FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

フォトギャラリー: 雲ノ平 夏2

2008年と2010年、両年とも7月下旬に雲ノ平を訪れました。これは、その時の写真です。

写真をクリックすると、拡大表示されます。


撮影に用いた機材は、以下の通りです。

カメラ: CANON EOS5D、EOS40D
レンズ: SIGMA 12-24mmF4.5-5.6、TAMRON 28-75mmF2.8
     TAMRON 90mmF2.8macro、CANON EF70-200mmF4




016_IMG_5839.jpg
古びた道標が時間の経過を感じさせます。




017_IMG_5728.jpg
建替えられた雲ノ平山荘。




018_IMG_5868.jpg
新緑が美しいイワイチョウの若葉。




019_IMG_9189.jpg
アルプス庭園から水晶岳を望む。




020_IMG_5693.jpg
キャンプ場で見た朝焼け。




021_IMG_5713.jpg
夜明けのキャンプ場から黒部五郎岳を望む。




022_IMG_9131.jpg
朝露に濡れたチングルマに光がさす。



ここで一息。ポチッと押して休憩したら続きをどうぞ。





023_IMG_9224.jpg
朝日に輝くコバイケイソウの群落。




024_IMG_9360.jpg
雷鳥の雛が朝のお散歩。





025_IMG_9241.jpg
トウモロコシのようなコバイケイソウの花。




026_IMG_5760.jpg
雲の上にいるかのような奥スイス庭園。




027_IMG_5802.jpg
爽やかな雲ノ平。




028_IMG_9465.jpg
見上げれば雲が遊ぶ。



029_MG_2255.jpg
地上では雷鳥が遊ぶ。





030_MG_2301.jpg
雛たちの内緒話。





ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



| 雲ノ平 | 18:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フォトギャラリー: 雲ノ平 秋2

北アルプス・黒部源流部と高天原の奥にある夢ノ平で撮影した写真のギャラリーです。
掲載している写真は、2004年10月に撮影したものです。
写真をクリックすると大きなサイズの写真が表示されます。



高天原の秋
高天原の秋です。


夢ノ平竜晶池1
高天原の奥にひっそりと静かな湖面をたたえている竜晶池にも秋が訪れました。


夢ノ平竜晶池2
湖畔の木々が華やかです。


黒部源流の流れ
黒部源流部の小さな流れです。


黒部源流の紅葉と鷲羽岳
紅葉したナナカマド越しに鷲羽岳を見上げます。


真っ赤な草紅葉
草紅葉も見事な色に染まります。


秋の黒部五郎岳
黒部源流の谷の奥に黒部五郎岳がどっしりとそびえていました。


秋の鷲羽岳
鷲羽岳の足元は秋が過ぎ去ろうとしていました。


秋晴れの空
透明な水のように澄み渡る紺碧の空。


湯俣川源流の秋
湯俣川源流も秋の装いです。




ランキングアップにポチッとご協力お願いします。


にほんブログ村 写真ブログ 山・森林写真へ
にほんブログ村

| 雲ノ平 | 19:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フォトギャラリー: 雲ノ平 秋1

最後の秘境と言われている雲ノ平とその周辺部で撮影した写真のギャラリーです。
掲載している写真は、2003年9月に撮影したものです。
横向き写真は、クリックすると大きな写真が表示されます。


秋の雲ノ平001
黒部源流部の紅葉が始まりました。


秋の雲ノ平002
祖父岳山腹から眺める雲ノ平です。ハイマツの間に広がる草地の草紅葉が進んでいます。


秋の雲ノ平003
雲ノ平の名前をあらわすように、丘の向こうに巨大な雲が湧き上がってきました。


秋の雲ノ平004
雨上がりには池塘が広がる雲ノ平。青空を映して真っ青に染まります。音符のようなイワイチョウの黄葉も始まりました。


秋の雲ノ平005
雲間から差し込む日差しに、チングルマの花穂が光ります。


秋の雲ノ平006
ナナカマドの実が真っ赤にそまって、一足早く秋の装いです。


秋の雲ノ平007
水晶岳と祖父岳を借景にした日本庭園の一角には、京都東福寺の方丈の庭のような場所もありました。


秋の雲ノ平008
ハイマツの枯葉の周囲が表面張力で盛り上がり、光を反射して輝きます。


秋の雲ノ平009
日の出前の冷え込みが、雲ノ平に霧を運ん来ました。


秋の雲ノ平010
ゆっくりとうごめく霧は、まるで生きているかのようでした。



記事内容が気にいったら、クリックしてやってくださいませ。
にほんブログ村 写真ブログ 山・森林写真へ
にほんブログ村

| 雲ノ平 | 17:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フォトギャラリー: 雲ノ平 夏1

最後の秘境と言われている雲ノ平とその周辺部で撮影した写真のギャラリーです。
掲載している写真は、2004年7月と8月に撮影したものです。
サムネイル写真をクリックすると大きな写真が表示されます。


夏の雲ノ平01
雲ノ平・祖母岳のアルプス庭園から水晶岳を撮影しました。広々とした空と台地の広がる雲ノ平らしい光景を見られる場所です。登山道から分岐しているので、あまり訪れる人がいないようですが、天気のいい日にはぜひ立ち寄ってほしい場所です。


夏の雲ノ平02
夏の雲ノ平は大きな積乱雲がむくむくと湧き上がる光景がよく見られます。雲ノ平は雲ノ王国でもあるのです。


夏の雲ノ平03
スイス庭園に立つと眼前に水晶岳が立ちはだかるようにそびえています。真っ青な空と大きな雲が夏を実感させてくれます。


夏の雲ノ平04
アラスカ庭園から雲ノ平山荘に向かう途中にあった枯れ木です。下から見上げると白龍が空に飛び立とうとしている姿に見えました。


夏の雲ノ平05
雲ノ平から1時間半ほど下ったところにある高天原湿原です。年によってニッコウキスゲやコバイケイソウの当たり年があるようですが、2004年はコバイケイソウの当たり年だったようです。


夏の雲ノ平06
太郎平から夜明け前の星空を撮影しました。


夏の雲ノ平07
雲ノ平山荘前から明け方の水晶岳方面を写したものです。稜線近くの雲が赤く焼けて水晶岳が燃え上がっているようにも見えます。


夏の雲ノ平08
上の写真と前後して撮影したものです。どちらが先だったのか忘れてしまいましたが、透明な青い空に切れるような三日月の姿が印象的でした。


夏の雲ノ平09
スイス庭園の残雪越しに朝の薬師岳を撮影しました。7月の中旬頃まではたくさんの残雪があちらこちらに残っています。


夏の雲ノ平10
雲ノ平から高天原に向かう登山道の途中から見た、山荘と黒部五郎岳です。2010年に新しく建てかえられた雲ノ平山荘ですが、基本的なデザインはこの旧山荘のイメージを残しています。


夏の雲ノ平11
テント場から黒部五郎岳を背景にチングルマのお花畑を撮影しました。


夏の雲ノ平12
富山湾上空にたまった雲が稜線を越えて黒部渓谷に流れ込む様子が見られました。ダイナミックな滝雲はいつまでも見飽きることがありません。


夏の雲ノ平13
黒部川の小さな滝では、力いっぱい飛び跳ねながら遡上する岩魚の姿を見ることができます。


夏の雲ノ平14
朝焼けを期待して夜明け前に祖父岳山頂に登ると、見事な朝焼けが水晶岳上空に広がりました。


夏の雲ノ平15
祖父岳山頂に立ち並ぶケルンをシルエットにして、燃え上がる朝焼けの空を撮影しました。


いい写真だねと思ったら、クリックしてやってくださいませ。
にほんブログ村 写真ブログ 山・森林写真へ
にほんブログ村


| 雲ノ平 | 19:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |