FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。当ブログ内に掲載してある写真の無償提供はしておりません。また、無断で使用することは固くお断りいたします。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

1ヵ月ぶりのリハビリ登山: 駒ノ尾山~後山縦走その2 

2021年4月6日(火) 岡山県美作市 後山(1,344m) 日帰り単独行 


IMG_8389.jpg
10:55 駒ノ尾山での休憩を終えて、後山への縦走開始です。1時間ぐらいで後山に着けると思うので、ちょうどランチタイムのタイミングです。


IMG_8390.jpg
駒ノ尾山から船木山までの縦走路は笹原の続く気持ちのいい尾根道です。


IMG_8391_20210409210454ab8.jpg
駒ノ尾山避難小屋まで降りてきました。


IMG_8392.jpg
中を覗いてみると、結構きれいに保たれていました。作りは那岐山避難小屋と同じです。


IMG_8394_2021040921045707a.jpg
11:17 ちょっとした登り返しをこなしたところが、鍋ヶ谷山のピークでした。地形図にも名前の記載がある山ですが、登山道が通過しているだけで、山頂らしさは皆無です。


IMG_8395.jpg
鍋ヶ谷山は駒ノ尾山と船木山の中間あたりにあり、船木山がもう目の前に見えています。


IMG_8396.jpg
緩やかに下ってから、船木山のけっこうきつい登り返しが始まります。


IMG_8397.jpg
11:37 きつい登りが終わり、なだらかな尾根上に出てきました。船木山山頂までもう少しです。


IMG_8398.jpg
後山キャンプ場からの登山道合流点を通過します。


IMG_8399_2021040921050553d.jpg
11:45 船木山山頂です。ここも鍋ヶ谷山と同じで登山道が通過しているだけの山頂ですが、鍋ヶ谷山と違って南側だけ展望が開けています。また、少し広くなっているので休憩などすることもできますが、後山までもう15分程度なので、ここで休憩する必要があるかどうかはビミョーなところです。



ここで一息。ぽちっと押したら、引き続きブログ「ヤマふぉと」をお楽しみ下さい。




IMG_8400_20210409210506e56.jpg
船木山から後山を眺めながら鞍部へと下ります。この鞍部が標高差50mほどあり、お昼前の腹ペコ状態には結構きつく感じました。


IMG_8401_20210409210507764.jpg
後山への登り返しに取り掛かるころにはすっかりシャリばて状態になり、たまらずラムネをかじりました。駒ノ尾山で食べたラムネは、1時間かからずにすっかり消費されてしまったようです。


IMG_8403.jpg
12:08 後山山頂に着きました。誰かいるかと思いきや、幸いにも誰もいませんでした。騒がしい話し声も、不快な喫煙の臭いもない、静かで気持ちのいい山頂でランチタイムを過ごせます。平日登山万歳!


IMG_8404.jpg
着いてすぐ、岩をベンチ代わりにして食事の用意です。今日はちょっと肌寒そうということで、体が温まるカップラーメンにしました。カップヌードルのグリーンカレー味です。


IMG_8406.jpg
副食の北海道カルパスでタンパク質の補給も忘れません。


IMG_8408.jpg
ラーメンができるまでの間で、自撮りタイムです。エクスカーションジャケットは、暑かったので駒ノ尾山からは脱いできました。


IMG_8409.jpg
兵庫県の建てた標柱もありますが、岡山県人なので、岡山県の標柱で自撮りしました。


IMG_8410_20210409210733266.jpg
もう一つ、ステンレス板の山名板がありましたが、これは千種町の人が設置したものみたいです。


IMG_8411_20210409210734e7d.jpg
ラーメンができあがる頃なので、自撮りは終えて食事の準備です。いままでは割りばしを持ってきていましたが、今回からは山用のカトラリを用意しました。といっても、すべて100均で買いそろえたものです。スプーンとフォークは竹製のもので、入れ物はペンケースを利用しています。まだ余裕があるので、箸も加えようと思います。


IMG_8412.jpg
赤いエビと緑の乾燥野菜が彩りよくおいしそうです。グリーンカレー味ですが、それほど辛くはなかったです。ちょいピリ辛という感じです。


IMG_8413.jpg
今回も、セリアのミニテーブルが活躍しています。ベンチもテーブルもない山頂で地面に食べ物を置かなくて済むのは、精神的に安心です。


IMG_8414.jpg
食後は、いつものカフェラテで、平日登山に乾杯!


IMG_8415.jpg
13:07 山頂でたっぷり1時間休憩しましたが、その間誰も来ませんでした。完璧な貸し切り登山を満喫し、下山開始です。


IMG_8416_20210409211115633.jpg
13:24 船木山を通過。


IMG_8418.jpg
縦走路の先に駒ノ尾山がばっちり見えています。


IMG_8419_2021040921111857a.jpg
往路でしんどい思いをしたきつい登りですが、下りは意外なほどあっさりでした。下りだからということもあるかもしれませんが、やはり空腹感があると登りはきつく感じるということみたいです。


IMG_8420.jpg
13:47 鍋ヶ谷山を通過します。


IMG_8421_2021040921112122c.jpg
鍋ヶ谷山からみる駒ノ尾山は、けっこう遠く感じます。


IMG_8423_20210409211123771.jpg
次の小ピークまで来ると、さすがに駒ノ尾山も近くなったと感じます。


IMG_8425.jpg
14:09 駒ノ尾山に戻ってきました。やっぱり誰もいません。静かです。


IMG_8426.jpg
空が曇って陽射しがなくなったので少し肌寒く、5分ほど休憩しただけですぐに出発です。


IMG_8427.jpg
山頂直下で美作市(東粟倉)への登山道を左に分けます。西粟倉の黒岩峠の登山口は道なりに右へ進みます。


IMG_8428_20210409211337b02.jpg
14:39 休憩舎を通過します。空はすっかり雲が覆いつくし、なんとなく怪しい雲行きになってきました。今日は降雨予報はなかったはずですが、もしかすると一雨来るかもしれません。なので、休憩なしでさっさと下ります。


IMG_8429_20210409211338eeb.jpg
14:55 登山口に戻ってきました。駐車場にもやっぱり誰もいません。今日は、入山から下山まで誰にも会わない静かで安心の貸し切り登山でした。登山口近くまで降りてきたころから、弱い霧雨が降り始めましたが、駐車場を出ようとしたタイミングで本格的な雨が降り始めました。ギリギリで雨も回避でき、妙にお得感のある山行でした。


IMG_8430_202104092113407a0.jpg
なお、黒岩峠の休憩舎の中にトイレはありますが、手洗い用の水道はありません。登山口の横に湧水を引いてきた水場がありますが、ほとんど水は出ていなかったし、たまっている水も手を洗うのを躊躇する状況なので、ウェットティッシュなどを用意しておいた方がいいです。


行動時間は、休憩込みで5時間半ほどでした。1か月ぶりということで、きつ過ぎず、さりとて緩すぎず適度に疲労感のあるいい運動ができたという感じです。

oregon_map20210406komanoosan_usiroyama.jpg

ブログ「ヤマふぉと」のランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング








スポンサーサイト



| 2021年4月 駒ノ尾山~後山 | 21:17 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

1ヵ月ぶりのリハビリ登山: 駒ノ尾山~後山縦走その1 

2021年4月6日(火) 岡山県美作市 後山(1,344m) 日帰り単独行 


3月最後の土曜日は早起きできずで無駄にし、日曜日は雨で出かけられず、結局1か月間まるまる山から遠ざかっていました。しかし、そのおかげでなんだか疲労感がやっととれたみたいで、久しぶりに仕事の入らなかった平日に早起きして山に行くことができました。


1か月ぶりということで、あまり標高差の大きい山は避け、かといってぬるすぎる里山もリハビリにならないので、標高差が小さく距離を歩く縦走路を歩くことにしました。岡山で縦走といえば、蒜山三座、毛無山~金ヶ谷山、櫃ヶ山~星山、那岐連山などがありますが、どれも結構ハードなので、登山口の標高が一番高くて標高差の小さい駒ノ尾山~後山の縦走路をピストンすることにしました。


このルートは、2019年11月に歩く予定でしたが、台風の被害で林道が通行止めになり、やむなく後山だけ登って帰ったので、駒ノ尾登山口から歩くのは初めてです。後山から駒ノ尾山への縦走は過去に一度あるのですが、駒ノ尾山から後山へ歩くのは初めてなので、半分初めて歩く縦走路です。


装備リスト
●アッパー
 ドライレイヤ: ノースフェイス パラマウントタンク
 ベースレイヤ: マムート ジップロングスリーブオールイヤー
 ミドルレイヤ: マムート エクスカーションアドバンストジャケット
 ソフトシェル: なし
 ハードシェル: マムート コンベイ プロ GTX HS フーデッドジャケット
 インサレーション: ノースフェイス レッドポイントライトジャケット
 グローブ: コーナン ネクストフォース 作業用グローブ
 キャップ/ハット: マムート アドベンチャーベンチレーションハット

●ボトムス
 ドライレイヤ: なし
 ベースレイヤ: なし
 ミドルレイヤ: マムート ソフテックトレッカーズパンツ
 ハードシェル: ミズノ ベルグテックEXレインパンツ
 インサレーション: なし
 ソックス: バーグハウス メリノウール トレッキング ソックス
 シューズ: マムート デュカンハイGTX

●ギア
 バックパック: マムート トリオンライト28L
 ストック: なし


IMG_8357.jpg
晴天予報ではあったものの、花冷えで気温はちょっと低めの5度ぐらい。風はあまりないとのことで、防風対策よりも防寒対策重視でウェアリングを選びました。ベースレイヤはウールを13%混紡したマムート ジップロングスリーブオールイヤーで保温重視の選択です。ミドルレイヤにPrimaloft Performance Fabric Dryを生地に使った薄手フリースのようなマムート エクスカーションアドバンストジャケットを行動着としてチョイス。保温性と汗抜けのバランスを考えて、ウィンドストッパーのソフトシェルではなく、あえて風通しのいいプリマロフト素材のジャケットにしました。若干肌寒さはあったものの、とりあえずこの組み合わせでいけましたが、思ったより風が冷たかったので、ウィンドストッパーのソフトシェルでもよかったかもしれません。


IMG_8387.jpg
バックパックは新アイテムのマムート トリオンライト28Lです。色違いの現行モデルより1つ前のモデルの中古品ですが、形や構造は現行モデルと同じです。冬期テント泊山行のアタック用バックパックとして2020年3月に購入しましたが、昨年は積雪期にテント泊山行ができなかったので、まったく出番がありませんでした。今回、無雪期の日帰り登山になりましたが、ようやく使い心地を確認することができました。20Lだとけっこうパツパツになってしまう荷物でしたが、28Lとなるとさすがに余裕です。本体は700gと軽量で、高さも48cmしかないので、背負った感じはもっと容量の小さいバックパックのようでした。



ここで一息。ぽちっと押したら、引き続きブログ「ヤマふぉと」をお楽しみ下さい。




8時30分頃に道の駅あわくらんどに到着。トイレに立ち寄り、コンタクトレンズを装着し、駒ノ尾登山口のある黒岩峠駐車場を目指して出発。事前に通行止め情報がでていないことをネットで確認してきたものの、単に見つけられなかっただけという可能性もあるので、少しドキドキしながら林道ダルガ峰線に向かったところ、無事に黒岩峠駐車場にたどり着きました。


IMG_8358.jpg
9:37 誰もいない駐車場に車を停め、ささっと準備を済ませました。1か月ぶりの登山ということで、少し入念に準備運動をして出発です。


IMG_8359_20210406215444e72.jpg
登山口は林道を挟んで駐車場の向かいにあります。やたら立派な木の渡り廊下のようなものが設置されていて、なんだかすごくお金と人手をかけて整備されているという感じです。考えてみれば、西粟倉村にとってちゃんとした登山ができる唯一の山が駒ノ尾山なので、気合が入るのも当然かもしれません。


IMG_8360_202104062154466ee.jpg
登山道に入ると、よく整備された広い道が続きます。真ん中に手すりまで設置されていて、岡山県下でもっとも整備の行き届いた快適な登山道と言っても過言ではありません。


IMG_8361.jpg
道標もそれぞれの地点までの距離と、現在地の標高が記載されていて、至れり尽くせりです。


IMG_8362_202104062154493fc.jpg
そのうえ、ちゃんとしたベンチまで設置されています。岡山県の最優秀登山道賞を授与させていただきたい気分です。


IMG_8363.jpg
標高差50m、距離270mで次の道標が設置されていました。しかも、休憩舎までの距離まで書いてあるなんて、どこまで親切やねん! 


IMG_8365_2021040621545250b.jpg
登山道はあまり急傾斜の所もなく、あいかわらず手すり付きの階段が続いています。もしかして山頂まで続くのかと思いながら登っていきます。もっとも、手すりもところどころ壊れていたり、階段も痛んでいるところがあったりで、さすがに完全無欠の整備状況とはいかないようです。


IMG_8366_20210406215453e5f.jpg
10:00 山小屋のようなものがあるなと思ったら、これが休憩舎のようです。


IMG_8367.jpg
ログハウス式でけっこうしっかりとしているので、急な雨降りなどの避難小屋としても十分使えそうです。もっとも、窓が筒抜けなので、横殴りの雨のときは厳しそうです。中にベンチでもあればよかったんですが、そこまで要求するのは贅沢でしょうか。


IMG_8368_20210406215648485.jpg
休憩舎からの展望はそれなりにありますが、特に何が見えるということもありませんでした。天気が良くて空気が澄んでいれば、四国の山々がみえるのかもしれません。


IMG_8370_20210406215650d1f.jpg
休憩舎のすぐ下にアセビらしき花が咲いていました。あまり詳しくないのですが、多分アセビだろうと思います。


IMG_8371_2021040621565149b.jpg
休憩舎の前の道標には標高の記載がありませんでした。どうせなら、ちゃんとしていただきたいものです。ちなみに、休憩舎の標高は1090m地点です。


IMG_8373_2021040621565364d.jpg
休憩舎からしばらく登ったところにもベンチがありました。しばらくといっても、わずか6分ほどの距離なので、これほど頻繁になくてもと思わないでもありません。とはいえ、お年寄りや子供連れのハイキング客などにはうれしい設備かもしれないので、無いよりある方がうれしいのは当然です。


IMG_8374_202104062156546d3.jpg
休憩舎から10分ぐらいのところに、コンクリートの墓石のようなものがありました。


IMG_8375_2021040621565631f.jpg
何かと思ったら、どうやら何かの土台だったもののようです。そういえば、途中に展望台と書かれた道標があったので、もしかしたらこれのことかもしれません。いまとなっても、展望台跡ですが。


IMG_8376_20210406215657ef1.jpg
展望台跡にあった道標では、標高1150mとなっていました。


IMG_8377_20210406215659ccf.jpg
展望台跡を過ぎると、再びゆるりとした上り坂が続きます。


IMG_8378_202104062157007f7.jpg
駒ノ尾山山頂が近くなると、傾斜がやや急になり、登山道も雨で削られたのか、崩れた部分が目立ち始めました。といってもこの辺りだけですが。


IMG_8379_20210406215702da1.jpg
10:35 駒ノ尾山山頂に着きました。さすがに平日の10時台ということで誰もいません。休憩なしで上がってきたので、ここで荷物を下ろして大休止をとります。


IMG_8380.jpg
まずは展望を楽しみます。北方向は、手前になだらかなダルガ峰、その左後方に沖ノ山、右奥に東山が見えています。さすがにもう雪は無いようです。


IMG_8383.jpg
東山のさらに右後方に見えているのは、扇山だと思われます。


IMG_8384.jpg
扇ノ山をズームアップすると、山頂付近にはまだわずかですが残雪があるのがわかります。後山より40mほど標高が高いだけなのに、あちらにはなぜ残雪がまだあるのでしょうか。やはり日本海に近い分、積雪量が多いのかもしれません。


IMG_8385.jpg
扇ノ山から視線を少し右にずらすと、まだたくさんの残雪をまとった氷ノ山も見えていました。あちらはさすがに標高が1500mなので、まだ広く残っているようです。といっても、もう1週間ほどの命かもしれません。


IMG_8381_20210406215906704.jpg
西に目を向けると、那岐山が見えました。那岐山には残雪らしきものは全く見えません。


IMG_8382_2021040621590721c.jpg
那岐山の右後方にいくつかのピークが連なった山が見えていますが、おそらく泉山でしょう。霞んでいたため、さすがに大山までは見えませんでした。


IMG_8386_2021040621591422e.jpg
一通り展望を楽しんだら、少し小腹が空いたので、ラムネをかじりました。朝食のパンが一つ残っていたのですが、もう11時近いし、後山に12時頃着いたらすぐにランチタイムなので、ここはラムネで空腹感を紛らわせて置きます。

つづく。

ブログ「ヤマふぉと」のランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング








| 2021年4月 駒ノ尾山~後山 | 22:04 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |