FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。当ブログ内に掲載してある写真の無償提供はしておりません。また、無断で使用することは固くお断りいたします。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

登山口が見つからず森をさまよう:  角ヶ仙その2 


2020年6月7日(日) 岡山県鏡野町 角ヶ仙(標高1153m) 日帰り単独行 


IMG_5783_202006101805279f1.jpg
9:49 展望台を素通りして、先に進みます。少し平坦な道があったものの、すぐに急登の階段になりました。


IMG_5784_2020061018052897b.jpg
久しぶりにギンリョウソウを見ました。


IMG_5785_20200610180529690.jpg
10:07 急登の階段を超えると、その後はなだらかな尾根道となり、標高950mの小ピークにつきました。


IMG_5786.jpg
木々が邪魔ですが、隙間から角ヶ仙が見えました。この小ピークでバックパックを下ろして立ったまま小休止をとりました。背中が結構汗で濡れてしまいましたが、バックパックを下ろすとわずかな風がひんやりと背中をクールダウンしてくれて快適でした。虫もいないし、気持ちよく休憩をとることができました。


IMG_5787_20200610180532c10.jpg
10:15 小ピークを出発します。ここからはいったん小さな鞍部に向けて下ります。


IMG_5788.jpg
鞍部を越えると、すぐに階段の登りが始まりました。しかし、展望台を過ぎてからは偽木の階段になったおかげで、階段がちゃんと機能していて歩き易くなりました。


IMG_5789_20200610180534c86.jpg
登山道脇にタニウツギらしいピンクの花が咲き始めていました。青空を背景にすると、花のピンクが映えます。


IMG_5790_20200610180832280.jpg
標高990mの尾根に出ると、ようやく前方に角ヶ仙が姿を現しました。


IMG_5791.jpg
標高1000mを越えたあたりからすこし傾斜がきつくなってきます。道はほぼ直登です。


IMG_5792_202006101808354fc.jpg
尾根の真ん中に巨岩が立ちふさがっていて、登山道は左から巻いて行きます。

IMG_5793.jpg
大岩を通過すると、きつい直登が始まります。空がよく見えるので山頂は近そうですが、この直登がけっこう大変でした。階段のなごりがたまにありますが、ほぼ消滅していてフラットに足を置ける場所はほとんどありません。


IMG_5794.jpg
しかし、振り返ると背後に泉山がどっしりと構えているのが見え、なかなかの絶景です。


IMG_5795_20200610180840eb2.jpg
山頂の見えない急斜面を登りきってさあ山頂だろうと思っていたら、まだまだ先でした。かなりがっかり。それでも最後の急坂を黙々と登ります。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_5797.jpg
10:50 もくもくと急登をこなして、広場が見えたと思ったら山頂でした。誰も居ない静かな山頂です。


IMG_5798_20200610180843163.jpg
ひとまず山名板といっしょに自撮りしておきます。


IMG_5800.jpg
展望は、南西方向だけひらけていましたが、ほかは木に邪魔をされて展望はありません。これなら、少し下の登山道からの眺めのほうがよかったなと思います。西の方に大山が見えているはずでしたが、なぜかそれらしい山を見た記憶がありません。なにか別の山と勘違いしていたのか、それとも物理的に見えていなかったのかよくわかりません。


IMG_5802.jpg
あまり展望に恵まれていないので、休憩をかねて早めのランチタイムにします。ジャムパンと消費期限が迫ってセール価格になっていたアミノバイタルゼリーに、いつものカフェオレで簡単に済ませます。最初は日陰にハイキングチェアーを出して座っていたのですが、黒い小さな虫がやたら頭のまわりを飛びまわってうっとおしいので、日向に移動しました。しかし、なにもかわりません。最後の手段として、自作虫除けスプレーを頭や耳、首筋あたりにたっぷり散布すると、突然虫がいなくなりました。虫除けスプレーの効果が絶大でした。アブやブヨのようなしつこい吸血虫でなかったのでしょう。


IMG_5805_202006101812038b6.jpg
11:24 カフェオレを飲み干したところで、下山開始です。下山は、南尾根を経由して周回コースで戻ります。しかし、入口がけっこう笹に覆われていて、最初見たときはやめようかと思いました。笹が低くてトレースが見えないほどでもないし、先行者がおそらくこのコースで下山しているはずなので、問題ないだろうということで行ってみることにしました。


IMG_5806_20200610181206e0b.jpg
笹藪対策にグローブも装着していざ出発。


IMG_5808_2020061018120849b.jpg
そこそこ展望があるものの、笹薮の激下りが続きます。きつい道が嫌いな人は、素直にピストンで戻るほうが確実に楽です。


IMG_5810_20200610181209695.jpg
11:42 笹や樹木の背丈が高くなってきて、トレースもわかりにくいし展望もなくなってくるしで、全然楽しくなくなってきました。その上、激下りはいっこうに緩む気配を見せません。


IMG_5811_20200610181211b0a.jpg
11:49 森の中に入ってもあいかわずの激くだりで、笹も藪化してくるしでうんざりしていましたが、ようやく明確なトレースが見えました。傾斜も一気に緩んで、やっとのんびり歩くことができそうです。


IMG_5812.jpg
しばらく緩い尾根道を下ると、植林帯の中の道になりました。しかし、途中から間伐で伐採された木が林床に放置されてトレースを隠してしまっているところが時々あり、次第にトレースがわかりにくくなってきました。


IMG_5813_2020061018121444f.jpg
12:01 地形図で道が左へUターンしている場所まで下りてきました。正面にピンクテープがあり、その先にトレース痕は見当たりません。


IMG_5814_2020061018121521f.jpg
とはいえ、左手を見るとがっつり枝葉をつけた倒木が横たわっていて、こちらにもトレースを見つけることができません。もちろん右方向にもトレースらしきものはありません。地形図で確認すると、左へUターンした後、また右へUターンして、結局今いる尾根の下に戻って来るだけのようです。なら、まっすぐ下ってもよさそうですが、この先はけっこう傾斜が増しているみたいで、ちょっと手こずりそうだし滑落すると面倒なことになりそうです。ということで、とりあえず、正面よりは傾斜が緩そうな左の斜面を下ることにしました。


IMG_5815.jpg
立木を利用しながら左手の斜面を下っていくと、少し上のほうにピンクテープが撒いてある木があり、どうやら地形図の登山道に復帰したようです。


IMG_5816_20200610181218742.jpg
下り始めるとすぐに黄色いテープみつかり、正しいルートにいるようです。


IMG_5817_202006101815161f7.jpg
上に見える斜面が、まっすぐ下りようとしてやめた斜面です。下れないほどではありませんが、そこそこの急斜面です。


IMG_5818.jpg
この急斜面の下で、林道に出合いました。


map20200607tunogasen4.jpg
この林道を下っていけばいいのかと思いましたが、林道の先を見ると上りになっています。GPSで確認してみると、こんなところに林道の記載はありません。地形図では、右ではなく左へ進み、すぐに右へ曲がって下っていくように道が記載されているので、この林道を右へ行くのは明らかに間違いです。しかし、左方向にはもう林道は無く、倒木があったりして道があるようにも思えません。


IMG_5819_2020061018151996d.jpg
林道上で思案していると、左下の木に赤テープがぶら下がっているのが見えました。さらにその下の離れたところにテープが撒いてある木が見えました。どうやら、ここから左下へ下りるようです。地形図で確認してみると、すぐ下の谷筋を越えて、もうひとつ奥の谷筋を下っていくようです。


IMG_5820.jpg
テープのぶら下がっている木のそばを通過して谷へ下ります。


IMG_5821_20200610181523061.jpg
奥の谷のほうへ向かうと、流れの向こうにカツラの大木がありました。おそらく、このカツラの向こう側を右へ下っていくのだと思われますが、ここで流れを越えるのは難しいので、すこし下流のほうへ移動しました。


IMG_5822_202006101815245b3.jpg
倒木が道をふさいでいましたが、下をくぐります。


IMG_5823_202006101815256ab.jpg
倒木をくぐったところから、左下の谷に下りていくトレースらしきものがあったので、ここで対岸に渡りました。


IMG_5824_20200610181527a81.jpg
対岸に上がったところに古いオレンジテープあり。


IMG_5825.jpg
その先に、まだ新しいパンダデザインの布テープ。この布テープは上のほうでも見かけたので、どうやら正しいコースのようです。このあたり、上の植林帯の中のピンクテープの場所から、カツラの大木の下で流れをわたるところまではテープナビも少なく、トレース痕もわかりにくいので、道迷い要注意です。


IMG_5826.jpg
小さな流れに沿って下っていきます。


IMG_5827.jpg
12:16 無事に舗装された林道にでました。


IMG_5828.jpg
12:22 6分間の林道歩きで、管理棟前の駐車場に戻ってきました。登山口が見つからずに最初にうろうろしてしまった時間を差し引けば、約3時間の行程でした。


ちなみに、帰る前に正しい登山道を確認しておきました。


IMG_5830_20200610181909c43.jpg
管理棟の少し下の道沿いに、ちゃんと登山口の道標がたっていました。しかし、左手からカエデの枝が覆いかぶさりぎみで、ちょっとわかりにくい状態になっているため、うっかりしていると見逃してしまうかもしれません。


IMG_5831.jpg
しかも、道標のすぐ先に「広場」と書かれた大きな看板がたっていて、こちらのほうに注意が向きがちです。僕もこの看板は見た記憶があるので、どうやらこちらに気をとられて登山口の道標を見落としてしまったようです。で、登山口はこの広場の奥にあります。車は広場に乗り入れ可能なので、広場に停めておけばよさそうです。


IMG_5832_2020061018191230a.jpg
広場の奥から登っていくと、炊事棟の脇を抜けていきます。


IMG_5833.jpg
炊事棟の向こう側に、角ヶ仙の道標があり、その先から右上に道が続いていました。


ということで、角ヶ仙の登山口は、「広場」の奥にあるので、地形図や管理棟前の案内図を信用しないようにご注意ください。

map20200607tunogasen.jpg


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング










スポンサーサイト



| 2020年6月 角ヶ仙 | 18:32 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

登山口が見つからず森をさまよう:  角ヶ仙その1 

2020年6月7日(日) 岡山県鏡野町 角ヶ仙(標高1153m) 日帰り単独行 


6日に行くつもりで朝起きたのですが、どんよりとした曇り空で、天気予報でも雨は降らないものの夜まで晴れそうも無い状況だったので、晴天予報だった7日の日曜日に急遽変更しました。


7日は朝から快晴で、1日延ばして大正解でした。空気も透明感があり、湿度もそれほど高くなく、日向は暑いものの日陰に入ると涼しくて、絶好の登山日よりでした。


装備リスト
●アッパー
 ドライレイヤ: ミレー ドライナミックメッシュノースリーブクルー
 ベースレイヤ: マムート アタカソライトジップ
 ミドルレイヤ: なし
 ソフトシェル: なし
 ハードシェル: マムート エアロスピードジャケット
 インサレーション: なし
 グローブ: コーナン ネクストフォース 作業用グローブ
 キャップ/ハット: マムート アドベンチャーベンチレーションハット

●ボトムス
 ドライレイヤ: なし
 ベースレイヤ: なし
 ミドルレイヤ: マムート グレイシャーパンツ
 ハードシェル: マムート エアロスピードパンツ
 インサレーション: なし
 ソックス: クロスプロ 5本指ウォーキングソックス
 シューズ: マムート テトンGTX

●ギア
 バックパック: マムート リチウムスピード20L
 ストック: なし


IMG_5758.jpg
そろそろトレッカーズパンツは暑そうなので、通気性と透湿性のいいグレイシャーパンツを久しぶりに履きました。生地を触った感じはトレッカーズパンツと大差ない生地厚なので暑そうに感じますが、ショーラーという生地はすこぶる通気・透湿性が優れていてとっても快適です。そのうえ、黒い生地なのに太陽熱を吸収しないという特性があるので日に当たっても暑くならず、この時期の登山にはもってこいです。ついでに、撥水性能も優秀で、少々の雨なら問題ないぐらいの万能パンツです。今年の夏はこのパンツで縦走しようかと思っているほどです。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




角ヶ仙(つのがせん)は前から登りに行こうと思いつつも、なかなか足が向かなかった山です。というのも、鏡野町から県道392号を一番奥の越畑まで行くのですが、20年近く前に通ったときの記憶では、細くてカーブが多い区間がけっこうあり、時間がかかりそうというイメージがあったからです。しかし、今回走ってみるとずいぶん道が広く綺麗になっていて、あまりやっかいな区間はなく、20年の間にかなり道が整備されていました。鏡野町の国道179号線の分岐から越畑までは約30分でした。


IMG_5761_2020060717353707b.jpg
登山口となる越畑キャンプ場の管理棟前に着いたのは、8時30分頃でした。4年前に閉鎖されたキャンプ場はすっかり静まり返っていて、道路沿いの駐車場に車が一台停まっていただけでした。角ヶ仙は周回コースがあるので、おそらくこの車の主も周回すると思われます。なので、山頂で会わない限り、途中で会うことはなさそうです。ゆっくり登れば山頂でも会うことはないでしょう。


IMG_5762.jpg
9:00 出発します。


IMG_5766_20200607173544d8e.jpg
どこが登山口なのかこれといって道標も見当たらないのですが、駐車場の隅に案内板があり、現在地の向かいからキャンプ場に入り、管理棟の北側を西へ向かう道が登山道となっていたので、その案内にしたがってキャンプ場に入りました。ちなみに、本当は管理棟から少し道路を下ったところに登山口の道標があり、広場から入っていくのが正解ですが、この日はこの道標に気がつかずに管理棟前の駐車場所まで行ってしまったのが敗因でした。


IMG_5763.jpg
入口にはクマ出没注意の注意書きがあったので、熊鈴をつけておきました。


IMG_5764_20200607173541e84.jpg
管理棟を左に見て進むと、すぐに分岐がありました。案内図では分岐など描かれていませんでしたが、管理棟の北側を西へ行くなら当然左です。


IMG_5767_2020060717354630c.jpg
分岐を左へ入っていくと、すぐに2つ目の分岐がありました。舗装された道は右上へ続いていますが、左の道は未舗装で雑草が生え放題です。案内図の絵なら左が正しい道っぽいのですが、どうも道という雰囲気がありません。なので、とりあえず右の舗装された道をたどってみることにしました。


IMG_5769.jpg
しかし、案内図のように西へ向かわずにまっすぐ北へ上って行くばかりだし、登山道という雰囲気も感じられないので、やっぱり違うかもしれないと思い、最初の分岐まで戻りました。


IMG_5765_20200607173543679.jpg
最初の分岐で右へ行く道は、舗装されている上に落ち葉などが取り除かれていて、それなりに整備されています。廃止されたキャンプ場にあって整備する理由は、登山道として利用されているからということぐらいしか理由はなさそうなので、案内図とは方角が違うもののとりあえず分岐を右へ進んでみることにしました。


5分ほど登ってみましたが、やっぱり西へ向かう様子も無く、西へ入る道も見当たりません。どうも違うなと感じて、いったん駐車場まで戻って案内図を再確認することにしました。


map20200607tunogasen2.jpg
しかし、いくら見直してみても管理棟のすぐ北側を西へ行くようにコースが描かれていますし、GPSの地形図でも同じです。自分の歩いたログをみてみると、登山道とは違う方向に歩いています。となると、やっぱり2つ目の分岐から草ぼうぼうの左へ行くのが正解ということのようです。


IMG_5768.jpg
ところが、2つ目の分岐を左へ進んでみたところ、道はすぐに笹薮に覆われて消滅していました。この時点で、案内図も地形図もキャンプ場が営業していた頃の道を表示してあり、現在使われている登山口はおそらく別のところにあるのだろうと理解しました。可能性としては道路を少し下ったあたりにありそうですが、2つ目の分岐を右に上がっていけば、登山道に通じる道があるかもしれません。というのも、キャンプ場から登山する人も当時はそれなりにいたはずなので、キャンプ場内から登山道に出る道が作られていてもおかしくないはずです。ということで、2つ目の分岐をもう一度右へ進んでみることにしました。


IMG_5770.jpg
しばらく進むと、黄色のテープがありました。どうやら登山コースとして利用されているみたいです。


IMG_5771_20200607173900611.jpg
その先には、今度はピンクのテープがありました。正規の登山道ではないものの、テープがあるということは少なくとも人が通っているということなので、やはり登山道に通じる道がありそうです。


IMG_5772_20200607173901929.jpg
9:19 東西に走る遊歩道のような道の跡に出ました。道との出合い箇所に赤テープもあり、どうやらこれを西へ行けば登山道に出られそうです。


IMG_5773.jpg
しかし、遊歩道跡は途中で消滅し、その先はほぼ獣道のような状態になりました。獣道なのか、人が歩いてできたトレースなのか判然としませんが、とりあえず方角的にはあっているので、微かなトレースをたどってみることにしました。


IMG_5774.jpg
9:25 テープも何も無い森の中を、トレースかどうかもよくわからない痕跡のようなものを探しながら森の中を歩き続けていると、目の前に道が現れました。GPSで確認してみると、どうやら登山道に出たようです。


map20200607tunogasen3.jpg
結局、廃止されたキャンプ場からこんな風に山の中をさまよって、登山道の途中に出て来たわけです。


IMG_5775_20200607173905d73.jpg
下のほうを見ると、看板のようなものが立ち並んでいます。確か、角ヶ仙の登山口には、「角ヶ仙登山道」と一文字づつ書かれた看板が並んでいたはずなので、これらがそうなのでしょう。駐車場を出発してかれこれ30分近くも森の中をうろうろしてしまいました。登山口なんて行けばすぐにわかるという思い込みで、ちゃんと下調べをしてこなかったのが敗因でした。こういうちょっとしたことで遭難につながってしまうのかもしれません。


そういえば、少し前に福井と岐阜の県境にある左門岳で下山する方向を間違えて遭難した夫婦がいましたが、ちょっとしたうっかりミスで4日間も山中で過ごすことになるとは予想だにしていなかったことでしょう。登山回数が増えるほど慣れによる思い込みやミスが起こりやすくなるでしょうから、肝に銘じておきたいと思います。


IMG_5776_202006071739072f3.jpg
登山道に無事出ることができたので、あとはただ登っていくだけです。


IMG_5777_20200607173908d16.jpg
もとは木の階段があったらしい登山道ですが、すっかり木が朽ちて階段は消えてなくなっている部分が多く、急斜面を直登するようなきつい登りが続きます。


IMG_5778_20200607173910381.jpg
9:36 いきなりの急登で息が上がって来たので、急登を登りきったところにあったベンチでたまらず休憩をとりました。


IMG_5779_202006071741419e1.jpg
朝食にアミノバイタルのゼリー飲料を飲んだだけだったので、ラムネでエネルギーを補給しておきました。


IMG_5780_20200607174142507.jpg
休憩場所の先ですぐにまた急登が始まりましたが、休憩とエネルギー補給のおかげでばてずに登ることができました。


IMG_5781_2020060717414401d.jpg
9:48 急登を登りきると、テラス状の尾根にでました。標高840m地点です。


IMG_5782_202006071741455f0.jpg
コンクリートの案内板ようなものがあり、ここから見える山の解説が描かれているようですが、植林ですっかり展望は閉ざされていて意味がありません。駐車場の案内板に描かれていた展望台がここなのでしょうが、展望が無い展望台では休憩する気にもなれないので、水分補給だけして先へ進みます。

つづく。

ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング










| 2020年6月 角ヶ仙 | 17:51 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |