FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。当ブログ内に掲載してある写真の無償提供はしておりません。また、無断で使用することは固くお断りいたします。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

山頂直下の北壁を見て戦意喪失: 烏ヶ山その3 

2021年2月28日(日) 鳥取県江府町 烏ヶ山(標高1448m) 日帰り単独行


IMG_7053_2021030616204176e.jpg
1385.5ピークへ戻るまでの雪庇の尾根を見下ろしながら下ります。こうしてみると樹林帯の近くを歩く分には、それほど心配する必要はなさそうです。しかし、写真下あたりの雪庇がなくなっているように見えるあたりは、やはり樹林帯の中を迂回するのが安全です。


IMG_7054_202103061620421ae.jpg
帰りはトラバース区間の途中で写真を撮る余裕がありました。だいぶん雪が緩んで滑りやすくなっていましたが、一歩一歩確実にクランポンの爪を食い込ませながら歩き、スリップすることなく無事通過することができました。


IMG_7055_202103061620447fa.jpg
尾根に戻ってきて、広くなった雪庇の上を、樹林帯側に近いところを戻ります。


IMG_7056.jpg
ただし、この辺りも全区間楽に歩けるわけではなく、雪庇の先端近くまでツタの絡まった笹薮が出っ張っていたりして、クランポンの爪が引っかかるのを避けながら通過するのに若干手間取りました。


IMG_7058_20210306162047aae.jpg
12:52 1385.5ピークへ戻ってきました。これで危険個所は終わりです。この下の風の当たらない場所まで降りたら、ランチタイムにすることにしました。


IMG_7059_20210306162048277.jpg
しかし、気持ちが緩んだ瞬間、足の置き方がいい加減だったらしく、斜面に置いた足がすっと横滑りしてそのまま横向きに転んでしまいました。写真ではわかりにくいですが、写真上の方から下ってきて、右足を乗せた雪が崩れて写真中ほどまで1m近く横滑りして転倒したわけです。幸い、急斜面ではなく、すぐ下には藪もあって危険性はまったくなかったのですが、うかつに足を踏み出したためにクランポンの爪が下の硬い雪の層に届かず、上の柔らかい雪の層ごと滑ってしまったというわけです。気を抜くとこういうことが起こるので、やはり広くてなだらかな場所に下るまでは要注意です。


IMG_7060_20210306162050c63.jpg
1枚バーンの急斜面を下るときは、さきほどの失敗を繰り返さないように慎重に下りました。


IMG_7061_202103061620518c6.jpg
安全な場所まで降りてきて、前方に見える大山に目を向けたところ、ずっとガスに隠れていた槍ヶ峰が姿を見せていました。



ここで一息。ぽちっと押したら、引き続きブログ「ヤマふぉと」をお楽しみ下さい。




IMG_7062_2021030616205357f.jpg
13:02 1385.5ピーク下の、アックスを装着した場所でランチタイムです。来る途中、ローソンで買ってきた菓子パンとカフェオレの簡単なランチです。


IMG_7063_20210306162054b65.jpg
ガスが取れた大山を眺めながら、カフェオレで乾杯。真っ白い雪に覆われた山を眺めながら、一人静かにランチタイムを過ごすこの瞬間が、雪山の魅力のひとつです。


IMG_7064_20210306162644c45.jpg
ランチを終えて、そろそろ出発しようかという頃には、大山に再びガスがかかり始めました。まるで、ランチンタイムにだけガスがとれて姿を見せてくれたような絶妙なタイミングでした。


IMG_7065.jpg
矢筈ヶ山のほうは、標高が低いためガスはまったくかかっていません。矢筈ヶ山の背後にわずかに甲ヶ山の黒々とした岩壁が見えていました。


IMG_7066_20210306162647b14.jpg
13:37 下山開始です。といっても、ここからは1320ピークまでの登り返しです。


IMG_7068_2021030616264836e.jpg
13:53 1320ピークを通過します。


IMG_7069_20210306162650e57.jpg
鳥越峠に向かって下っている途中、再び槍ヶ峰が姿を見せてくれました。


IMG_7072_2021030616265162d.jpg
ガスがとれた大山を正面に見ながら鳥越峠を目指します。


IMG_7073_20210306162653842.jpg
14:14 鳥越峠まで下りてきました。ここからは、登ってきたルートではなく、夏道で下ることにしました。といっても、どうせ少し下ったところで登ってきたルートに合流することになります。


IMG_7074_2021030616265400b.jpg
夏道で下り始めたすぐ先に倒木があり、無雪期はその下をくぐりますが、さすがにいまは雪があるので、上から乗り越えて反対側に飛び降りて通過しました。


IMG_7076.jpg
緩やかな木谷の斜面まで降りてくると、あとはのんびりと下るだけです。


IMG_7077_202103061626571ab.jpg
ブナ王まで戻ってきて、そこからは往路よりも少し東寄りの森の中を下っていたのですが、けっこう大きなミズナラらしい木を見つけました。直径1m越えの太いツタがからまる巨木でした。木谷は烏ヶ山のある東方向に向かって傾斜しているので、水気の多い土壌を好むミズナラは、どちらかといえば東側に多いのかもしれません。巨木になる樹種なので、人の手が入っていないこのあたりの森なら、もしかしたらもっと大きいのがあるかもしれないと思い、さらに東の方に入ってみることにしました。


IMG_7079.jpg
5分ほど東に向かって歩いて行くと、先ほどのミズナラより一回り大きいミズナラを見つけました。太さはブナ王と同じぐらいの4m前後といった感じです。


IMG_7080_202103061629165fe.jpg
ところが、そのミズナラから50mほどのところに、もっとすごいミズナラの巨樹がありました。


IMG_7085_20210306162919c44.jpg
直径は僕の身長を優に超えているので、おそらく2mぐらいはありそうです。とすると、幹周は6m級の巨樹ということになります。


IMG_7081_20210306162918c19.jpg
なんとなく東の方に行ってみたくなって出会った巨樹ですが、もしかしたら呼ばれたのかもしれません。大きさからして木谷で最大の木ではないかと思うので、木谷の主と呼ぶことにします。ブナ王といい木谷の主といい、この日は新しい巨樹に出会えたいい日でした。木谷にはまだ知られていない巨樹があるかもしれないので、雪のあるうちに木谷の隅々を歩いてみたいと思います。


IMG_7087_20210306162921290.jpg
15:52 木谷で少し寄り道して道草をくって遅くなってしまいましたが、16時前に奥大山スキー場に戻ってきました。


IMG_7088_20210306162922ed3.jpg
帰り際、御机から大山を振り返ると、再び山頂付近にガスがかかっていました。


trekkingdata.jpg
この日の山行は、標高差約700m、直線距離で往復約11㎞でした。

map20210228karasugasen.jpg


ブログ「ヤマふぉと」のランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング









スポンサーサイト



| 2021年2月 烏ヶ山 | 16:46 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

山頂直下の北壁を見て戦意喪失: 烏ヶ山その2 

2021年2月28日(日) 鳥取県江府町 烏ヶ山(標高1448m) 日帰り単独行


IMG_7032_2021030415490975f.jpg
11:39 装備の変更と小休止を終えて、目の前の急登に取りつきました。


IMG_7033_202103041549102eb.jpg
結構な斜度に加えて立木の全くない1枚バーンなので、スリップは即滑落に直結です。雪も緩み始めているので、クランポンの爪を確実に下の硬い層に食い込ませながら登りました。


IMG_7034_20210304154912482.jpg
やや斜度が緩くなった小さなテラス状の場所で一息つき、振り返ってみると、大山の上空に青空が広がりつつありました。しかし、山頂付近はまだガスに隠れたままです。


IMG_7035.jpg
尾根にのる直前のところがちょいと厄介ですが、以前登った時よりも雪が多く、歩ける場所が広がっていたので、前回ほど手こずる感じはありませんでした。


IMG_7036.jpg
11:47 三角点のある1385.5ピークに着きました。ここまではとくに危険な場所はありませんでしたが、この先は雪庇の張り出したナイフリッジです。ほぼ大山主稜線と同じような狭くて切り立ったが崖沿いの尾根道となるので、慎重なルート選択が必須です。ここから見た限りでも、庇状に張り出した雪庇が見て取れます。


IMG_7037.jpg
下を見れば、平坦な場所までおよそ250mほどの断崖になっているので、落ちたらまず助からないと思っていた方がよさそうです。



ここで一息。ぽちっと押したら、引き続きブログ「ヤマふぉと」をお楽しみ下さい。




IMG_7038.jpg
とりあえず、トレースを辿って歩き始めましたが、少し先で大きく踏み抜いた跡がありました。あきらかに雪庇の付け根にできたクラックを踏み抜いた跡です。どうもこのトレースは安全志向ではなさそうなので、この後はトレースよりも右側を意識して歩くようにしました。


IMG_7039_20210304154919c64.jpg
その先で稜線が狭まり、歩ける場所の幅が1~1.5m程度になっていた場所でも、先行者が踏み抜いたクラックが連続していて、ある意味危険個所を示してくれている親切なトレースといえるかもしれません。


IMG_7040_20210304154921783.jpg
烏ヶ山北峰のすぐ手前にある1420ピークとの鞍部は、さらに尾根が細くなり、場所によっては幅が1mも無いぐらい細くなっているようです。しかも、その1mはどうやら張り出した雪庇によって形成されたものらしく、これを歩いて行くのはかなりやばそうな感じです。


IMG_7041_20210304154922465.jpg
11:57 雪庇の幅がぐっと狭まる場所まできたとき、すぐ先に雪庇を真っ二つにするようにクラックができているのが目に入りました。この方向にクラックができるということは、その先の尾根は崩落していて、木立のラインまで崖が来ているといえそうです。とすると、雪庇は完全に庇状に張り出したものになっている可能性があり、木立の横ギリギリを歩いたとしてもそこが雪庇の付け根になっているわけなので、ごっそり根元から雪庇が崩落する可能性もないとはいえません。先行者のトレースは、さすがに手前のクラックのところから木立の横ギリギリについていますが、基本的に強行突破したというわけです。しかもその先にさらに細くやばそうな箇所も見えていて、さすがにこれをまっすぐ歩いて行く気にはなれません。


map20210228karasugasen1.jpg
ということで、この区間は右の木立の下の斜面をトラバースして行くことにしました。結構な急斜面を立木や灌木を避けながら進んだので写真を撮る余裕がなく、再び尾根に出るまで1枚も撮っていませんでした。ちなみに、GPSのトラックデータではこんな感じで迂回しています。


IMG_7042_20210304155227d9f.jpg
12:07 やばそうな鞍部の区間を避けてトラバースしてから、再び尾根に出てきました。おそらくやばい区間は通り過ぎていると思いますが、もしかしてまだ途中だったらと少し気にはなっていました。しかし、うまくやばい区間を過ぎたところ出てきたので、ようやく安心することができました。


IMG_7043_20210304155229251.jpg
やばい区間を振り返ってみると、案の定完全に張り出した庇状の雪庇になっていて、しかも一部は立木の上にのっかっているだけです。立木があるぶん崩落しにくいともいえますが、雪庇の厚みが薄く、簡単に踏み抜いてしまう可能性も高く、その拍子にバランスを崩して転倒滑落となるかもしれないし、衝撃で雪庇が崩れるかもしれません。まあ、大丈夫だろうなんて気楽なことをいうほど能天気な人間ではないので、ここは迂回したのが正解だったと思います。


IMG_7044_20210304155230b41.jpg
ここから先は尾根も広がり、歩きやすそうですが、広いから安全とはいえないので、できるだけ右側にルートをとって進みました。


IMG_7046_20210304155232102.jpg
尾根の幅が狭まり、立木が通せんぼしている場所がありました。トレースの主は雪庇側の狭いところを通過していますが、僕は右側の笹の生えているところから通過しました。


IMG_7047_20210304155233c19.jpg
12:19 1420ピークに立つと、目前に烏ヶ山北峰が見えました。烏ヶ山北峰の北壁をまじかに見るのはこれが初めてです。一般ルートになっている南壁側もぱっと見はけっこうな崖に見えますが、よく見ると登れそうなルートがあることがわかります。しかし、北壁はここから見た限りではどこを登るのかと思ってしまうほどそそり立っています。見れば見るほど、これはないわ~という気持ちが湧いてきて、挑戦しようという気持ちはまったく出てきません。完全に戦意喪失です。とりあえず、もう少し近くまで行ってみることにしました。


IMG_7048_202103041552354a8.jpg
1420ピークから鞍部に向けて下り始めるところまで来て、烏ヶ山北峰の状態を確認しました。目の前にある細くてやばそうな尾根を渡って北壁に取りつくわけですが、取りついた先には巨岩がバリケードのようにそそり立ち、まっすぐ尾根筋を登ることはできません。左側はほぼ垂直な壁なので、おそらく右から巻くのでしょうが、右側も楽に登れるような緩斜面とはいえません。先行者のトレースがどうついているのか、もう一度じっくりと確認してみました。


IMG_7049.jpg
まずは足元の尾根です。左側がどうなっているのかいまいちはっきりしませんが、立木がたくさん見えるので絶壁というわけではなさそうです。とはいえ、細いうえに立木にのっている雪の塊のようなので、踏み抜くリスクもあり、あえて行こうという気になりません。


IMG_7050.jpg
トレースを確認してみると、一部しか見えていないところが多いのであくまで想像ですが、どうやら青線のように進んだみたいです。ここから見た限りでは、通行禁止になっている大山主稜線のラクダのコブ付近と同等以上の難易度に感じます。むしろ、傾斜のきつさは主稜線以上で、登りはまだしも下りは甘くないと思われます。


IMG_7051.jpg
そして、巨岩の下にある絶壁とのわずかな隙間を右へ進み、雪の付いた急斜面を右のほうにある小さな尾根までトラバースするのがルートのようです。青線がトレースですが、自分なら赤線のようにいくかなと思いながら観察していました。しかし、そのあとがわかりません。左へ進み巨岩を縫うように山頂へ向かうのか、尾根を乗越した反対側に登りやすい場所があるのか、ここからではわかりません。ガスが出てきてトレースも上の方は目視できなくなってしまいました。なので、その先は行ってから考えざるを得ません。


山頂はもう目と鼻の先ですが、核心部といえる残りの区間を突破するには、30分はかかりそうです。まあ、登るのは何とかなったとしても、これを下ってくるとなるともっと厄介です。すでにお昼を回っているので、下山するころにはさらに雪は柔らかくなっていて、急斜面をトラバースする部分がはたしてしっかりとした足場を確保できるか気になります。さらに、この後の1385.5ピークへ戻るまでの尾根も崩落しそうな雪庇が連続するわけで、迂回しなければならない区間があることを考えると時間的にもどうだかなあと言わざるを得ません。


山頂に3人ほど人影が見えて、頑張って登ったとしても静かな山頂を楽しむことができるかどうか怪しいということもあり、ここで引き返すことにしました。前回の甲ヶ山に続き2回連続の撤退ですが、今回は悔しいという気持ちはほとんど湧いてきません。烏ヶ山北峰の北壁を見たとき、すでに戦意喪失していたせいかもしれません。今の自分の装備と技量では、これを安全に登って降りてくるのはちょっと厳しいなと直感したようです。職業登山家ではない僕にとって、リスクをとってまで烏ヶ山に登頂しなければならない理由はどこにもありません。


IMG_7052_20210304155241642.jpg
12:28 さて、そうと決まれば長居は無用です。さっさと下山します。ランチがまだですが、リスクのある場所を通過してからゆっくり食べたいので、1385.5ピークを過ぎるまでランチ抜きで行くことにしました。

つづく。

ブログ「ヤマふぉと」のランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング








| 2021年2月 烏ヶ山 | 16:26 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

山頂直下の北壁を見て戦意喪失: 烏ヶ山その1 

2021年2月28日(日) 鳥取県江府町 烏ヶ山(標高1448m) 日帰り単独行


2月最後の日曜日は、烏ヶ山に行ってきました。いくつか候補がありましたが、基本的に雪がまだ十分あるのは大山山系だけだろうし、仮にあったとしても標高が低い山は気温が高すぎて雪がグズグズになるのは目に見えているので、大山山系一択でした。


甲ヶ山のリベンジも考えましたが、先週は山に行っていないので2週間ぶりということもあり、長距離で標高差が大きい山行は体にきつそうなのでパス。振子沢を上まで詰めてあわよくば剣が峰も考えましたが、標高差も時間も甲ヶ山と同等レベルになりそうなのでパス。結局、槍尾根経由で剣が峰か、鳥越峠経由で烏ヶ山のどちらかが候補として残りました。積雪と天候とそのときの気分次第で決めることにして、とりあえず鳥越峠を目指すことにしました。


装備リスト
●アッパー
 ドライレイヤ: ノースフェイス L/S ハイブリッドパラマウントメッシュクルー
 ベースレイヤ: ノースフェイス ロングスリーブエアークルー
 ミドルレイヤ: マムート デイトリッパーフリースジャケット
 ソフトシェル: なし
 ハードシェル: マムート オールラウンダージャケット
 インサレーション: ノースフェイス レッドポイントライトジャケット
 グローブ: ショーワ テムレス02ウィンター
 キャップ/ハット: マムート トゥウイークビーニー

●ボトムス
 ドライレイヤ: なし
 ベースレイヤ: モンベル ジオラインLWタイツ
 ミドルレイヤ: マーモット AWストレッチパンツ
 ハードシェル: なし
 インサレーション: なし
 ソックス: BVD 5本指化繊ソックス
       アイスブレイカー メリノウールミディアムクルー
 シューズ: シリオ 712GTX
 ゲイター: マムート ゴアテックスゲイター

●ギア
 バックパック: マムート トリオンプロ35+7L
 ストック: ブラックダイヤモンド トレイルコンパクト
 クランポン: グリベル G10ワイド
 ワカン: エキスパート・オブ・ジャパン スノーシューズL
 ヘルメット: グラビティリサーチ アルパインヘルメット
 アックス: カンプ カシン Xライトアッズ
       カンプ カシン Xライトハンマー
 ハーネス: カンプ ブリッツ


IMG_7004_20210301225502dcd.jpg
予報では晴れで気温0度前後、風速8m/秒程度となっていて暖かいと予想したので、ハードシェルのパンツではなく、冬用の裏地付き登山パンツを選択しました。予報は半分あたり半分外れのような感じで、気温はおおむね1度ぐらいだったもののけっこう風が強く、体感気温は氷点下のような感じでした。でも、服装においては過不足なかったようで、寒すぎるとか暑すぎるということはありませんでした。


マーモット AWストレッチパンツは、いつものゴアテックスのハードシェルパンツの感覚で頻繁に雪に膝をついたりしましたが、濡れることもなくなかなか優秀なパンツだと改めて感心しました。すでに販売終了となっていますが、防風性能もしっかりしているので、後継モデルがあるなら冬山におすすめの登山パンツです。


アックスは、槍尾根を登る場合に備えてハーネスとともにダブルアックスとしましたが、結局Xライトアッズのほうだけを使いました。ワカンも使わずじまいでした。



ここで一息。ぽちっと押したら、引き続きブログ「ヤマふぉと」をお楽しみ下さい。




自宅を5時過ぎに出発し、奥大山スキー場に7時30分頃着きました。売店横の駐車スペースはすでに満車でしたが、最終除雪地点前の道路脇に駐車できるぐらいのスペースがありました。


IMG_6998_2021030122545459a.jpg
7:49 出発します。


IMG_6999_2021030122545640a.jpg
ゲートを横から迂回して進みました。雪はしっかりと締まっていて、脚がもぐることはほとんどありませんでした。


IMG_7000_20210301225457565.jpg
途中から環状道路を外れて木谷の中を北上します。


IMG_7001_202103012254595b7.jpg
8:56 前方に大きなブナがあるなと思いながら近づいていくと、思いのほか巨樹で驚きました。


IMG_7002_20210301225500abc.jpg
大きさがわかるように横に立って撮影してみました。メジャーがないので正確な幹周はわかりませんが、二抱えと50㎝ぐらいありました。なので、幹周4m弱といったところでしょう。木谷のブナの中では、おそらくトップクラスの巨樹だと思われます。とりあえず、木谷のブナ王と名付けておきます。


IMG_7005.jpg
さらに少し登ったあたりにも、ブナ王よりも一回り小さいながら立派なブナがあり、周囲には直径1m前後の巨樹・巨木がたくさんみられました。標高1100mあたりのブナ林はおそらく人の手が入っていない原生林なのでしょう。


IMG_7007.jpg
木谷の斜面上に向かって右斜め上方向に見える鳥越峠に向かって進んでいきます。


IMG_7008_2021030122550637f.jpg
9:32 鳥越峠手前に小さな雪庇があり、その下に風を避けれる平坦な場所があったので、休憩していくことにしました。鳥越峠への急斜面を登るのにクランポンを装着しておく必要があるので、ちょうどいいタイミングでした。


IMG_7009_202103012255080b5.jpg
9:56 休憩後クランポンを装着して、鳥越峠に向かいます。上の方で風が唸りをあげていて、峠に出ると風も強まりそうなので、ハードシェルジャケットも着ておきました。


IMG_7010_20210301225926fd2.jpg
GPSでほぼ夏道通りに登ってきたつもりでしたが、どうやら少し北寄りにずれてしまったようで、鳥越峠よりキリン峠側の尾根に出てきました。


IMG_7011.jpg
50mほど南へ移動したところが鳥越峠でした。


IMG_7013.jpg
槍尾根方面を見ると足跡がいくつかついていました。これ以外にも、鳥越峠を経由せずに登っている人もいるでしょう。


IMG_7014_202103012259321e9.jpg
上の方に見えるピークには人影がありました。


IMG_7012.jpg
一方、烏ヶ山方面へのトレースはありません。とすると、行くべきは烏ヶ山です。


IMG_7015_2021030122593492b.jpg
鳥越峠から1320ピークへの尾根は雪庇ができていました。しかし、この尾根はそれほどナイフリッジではなく、幅もそこそこあるので、雪庇の出ている左に寄らないように気を付けながら尾根上を歩いて通過しました。


IMG_7016_2021030122593526d.jpg
1320ピークへの登りに差し掛かったあたりで、指先が痛くなるほど冷えてきたので、インナーグローブをつけました。温度計を見ると1度をさしていましたが、風が強く、体感温度はマイナス5度ぐらいありそうな感じです。


IMG_7017.jpg
傾斜のきついところをこなし、1320ピーク手前の尾根に出てきました。


IMG_7018_20210301225938a57.jpg
倒木があったり、小さな雪庇があってふかふかの雪に足をとられたりと少し手こずりました。わずかな距離とはいえ、2月末になって今シーズン初めてのラッセルをすることになるとは思いもしませんでした。


IMG_7021_2021030122594016e.jpg
10:42 1320ピークに着きました。


IMG_7022_20210301230319bc0.jpg
烏ヶ山のピーク付近はガスがかかっていて、見えたり見えなかったりしていました。風が強くじっとしていると冷えてきます。


IMG_7023.jpg
小腹が空いて休憩したかったので、風下になるピークの北側に少し下ったところにベンチを作って座りました。風もほぼ当たらないし、陽射しも背中側から当たって寒さを感じないいい休憩場所でした。左手には大山も見えています。


IMG_7024_20210301230322a36.jpg
行動食としてバランスパワーのスイートポテト味を食べました。味も風味も焼き芋みたいで、かなり美味でした。


IMG_7025_202103012303249ec.jpg
休憩している間に大山のガスが取れることを期待していたのですが、ふと見るとさらに濃くなっているではありませんか。陽射しもなくなってしまい、気持ちも萎えます。


IMG_7026_202103012303259c7.jpg
11:02 烏ヶ山の山頂付近もガスで見えなくなっていて、行くだけ無駄かなと思わないでもありませんが、強風でガスの動きが速いので、突然晴れる可能性も否定できません。なので、とりあえず行ってみることにしました。


IMG_7027_202103012303271b9.jpg
1320ピークからはいったん鞍部へ下ります。鞍部の尾根に雪庇はありますが、尾根の幅が広いし、雪庇のはりだしもそれほど大きくないので、端に寄りすぎなければ大丈夫そうです。


IMG_7028_202103012303280b9.jpg
とはいえ、細い立木にのっかっているだけの部分もあったりして、油断は大敵です。しかも鞍部は風の通り道なので、強風にさらされて結構寒いのがつらいところです。


IMG_7029_202103012303301fb.jpg
鞍部を過ぎて三角点のある1385.5ピークの登りに差し掛かると、風が一気に弱まって寒くなくなりました。振り返ると、大山に陽射しが戻ってきて、上空に青空ものぞいています。このまま晴れてくれればいいのですが、ガスは相変わらずです。


IMG_7030_20210301230331d33.jpg
ここからの急斜面に備えてストックからアックスに持ち替えるつもりだったので、風があまり当たらなくなったのは好都合でした。


IMG_7031_20210301230333912.jpg
烏ヶ山北峰の北面が厄介そうなので、ダブルアックスにしておこうかと思ったのですが、烏ヶ山まで尾根歩きが続きダブルアックスはかえって歩きにくいだろうということで、シングルで行くことにしました。

つづく。


ブログ「ヤマふぉと」のランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング








| 2021年2月 烏ヶ山 | 23:17 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |