FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。当ブログ内に掲載してある写真の無償提供はしておりません。また、無断で使用することは固くお断りいたします。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

踏んだり蹴ったりの1日: 氷ノ山その2 

2021年4月22日(木) 兵庫県若桜町 氷ノ山(1509.8m) 日帰り単独行 


IMG_7371_20210428231001f7a.jpg
11:18 15分ほど休憩して、出発しました。休憩場所の前にあった雪壁は、特に問題なく靴のまま登ることができました。雪壁の上に出ると、20mほど雪の上を歩きましたが、その後はまた土の道になりました。


雪壁を越えて稜線に出てきたためか、やたら風が強く、けっこう寒くなってきたのでハードシェルジャケットを着ることにして、バックパックからハードシェルジャケットだと思っていたスタッフサックを取り出して中身を広げてみると、なんとジャケットではなくレインパンツが出てきました。一瞬、どういうことか理解できませんでしたが、さらにバックパックに手を突っ込んでもう一つのスタッフサックを取り出してみると、そちらもレインパンツです。あろうことか、ジャケットではなく、パンツを2本持ってきていたのでした。となると、上に着るものはなにもないということです。最悪、ビバークツェルトをポンチョ代わりに羽織るという手があるので、雨が降ってきてもずぶ濡れになることはありませんが、寒さしのぎのために雨も降っていないのにツェルトを羽織るというのはさすがに躊躇してしまいます。


IMG_7372_2021042823100316d.jpg
引き返そうかと一瞬思いましたが、怪しげな曇り空だったのが、薄日が差し始めたので、寒さもやや和らいできました。震えるほど寒いわけではないので、とりあえず山頂を目指すことにしました。


IMG_7373_20210428231004396.jpg
11:28 仙谷コースの分岐に着きました。この辺りに来ると風も弱まって寒さはほぼ感じなくなりました。どうやら、先ほどの稜線のあたりだけ冷たい風が吹いていたみたいです。


IMG_7375_202104282310064c1.jpg
仙谷コース分岐から先、尾根上に出るところが残雪の斜面をトラバースしながら登る必要があり、若干やっかいな感じがありましたが、チェーンスパイクなどつけなくても問題なく通過できました。


IMG_7376_2021042823100748e.jpg
甑岩手前のあたりは残雪はなく、夏道をそのまま歩くことができました。


IMG_7377.jpg
甑岩を巻く部分も雪はありません。


IMG_7378.jpg
しかし、甑岩を離れるあたりで、雪の斜面のトラバースになりました。左下は絶壁というわけではありませんが、滑ると50mぐらい落ちそうです。途中に立木もあるので、激突すると無事では済まないと思うので、慎重に行かないといけません。


IMG_7379_20210428231139119.jpg
幸い、足跡がしっかりとしていて、一歩ずつ足元を確認しながら進めば大丈夫そうです。


IMG_7380_202104282311419da.jpg
雪の斜面を過ぎると、再び夏道になりましたが、Uターンして先ほどの雪の斜面の上に来ると、またまたトラバースすることになりました。ただし、こちらの方は斜度もゆるく下の斜面よりは楽でした。



ここで一息。ぽちっと押したら、引き続きブログ「ヤマふぉと」をお楽しみ下さい。




IMG_7381.jpg
11:51 その後は残雪を渡ることもなく、夏道を歩いて山頂に出ました。先行していた2人組が避難小屋の中に入っていったので、避難小屋でランチをするのはやめました。かといって外に座ってランチをとるのはちょっと寒そうです。


IMG_7382_20210428231144398.jpg
ということで、すぐ先にある展望台にやってきました。展望台の中に入ると、ちょうどベンチの横の壁が風よけになって直接風に当たらないので、なんとか寒さをしのぐことができそうです。


IMG_7383_20210428231145d13.jpg
三の丸方向が良く見えていました。三の丸の東斜面にはけっこう残雪がありました。


IMG_7384_2021042823114702d.jpg
景色をみるのはほどほどにして、すぐにランチタイムです。暖かいカフェオレとメロンパンでささっと済ませました。


IMG_7386_2021042823114890b.jpg
12:12 ほんの20分程度の短いランチを終えて、山頂避難小屋前まで戻ってきました。避難小屋前の山名が書かれた標柱前で自撮りだけしていこうと思っていたら、ちょうど登山者が現れたので、自撮りはキャンセルしてすぐに下山することにしました。


IMG_7387_202104282311502e5.jpg
甑岩上の残雪のトラバース部分だけは慎重に通過します。


IMG_7388.jpg
仙谷コースから下山することも考えましたが、下山後にキャンプ場までの登り返しがけっこうきついので止めました。


IMG_7389.jpg
雪の残る稜線まで降りてくると、やっぱり冷たい風が強く吹いていて、寒いと感じます。どうやら、東風が残雪の斜面を吹きあがってくるときに、雪で冷やされて気温が下がっているようです。局所的な現象なので、さっさと通過すれば問題なしです。


IMG_7390.jpg
前方に見えるのは、どうやら扇ノ山のようです。遠征の帰りにでも、もう一度行ってみようと思います。


IMG_7391.jpg
ブナの原生林まで降りてくると、もう寒さはまったくありません。


IMG_7392_20210428231406a9c.jpg
13:01 氷ノ越で休憩をとりました。


IMG_7393.jpg
避難小屋の中を覗いてみると、中央に囲炉裏があり、周囲にベンチがしつらえてあるだけの小屋でした。泊り目的での利用は厳しそうです。


ベンチで休んでいると電話が鳴り、出てみると取引先からでした。要件は、届いた請求書の一部に金額の間違いがあるとのことでした。遠方の現場に行くときは、距離に応じて割り増し料金を交通費の名目で請求させてもらっているのですが、なんとその金額が0円になっていたようです。本来なら3000円ほど請求していないといけないのに、0円のまま出してしまったようです。わざわざ教えてくれるとは、親切な取引先でたすかりました。しかし、今日中に処理をしたいので正しい金額を夕方までに教えてほしいといわれて、急いで帰宅しなければならなくなってしまいました。帰りに温泉によっていくつもりでしたが、それもすべてキャンセルです。電話を切ると、休憩を速攻で切り上げて下山しました。


IMG_7395.jpg
途中、トチノキの巨樹の写真だけはもう一度撮りたかったので、少し立ち寄りました。


IMG_7396.jpg
13:58 駐車場に戻ってきました。通行止めで扇ノ山に登れず、ハードシェルジャケットと間違えてレインパンツをもってくるし、最後は請求書の間違いで大急ぎで帰宅しなければならなくなり、最初から最後まで踏んだり蹴ったりの1日でした。幸い、けがもなく、事故も起こさず、帰りは渋滞にもあわず順調に走れたし、3000円の交通費を請求し損ねることもなかったので、プラマイゼロと思うことにします。

map_20210422hyonosen.jpg

ブログ「ヤマふぉと」のランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング








スポンサーサイト



| 2021年4月 氷ノ山 | 23:18 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

踏んだり蹴ったりの1日: 氷ノ山その1 

2021年4月22日(木) 兵庫県若桜町 氷ノ山(1509.8m) 日帰り単独行 


24日(土)が仕事でつぶれ、かわりに22日(木)の仕事がキャンセルになり1日空きができたので、朝から扇ノ山に行くことにしました。このところ暖かい日が続いているので、今年は少し早めにブナが新芽を出すのではないかということで、残雪と新緑の写真を撮りたいというのが理由です。


ところが、昨日の記事にも書いた通り、姫路公園コース登山口に行く林道入口がまさかの通行止め。引き返してふるさとの森コース登山口を目指すも、こちらも木材搬出作業による通行止めを食らい、あえなく撃沈となりました。


他の登山口へ回っていたら時間がかかりすぎるので扇ノ山はあきらめ、25分ほどで行ける氷ノ山に目的地を変更し、氷ノ山登山と相成りました。


装備リスト
●アッパー
 ドライレイヤ: ノースフェイス パラマウントタンク
 ベースレイヤ: マムート コンフォートジップ L/S
 ミドルレイヤ: なし
 ソフトシェル: なし
 ハードシェル: なし(入れ忘れ)
 インサレーション: なし
 グローブ: コーナン ネクストフォース 作業用グローブ
 キャップ/ハット: マムート アドベンチャーベンチレーションハット

●ボトムス
 ドライレイヤ: なし
 ベースレイヤ: なし
 ミドルレイヤ: マムート ソフテックトレッカーズパンツ
 ハードシェル: ミズノ ベルグテックEXレインパンツ
 インサレーション: なし
 ソックス: アイスブレイカー メリノウールミディアムクルー
 シューズ: マムート デュカンハイGTX

●ギア
 バックパック: マムート クレオンライト32L
 ストック: レキ マイクロバリオタイタニウム


IMG_7342.jpg
かなり暖かいだろうということで、防寒着は装備から省き、ソフトシェルもなし。ハードシェルだけあればいいというつもりでしたが、これがとんだ大失敗でした。なんと、マムート コンベイプロジャケットをバックパックに入れたつもりだったのですが、レインパンツを2本入れていました。通行止めで目的の山へ行けず朝からろくなことがなかった日でしたが、唯一の防寒着を兼ねたハードシェルを入れたつもりになっていたとはお粗末すぎます。雨に降られなかったのが不幸中の幸いでした。


IMG_7343_202104251703392ed.jpg
GWも近いということで、荷物は少し重めにしてトレーニングも兼ねるつもりでしたが、1眼レフカメラと交換レンズ1本を入れても、所詮日帰り装備です。10㎏にしかなりませんでした。三脚を入れればもう1㎏ほど増えますが、撮影目的の扇ノ山だったらともかく、仕方なく登りに来た氷ノ山で三脚は無駄な荷物になりすぎるということで、車に置いていくことにしました。



ここで一息。ぽちっと押したら、引き続きブログ「ヤマふぉと」をお楽しみ下さい。




IMG_7346_20210425170341ea2.jpg
9:41 車が他に3台停まっているだけで、キャンプ客もまったくないキャンプ場駐車場からスタートです。ちなみに、駐車場のトレイは鍵がかかっていて使用できませんでした。


IMG_7347_20210425170342593.jpg
登山口前のトイレは使えました。


IMG_7348.jpg
危険要素のない登山コースですが、念のため入山届は提出しておきました。


IMG_7349_20210425170345950.jpg
9:50 というわけで、準備万端整えて、登山開始です。


IMG_7350_202104251703470ab.jpg
登山口からすぐの所に、害獣避け柵の出入り口があり、自分でワイヤを外して通過し、通過後元通りにしてから先へ進みます。


IMG_7351_20210425170348834.jpg
しばらくは植林帯の中をのんびりと登っていきます。


IMG_7352.jpg
10:01 登山口から10分ほど登ったところで、前方の斜面の上にかなり大きな木があるのが見えました。


IMG_7353_2021042517051564b.jpg
登山道を外れて木の下へ行ってみると、大きな葉っぱがたくさん落ちていたので、どうやらトチノキのようです。


IMG_7355_20210425170517b01.jpg
幹周はギリギリ5mを越えていると思える巨樹ですが、どうやら全く無名の巨樹のようです。帰宅後ネットで検索してみましたが、何の情報も得られませんでした。かわりに、仙谷コースにトチノキの巨樹が何本かあるという情報を得ることができたので、次回は仙谷コースで登ってみようと思います。


IMG_7356_202104251705183fb.jpg
トチノキの巨樹から登山道に戻って、氷ノ越を目指します。


IMG_7358_202104251705207d1.jpg
10:28 氷ノ越に着きました。休憩したいところでしたが、ベンチに先客がいたし、後ろからも登山者が来ていたので、そのまま通過しました。


IMG_7359_202104251705215f5.jpg
氷ノ越から山頂の避難小屋が見えました。晴天予報だった割にすっかり曇り空になっていますが、雲は高いし空気も澄んでいるようで、遠くまで良く見えました。


IMG_7360_20210425170523947.jpg
氷ノ越から少し登るとブナの原生林に入りますが、ブナの芽吹きはまだまだでした。ときおり、芽吹いたばかりの木もありましたが、多くの木はまだ新芽は開いていない状態でした。なので、扇ノ山に登っていたとしても目当ての新緑はまだ早かったと思われます。


IMG_7362.jpg
氷ノ山北側の斜面にはまだ残雪が見られました。標高1300mあたりなので、同じ標高の扇ノ山山頂直下北斜面にもおそらく残雪があるはずです。とすると、4月末から5月初旬あたりなら残雪と新緑のコラボレーションが見られるかもしれません。


IMG_7364_20210425170526914.jpg
新緑には一足早かったブナ原生林の中をゆっくりと登っていきます。


IMG_7365.jpg
登山道脇の林床に残雪がしっかりと残っています。


IMG_7366_20210425170529d50.jpg
11:00 7/10の道標まで来ました。出発してから1時間以上が経過しているので、そろそろ休憩したいところです。


IMG_7367_20210425170727b35.jpg
前方を見ると残雪が登山道を覆っています。この先は残雪が出てきそうなので、状況によってはチェーンスパイクを装着する必要があるかもしれません。

IMG_7368_202104251707282ed.jpg
4分ほど歩くと、けっこうな急斜面に雪の壁が残っていました。トレースもついているし、凍結しているわけではないので、とりあえずチェーンスパイクは必要なさそうです。


IMG_7369_202104251707305eb.jpg
その先を見ると結構雪が残っていて、もしかするとこの先はずっと雪道かもしれません。


IMG_7370.jpg
雪道に入ってしまうと休憩する場所がないかもしれないので、雪壁が始まる場所の手前で休憩して行くことにしました。ちょうど、道のわきに少し広いところがあったので、他の登山者の邪魔にならずに休憩できました。

つづく。

ブログ「ヤマふぉと」のランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング








| 2021年4月 氷ノ山 | 17:14 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |