ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

紅葉の森でゆったりのんびり: 烏ヶ山(からすがせん) vol 2


さて、調子こいて岳ポーズで記念写真など撮っていたわけですが、この日持ってきていた山行記録用のカメラは、パナソニックTZ3。雨の心配が無いということで、先日購入した防水デジカメFT1はお休みさせたわけです。で、記念写真撮影時にカメラはどうしていたかというと、怠慢こいて三脚を持ってこなかったので、岩の上にタオルで下地を作ってそのうえに載せてセルフタイマーで撮影していたわけです。滑り落ちないようにカメラの後に手袋を置いてストッパーにしていました。念には念を入れてというわけです。さすが、だてに写真歴は長くない。と、ここまではよかったのです。

撮影終了後カメラのところに戻って、さてこの後は・・・ と考えました。とりあえず頂上にある大岩に登ってみるか、それからキリン峠へ下る道がどうなっているのかちょっと偵察してみよう。そうすると、手袋があったほうがいいよなあ。手袋は・・・と。お、あったあった。右手でひょいと手袋を取り上げた瞬間! それはスローモーションのようにゆっくりと始まりました。カメラがタオルの上を滑り落ち、自由落下を始めたのです。重力加速度9.8m/s2をまさに証明するがごとく、あっというまに落下速度は増してカメラは残像の光跡をのこして岩の上を滑り落ちて行きました。しかも、途中の岩角で「カツン!」という鋭く硬い接触音を炸裂させて落下コースを鋭角に変えながら、約1m下の地面にさながら「はやぶさ」が小惑星イトカワで演じたであろう見事な軟着陸を決めたのでした。

壊れたTZ3
絶望と希望のはざ間で揺れ動く心を抑えつつ、まるで地面に存在することが罪悪であるかのごとくカメラを拾い上げた僕の目に飛び込んできたのは、液晶画面にくっきりと浮かび上がったみごとなクラックでした。それは美しい一枚岩に刻み込まれた唯一のクラックのごとく、クライマーなら衝動的にハーケンを打ち込みたくなるほどの美しさでした。もちろん岩角でつけたすり傷などではなく、液晶のカバーとなっているガラス板の中までしっかりと入り込んだ、リアルな3D画像そのものでした。この瞬間、絶望と希望のはざ間にあった僕の心は、絶望の深淵に落ちて行ったのです。それは、滑落しかけて奇跡的に岩角につかまって難を逃れたと思ったのもつかの間、その岩がボロっと抜け落ちてしまったかのような衝撃でした。

しかし、神はまだ僕を見放していませんでした。恐る恐る電源を入れてみると、なんと液晶そのものはまったく無傷で、画像表示にはなんら問題がなかったのです。カメラの機能も損傷を受けていないらしく、AFもきちんと作動するし、ズームも今までどおり動きます。カメラとしての機能はまったくもって問題なかったのです。もはやこれまでと思った直後、すぐ足元に生えていた木の枝に引っかかって滑落を免れたようなものです。

これが一眼レフだったらもっと心の傷は深かったのかもしれませんが、8900円で買った中古のデジカメなので、とりあえず物理的にも精神的にも傷は軽傷ですんだという感じです。

山頂からの大山
気をとり直して、傷ついたTZ3を持って山頂の大岩に登ってみました。正面に大山東壁がよく見えます。その左手には南壁、右手の尾根はユートピアの尾根でしょうか。それにしても、なんで山頂にだけ雲がまとわりついているのでしょうか。東壁手前のキリン峠のあたりはすでに綺麗な紅葉はなくなっており、これから登ってみても期待できそうにありません。尾根筋の紅葉は10月20日頃でないとだめみたいです。

滝雲の状況
岡山側からの滝雲は相変わらずあふれそうであふれない状態でとどまっていました。

雲が消え始めた大山
キリン峠方面への道を少しだけ下って偵察し、再び山頂にもどってくるといつの間にか空から雲がなくなっていました。大山山頂にはまだ雲がまとわりついているものの、さっきよりもだいぶ小さくなっています。もしかしたらこのまま晴れるかもと期待して、大山が全貌を現すのを期待してしばらく山頂で待っていました。しかし、もう少しで雲がなくなるというところで、なぜか突然雲がわき始め、頭上の空も急速に雲に覆われ始めました。どうやら、天候回復の見込みはなさそうなので、下山することにしました。

9:36 下山開始です。当初の予定では8時30分ごろに登頂し、9時に下山というつもりでしたが、登頂が9:05だったので30分押しになりました。

雲に覆われた大山
南峰までもどってきて振り返ると、もはや天気は曇り空です。晴天予報は朝だけかい! と天気予報の不正確さを呪いつつ先を急ぎます。

ガスが上がってきた尾根
新小屋峠ルート分岐のすぐ上まで戻ってくると、なんと下からガスまで沸いてきているではないですか。

分岐直下の新小屋峠ルート
下山は新小屋峠ルートを使います。分岐直下はけっこうな急傾斜なので、お助けロープを使いながら慎重に下ります。

紅葉が残る尾根道
地図には出ていない小ピークの手前ぐらいから、少しずつ紅葉が目に付くようになってきました。ここでストックを用意しました。下りで膝を痛めやすいので、用心のためです。

ガスに包まれる南峰下部
斜面を吹き上がってくるガスが次第に濃くなってきました。このまま天気が崩れてしまうのでしょうか。

鮮やかな紅葉
登山道脇に色鮮やかなモミジがありました。地図に出ていない小ピークを越えて下り始めたところで、汗拭き用のタオルを落としていることに気がつきました。最初はまあいいかとそのまま行こうとしました、登山道にタオルが落ちているというのはあまり美しくないと思いなおして取りに戻ることにしました。おそらくストックを用意したところで落としたはずなので、それほど距離がなかったからです。これが山頂に置き忘れていたら、あきらめていたことでしょう。

烏ヶ山全貌
登山道が尾根筋から分岐する1230mピークの手前にある鞍部からは、烏ヶ山の全貌がきれいに見えていました。まさに羽を広げて飛び立とうとしているところのようです。

1200m付近の紅葉
この1230mピーク手前にある鞍部の東斜面は、紅葉が大変きれいに残っていました。荷物をおろして撮影に時間をかけます。その途中、この日唯一会った年配女性三人組の登山者が通過していきました。

色づくモミジ
変身途中のモミジです。

紅葉と烏ヶ山
紅葉の森越しの烏ヶ山。

1230mピーク
11:11 1230mピーク分岐点です。ここから登山道は右に折れて斜面を下ります。なんの案内板も無い上に直進する踏み跡もあるので道迷いへの注意が必要です。

1230mピーク直下の登山道
分岐直後はやや急ですが、すぐに傾斜は緩くなります。

残り紅葉と烏ヶ山
右手の森がきれいに色づいていました。

きれいな残り紅葉
左手にも鮮やかな紅葉が顔をのぞかせています。

やわらかい雰囲気の森
空を薄い雲が覆ってしまったせいで、フラットな光線がやわらかい雰囲気で色づく森を照らします。奥大山の健康の森から上に広がる木谷のブナ林は全面ブナばかりの森で、きれいで迫力もあるのですがなんとなく単調な森です。一方、烏ヶ山上部の森はブナ以外の木も多くあるみたいでいろどりが多彩で華やかです。しかし、木がそれほど大きくないので圧迫感もなく比較的あっさりとした雰囲気で、やさしくやわらかい表情をしているように感じます。個人的にはこういう森のほうがのんびりできて好みです。

水彩画のようなブナ林
淡い色調の水彩画のような紅葉の森をのんびりゆったり歩いていると、心も体もすっかりリフレッシュされたように感じます。

モミジのアクセント
時折、あでやかな赤がいいアクセントになっています。

ブナの大木がある森
標高が低くなってくると、おおきなブナの木が目立つようになってきました。古木は、木肌も黒くなっているものが多く、重厚な雰囲気の森に変わってきました。これはこれで悪くないです。

透過光で光るモミジ
透過光に輝くモミジは最高にきれいです。

赤い実
何の実か知りませんが、かわいらしい真っ赤な実がたくさんぶら下がっていました。緑の葉と赤い実のコントラストがまるでクリスマスみたいです。

ブナが密生する森
やがてブナが密生する森に差し掛かりました。このあたりはまだ緑の葉も残っており、紅葉の盛りまでもう少しかかりそうです。

新小屋峠
12:20 新小屋峠の登山道入口に出ました。

鏡ヶ成への道
ここから道路を突っ切って象山のほうへ行けるのですが、すでに出発から6時間が経過しており、食事もまだだったのでアスファルト道を歩いて駐車場まで戻ることにしました。

色づく道路わきの木々
道路周辺の森はまだそれほど紅葉がすすでいない状況です。

ところが標高が下がって鏡ヶ成近くになってくると、色づいた木が増えてきました。

ひときわ鮮やかな紅葉
鏡ヶ成に出たところでは、もっときれいに色づいています。開けた場所に面した場所なので、風が当たりやすく冷えやすいということなのかもしれません。単純に標高だけで紅葉が進むわけではないらしいというのが、植物の不思議なところです。

駐車場
12:32 駐車場に戻ってきました。10時過ぎには戻ってこられると思っていたのに、結局のんびりしていたら6時間もかかってしまいました。しかも、山頂でわずか2分ほど岩に腰掛けただけで、あとはずっと歩いていたか立っていたわけなので、さすがに足が痛くなっていました。

今からキリン峠のほうへ登るには時間が遅いし、思いのほか体も疲れてしまったので、欲張り山行はやめにして、ここでゆっくりとお昼を食べることにしました。

日帰り山行ではコンビニおにぎりだけというのが多いのですが、今回はラーメンを持ってきました。

旨辛ラーメン
イオンで見つけたPBトップバリューの旨辛ラーメン。味は以前食べたことのある韓国産ラーメンとほぼ同じでした。多分、OEMなのでしょう。でもおいしかったです。これに、カマンベールチーズ入りのQBBチーズを入れて食べたのですが、熱でトロリとなったチーズの甘さとラーメンの辛さが絶妙の組み合わせでした。お試しあれ!

たっぷり1時間ほどかけて昼食をとり、そのあとスキー場のほうに移動してマツムシソウの撮影などして、14:30ごろ家路につきました。


おわり。


■山行データ

GPSマップ


<往路所要時間> 2時間23分

駐車場6:35→登山道入口6:39→新小屋峠ルート分岐8:45→山頂8:58




<復路所要時間> 2時間56分

山頂9:36→1230mピーク11:11→新小屋峠登山口12:20→駐車場12:32


<標高差> 518m(最低地点:駐車場930m、最高地点:山頂1448m)




<登山道情報>
上記の所要時間は、紅葉の撮影をしながらの歩行なのでかなり時間がかかっています。普通に歩けば、登りで2時間は切るでしょうし、下りは1時間半程度で行けると思います。

山頂付近はやや危険な場所もありますが、全体的には問題ないルートです。とはいえ、公式にはまだ一般登山道としては歩行禁止になっているルートですので、利用する場合はくれぐれも事故の無いよう気をつけて歩いてください。ルート途中に水場、トイレともありません。

トイレは鏡ヶ成休暇村本館前の広い芝生の隅に公衆トイレがあります。駐車場からすこし歩く必要あり。キャンプ場内にもあると思いますが未確認です。トイレの手洗い水が飲用可能かどうかはわかりません。キャンプ場内にはキャンプ利用者用の水場があると思いますが、駐車場から離れていますし本来キャンプ場利用者のための施設ですから、水は事前に用意しておくべきでしょう。

なお、奥大山スキー場にある奥大山の源水は水の出が弱く噴出し高さが小さくなっているのでプラティパスで直接水を汲むのはやや難しい状態でした。コップなど用意したほうがいいでしょう。また、水の味もなんだか砂っぽい感じがして、あまりおいしくなかったです。






ランキングアップにポチッとご協力お願いします。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 2011年10月 烏ヶ山 | 16:39 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

紅葉の森でゆったりのんびり: 烏ヶ山(からすがせん) vol 1

2011年10月28日 鳥取県江府町 烏ヶ山(標高1448m)日帰り山行


8月末の伯耆大山登山以来、ひきこもり状態だった2ヶ月間。何をしていたかといえば、仕事をしていたわけですが、本当にどこにも出かけられないほど忙しかったのかといえばそうでもありません。なんというか、気が乗らなかったということでしょうか。ただ、ここ1ヶ月ほどはそれなりに忙しかったのは事実です。で、忙しいのが終わったわけでもないのですが、さすがに山に呼ばれたのか無性に出かけたくなって、平日だというのに仕事もほっぽらかして行ってきました。

ちょうど半年前、まだ雪に覆われた烏ヶ山で敗退して以来、早く再訪したいと思っていた烏ヶ山が第一の目的地。標高1500mに満たない山なので、朝から登ればお昼前に下りてこられるはずです。それならついでに伯耆大山のブナ林も歩いてこようなんて欲張って、まだ歩いていないキリン峠から槍尾根を経由して三の沢へ下るルートが第二の目的地。ということで、朝から烏ヶ山に登るためには前日の夜から行って車中泊したほうがいいと判断。それならついでに星景写真の撮影もなどとどんどん欲が膨らんで、あれもこれもの欲張り山行になってしまいましたが、はたしてどうなることやら。

自宅を出たのは27日の午後9時30分ごろ。いつもの一般道ルートで鍵掛峠に着いたのが午後11時30分ごろ。誰もいないと思っていたら、車が2台止まっていました。車から出て空を見上げるとけっこうな星空ですが、大山南壁方面はうす雲がかかっていたこともあって、ほとんど星が見られません。

鍵掛峠の星空
とりあえず、星の多い方向で写真を撮ってみましたが、あまり面白くないので奥大山スキー場に移動しました。

奥大山の星空
まずは明日のための水を汲んで、スキー場内の木立をポイントにした写真を撮ってみましたが、こちらもいまいち。

ということでさっさと烏ヶ山のベースにある鏡ヶ成(かがみがなる)に向かいました。すでに午前1時を回っていたこともあってさっさと寝たのですが、どうも寝つきがよくなくて、なんとなくうつらうつらして4時30分頃目が覚めてしまいました。ドアを開けて外を見ると降るような星空が広がっていました。久しぶりに見る満天の星空でした。

鏡ヶ成の星空
先日の記事にすでに2枚を掲載してあるので、今回は15分間のバルブ撮影で星を流した写真を選びました。

6時ごろまで撮影をし、空が白み始めたので撮影を終えて車に戻りました。魔法瓶のお湯でカップスープを作り、パンで軽い朝食をとってから、準備をして出発です。

朝の烏ヶ山
6:36 駐車場を出たところで、散歩をしていたらしい年配の男性と会いました。兵庫から来たというその男性は昨日烏ヶ山に登ったとかで、鏡ヶ成の休暇村に宿泊していたようです。すこし話をしたのですが、今年の紅葉はだめだそうです。というのも、9月後半に一時冷え込んだときに霜でやられたらしいということでした。これから紅葉を求めて撮影しながら登ろうというときにだめだと言われるとトーンダウン気味になってしまいます。でもまあ、空は真っ青だし、なんとかきれいな紅葉も見つかるでしょう。

登山道入口までの道のり
駐車場からキャンプ場入口方面に少しアスファルト道を歩きます。

烏ヶ山登山道入口
キャンプ場入口の向かいに烏ヶ山正面登山道の入口があります。

入口の看板
「平成12年の地震で登山道が崩落し登山禁止です」と書かれた看板は無造作に地面に転がされており、ロープもありません。すでに事実上通行禁止は解かれたようなものなのかもしれません。お役所としては事なかれ主義なので、公には解禁のアナウンスをしたくないのではと勘ぐりたくなります。

木の階段
入口からは痛みかけた木階段が続いています。

落葉の道
すぐに落ち葉の積もった平坦な道になりました。

小さな沢
少し先でちょっとした沢を越えます。沢といっても水はありませんでした。

朝日を浴びるブナ
沢を越えて再び森の中を歩き始めると、太陽の光が森に差し込み始めました。さっきまで黒茶色の枯葉のように見えていた頭上に」広がる木々の葉っぱが、突然光を浴びて綺麗な黄葉に変身しました。やっぱり太陽の光は偉大だと感じます。

傾斜の増す道
7:09 ほぼ平坦だった道は、次第に傾斜がついてきました。

黄金色のブナ
徐々に高度が上がってくると、ブナの黄葉が多く見られるようになりました。朝日を浴びて黄金色に輝くブナの美しさは格別です。

頭上の黄葉
出発直後に今年の紅葉はだめだと聞いたのであまり期待していなかったのですが、なかなかどうして綺麗な黄葉が頭上に広がっています。

さわやかな青空と黄葉
時折混じる紅葉とまだ緑を残した葉っぱがさわやかな青空によく映えます。

黄葉の並木
登山道に沿ってまるで並木のように樹が並んでいるところもありました。

美しい黄葉
少し進んでは写真を撮るということを繰り返すのでさっぱり前に進みませんが、これを見るために来たのですから、登頂よりも優先度は高いのです。

真っ赤な木の実
頭上に鈴なりの真っ赤な実は、ナナカマドでしょうか。

4月に登った尾根
7:49 やがて登山道は傾斜の急な尾根道になりました。左手にはなんとなく見覚えのある斜面があります。あのまばらにブナが生えた幅広の尾根は、おそらく4月に登ったルートです。

冬枯れのブナ並木
このあたりになると、ブナの黄葉はすっかり終わっており、冬枯れのブナが立ち並ぶ晩秋の森の雰囲気です。

青空と赤い実
綺麗なスカイブルーの空に赤色が鮮やかです。

頂上直下の尾根
8:25 頂上直下の尾根に上がってきたようです。笹藪が多くいつこの尾根に出たのかよくわかりません。4月にここを通ったときは、目の前の藪はすべて雪の下に隠れており、もっとすっきりとした幅の広い尾根だったように記憶しています。こんなに藪が多い道だったとは意外でした。

左下の尾根
左下を見ると、一段低いところにある尾根の木々もすっかり葉を落として枯木になりつつあります。まだこれからがピークだと思っていたのに、いつのまにか山の上は秋が通り過ぎていました。

滝雲
南に目を向けると面白い現象が起こっていました。滝雲です。中国山地を埋め尽くした雲海が山を越えて蒜山の盆地に流れ込もうとしています。北側は日本海まで見渡せるほど晴れているのに、瀬戸内側だけ曇り空が広がっているようです。

山頂下の急斜面
やがて4月にビビリながら登った急斜面下に着きました。雪面だとかなりの急傾斜に感じましたが、藪になるとあまり傾斜があるようには見えません。

お助けロープ
とはいえ、実際にはけっこうな急斜面なので、お助けロープも設置されています。

4月の撤退地点
さすがに無雪期の斜面なので難なくこなして急傾斜の上に出ました。あいかわらず藪道ですが、南峰の岩峰が目の前に見えるようになりました。この先が4月に撤退した場所です。

左手の絶壁
左手は高度感のある急峻な崖です。なかなか怖いものがありますが、尾根はそれなりに幅があるのでまだましです。

南峰下の岩場
いよいよ山頂直下の核心部です。この適当に積み重なっただけのような岩場を登っていくわけですが、見ていると人が乗ったりすると一気に崩れるのではないかというぐらい不安定な感じもします。これまでも多くの人がここを登っているわけですから、安定はしているのでしょうけど、なんだか嫌な感じのする場所でした。左手はもちろんはるか下まで一直線の崖です。

新小屋峠ルート分岐
浮石に気をつけながら慎重に、なおかつできるだけ急いでクリアし、岩場の上まで来ると、新小屋峠ルートの分岐点でした。

左手の崖下
左手のがけ下をこわごわ覗いて見ると、ヒーッっと胃が下に引っ張られるような感覚です。

岩場を振り返る
振り返って嫌な感じのした岩場を見ると、やっぱり不安定な岩場のような感じがします。大きな地震があると一気に崩れるかもしれません。

分岐上の急傾斜
新小屋峠ルート分岐点から上は、まだ多少の急傾斜が残っていますが、それほど厄介な感じではありません。

烏ヶ山主峰を望む
登る途中で烏ヶ山の主峰が見えました。ちょこんと右に突き出た岩が特徴的です。麓からはあんな岩があるとはわからないので、見た瞬間「カラスのくちばしだ!」とひとり感動してしまいました。

烏谷の眺望
右下には烏谷が広がっており、はるか正面には矢筈ヶ山がピラミダルな山容を見せています。

矢筈ヶ山
矢筈ヶ山を拡大してみると、右手のとんがりは小矢筈でしょうか。

南峰から主峰越しの大山
8:51 ようやく南峰までたどり着きました。烏ヶ山の主峰越しに伯耆大山の美しい姿を期待していたのですが、大山は雲の中。しかも空には薄い雲がたなびいて陽射しもさえぎられる始末。朝の晴天はどこに行った!?

木谷のブナ林
左下に目を転じると、木谷のブナ林の紅葉状況がよくわかります。文殊越えあたりから上はもう終わりかけ。今は大山パークウェイ(環状道路)の上あたりが見ごろのようです。

なんとなくブルーな気分のまま、急傾斜の道を下って主峰を目指します。

主峰の取り付き
南峰から見た主峰は猛烈な急傾斜の尖塔のようで、とんでもない急傾斜の登山道なのではと思っていましたが、実際に目の前にするとなんとかなりそうな感じです。傾斜はたしかに急ですが、足がかりも手がかりもありますし、お助けロープもあるので、特別難易度が高いというほどではないようです。そうはいっても、うっかり滑って落ちたりすれば、たとえ数mでも死ぬ可能性もあるので、慎重に登ります。

最後の岩場
山頂直下の最後の岩場です。このとんがり岩の向こうが山頂広場です。

登頂
8:58 烏ヶ山登頂! わずか標高1448mの山ですが、とりあえず記念写真。岳のポーズなんかまだやってるよといわれそうですが、誰もいないので何でもありなのだ。しかし、この後悲劇がカメラを襲ったのでした!!!


つづく。







ランキングアップにポチッとご協力お願いします。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

| 2011年10月 烏ヶ山 | 11:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |