすっきりと晴れ渡っています。


つづく。




ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

| 2013年1月 大山弥山 | 12:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |