FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。当ブログ内に掲載してある写真の無償提供はしておりません。また、無断で使用することは固くお断りいたします。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

楽勝と思っていたらけっこうきつかった: 三坂山その2  

2020年11月15日(日) 岡山県真庭市 三坂山(標高902.5m) 単独日帰り 


IMG_7799.jpg
10:21 休憩を終えて、三坂山山頂へ向かいます。三坂峠から山頂までは、これまでと一転してけっこうな急坂が続いていました。


IMG_7801_202011191927413f5.jpg
最初の急坂を登りきると小ピークになっていて、その先は小さな鞍部を経て緩やかな尾根になっていました。


IMG_7802.jpg
しかし、緩やかなな尾根はあっという間に終わり、再び急坂の出現です。登山者が少ないのか、踏み跡もないので、落ち葉の積もった平坦な急斜面を登らなくてはならず、これがけっこう大変でした。


IMG_7805_20201119192744be0.jpg
二つ目の急坂が終わると、葉を落とした木立の先に三坂山の頂上が見えました。幸いにも、この先はなだらかな道が続いています。


IMG_7806_20201119192745cee.jpg
10:41 三坂山の北側にある850mピークに着きました。「山」と彫られた石が設置してありましたが、いったい何なんでしょうか。山頂まではもうすぐなので、休憩なしで先へ進みます。


IMG_7807.jpg
軽く下って山頂を目指します。


IMG_7808_20201119192748b06.jpg
鞍部の先で倒木が道をふさいでいました。直径40㎝ぐらいありそうなわりと太い木で、乗り越えるには高いしくぐるには低すぎる絶妙の高さの障害物となっていたのですが、幸い右の根本側から回り込んで通過できました。


IMG_7809.jpg
いよいよ三坂山山頂下の急登にとりつきます。ここも足がかりのない落ち葉が積もった急斜面で大変でした。


IMG_7812.jpg
山頂らしきピークが見えたところで、さらに斜面の勾配がきつくなりました。しかし、これを登り切れば終わりだと思って頑張って登ります。



ここで一息。ぽちっと押したら、引き続きブログ「ヤマふぉと」をお楽しみ下さい。




IMG_7813.jpg
10:52 何か支柱のようなものが見えたので山頂だと思ったら、なんと山頂はまだ先にあるではありませんか。途中で木立越しに見たときは、木々が邪魔で手前に別のピークがあることに気が付きませんでした。しかも、このピークは地形図にも記載されていません。完全な騙しピークでした。



IMG_7814.jpg
騙しピークを過ぎて、今度こそ本当の頂上直下の急斜面にとりつきました。ここは今までと違って足がかりとなる凸凹があるし、手掛かりとなる木の根や石もあって、斜度のわりに登りやすかったのが救いでした。ただし、下りではあまり通りたくない斜面です。


IMG_7815_20201119192857176.jpg
10:57 三坂山山頂に出ました。誰もいない静かな山頂でした。三坂峠から35分ほどかかりました。20分ぐらいで着けるだろうと思っていたのですが、案外時間を食ってしまいました。


IMG_7816.jpg
ところで、山頂に着いて最初に目についたのがこの山名板です。三坂山のはずなのになぜ四坂山となっているのでしょうか。


IMG_7817.jpg
すぐ隣には三坂山の山名板もあり、わけがわかりません。考えても仕方がないので、四坂山と書かれている山名板は無視することにしました。


IMG_7818.jpg
荷物を下ろし、とりあえず展望を楽しみます。こちらは登ってきた三坂峠方面を望む東側の展望です。正面遠方に見えているのは、おそらく泉山だと思われます。そのはるか右奥に那岐山らしき山も見えていました。


IMG_7819_2020111919290301c.jpg
そして、一番展望の開けた北側です。左から、大山、烏ヶ山をはじめ、蒜山三座まで一望できました。


IMG_7820.jpg
蒜山三座のアップ。


IMG_7821_20201119193049479.jpg
左から大山、烏ヶ山、擬宝珠山、皆ヶ山です。


IMG_7822_20201119193050f35.jpg
西側もけっこう展望がありましたが、木が葉をつけている時期は左半分は見えなさそうです。右のピークが櫃ヶ山で左の星山までの稜線が見えているようです。あいにく、南側は木立に邪魔されて展望はありませんでした。


IMG_7823_202011191930523c4.jpg
ひとしきり展望を楽しんでから、早めのランチタイムです。少し風がありましたが、木立の風下側に座ると、風よけになってジャケットを脱いでも大丈夫でした。今日は、日清のマシライスというカップ飯を持ってきました。正直、スーパーでたまたま見つけて買ってきただけなので、どういうものかよくわかっていません。どうやら、どこかのラーメン店とのコラボ商品のようです。


IMG_7824.jpg
マシライスにお湯を注いで5分待つ間に、朝食の残りのミニクリームパンをほおばります。最近はパンを選ぶとき原材料にマーガリンが含まれていないものを選んでいるのですが、これがなかなか大変です。食パンでさえマーガリンが使われているので、菓子パンならなおさらです。マーガリンを避ける理由は、もちろんトランス脂肪酸を摂取しないためです。心臓疾患や動脈硬化のリスクを高めるとされているので、摂取しないにこしたことはないという理由です。


IMG_7825_20201119193055dbf.jpg
ミニクリームパンを食べ終えたところで、ちょうどマシライスが出来上がりました。率直に言って、醬油とんこつのラーメンスープにご飯を入れたものでした。スープカレーみたいな感じです。ご飯の量は、他のカップ飯と同様で、スープの中に浮いているという程度で、がっつりとした昼食というほどのボリューム感はありません。ミニクリームパンがあって良かったです。味は、こってりとして美味でした。


IMG_7826_202011191930578de.jpg
食後は、カフェラテでほっこりです。


IMG_7827.jpg
11:39 誰もいないのを幸いに、山頂で45分ほどのんびりと過ごしてしまいました。そろそろお昼時が近いので、登山者が現れそうです。荷物をまとめて、下山開始です。下山は、南周りで行くことにしました。


IMG_7829.jpg
南へ下る道は、ちょっとした尾根道で、それほどきつい勾配ではないので、来た道を下るよりは楽でした。少し下ったところでGPSの電池が切れてしまったので、ちょうど展望の開けていた場所で電池を交換しました。眼下には、紅葉の森と緑の植林のパッチワークが広がっていて、なかなかの美しさでした。


IMG_7830_20201119193101546.jpg
展望の開けていた場所から尾根を外れて植林帯の中を下ります。ここの斜面はかなりの急こう配で要注意です。


IMG_7831.jpg
急こう配の途中から、左へトラバース気味に移動し、その先で再び下へと下ります。少し勾配は緩くになったものの、楽に下れないぐらいの勾配が続きます。


IMG_7832.jpg
11:59 突然平坦な場所に出ました。十石峠です。ここで大山みちに合流したわけです。


IMG_7833.jpg
道祖神方面に行けば三坂峠に戻ることができます。


IMG_7834.jpg
かつては、ここに十石茶屋があったそうです。


IMG_7835.jpg
十石峠から三坂峠方面に向かいます。


IMG_7837_20201119193334348.jpg
少し下ると、道は等高線に沿った平坦な道に変わりました。歩きやすく楽な道です。


IMG_7838_20201119193335446.jpg
12:13 三坂峠に戻ってきました。道祖神というのは、峠のすぐ南側にあるこの石のことでした。


IMG_7839.jpg
まっすぐ行けば来た道を戻るわけですが、せっかくなので右の展望岩に登ってみることにしました。


IMG_7840_20201119193338e99.jpg
大きな岩があるのかと思ったら、露岩があって木が生えていないので展望が開けているということでした。見えている岩の向こう側の斜面に露岩が広がっています。


IMG_7841_20201119193340643.jpg
標高が低いこともあり、南側の展望はそれほどでもありませんでした。


IMG_7842.jpg
三坂山の山頂が見えました。ここから見ると、騙しピークがあることがわかります。


IMG_7843.jpg
三坂峠に戻るつもりでしたが、東に向かって道があるので、そちらから回ってみることにしました。おそらく、登ってきたときに一度確認しにいった分岐の先に合流するのだろうと踏んだからです。


IMG_7844_20201119193535b10.jpg
2分ほどで、小さな鞍部に着きました。


IMG_7845_2020111919353749c.jpg
道標があり、左へ行けば湯原となっていたので、左へ進みます。


IMG_7846_20201119193538d53.jpg
予想通り、三坂峠下の分岐点に出ました。あとは、来た道を下るだけです。


IMG_7849_20201119193540439.jpg
12:39 林道終点まで降りてきました。この先は緩やかな林道歩きです。


土嚢が積んであった場所の近くに、黒い軽バンが1台停まっていました。「ヤマレコ」のステッカーが貼ってあったので、たぶん登山者なのでしょうが、どうやらすれ違いになったみたいです。結局、今日は誰にも会うことはありませんでした。


IMG_7852_202011191935413fb.jpg
13:09 駐車場所に戻ってきました。また、最終民家の黒い犬に吠えられるかと思っていたら、まったくもって静かでした。帰り際に確認すると、犬の姿が見えなかったので、散歩にでも出ていたのかもしれません。


軽く3時間程度のハイキングのつもりで選んだ三坂山でしたが、休憩込みで4時間強もかかってしまいました。もっとも、休憩に1時間ほど使っているので、実質的に歩いた時間は目論見通り3時間ほどです。しかし、三坂峠から先は30分程度とはいえがっつりの急斜面が続く登山モードだったので、寝不足だったこともあり予想外に疲れてしまいました。

map20201115misakayama.jpg


ブログ「ヤマふぉと」のランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング








スポンサーサイト



| 2020年11月 三坂山 | 19:50 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

楽勝と思っていたらけっこうきつかった: 三坂山その1  

2020年11月15日(日) 岡山県真庭市 三坂山(標高902.5m) 単独日帰り 


本当は14日の土曜日に四国まで遠征するつもりでしたが、仕事疲れなのか朝起きられず、10時過ぎまで惰眠をむさぼってしまいました。


そのため15日の朝は逆に4時過ぎに目が覚めてしまい、いまいち気が乗らないままどうしようかと逡巡していたのですが、せっかく起きたのだしあまり遠くないところで、あまりがっつりと登らなくていいハイキング的登山をして早めに帰ってくることにしました。ということで、決めたのが米子道湯原ICのすぐ南にある三坂山です。


北からも南からも登れる山ですが、県別ガイドは北からのルートを案内していたので、北から登ることにしました。


装備リスト
●アッパー
 ドライレイヤ: モンベル ジオラインクールメッシュラウンドネックシャツ
 ベースレイヤ: なし
 ミドルレイヤ: マムート エクスカーションアドバンストジャケット
 ソフトシェル: なし
 ハードシェル: マムート オールラウンダージャケット
 インサレーション: マムート ブロードピークⅡジャケット
 グローブ: マムート メリットパルスグローブ
 キャップ/ハット: マムート アドベンチャーベンチレーションハット

●ボトムス
 ドライレイヤ: なし
 ベースレイヤ: なし
 ミドルレイヤ: マムート ソフテックトレッカーズパンツ
 ハードシェル: ミズノ ベルグテックEXレインパンツ
 インサレーション: なし
 ソックス: クロスプロ 脚力サポートソックス for Trekking
 シューズ: マムート デュカンハイGTX

●ギア
 バックパック: マムート リチウムスピード20L
 ストック: なし
 ヘルメット: なし


IMG_7760.jpg
天気予報では晴天、標高1000mの気温が9度ぐらい、風力10m/秒前後という予報だったので、朝方は結構寒く、昼になるとそこそこ暖かいだろうということで、ドライレイヤはあまり汗をかかないことを前提に長袖のジオラインクールメッシュ、ベースレイヤに保温力がそこそこあるエクスカーションアドバンストジャケット、朝のうちの寒さ対策はゴアテックスのハードシェルという組み合わせで行きました。


はじめのうちは日の当たらない山の北側の谷筋を歩くためけっこう冷えましたが、ゴアテックスのハードシェルは冷たい風からしっかりと体をガードしてくれて問題なしでした。脇のピットジップは全開にしていたので蒸れることもなく、山頂近くまでは着たままで行けました。降雨確立0%だったので、ソフトシェルでもよかったのでしょうが、予想外の冷え込みを考慮してハードシェルにしました。


インサレーションのブロードピークⅡジャケットは、今回初めて使いました。とはいっても、タウンユース用に安価な中古品を購入したもので、もともと山で使う予定はなかったのですが、いつものラムチェハイパーダウンジャケットに穴が見つかって、修理するためにバックパックから出していたことをすっかり忘れていたため、出かけるときに着てきたブロードピークⅡジャケットをそのまま詰め込んで出発したというわけです。結局使いませんでしたが。



ここで一息。ぽちっと押したら、引き続きブログ「ヤマふぉと」をお楽しみ下さい。




IMG_7761_20201116164108675.jpg
8:47 舗装路終点から出発します。この先は未舗装の林道ですが、そこそこ荒れていたので、うかつに2WDの車で入り込んで引き返すことになると面倒なので、ここから出発することにしました。最終民家のすぐ前になり、小さな橋を渡ったところに車2台分の駐車スペースがあります。反対側にも2台ぐらい停められそうですが、このときは奥にユンボが停めてあったのでユンボの出入りがあるといけないので、若干土の柔らかい場所でしたが、ユンボのない側に停めました。


なお、この最終民家には黒色の犬がいて、僕が来てから出発するまでずっと吠え続けていました。うるさい犬だなと思いましたが、番犬としては優秀ということです。


IMG_7762.jpg
5分ほど進むと、土嚢がたくさん積まれた場所があり、オフロード4WD車でなければ、これを車で乗り越えるのは無理だろうと思われます。この手前が少し広くなっているので、車で上がってくる場合は、ここが終点ということになりそうです。もっとも、ここまでの道もけっこう石が多く凸凹していたので、普通車にはちょっと厳しいかもしれません。


IMG_7763.jpg
9:00 右手に何やら石碑のようなものがたくさんありました。


IMG_7764.jpg
石碑の隣に案内板があり、どうやらここに神社があったようです。昔は、砂鉄から鉄を作るたたら製鉄がこのあたりで盛んだったらしく、たたらの守護神を祭った神社だったとか。


IMG_7765.jpg
案内板を過ぎてすぐに左手に小さな祠が祭ってありましたが、これが現在の金屋子神社ということなのかもしれません。


IMG_7766.jpg
金屋子神社跡を過ぎると、林道は急に荒れた感じになってきました。幅も狭まり、草が覆いかぶさってきました。


IMG_7767_202011161625560b3.jpg
再び植林帯に入ると、林道の状態がすこし良くなってきました。


IMG_7768_2020111616255859c.jpg
9:14 ちょっとした広場のような場所に着きました。


IMG_7771_20201116162841f35.jpg
奥のほうに案内板が設置してあり、その隣に首のないお地蔵様がありました。


IMG_7770.jpg
案内板によると、江戸時代に起こった一揆の参加者の一部が三坂峠にさらし首にされたらしく、一揆の15年後に慰霊のために設置されたものらしいということです。


IMG_7769.jpg
もしかしたら、この場所がさらし首の場所だったのかもしれないとのことで、ちょっと背筋に寒いものを感じました。


IMG_7772.jpg
で、首切り地蔵から先へ進もうとしたら、なんと道がありません。どうやら橋が落ちてしまったようです。幸い左側から下に降りて渡ることができましたが、流されてから結構長期間放置されているような雰囲気でした。


IMG_7773.jpg
9:26 首切り地蔵から10分ほどで、林道終点に着きました。ここが、本来の登山口ということになるのでしょう。


IMG_7774.jpg
かなり痛んだ案内板に三坂峠の解説が書いてありましたが、一番上のあたりがなくなっていて、下のほうも一部破損しているので、いまいちよくわかりません。


IMG_7775_20201116162847462.jpg
隣には、大山みち利用についてのお願いも書いてありました。


IMG_7777.jpg
ここでドリンク休憩をとり、先日購入したマムート コミュニティ マスクを試してみるために、装着してみました。使用した感想は、先日の記事の末尾に補足として書いてあります。


IMG_7778_20201116162850885.jpg
林道終点からは、登山道らしい道が続きますが、相変わらず谷筋をまっすぐに登っていくような地形なので、勾配はほとんどかわらず緩やかです。


IMG_7780.jpg
10分弱で小さな橋を渡ります。ここで道は谷筋から離れます。


IMG_7781_20201116162853733.jpg
9:40 橋を渡ってカーブをUターンするように曲がると、東屋がありました。出発して1時間近く経つので休憩しようかと思いましたが、ベンチが埃まみれだったので先へ進むことにしました。今回はシートマットではなくハイキングチェアを持ってきたので、埃まみれのベンチに直接座るのがはばかられたためです。


IMG_7782_20201116163202720.jpg
東屋の先は、笹が覆いかぶさり道らしさが希薄な状態になっていて、本当に正しい道なのか疑問がわいたので、いったん東屋まで戻って他にトレースがないか確認してから、奥へ進みました。


IMG_7783.jpg
進んでいくと笹がなくなり植林帯に入ってきましたが、相変わらず道らしさは希薄で、大雨時に水が流れる川床を歩いているような感じです。


IMG_7784_2020111616320573a.jpg
9:52 上のほうに東屋が見え、ようやく正しい道を歩いているという確信が持てました。


IMG_7786_20201116163208eef.jpg
この東屋の前には釜地蔵が祭ってありました。このお地蔵様も首無しで、ちょっと気味が悪い感じです。


IMG_7785_20201116163207501.jpg
こちらは案内板です。


IMG_7787.jpg
釜地蔵の東屋もベンチが埃だらけだったので、休憩しないで通過し、5分ほど登ってきたところで、前方に稜線らしいものが見えてきました。


IMG_7789_20201116163211aa3.jpg
だいぶん稜線が近くなったと思えるあたりで、分岐がありました。直進と右上へUターンする道に分かれています。直進したほうが稜線へ近いようなので、ひとまず直進の道を進んでみました。


IMG_7790_202011161632137db.jpg
しかし、すぐに稜線にでたもののどうも三坂峠とは違うみたいなので、分岐へ引き返しました。


IMG_7791.jpg
10:06 分岐から右上へUターンする道を進んでひとのぼりで、三坂峠に着きました。


IMG_7792_202011161632165f9.jpg
日当たりがいいので休憩したいところでしたが、鞍部になっているためかけっこう冷たい風が吹き抜けているので、三坂山のほうへ少し登ってみることにしました。


IMG_7793.jpg
三坂峠から尾根上に出たところで、広く日当たりのいい場所があり、風もほとんど吹いていなかったので、ここでようやく大休止をとることができました。


IMG_7796_20201116163424506.jpg
立ち木にバックパックをぶら下げ、ハイキングチェアーに座って一休みです。ここまでマスクをしたまま来ましたが、、さすがにしんどくなってきたのでここで外しました。


IMG_7794.jpg
周囲はすっかり晩秋の森ですが、少し紅葉した木々もあって、なかなかいい雰囲気です。今日は、ここまで誰にも会っていないし、このまま静かな晩秋の森を堪能できそうです。

つづく。


ブログ「ヤマふぉと」のランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング








| 2020年11月 三坂山 | 16:50 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |