ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

シーズン初の雪山!: 比婆山連峰出雲峠トレッキングその2

2012年12月16日 比婆山連峰出雲峠~毛無山中腹



P1020978.jpg
ランチにたっぷり1時間をかけた後、避難小屋の周辺を散策してみました。出雲峠はなだらかな斜面がゆったりと広がる場所で、峠というよりも高原のような雰囲気です。そこに、大きな木がまばらに生えていて、新緑や紅葉の頃に来ると気持ちよさそうな感じです。


P1020979.jpg
避難小屋の少し上にちょっとした雪原があり、そこが出雲峠です。


P1020980.jpg
烏帽子山と比婆山の鞍部に相当する場所ですが、先行していたご夫婦の足跡は、烏帽子山方面に向かっていました。


P1020981.jpg
振り返ると、ゆったりとした毛無山の姿が見えていました。


P1020983.jpg
カメラを手に散策するぽんきちぽんたさん。


P1020984.jpg
きれいな雪に衝動を抑えきれずにダイブ!


P1020987.jpg
彼女の顔型ですが、ゴリラに見えてしまうのは気のせいでしょうか? エイプス? 


P1020988.jpg
遊んでいるうちに午後2時近くになってしまいました。ちょっとあわて気味に準備して出発です。せっかくなので、クランポンを装着していくことにしました。何事も使ってみないと慣れませんから。なお、美しすぎるので、顔はNGだそうです。


P1020989.jpg
ぴかぴかのクランポンは、ブラックダイヤモンド コンタクトクリップ10本爪。ステンレスの爪がキラリと光ります。


P1020990.jpg
13:51 時間が遅くなってしまったので、毛無山の山腹を巻くトレッキングコースを歩いて帰ることにしました。


P1020991.jpg
等高線に沿って緩やかに登っていく道なので、まったくしんどくありません。余裕で写真も撮れます。


P1020992.jpg
出雲峠下の広場の様な場所を上から見下ろします。雪崩ビーコンの捜索訓練をするのに、よさそうな感じです。


P1020994.jpg
毛無山への登山道分岐です。途中に3箇所あるうちの1箇所目です。トレースはありませんでした。


P1020995.jpg
まだ雪は少なく、笹の葉がたくさん見えています。これがすべて隠れるぐらい積もらないと、雪山の雰囲気になりません。


P1020997.jpg
天気はすっかり快晴です。


ここで一息。ポチッと押して休憩したら続きをどうぞ。



P1020998.jpg
ぽんきちぽんたさんはおろしたてのセラッククリップでしたが、べた雪のために雪団子がしっかり付着してます。僕のグリベルには、まったく雪団子は着きません。やはりグリベルのクランポンに装着されている猫の肉球のようなアンチスノープレートが、雪団子付着防止には抜群の効果があるようです。


P1020999.jpg
毛無山への登山道分岐2箇所目です。このあたりでほぼ標高1000mになります。なんだかんだいいながら、1000mまで登ってきたのですから、それなりの登山になっています。


P1030001.jpg
14:46 2箇所目の登山道分岐で大休止をとりました。荷物を下ろしてお茶とお菓子の時間です。近くの枯れ枝に、妙に鮮やかな緑色をした繭のようなものがぶら下がっていました。けっこうあちこちにあります。昆虫の繭みたいですが、何なんでしょうか。


P1030003.jpg
休憩を終えて先に進みます。夕方の斜光が大きなブナの木を立体的に際立たせます。


P1030004.jpg
15:41 3箇所目の毛無山登山道分岐です。毛無山山腹を巻く道はここでお終い。ここからは毛無山登山道を下山するだけです。この道は、秋に来た時に下った道なので気も楽です。


P1030006.jpg
すっかり傾いた日差しで、影がなが~く伸びます。


P1030007.jpg
登山道に沿ってなにやら3本指の足跡が。おそらく、キジではないかと。


P1030008.jpg
まるで登山道を歩くかのように、ルートに沿って続いています。


P1030009.jpg
16:30 暗くなる前に林道まで戻ることができました。


P1030010.jpg
初雪山&雪山デビューを祝って、ダァーッ!


gpsmap_hobayamaizumotouge_jpg.jpg


■山行データ
<往路所要時間> 1時間20分(休憩時間を含む)
駐車場11:00→出雲峠12:20

<復路所要時間> 2時間49分
出雲峠13:51→毛無山正面登山道分岐15:41→駐車場16:40


<登山道情報>
積雪量は多いところで10cm程度。まだまだ冬山のはしりといった感じでした。今回歩いたコースは、急なところはなく、クランポンはまったく必要ありません。スノーシューやワカンも、かなり積雪が増えないと必要なさそうです。雪山初挑戦とか、スノーシュートレッキングに向いているコースだと思います。






ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 2012年12月 比婆山連峰出雲峠 | 22:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シーズン初の雪山!: 比婆山連峰出雲峠トレッキングその1

2012年12月16日 比婆山連峰出雲峠~毛無山中腹


前週末の大寒波で、中国地方の北部もすっかり雪山となり、ようやくシーズン突入です。昨年は12月に入ってから突然のめまいと首や背中の筋肉痛で年が明けるまでどこにも出かけられない状態でした。今年も11月に入ってから同じような首と背中の筋肉痛に悩まされていますが、なんとか動ける状態なので行ってきました。


とはいえ、体調は万全というわけではないし、雪山デビューのぽんきちぽんたさんといっしょということもあり、今回は広島県北部にある比婆山連峰の出雲峠までのスノートレッキングということにしました。


時間や体力に余裕があれば、比婆山や毛無山山頂も視野に入れつつ、10時ごろ県民の森公園センターに到着。シーズンはじめはいつも準備に手間取るもので、のんびりしていたらあっという間に1時間が経過・・・


P1020952.jpg
11:00 ようやく準備が整って、出発だぁ~! 今回、僕の装備にもデビューのものが2つ。1つはオスプレー ケストレル38というバックパック。もうひとつがバーグハウスのジョラスソフトシェルジャケット。どちらも、後日レビューを予定してます。


P1020953.jpg
公園センター前の六の原橋を渡り、スキー場を左手に見ながらを林道を西へ向かいます。


P1020954.jpg
スキー場は前日の15日からオープンしているようですが、下部のゲレンデは滑走できるような状態ではありません。なので、人の姿はまったく見えません。音楽は流れているので、上のほうだけ営業しているのでしょう。


P1020955.jpg
林道脇の雪の上に、4本爪の足跡が! クマじゃないの?というぽんきちぽんたさんですが、この大きさでクマはないでしょう。なら、子グマでは? と。これから冬眠に入るという時期に子グマがいるとも思えないし、たぶんタヌキの足跡かなあということで決着。


P1020956.jpg
6度と気温が高いため、雪は半分融けかかったような状態です。まるで、春山にきているみたい。


P1020957.jpg
11:17 キャンプ場のあるところまで来ました。天気予報では晴れとなっていましたが、いまのところどんよりと曇っています。


P1020958.jpg
左手下にきれいな渓流を見ながら、林道を進みます。


P1020959.jpg
右側の斜面上から、透明な水がさらさらと流れ下っていました。


P1020960.jpg
11:30 日が差し始めて暖かくなってきたので、温度調節をかねて小休止です。ソフトシェルの下にフリースを着ていたぽんきちぽんたさんは、暑くなってシェルを脱ぎます。僕は、たぶん登りでは暑くなるからと予想して、メリノウールの中厚手のインナーの上に直接ソフトシェルを着ただけだったので、温度調節は必要ありませんでした。このあたりの感覚は、何度か雪山を歩けばだんだんわかってくるはずです。


P1020962.jpg
彼女は今日が雪山デビューなので、ぴかぴかの新品装備です。靴はスカルパ トリオレプロGTX。グリーンとシルバーのカラーリングがかっこいいです。


P1020963.jpg
ゲイターはブラックダイヤモンド。踵上のロゴマークとくるぶし内側の補強生地の切りかえしがデザイン的に決まってます。ただ、このゲイターは、靴紐部分を覆うようになっていないので、雨の日などにはあまり向いていないような気もします。


ここで一息。ポチッと押して休憩したら続きをどうぞ。



P1020965.jpg
先に進んでいくと、大きな木の下から清流が湧き出ていました。


P1020966.jpg
毛無山への登山道分岐です。毛無山へのトレースはなく、さすがにこんなマイナーなルートを登る人はいないようです。


P1020967.jpg
日当たりの良い林道は、道の部分だけ雪が消えており、浅い川のような状態になていました。


P1020968.jpg
冬枯れの森がちょっとさびしげです。


P1020970.jpg
出雲峠に近くなったところで、ちょっと林道を外れて雪山歩きの練習です。キックステップで斜面を登ります。


P1020971.jpg
空はいつの間にか雲が消えて、青空が見えるようになっていました。


P1020972.jpg
12:20 腹ペコ状態で出雲峠に着きました。左手前の建物はトイレです。奥が避難小屋。男性トイレを覗いてみたら、小のほうはさておき、個室のほうは鍵が壊れていて、中もかなり汚れていたのでよほどの事態にでもならない限り、入る気にはなれないでしょう。


P1020973.jpg
お昼を食べるために、避難小屋に向かいます。中は壁に沿ってぐるっとベンチがあり、中心部には囲炉裏がありました。薪も少しあったので火をたけば暖かくなりそうでしたが、着火用の小枝のようなものがなかったのであきらめました。


P1020977.jpg
窓を開けて明かりを確保して、おでん鍋とおにぎりでランチです。最初は寒さに少し震えながらのランチでしたが、アツアツのおでんを食べたおかげで体もあったまり、すっかりくつろいでしまいました。


つづく。



ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

| 2012年12月 比婆山連峰出雲峠 | 18:14 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |